35
自称リア充の海燕さん @kaien
『まおゆう』の書籍版PDF……。うーん、みんな、ぶっちゃけ、どう思う? http://www.enterbrain.co.jp/pickup/2010/maoyu/img/maoyu_otameshi.pdf
medtoolz @medtoolz
@kaien 個人的には読みやすいし、たしかに戯曲の解説書なんかはこういう形式で、それをとり入れたのはいい試みだなと思うのですが、枡田さんが当初目指していた「子供が読んだら」というテーマからは、体裁が実験的で、ちょっと遠のいたかなと。。
medtoolz @medtoolz
@kaien 最初にこの本を購入する人の大半は、すでにこの本に何が書かれているのか、結末まで知っている人だろうから、評判とか評価といったものをどう考えればいいのか、よけいにややこしくなりますよね。。
自称リア充の海燕さん @kaien
@medtoolz ぼくはいいたいことが山ほどあるのですが、発売前の本にあれこれ言うのもはばかられますよね。ほかならぬ『まおゆう』だし……。でももにょる。うーん。
自称リア充の海燕さん @kaien
@medtoolz アニメ化とか漫画化とかのメディアミックスに近い問題だと思うんですよ。既存の出版の文脈に存在しないカルチャーをどう書籍に移植するかという問題だったと思うんだけれど、これはなあ。うーん。
エムアキ @m_aki
@kaien 解説は後ろにまとめてあった方が良いかなと思いました。あと、登場人物紹介と解説のところにいるキャラが・・・。
Wood.Pecker@月南ユ24b @Wood_Pecker_
@kaien 行間が広すぎて締まりが無いのと、注釈が過剰でうるさい印象なのと、魔王様のSD絵がキモ、もとい可愛くないのは気になりますね。 *Tw*
自称リア充の海燕さん @kaien
@m_aki @Wood_Pecker_ やっぱりそう思いますよねえ。まだ読んでいない本に文句付けるべきではないとは思うのですが――ぼくはちょっと制作スタッフに不信感があるなあ。ちゃんとわかっているのかな?と。
かよいの飲酒5日83.5kg @Gooow13
@kaien 中身もそうなんですが、そもそも商業版の正式タイトルが「まおゆう。魔王勇者」なのはどないかならんかったんでしょうかねえ…
自称リア充の海燕さん @kaien
@Gooow13 どうにかならんかったんでしょうか。どうにかなったはずだと思うんですけど。この解説がまたなあ……。
かよいの飲酒5日83.5kg @Gooow13
@kaien 私、ママレ氏のスレ投下をリアルタイムで読めた人間なんですよ。その事そのものは非常に幸運だったと思うんですが、それだけに元タイトルの【魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」】がすごく強くて、なんかもう改変タイトルだけはどうしても受け入れられなくって…
かよいの飲酒5日83.5kg @Gooow13
まあ、あのスレタイそのものは立て逃げした第一スレの>>1が考えたんであって、ママレ氏のモンじゃねえといえばそれまでなんだけどさぁ…
自称リア充の海燕さん @kaien
@Gooow13 タイトルはねえ。せっかくの名作なんだから、もっとどうにかなった気が。あー、もう片っ端から文句つけていってもいいかな、という気もするのですが……。正直、ぼくは文句つけたいところが大量にあるのですが。
emifuwa(工藤P) @emifuwa
@kaien 縦書きが読みにくいっていうか、脚本ぽくて敬遠する人がいそうな…
自称リア充の海燕さん @kaien
@emifuwa うーん、ぶっちゃけて言っちゃうと、余計な改造を加え過ぎだと思うのですよ。そのままでは売り物にならないという思い込みが透けて見えるような。杞憂だといいのですが。
emifuwa(工藤P) @emifuwa
@kaien 説明したい気持ちもわかりますけどねー。うーん。
自称リア充の海燕さん @kaien
@emifuwa よく見てみると「経済」とか「奴隷」「植民地」なんてものまでいちいち解説が入っているんですよね。これは……さすがに蛇足じゃないかなあ。
emifuwa(工藤P) @emifuwa
@kaien お子さんに読んでほしいって感じなんでしょうかね…こういう解説付けるにもセンス要るからなあ
自称リア充の海燕さん @kaien
@emifuwa ちょっと、不信感が募っています。これはどうなんだろうという。
emifuwa(工藤P) @emifuwa
@kaien これこのペースで作ったら、いったい何冊になるんだろう…
自称リア充の海燕さん @kaien
それらのあらゆる問題点の原因になっている点は実はひとつだと思う。「リスペクトが足りない」。ママレードサンドという稀有の才能に対する敬意が足りなすぎる気がしてならない。
自称リア充の海燕さん @kaien
そもそも『まおゆう』という作品は、そのままで十分以上に読みやすくおもしろく、テンポよく、楽しい、そういう作品だった。でも、今回の書籍化にあたり色々ごてごてと余計で蛇足なものを付け加えて「ままれ分」を薄くしちゃっているような気がしてならない。それはやっぱりマイナスなんじゃないかな。
自称リア充の海燕さん @kaien
制作スタッフは言うかもしれない。「いや、こうしないと一見の読者にはわかりづらいんだよ」。わかりづらくないよ! 作中で十分すぎるほど丁寧に解説されているって。そして、そのうえでなおのこるわかりづらいところは作品の魅力なんだって。だからこそみんな『まおゆう』を好きになったんだって。
かよいの飲酒5日83.5kg @Gooow13
@kaien リスペクトが足りないのは5月に書籍化の話が持ち上がった時から感じていたところで、今は「なぜ俺は恥や外聞を恐れず醜態を晒してでも、桝田氏にもっと噛み付かなかったんだろう」と、後悔しているところですな…
残りを読む(95)

コメント

高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2010年12月26日
自分がまとめた http://togetter.com/li/82988 の方 けっこう漏れがあったようである(先頭に@がついてるのが検索で出てこないからだろうか)
哲学 @Tetsugaku 2010年12月26日
ああ、このTL追いかけてなかったけど……読んでてあちゃー、て思った。うーん
ワス @wsplus 2010年12月26日
ニコニコ動画のマンガ版はどう思われているのかなぁ オイラは好評価です。
SMT @SuperMTec 2010年12月27日
編集の仕事は出版社の商品作りであり、その大義のために作者の生の作品をマーケティング戦略に合わせて弄るが、本音は作者になり損なった無才な人間の自己実現だ。いずれにせよ作者の作品を生のままで世に送り出すなら編集者は存在意義を失う。その恐怖からあれこれ余計なことをやりたがる。ただ、無名の作家・作者を送り出すならまだしも、すでに世に評価された作品を売ることに改めて編集のマーケティング戦略など必要なのかという疑問はある
SMT @SuperMTec 2010年12月27日
ところでこのまとめにある釈明を見る限りでは、この桝田なる人物の発言からは「作者の原作(難解な竹取物語の原書)をさらに世に広めよう、というのではなく、俺解釈のまおゆうを世間のスタンダード(誰でも知ってるかぐや姫)にしてやるぜ!」という盗作者的な考えが明確に読み取れるw 尤もそれにも一応の釈明はあるようだが。しかし誰でも一次発信者になれるネット時代にこんなことをやってると、出版社や編集は愛想をつかされるのではないか。マスコミ関係者は、今もかつてと同じ仕事の領域を独占的に持っているという思い込みを棄てたほうがい
SMT @SuperMTec 2010年12月27日
要するに、書籍化とは「出版社による商品化」であり、商品化に当たっては編集が商業的マーケティングに基づいて原作を加工修正するということ。書籍版とは、出版社のある目論見に基づいて原作が改竄された商品だということ。出版書籍は作者の生の作品を書籍化した同人誌ではないということ。そう理解しておくのが無難。簡潔に説明すればそれで終わり。ただ件の人物の開き直った姿勢に反吐が出る気持ちはわかるw
秋島 @akisima 2010年12月27日
この件で初めて読んでみた自分の感想。すっげーおもしろそーてなった。表示の仕方はちょっと違和感あり。でも読んでたら気にならない。たぶん買う
-24dbLOPASS @24dbLOPASS 2010年12月27日
最後にskypeしようskypeしようって必死なのが気持ち悪かった(小学生並みの感想)
Shiro Kawai @anohana 2010年12月27日
@SuperMTec 「桝田なる人物」って… 桝田氏は本来は一次製作者であって今回たまたま編集という立場になっただけ、という印象です。作者としての創造性と、それを商業システムに載せる上での苦悩や勘所については良く知っておられると思いますが。「まおゆう」の事例においてどういう形にすべきだったか、という各論はあり得るしなされるべきだと思いますが、編集者の一般論に持ってゆくのは釈迦に説法というか…
Shiro Kawai @anohana 2010年12月27日
私自身は、元の「まおゆう」の形式はちょっと読みづらすぎて挫折しました。小説や戯曲、脚本の類はわりと読んでる方だと思うんですが、ついていけてないんでしょうね。素直に楽しめた方は何らかのコンテキストを共有してるんじゃないかと思います。書籍版を手にとる人に、同じコンテキストを共有していることを期待するかどうか (コンテキストを共有している人だけをターゲットとするか) って話になってくると思います。程度問題ですが。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2010年12月27日
既視感のあるpostというか、二次創作界隈を十年うろついてたらよく見る意見でついワロタw 型月の頃から散見できるんだけど、どうもweb経由で広まったアマチュア作品には、「自分らの共有物」という意識が強い人がたまに出るみたい。海燕さんの気持ちは解るが、それ以上に気持ち悪い。まとめとしてはなかなか面白い着地点に辿り着いていると思う。
紙魚 @silver_fishes 2010年12月28日
なんかなあ。①toi8と水玉蛍之丞をチューニングなし(できてないよね?)で混ぜて使うとかありえないだろー。 ②縦書き本文に横書きかいせつ、が純粋に読みづらい。 ③大体「明らかにドラクエ的なものに対する知識(ざっくりレベルでも)が基本認識としてあり、ルビなし本文をそこそこ読める人間」にマスコットつきで「かいせつ」はないな。 …総じていえば「まとまってないうえ、別に雑多な面白さもない。足場がぐちゃぐちゃなだけ」という感じ。
紙魚 @silver_fishes 2010年12月28日
“本を読まない、物語に触れない子はこんなもんものだと思います”についてはそういう子達はネタ上「メインターゲットになりえない」からなあ。まずは本来の標的を狙うべきで、手を広げすぎるのは本末転倒では。ボクシングをまるで知らないレベルの子に、足も使う面白ボクシングの独特なユニークさを説明する、というのはちょっと無理がある。面白ボクシングは「え、足も使うの?」で客が呼べるんだから、そこで頑張ればいいよ。
高速銀 まぐね @mstrnz 2010年12月29日
木更津キャッツアイの書籍版を思い出した。でも、さすがにここまで桝田さん @shojimasuda がシャシャリでてきているのはウザい。原典があって、その解説や要約を付けるという形はありだと思うが気持ち悪い。
高速銀 まぐね @mstrnz 2010年12月29日
願わくば新訳「魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」」が顕れんことを
巳影・B・極・樹生 @ituki_mikage 2010年12月30日
新約出て欲しいですねえ……、文庫で……。
新坂 @sinzaka 2010年12月30日
こういう特殊な形式の本であること自体が製作者側のリスペクト、作者さんへの評価の表われであると思ってもいいんじゃないかな。こういう本を作るのは大変で、テキストを並べるだけの本と比べてずいぶんと手間がかかる。地図も解説もカケアミも誰かが作らなければ生まれない。その結果がどうなるか、製作された本自体をどう評価するかはまた別の問題として。
紙魚 @silver_fishes 2010年12月31日
逆だとおもう。結果をどうするか、製作された本自体がどう評価されるかのために尽くすから手間の意味があるんであって、そこを無視してやるんなら、リスペクトも評価もなくたって手間はいくらでもかけられるからなあ。まあ手間のコストは全部自腹、ノーギャラでやってますってんならともかくですけれど。んなわけないですよね。むしろ手間が増えるほど手間賃が取れて…
よしこ@第三次所得倍増計画 @noyau359 2011年1月1日
別方面というとニンテンドーDS「まおゆう。」しか思い浮かばない。
ゴーヤ @go_ya 2011年1月3日
既存ファンの意見は思い出補正的なものもあると思うので、新規ファンのコメを聞いてみたかっただけにここにないのが残念かな。売れなかった時に桝田氏の責任について問うなら分かるっちゃ分かる。イラストや挿絵もいっぱいあるだろうし皆がそれぞれの新訳まおゆうを作れば解決!w
Kobayashi Takuya @tQy 2011年2月4日
楽曲管理用ファイルネームを(いまだ決まっていない、もしくは決まりつつあるジャーゴン的何か的)曲名でなく、0パディングされた通し番号に全て変更し管理しようとしたとき、現場で発生したもわーんとした抵抗を思い出した。
Kobayashi Takuya @tQy 2011年2月4日
長期間の運用に耐えうる設計というのは、合理的でなければならず、それでは何かしら人間性を欠く気分になるのも良くわかる。 しかし、初期からのスタッフには最初のやり方が心地よいのだろうけど、ナンバリングタイトルとか、長期にわたって大勢の人間がかかわっていくコンテンツにするためにはスパッとわかりやすくしておかなくてはいけない。 自分が良いと思ったものを、かかわったものを、未来に残していくためには、最初にかかわっていた人が全員いなくなった後でも、後の人が回せるようにしておく必要があると思う。そういう責任の取
Kobayashi Takuya @tQy 2011年2月4日
そういう責任の取り方が好きです。 だから、信念を持って進まないとぶれてしまうという話には共感。 その後10年ほど経って、他者の視点で見られるようになって「ちょっとやりすぎたかな」と、思うことはあるかもしれないけど。www 最近読んだ派ですが、原典の勢いにはのまれますね~ 本当にすごい。あぁ!負けたなぁという感じ。 会社行かねば。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする