2015年6月6日

★病院受診のコツ〜良い病院の見分け方と自分の準備〜

患者側、医療者側の両側面から考えた「病院受診の際のコツ」についてまとめました。一介の中堅ナースとしての意見ですので話半分にどうぞ。
2
きり @kili_debu

旦那さんが最近急性胃腸炎になり、近くの中規模総合病院に受診した。システムが悪いせあで回転悪いのが丸見えで、イラついてしまった。そこで逆に、病院受診のコツをまとめてみようと思う。

2015-06-05 15:12:12
きり @kili_debu

★病院受診のコツ① 病院の選び方…どの科でも、症状が軽い場合は、まず近所のクリニック。総合病院に行くより遥かに短時間で受診できることもある。40℃をこえる熱や立てない位の頭痛などは迷わず総合病院。緊急検査が必要か、入院が必要かで病院の規模をかえる。

2015-06-05 15:18:57
きり @kili_debu

★病院受診のコツ② 良い病院の見分け方…片付いている!→無駄な張り紙や使い込まれた案内板が無造作に溢れている状態は× 感覚的に動線がわかるのが良い環境デザイン→医師以外のスタッフが環境をより良く整えようと努力している→良い医師には自然とよいスタッフが集まる→良い医師がいる。

2015-06-05 15:27:29
きり @kili_debu

患者さんが一番に求めるのは、事務さんやナースの接遇態度より、病院のきれいさより、信頼できる腕の良い医師。でもHPとかで見てもよくわからない…つい、きれいな病院に目がいきがちだけど、箱はきれいでも中身は雑然としてる場合もある。この前行った病院がそうだった。きれいな箱がもったいない。

2015-06-05 15:31:53
きり @kili_debu

★病院受診のコツ③ 行く前の準備…症状の経過をメモにまとめる。時系列に端的に書く→病院に行くと問診票を書くか聞かれるので、メモを書き写すか一緒に渡すと◎ 先生を前にすると緊張して言い忘れたりする。メモがあれば呼ばれる前に読んでくれる。 pic.twitter.com/R21cdehjSH

2015-06-05 15:39:24
拡大
きり @kili_debu

★病院受診のコツ④ 病院到着〜受診まで…受付や検査ではスタッフの指示通り動く。少しでもわからないことがあれば、忙しそうでも思い切って確認する。待ってる場所が間違ってても、呼びに来てくれない→患者さんが検査室に到着してなくても忙しくて気づかない!(ことがある)

2015-06-05 15:46:09
きり @kili_debu

病院受診のコツ⑤ 診断〜治療の選択…医師から説明された治療を納得してから受ける。メリット/デメリットを聞いて、治療を受けるのを決めるのは自分。医療はパン屋さんでパンを買うと言った絶対的なサービスは受けられない。どんな治療でもデメリットがあり未知数。自分で決めたことなら後悔が少ない

2015-06-05 15:53:38
きり @kili_debu

★病院受診のコツ⑥ 良い医師の特徴…自分の専門、立場をわきまえている。患者の状態を知りうる知識でわかりやすく簡潔に話す。専門外であればすぐに他院を紹介してくれる。(紹介できるツテを持っている) …悪い医師は、知識不足に気づかず自分で診れないくせに抱え込むクセがある。

2015-06-05 15:58:28
きり @kili_debu

ご年配の方に多いのが、長々と説明を受けたあと「全部先生にお任せします」。今時の医師は患者さんにちゃんと考えて選んでほしいと思っている。そのために一生懸命説明をしているのでその返答では肩すかし。わからなければ聞き直せばいいし、納得できたら「よくわかりました、よろしくお願いします」。

2015-06-05 16:04:51
きり @kili_debu

「全部先生にお任せします」は思考停止と責任の押し付けのように感じてしまう。殺されても文句言わないの?って。

2015-06-05 16:06:03
きり @kili_debu

★病院受診のコツ⑦ オマケ…総合病院とクリニックの違い→会社員と個人商店の違いと同じ!総合病院は異動や転職があるので医師の入れ替えが激しい。医局制度で色々な病院に出向している。クリニックは基本、院長主体の商店なので評判が命。総合病院よりは優しい医師が多い。かかりつけ=クリニック!

2015-06-05 16:17:33

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?