3
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
時間の都合で長居できなかったけど念願の25mm三連装機銃。とりあえずラバウルを一巡りして今から昼食 pic.twitter.com/dt6pqEH1w9
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
基本的にデジカメで撮影したので携帯ではあまり撮っていない。 pic.twitter.com/0ozAEbwuf8
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
大発洞窟は海岸から200mほど山を登ったところに作られており、中には5隻の大発がある。 pic.twitter.com/UODRlEBHWj
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
ラバウルでは3基の25mm三連装機銃、4基の二連装機銃の調査ができた。 pic.twitter.com/UnbDxvoK65
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
ラバウルの25mm二連装機銃と陣地跡。現在は小学校の敷地となっていて今回特別に許可を得て撮影させてもらった。ラバウルにある機銃の多くは既にスクラップにされており、訪れた三連装機銃の陣地では3基のうち1基のみ現存していた。 pic.twitter.com/nxyTb0cN3q
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
嫁もやってたけど、ラバウルの空。昔はここで零戦やB-17らが飛び交い、そして戦った空でもある…という妄想に耽るのも良いかもね 笑 pic.twitter.com/JoFbR47ztf
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
@tamaya8901 @nakachandaisuki 場所によっては洞窟砲台もありますが、山上の陣地に機銃に守られるような形やコンクリート掩体で防護したのも普通にあります。 pic.twitter.com/3dXHWtIiM4
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
九五式軽戦車。砲塔部分は欠落しており内部も若干残っている。 pic.twitter.com/9Omz7Qn1Dx
拡大
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
九五式軽戦車その2。一枚間違えて九七式を入れてしまったので削除再掲載 pic.twitter.com/popxCkXu4y
拡大
サムライ@九六式25㎜機銃研究家 @samurai__inui
ヴィッカース水陸両用軽戦車の改造型で1944年の米軍のマニュアルではM2594水陸両用軽戦車という名称で呼ばれている。 pic.twitter.com/e8mwiVJMzW
拡大
残りを読む(105)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする