藤津亮太さんの「アニメを読む 『新世紀エヴァンゲリオン』」(2015.05.31/SBS学苑パルシェ校)感想

2015年5月31日にSBS学苑パルシェ校で開催された、アニメ評論家・藤津亮太さん(@fujitsuryota)の講座「アニメを読む」の感想ツイートまとめです。今回のテーマは『新世紀エヴァンゲリオン』。TVシリーズと旧劇場版についての読解が行われました。 「アニメ映画を読む」は、静岡駅ビル内のSBS学苑パルシェ校(http://www.sbsgakuen.com/gak0020.asp?gakuno=2)にて、年4回開催されています。
新世紀エヴァンゲリオン アニメ 藤津亮太 エヴァ
2
藤津亮太@5月末『わたしの声優道』発売中 @fujitsuryota
明日日曜】当日申込可】31日10:30~SBS学苑 パルシェ校で「アニメを読む」。お題は『新世紀エヴァンゲリオン』(TV&旧劇場版)。sbsgakuen.com/gak0130.asp?ga… 作品成立の解説&読解を行います。エヴァ年にエヴァとは何だったかを再確認。#エヴァ #静岡 #SBS
HASSO @shimesaba_taro
明日は静岡へ藤津亮太さんの講座を聴きに行くんだが、きっと俺が一番浅学なんだろうなぁという軽い不安。
HASSO @shimesaba_taro
SBS学苑入りました。wktk(死語)。
ツノークモ@ @tuno_kumo
藤津亮太さんの講座に参加。今日はエヴァだ。20年前の作品ということで時の流れに戦慄する。
ウマパグ。'19 @umapug
今からSBS学苑パルシェ校のアニメ映画講座。さすがエヴァだけあって教室の広さがいつもの5割増し! 転じて次回7月は「メガゾーン23」って渋いとこ突くなぁw pic.twitter.com/hUwpBZ3W7b
拡大
ウマパグ。'19 @umapug
SBS学苑パルシェ校の「アニメを読む・新世紀エヴァンゲリオン」講座、さすがビッグタイトル!13回目で過去最大の受講者。東京や名古屋はともかく、静岡はいつもは今のアニメ観てない受講者ばかりだけど、今日はアニメファン多いかもしれないw そもそもエヴァ静岡ではネットされてなかったし。
しんじーさん @shinjk
アニメ映画を読むat静岡 今回は映画に限らず、エヴァンゲリオンということで。 エヴァ人気恐るべしの最多動員。
しんじーさん @shinjk
といってもテレビシリーズと旧劇場版まで。
しんじーさん @shinjk
テレビシリーズ概要  制作委員会方式の先駆け  タツノコプロがアニメーション制作に含まれているわけ  スポンサーに玩具メーカー不在(当初)
しんじーさん @shinjk
ストーリーを5つのパートに分けて概説 新劇場版もおおまかにはこの構成をなぞっている(だから、rebuild) ゴジラが終わらないと、次が見られないかも? ※お話を予想する楽しさが続く!
しんじーさん @shinjk
アニメ表現としてのエヴァ  集中と拡散:すべてを精緻にしなくてもよい。必要なところに必要なだけの資源を投下して、最大限の効果を得る。作画枚数も集中と拡散  制作スタッフの移動によって伝わるノウハウ(余談)  演出とも絡まって、集中と拡散が極まったのが24話
しんじーさん @shinjk
単なる省力化ではなく、それをスタイルにまで突き詰めている
しんじーさん @shinjk
エヴァの内省的な面はどこから始まったか
ウマパグ。'19 @umapug
そうだった、エヴァンゲリオンは静岡県では放送されてなかった。だけど、浜松でテレビ愛知観れたので、自分は観てた。木曜日の朝。エヴァ3号機が虐殺されたり、ミサトさんがアンアン喘いでるの観てから出勤するのはキツかったw
しんじーさん @shinjk
ロボットアニメとしてエヴァ ・マジンガーからの影響:「ええい、ストーリーはいい! メカを見せろ、メカを」 ・ヤマト、ガンダムからの影響:小学校を卒業したらアニメも卒業じゃない
しんじーさん @shinjk
良心の痛まない戦争ごっことしての舞台(!)
しんじーさん @shinjk
使徒は人じゃないので、主人公が逡巡することなく倒してもかまわない
しんじーさん @shinjk
その一方で、極限環境における生々しい人間関係も描かれる
しんじーさん @shinjk
マジンガー的なもの(ロボットプロレス)のガンダム的なもの(リアルロボット)
しんじーさん @shinjk
アニメ史の観点から探るルーツ  ホルス:若者の悩み。アイデンティティの確立
しんじーさん @shinjk
エヴァとは何だったのか  日本のアニメ:その世界を信じてもらってリアルを感じてもらいたい  エヴァ:人間が生々しいことがリアル。登場人物の告白(自分は~~じゃない)により生々しさを  俺の心の中にあるドロドロしたものがリアルだ
しんじーさん @shinjk
旧劇場版における実写パートについて
しんじーさん @shinjk
世界は心の持ちようだ 人はコミュニケーションしないといけない 自分を受け入れること
しんじーさん @shinjk
テレビの25、26話と旧劇場版の関係  テレビではシンジのドラマを完結させた  旧劇場版はストーリーとドラマの両者を(元の構想を超えて)
残りを読む(22)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする