「何故かが分からないと先に進めない子供」と「役立つことが分からないと先に進めない子供」

子どもの理解の仕方には、大きく二つのタイプがある。これを見誤り、逆の指導方法をすると、全然理解ができない。どちらのタイプであるかを見極め、適切な指導法をとる必要がある。
役立つ 実用 指導法 メカニズム 指導者 理屈 教育 理解
204853view 138コメント
649
shinshinohara @ShinShinohara
子どもの「理解の仕方」は、大きく二つに分かれる。 「何故かが分からないと先に進めない子供」と「役に立つことが分からないと先に進めない子供」だ。理解(納得)の仕方が全然違うので、指導法を誤ると、学習が全然進まなくなる。
shinshinohara @ShinShinohara
たとえばy=2x+3という方程式があったとして、xに数字を代入したらyが求まるので便利だということは分かったとしても、前者の子の場合、「なぜxに数字を入れたらyの数字が自動的に出てくるのか」、不思議に思う。 この不思議を解き明かさないと、次に進めない気分になる。
shinshinohara @ShinShinohara
そういう子どもには、理屈というか、メカニズムというか、それを丁寧に説明してやると、納得する。 一度納得できたことは忘れないし、応用編にもどんどん進むことができる。
shinshinohara @ShinShinohara
後者の子の場合、理屈やメカニズムを説明しても頭に入らない。 「で、何の役に立つっていうの?」ということが気になって仕方ない。役に立つことが分からない間は、先に進む気にならない。 こういう子どもには、理屈よりもどんなに便利な道具かを説明してやった方がよい。
shinshinohara @ShinShinohara
一例を紹介しよう。 中学校ではともに数学が高くて30点というひどい成績の子どもが二人いた。一人は公立高校に、一人は工業高校に進学した。 公立に進学した子は「なんでサインコサインなんか覚えなあかんのじゃー」と文句ばかり言って、やはり数学の成績はメタメタだった。
shinshinohara @ShinShinohara
ところが工業高校に進んだ子はほぼ100点。数学が得意科目に。 なぜ数学が伸びたのか?「ドリルで穴をあけるのに右何センチ、奥何センチ動かすのは、座標と同じ。円運動が直線運動に変わるのを計算するには円周率が役立つ。モノづくりに役立つことが分かったら、数学が面白くなった」と答えた。
shinshinohara @ShinShinohara
この二人とも、「役に立つことが分からないと先に進めない子供」だった。公立高校では理屈ばかりで、何の役に立つのかは全然教えてくれない。工業高校は実践的で、数学が何の技術に直結し、役立つのかが分かりやすいので、納得が得られ、やる気も出たようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
「何故かが分からないと先に進めない子供」には、理屈やメカニズムを順を追って丁寧に教える指導の方が、納得しやすく、内容を習得しやすい。 「役に立つことが分からないと先に進めない子供」には、理屈やメカニズムは後回しにして、何に使えて役立つのかを先に説明したほうが、内容を習得しやすい。
shinshinohara @ShinShinohara
指導方法が逆になると悲惨。「分からない」「納得いかない」「やる気が出ない」ということになってしまう。
shinshinohara @ShinShinohara
「何故かが分からないと先に進めない子供」は、実用性を軽視しているわけではない。しかし、先に理屈やメカニズムで納得できていないと、役に立つような使い方を工夫する気が起きないという性質がある。 メカニズムさえきちんと理解すれば、工夫して使い道を創造することさえできる。
shinshinohara @ShinShinohara
「役に立つことが分からないと先に進めない子供」は、理屈やメカニズムを軽視しているわけではない。しかし、先に役に立つツール(道具)であることを納得しないと、理屈やメカニズムも見当がつかないという性質がある。 役に立つことさえ納得がいけば、メカニズムを忖度する能力に意外と優れている。
shinshinohara @ShinShinohara
「何故かが分からないと先に進めない子供」は、使い方や役立て方を他人から教えられるのが嫌い。「そんなのは自分で考えるから、理屈の方を教えてくれ」というタイプ。
shinshinohara @ShinShinohara
「役に立つことが分からないと先に進めない子供」は、理屈やメカニズムを他人から教えられるのが嫌い。「そんなのは自分で考えるから、まずは役立て方を教えてくれ」というタイプ。
shinshinohara @ShinShinohara
人から教えてほしいことと、教えてもらいたくないことが、ちょうど正反対なのだ。
shinshinohara @ShinShinohara
自分がどちらか一方のタイプだと、別のタイプの人間を理解しづらい。 「これだけ理屈を説明しているのに、なんで分からないんだ。理解力がないからに違いない」と思ったり、「こんなに役に立つツールなのに、なんで使いこなせないんだ。不器用な奴だ」と決めつけたり。 どちらも、誤解である。
shinshinohara @ShinShinohara
どちらのタイプであるかを見極め、適切な指導を施せば「こいつに理屈を説明しても無駄だ」と思われていた子供が、説明もないのにメカニズムを正しく忖度する能力が高いことに驚かされたり、「不器用な奴だ」と思っていたら、創意工夫して新しい道具を開発する能力があることに驚かされたりするだろう。
shinshinohara @ShinShinohara
指導者になる人は、まず、自分がどちらのタイプであるか自己診断したほうがよい。その上で、自分とは異なるタイプの人間をどう指導したらよいか、腕を磨くべき。そうでないと、自分と異なるタイプの子どもは、適切な指導を受けられずに能力を低迷させたままという不幸な目にあう。
shinshinohara @ShinShinohara
指導者に立つなら、ぜひどちらのタイプでも指導できるように、修練を積んでいただきたい。

コメント

きなこもち@トンベリ鯖 @mochiko_FF14 2015年6月4日
前者だと思ったけどどっちかわからなくなってきた(´・ω・`)
ありす ゆう @Alice_You 2015年6月4日
自分はここで言う「役立つことがわからないと先に進めない子供」の方
タヌマ @tnmaua 2015年6月4日
こーゆー子供の多様性に対応した教育のためには学校の先生はもっと増やさなくちゃいけないと思う。人数が多い中で「数学が何の役に立つんじゃ!」みたいに言われたら先生の方も「勝手に落ちこぼれればいいだろ常識的に考えて」ってなるのも理解はできるし。
タヌマ @tnmaua 2015年6月4日
例外として「ぜんぜん理解してないけど丸暗記で問題は解けてしまう子供」もいるよね。
ヒガッチ @portpiarenzoku 2015年6月5日
どちらかというと「何故かが分からないと先へ進めないタイプ」。パソコンの仕組みが知りたくてプログラムやら自作PCやらに手を出したし、ドラムやってるけどとりあえず理屈教えてくれれば後は勝手にやるからってタイプ。ただ、無知の状態からだとある程度何の役に立つかは知っておきたいところ。
月傘真琴(ヘイトと言う言葉が嫌い @atro_p 2015年6月5日
△子どもの「理解の仕方」は、大きく二つに分かれる。 ◎出来る子どもの「理解の仕方」は、大きく二つに分かれる。
漫遊人 @manyujin 2015年6月5日
哲学者と技術者の違いだな。ただいわゆる「暗黙知」に対応できるのは、エンジニア系の能力を持ったほう。
漫遊人 @manyujin 2015年6月5日
tnmaua ところが、こういう例外を、「問題を理解」できない代替として、受験教育は理想化してきたように思うのです。困ったことに、「丸暗記」が得意な人材は、役人業界じゃ重宝される。
kusano @t_kusano 2015年6月5日
うわーまるっきり前者だわ。「別のタイプの人間を理解しづらい」のも当たってる。TVのインタビューとかで学者に「それって何の役に立つんですか?」とか聞いてるシーンで「学問に役立ちとか関係ねーだろボケ」とか毒づいていたのだがもしかしてこういう理由だったのか。
ToTo @toto_6w 2015年6月5日
典型的な「何故かと判らないと先に進めない子供」だったので、英語で過去形でhaveを使うところで何故?が出てきて以来英語が大嫌いにw
言葉使い @tennteke 2015年6月5日
結末は以前流行したエニアグラムだな。
ビッター @domtrop0083 2015年6月5日
『「教科書があって、教師がいて、責任は自分だけにとどまって、正解がある問題」も出来ない奴に「資料は不十分で、正解が無いかもしれないが、責任は全社におよぶ問題」をさせて高い給料払うか?』と言われて、なんとなく納得できた事はある。
みるく @mirucyan 2015年6月5日
息子はまさに前者。何を求めてるのか判らないことに拘る。
はんてん @ryorage 2015年6月5日
どちらのパターンでもなくても、ただただ公式に従って問題を解くのが楽しいタイプの人間は普通に伸びていくんでしょうね。そういう子ってクイズとか好きそう。
Bernardo Domorno @Dominique_Domon 2015年6月5日
「何故かが分からないと先に進めないおっさん」です。
はなさかちるど @hanasakachilled 2015年6月5日
理屈も使い道も教えない(教えられない?)教師ばっかりだったので自分で理屈考えて勝手に納得してた 奴らは指導のタイプ云々のレベルになかったよ…
積分定数 @sekibunnteisuu 2015年6月5日
>「何故かが分からないと先に進めない子供」は、使い方や役立て方を他人から教えられるのが嫌い。「そんなのは自分で考えるから、理屈の方を教えてくれ」というタイプ。 私は「何故かが分からないと先に進めない」が、理屈やメカニズムを他人から教えられるのが嫌い。「理屈は自分で考えるから教えないでくれ」というタイプだな。
でき @dekijp 2015年6月5日
技術教科でエンジンを作成する事になり、部品として円形の金属の中心にドリルで穴を開ける必要があった。その際どうやって円の中心を出すのかわからない友達が居た。学校で習う事柄と自分の生活が結びついていない人は多いようだ。
でき @dekijp 2015年6月5日
ところで、学校で習った事柄と我々の生活は本当に結びついているのだろうか?たとえば、理科で、地動説について学習する。一方で太陽は東から昇り、西へ沈むとも習う。この太陽が昇って沈むという表現方法は、地球を中心とした天動説の表現方法であり、地動説は生活上では使用しなくても困らない人が多いのではないだろうか?
でき @dekijp 2015年6月5日
たとえば、紙を丸めて玉にしたものと、野球ボールを同時に教室の窓から落としたら、どちらが早く地面に着くだろうか?それに対して真空での話は実生活に関係してくるだろうか?
すみ27 @sumi_nina 2015年6月5日
なんとなくだけど「ピタゴラスイッチを楽しめるのが前者で、楽しめないのが後者」な気がする…。
はむいち @hamuiichi 2015年6月5日
あー僕後者だわ。数学や科学や英語は人の世界に役立って認識があったから勉強楽しかったけど、歴史だけはどれだけ考えても実用性がわからなくてすごく覚えにくかった。「歴史は繰り返す」って言葉の意味がわかってからちょっと楽しくなったけど、子供の頃の自分に理解させるのは無理っぽいなあ。
A-16 @930A16 2015年6月5日
前者だったので、数学の公式は一旦「何故そういう公式になるのか」を考えてから覚えてました。経済は唐突に公式が出てくるのでさっぱり判りませんでした。
Do_doits7010 @amato_SoN 2015年6月5日
「何の役に立つの?」というのは逃げ言葉として使われることも多い上にまだ経験の少ない子供に実感させるのはとても難しかったり。
心技 体造 @mentalskillbody 2015年6月5日
前者も後者もないですよ。大人から見て二極化してしまえる程、子供は単純じゃないので。気になるゲームがあったり、外で遊びたいと思ったり、他の友達に負けたくないと思ったりその日の気分で勉強への理解の方法なんて一変します。
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年6月5日
自己愛を守る本音と建前が錯綜するのだ( ^-^)_旦~
ずんどこべ @zundokobe 2015年6月5日
自分は後者だったのかもしれない。子供の頃はそこまで難しく考えずただひたすら勉強してたって感じだが、この年になって「これやって何になるの?」と頻繁に思ってしまう
みなか@9月30日アカウント閉鎖 @minaka_saikyo 2015年6月5日
どちらも共通点は日常生活で使わないとやる気が出ないということだね
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年6月5日
何故か役に立つかわかれば後は自分で何とかするというのは、ある種、立派な個人主義者なわけです。道徳の時間や哲学的な現代社会、倫理の中に、世間智として、【建前を守ったコミュニケーションの中で本音を当たり障りなく発現する】のだとはならないわけで(;´Д`)
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2015年6月5日
前者と後者を行ったり来たりしながら教えるのが普通とばかり思ってた…
shinshinohara @ShinShinohara 2015年6月5日
hiro_h 教え方としてはそれが一番正しいと思います。テーマによって、どちらのタイプになるか変わる人もいます(私は後者の方が強い性質ですが、前者の性質も併せ持ちます)。たくさんの生徒を前に教えるには、役立ち方を教えたり理屈を教えたり、行ったり来たりを繰り返して教えるべきだと思います。
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年6月5日
sakutashiryou ようするに、我慢を強いられることで保護される部分と、本音を漏らし過ぎて嫌がらせを受けるのが現実である。 それは個人的な居心地の良し悪しだけでなく、自分が他人の視線で否応なく裁かれることへの処世術として機能してきたんだと思います。
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年6月5日
sakutashiryou とは言え、私自身、処世術が機能しているのは何故かが気になって気になって仕方がなくてアホのように遠回りして理解できた気はするものの、実践的には勇み足を踏む今日この頃(..;)
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年6月5日
sakutashiryou 例えば、空想の始まりは、哲学的に万物の根源を想像して夜空の星を眺めた所から、科学的に夜空の季節変動から星座を見出し方角や天候に関心が広がる、技術的に雨期や乾期の変化を見越して移り住んだり、農耕で開墾地の選定や収穫時期の判定に活かしたり。
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年6月5日
sakutashiryou それでも、吉凶を占ったり収穫祭の演出だったりを通して、空想は一方通行ではなく円環を様々に行き来しているわけです。その中に、何故か派とか役に立つか派が生まれたのであるみたいなイメージ(*・ω・)ノ
KZRNM @naminodarie 2015年6月5日
sumi_nina ピタゴラスイッチは「身近にある構造がこんな風に使われていますよ」という番組なので完全に後者です
とり名古屋さん @hatsuhominami 2015年6月5日
生徒「これが何の役に立つの?」教師「受験に役立つ」
もこ @mocomb 2015年6月5日
自分は前者だな。理屈が分かればすんなり理解できるけどそれを探るのに時間かかる。めんどくさがり屋ってこともあって結局途中で投げ出して有耶無耶ってのも結構あるなあ。
hide @samayoumono 2015年6月5日
金八先生で『数学がなんの役に立つんですか?』って乾先生が生徒に煽られてたな
sleepsounds @sleepsounds 2015年6月5日
自分は理屈や仕組みがわかればなんとかなる感じだったから一応前者かな?ただそこでつまずくとからっきしだった。
ありだ(・´ω`・) @arida71 2015年6月5日
なるほどな。なんでこういう事がもっと知られないんだろう…
ミトス@宮城 @mitos7 2015年6月5日
前者が自分すぎる…。人間の作ったシステム(都市/社会)の中で生きてると、身の回りにある殆どのモノや制度は誰かが考えて作られてて、それなりに理由もあると。合理的じゃないモノ/システムはたいてい歴史的経緯がある。そう考えると好奇心が刺激されて生きててたのしい。
酔宵堂 @Swishwood 2015年6月5日
納得出来ないままわからないを積み重ねてきた前者がこちらです。
R@横鎮 @ryo_miya 2015年6月5日
一つの方法で教えれば大丈夫と思わず、教わる側にも多種のタイプがありそのタイプさえも永続的ではないということを教える側がわかってくれればいいな。 うん、書いててんな無茶言うなと自分で思ってしまうな。
📎bubbu📎今はただ淡々と耐える。 @kyontaku 2015年6月5日
兄弟でもきっと違うんだろう。親もしっかり見極める目を持ちたい。
なみへい @namihei_twit 2015年6月5日
あ~、『教える側の人間が「ただの丸暗記」しかしてなくてそれ以上の理解を持っていないパターン』、それ故に『「ただの丸暗記」をひたすら強いられるパターン』が、誰も幸せになれない最悪のパターンだと思われます。(´Д`)
shinshinohara @ShinShinohara 2015年6月5日
namihei_twit 学習意欲がそこそこあり、学力の積み上げもそこそこある場合は、おっしゃる通りですね。ただ、もうどこから手を付けたらよいのか分からなくなるほど、全教科で低学力のところから始めなければならない場合は、丸暗記は有効な方法です。その子の状態に応じた指導が必要になりますね。
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper 2015年6月5日
自分両方(というか対象と状況と相手と気分により変わる)な気がする…
manatix @manatix 2015年6月5日
私の場合は前者かなあ
たくゎだ。(神戸) @tak_wada 2015年6月5日
理解の仕方じゃなくてモチベーションの上げ方の話ですよね?
元HTCフリーク(エッジ画面・撲滅委員) @aoki3kara 2015年6月5日
なるほど。納得しないと仕事しない人が居て困った覚えが…
チャイティ @chaitea925 2015年6月5日
学習の理解、人によりパターンが違う。これ仕事覚えるのにも大事よね
なみへい @namihei_twit 2015年6月5日
ShinShinohara 「丸暗記する意味」or「丸暗記の有効性」があってこその丸暗記作業ですから(´・ω・`)
木登りヤギ@重力をふりほどくようなジャンプ @kinoboriyagi 2015年6月5日
思いっきり前者だ。役に立たずとも愛される物こそ素晴らしい。
なみへい @namihei_twit 2015年6月5日
丸暗記という手法を否定する気はありません。でもね、学習意欲(≒興味関心好奇心)を満たしてやることでしか、勉強をする/したい、にはならんのですよ。納得できないから、勉強をさせられている気分になる。使い道を教えずにただ詰め込んだところで、使えませんよ、それ。何に使えるのか、どう使えばいいのか分かってないんだから。
なみへい @namihei_twit 2015年6月5日
詰め込むことが目的、じゃないでしょう?そこで本末転倒をされると、学習意欲が湧かないどころか根こそぎ奪われますから。その結果としての、低学力なら、指導力(≒興味をもたせる力)の不足でしかない。
daybirdview @daybirdview 2015年6月5日
子供の頃は前者、年を経るに従って後者成分が多くなった気がする>
neologcutter @neologcut_er 2015年6月5日
子供は単純に2タイプに割り切れるものではない…が、こういう指針の立て方は参考になるはず。新人教育でもそうだと思う。
砂塔麻鈴@ちろすけ推し @marinsatou 2015年6月5日
うちの子たちはどっちだろ。
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2015年6月5日
文教予算を審査する財務省とか大学制度をいじる審議会の話かと思ったら違うみたいね。
夕雲 @yuugumo 2015年6月5日
俺は「めんどくさいからやらない子供」だった。
輪王ひろみ@冬コミお疲れ様でした @rinnou 2015年6月5日
この記事を思い出しました。> 数学を学ぶには計算ドリルではなく「高度な数学」から学び始める方が効果的なわけとは? http://gigazine.net/news/20140306-children-play-math/
なつ11 @natsupeer 2015年6月5日
前者ですねー。数学は戸惑ってる間にこれで落ちこぼれました。
taka @Vietnum 2015年6月5日
ごちゃごちゃした長い説明よりも、実例やサンプルを出してくれた方がすぐに理解できるのとにてるかも?
ululun @ululun 2015年6月5日
「何故かが分からないと先に進めない子供」と「役立つことが分からないと先に進めない子供」は、どのようにして見極めれば良いのか問題が急浮上
ululun @ululun 2015年6月5日
あと「何故かは分らない」ものや「役に立つかどうかもわからない」ものは勉強しなくて良いのか問題も急浮上
あるウソつき @akiyo_s_jp 2015年6月5日
子供を簡単に二極化すべきじゃないけど、指導指針としては優秀だよね。 大いに参考にしよう。
シン・シリカゲル:|| @silica_goblin 2015年6月5日
「わからない」といっているが理解する気がない子、この二つの分類の適合する方の説明をしているが全く聞く気がない子って結構いると思う。まず土俵に乗ってくれない
shinshinohara @ShinShinohara 2015年6月5日
silica_goblin そんな子には「教えない教え方」を試してみてください。http://togetter.com/li/798092
にこらうす @C_f_Nicolaus 2015年6月6日
ウチは前者だな。そっか,その2つがあるのか。
唐揚げ大好き『つな』 @73tsunatsuna 2015年6月6日
自分はどっちだろう。わかんないなあ
メゾ @mezzo_p 2015年6月6日
プログラマは前者だと落ちこぼれるか理解できないことをひたすら潰していくのでスーパープログラマになるかの二極、後者だとそこそこだと思う。僕は後者なのでそこそこですが。
きゃっつ(Kats)⊿4/7日向坂大阪個別 @grayengineer 2015年6月6日
どちらでもないな。納得できなくても使えればOKだし、役に立つかどうかは学ぶ段階で気にしてもしょうがないと思っていたので。ところで「何故かが分からないと先に進めない」の例に方程式はあまりうまくないような。たとえば「なぜ分数の割り算はひっくり返してかけるのか」のほうが例としてわかりやすい気がする
きゃっつ(Kats)⊿4/7日向坂大阪個別 @grayengineer 2015年6月6日
『役に立つかどうかは学ぶ段階で気にしてもしょうがない』これをもう少し詳しく言うと、要するに「使うことになるかどうかは考えずに、今は手に入る武器は手当たり次第集めておいたほうが、いざ実戦になったときに有利」という理解をしていた、ということ。使わない無駄な武器が多かったとしても、足りなくて困ることはないのでね
結び @osakiedouzo 2015年6月6日
簿記2級の工業簿記が理解しづらくて、理屈と様式だけ覚えて問題を解いていたけど、工場で働いてから、その問題の意図するところが面白いくらい理解できた経験があるから、凄く分かる。現場を知らずにイメージで補完できる人間の方が上位互換なのは分かっている。
ワカゾー @WakazoMarine 2015年6月6日
ボクは「なぜ?なぜ?」な子でボクの質問に親が答えきれなくなってしまい、ボクの疑問を解消するためだけに塾へ通いました。もちろん親や教師が学問への理解度を深める必要はあるんですが、それが困難だと感じたのなら学習の専門家や外部の人に委任するのもありかと思います。こういう選択は親や教師の"負け"ではないのです。漁師であるボクの親父は「俺はバカだから頭の良い方へ任せる」と賢く判断したのは負けではないのです。
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年6月6日
社会に出て一番困る(周りが)のは「解って無くてもそれを疑問に思わず、なんとなく周りにあわせて何か解答らしき物をでっち上げる人」です。出来上がって後戻りの聞かない状態で、成果物が何も役に立たない事が発覚するという……
Yutaka matoi @urd 2015年6月6日
これは言われてみたらそうだ…。
二条肝兼 @IamNotUs 2015年6月6日
後者の「役立つことが分からないと進めない子」に対して「そのしみたれた根性を叩き潰す」対応する人がけっこういるんですな。
Dark@久しぶりに公共交通を使いまくる @darklie 2015年6月6日
自分は両方いけるけど後者の子は現行の普通科では不幸だなとは思う。
根性ロン @konjo_ron 2015年6月6日
個人的な実感だと2つに別れると言うよりは、後者の段階を経て前者の段階になるって感じな気がします。前者の方が学習意欲がある状態で、後者はまだ湧いてない状態というか。後者をクリアしている生徒が「何の役にたつ」と考えているかは「テストで良い点を取る」「(漠然とした)将来」「受験」とかが多いと思います。印象としては、後者の段階をクリアさせるのは前者よりも難しいと感じます。
幸箱亭ミミック(妖怪はげまーき) @happys_toolbox 2015年6月6日
決め付けではなく「こう云う考え方も参考になりますよ」てまとめ
藤間真 @power_of_math 2015年6月6日
異論はないが、有用性を示すのはそう簡単ではないとも思った。
ashen@こみトレ【か-13b】にて売り子 @Dol_Paula 2015年6月6日
熟読しても、自分がどっちのタイプかよく解らん…。ただ、仕事の引き継ぎなどで説明の途中で「それが何の役に立つんですか?」なんて話の腰を折る奴がいたが、それはいわゆる後者のタイプなんだろうなぁ。
赤間道岳 @m_akama 2015年6月6日
世の中には「使い方だけ教えてくれ」というタイプもいるんですよね。一見後者だけど、これが何の役に立つのかすら考えず、目先の問題を解決するための手順だけを知りたがるタイプ(´・ω・`)
ワガマイは猫でアル・カポネ @imagawaikuo 2015年6月6日
いわゆるWhy?の反復とSo what?の反復で理解を深めるアプローチは、本来両方必要なので、タイプ分けに違和感があります。
あんぬい (タビイカ) @PUPRL 2015年6月6日
どっちの言い訳も使った
タヌマ @tnmaua 2015年6月6日
grayengineer 役立つかどうかわからない、ということはつまり「武器になるかどうかすらわからない」ということでは?最近2足歩行を始めたお猿さんに銃を渡しても「こんなクソ重い棒切れいらんよ、尖った石のほうが便利だし」ですよ。
きゃっつ(Kats)⊿4/7日向坂大阪個別 @grayengineer 2015年6月6日
tnmaua だからそう書いてますよね。使うかどうかわからなくてもとりあえず今は全部集めておけ、という考えだったんですよ
タヌマ @tnmaua 2015年6月6日
grayengineer これはすみませんでした。ちょっと武器という言葉を読み違えておりました。
n @shellow_ws 2015年6月6日
わたしは、なぜそうなるのか? を理解できないと覚えられない子供だったなあ。理屈がわかればすんなり納得いって覚えられた。たぶん今でもそう。
よわめう(求:お仕事)(牛丼短観) @tacmasi 2015年6月6日
「なぜそうなるのか?」「何の役に立つのか?」それら両者をすっ飛ばし、試験問題のパターンと解き方を丸暗記するジュケン・ジツを叩きこむのがフツウカ=ハイスクールなのだった
きようへい コミティア127 ね22b @kyohei240k 2015年6月7日
なんとなく「理系と文系?」と思ってしまったのは偏見かな。
広江 克彦 @eman1972 2015年6月7日
自分はこのどちらにも当てはまる気がする。
超icbm @ssicbm 2015年6月7日
英語だと、最近になって、ああああああってなったし、シューティングゲーム作るときに三角関数でああああああってなったなあ。当時は何に使えるんだこれって思ったよ。必要性が無いと覚えないからなあ…
Sun太 @SunSun_fine 2015年6月7日
分子軌道計算の理論が難しくて,それで何が理解できるのか何が説明できるのかが示されないと数式とにらめっこする気が起きないとか。
Sun太 @SunSun_fine 2015年6月7日
さらに段階があるのかな。理論屋と実験屋,さらに応用屋みたいな階層構造とか(いろんな学問分野でありそう)。
Gril @Gril_ops01 2015年6月7日
tacmasi 一応示されますよ…「そういう公式だからだ」「受験に出る」という糞みたいな何かがね…
こぎつね @KogituneJPN 2015年6月7日
仕事に対する報酬(快感)がでる条件は同じ人でもその都度違うと思う。実利があればそれを期待して頑張れるし、「これはなぜこうなるんだろう」という疑問をもつレベルにたっすると調べて疑問を解消するだけで快感物質出る
smw @Shi_MeiWo 2015年6月7日
俺は「実際に役立つ所を見せてくれ。そして俺が納得するまでいじり倒させてくれ」でしか理屈を理解できない。正しい方法を延々と反復させてくれないと、一歩も先に勧めない。
ばじる@人生半分忘れ物 @Basil1127 2015年6月7日
学び方の違いを教える側が気づくこと、大事。
孤独犬ポチ @kodokuinu 2015年6月7日
冒頭のy=2x+3というのが全く分からんし理解出来ないのってこのコメント欄で自分ぐらいかな?
せとか @setoka32 2015年6月7日
でも正直数学教師やるんなら数学が人生において何の役に立つのか? くらいの問いにはビシッと明快な解答くらいしてほしい 仕事や日常の中で数学を応用することも多々あるんだから できないなら数学教師失格
KOLOR @JaneSioux 2015年6月8日
grayengineer 言っている前者がよく分からないので、良かったら説明していただけますか? 私の理解では、納得が薄いとしか読めないので。
紫月(座敷荒らし ) @siduki 2015年6月8日
納得する答えが得られないまま何故判らないのかと怒鳴られ続け聞くことを諦めたまま判らないを蓄積していくと私のようになります。
ぬいぐるみにされた犬bot @M_T_Asagi 2015年6月8日
前者でしたね〜。理屈がわからないと問題解けないから、数学で出てきた「便利な公式」は殆ど使えなかった。意味がわからないから→暗記できない→ので使えない。 結局最終的に辿り着いたのは、授業は殆ど聞かず、出された課題を、答えと睨めっこしながら「ここは省略されてるけど、実際にはこういう計算が行われている」っていうのを自分で分解して「だからこの公式はこの答えを導ける」を導くことだった。これできるように成ってからは比較的成績安定してたと思う
かぐ / 夏もお小袖 @okosode 2015年6月8日
完全に後者だったと思います。物理や情報処理はすんなり入ってきたけど、数学は本当に入ってこなかった。記号の羅列から求められるものが結局記号の羅列でそれ以上の意味が無かったので苦手でした。
ねぼ @nebonebo7 2015年6月8日
時々思い出したい
山田太郎 @CofCthulhu 2015年6月8日
一足飛びに正解を知ろうとしたり、正解と異なっているので間違っていると考えて、結果を元にしてなぜそのような結果になったのか?を考えられない人がそれなりに居るのかな?とは思う。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年6月9日
atro_p いや、バカでも基本同じですよ。理屈が理解できるとぜロよりマシになる奴沢山見てきたっていうか、そんなのが同級生だった。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年6月9日
俺は、数学に関しては後者寄りだったかな。基本的に数式理解に時間がかかるタイプらしい。
Lyiase @lyiase 2015年6月9日
私大の大人だけど、何故か分からないことは理解したくないしやらない
K.Kawazoe @_____zoe_____ 2015年6月9日
俺は前者だなー、完全に。数学が苦手になったのは、途中で「理屈はそのうち教わるからいまは覚えとけ」なゾーンに突入したあたりで脱落したから。理屈でどうにもならない年号や人名の暗記なんかも苦手。
ざの人 @zairo21 2015年6月9日
「わたし むずかしいから わかんなーい」 という 大事な選択 が抜けてますよ?w  マジな話 面倒くさいことには首を突っ込まないという 生きていく上のスルー力 が大事なのは お と な  になって気が付きます。
ざの人 @zairo21 2015年6月9日
「指導者に立つなら、ぜひどちらのタイプでも指導できるように、修練を積んでいただきたい。」 これよりも、どの方に進むべきかを見極め それぞれの得意分野に進ませる。ができればいいんじゃないの?とも思った。 本当の専門教育となると?そこは 一般教師には難しい物がある。 先生だって 得意 不得意があるんだから。その道案内ができれば 言うことなし。
きゃっつ(Kats)⊿4/7日向坂大阪個別 @grayengineer 2015年6月9日
でも何事も習熟するには基礎の反復が大事なわけで、そこで「なぜか」や「役に立つのか」で立ち止まっていたら何も身につかないと思う。たとえば野球をやる前にランニングやキャッチボールや素振りをしっかりやることが大事で、そこで疑問に思ったら実戦やる前にやめちゃうよね
アオヤマ ミント @MintoAoyama 2015年6月9日
エンジニアもそんな感じです。メンターの皆様宜しくお願い致します。
わかめ@毎日猫がいる @vvakame 2015年6月9日
俺も三角関数の何が嬉しいのかわからなくて挫折したマンだ…!
sakサック⭐⭐✨@中断サンキュ松本戦へ立て直しを @sakfrontale 2015年6月9日
自分は役に立つこと教えてくれってタイプだったなぁ。勉強になった。
こぎつね @KogituneJPN 2015年6月9日
三角関数は工業系の職人になったら超使うで
孤独犬ポチ @kodokuinu 2015年6月9日
まず、読んだら必ず内容が理解出来る教科書の作成から初めてもらいたいんだよなー。一冊千ページでも二千ページでもいいから読んだら必ず内容が理解出来る、ちゃんとしたまともな教科書を寄越せ。教科書を騙る紙ゴミを生徒に押し付けるな、迷惑極まりない
病理医ヤンデル @Dr_yandel 2015年6月10日
やーこれ面白いっすわ……ツイ主のスタンスも絶妙で定期的に思い出したいまとめだなっておもいました。
うぃき @wamtst 2015年6月10日
これって、歴史を授業通りに過去から順追っていく学び方と、現在の事象からその原因を歴史を遡りながら辿っていく学び方の違いに似てる気がする。 自分なら間違いなく後者。
なみへい @namihei_twit 2015年6月10日
grayengineer 反復が大事なのは同意です。私自身、反復しないと身につかないタイプである自覚があるので。「この単調な反復作業を、何故するのか、後々どう生きてくるのか」を説明してもらえない、納得できていないと、間違ったフォームが身に着こうがお構いなしに反復することになり、台無しになったので、現状「納得できないことは反復しない。(当然、納得できるまで右往左往試行錯誤を止めない、という前提で)」という今のスタンスがあります。
齊藤明紀 @a_saitoh 2015年6月11日
「3なぜかが分からなくても何に役に立つかが分からなくても先に進める子供」も居る。さらに3Aその後もずっと無意味に暗記したままの子(大人)と3B後で振り返って理解を深める子供、に分かれると思う。
ボルボラ @zairic0 2015年6月11日
素晴らしい。実感としても分かるし、自分も気をつけたい。
雪ノ丞 @Yukinojo 2015年6月11日
わからない問題はわかる奴にスルーパスする。それが人だ。
たけちゃん @takechan_hinako 2015年6月14日
忘れたくないのでツイート。
Toshi Yamakawa @yamac_1ab 2015年6月14日
さて問題は、これを教師が教えるべきか親が教えるべきか、ですよね。
まりあーじゅ@情報収集用 @o24si3Atak 2015年9月11日
まさに私が勉強する際、ここに躓いてたんだとわかりました!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする