2015年6月12日

【石水テキストカラテ】ミヤコvs犯罪者たろりん最終回

理想の死に方その1
2
たろりん(ニンジャ) @tarorininja

でなけりゃ、救いようのない犯罪者になって大親友に撃たれて死にたいかなあ #理想の死に方

2015-06-12 03:37:13
たろりん(ニンジャ) @tarorininja

石水さんの書いてくれたなんかとか理想の死に方にも程がある #なお残された方は #すまん

2015-06-12 03:39:49
@ishimizu08

@tristarwats たろりんよかったねお望みのシチュがここでも登場 #rkyun j.mp/1cI9zOF pic.twitter.com/60nQP69zji

2015-06-09 01:33:49
拡大

石水さんに送ったお題
@tarorininja: @tristarwats @ishimizu08 「ここは霧の都ロンドン…凶悪犯罪者たろりんを追い詰めた刑事ミヤコだが、実は二人は過去に恋人関係にあった!タダオーン!時計塔の上で向き合う二人…互いのピストルが互いに付きつけ合わされる!その瞬間!」

@ishimizu08

@tristarwats @tarorininja 「どうしても…自首するつもりはないんですか…なんで…」女刑事の、拳銃を握る手が小刻みに震える。彼女の名はミヤコ。銃を突きつけられ、またこちらに銃口を突きつける犯罪者とただならぬ仲にあった過去を持っている。

2015-05-23 01:59:45
@ishimizu08

@tristarwats @tarorininja ゴォーン…ゴォーン…彼の返事は時刻を告げる鐘の音に飲み込まれミヤコに届く前に霧散した。そして柔らかな笑みを浮かべたままミヤコをじっと見つめている。おそらく彼は誰に聞かせるつもりもなかったのだろう。

2015-05-23 02:08:06
@ishimizu08

@tristarwats @tarorininja 対照的な二つの影が時計塔の上で向かい合っている。そして一つの影が落下し、一つが残った。 遺された影は力なくその場に崩れた。どうしてこんなことになったのだろうか。彼は思考を巡らせた。

2015-05-23 02:19:31
@ishimizu08

@tristarwats @tarorininja ミヤコと過ごした日々や始めて犯罪に手を汚した時のこと、幸せな時間、冷たい引き金の感触。色々なことが思い出された。口ずさむ歌詞はミヤコの好きだった曲。その1フレーズが終わる前に人と地面がぶつかるものすごい音が鳴り響いた。

2015-05-23 02:26:54
@ishimizu08

@tristarwats @tarorininja 現場検証の結果、死体の持っていた拳銃には弾丸は入ってなかったらしい。また、死体に銃創はなく、発砲する前に落下していたらしい。このことを聞き、ミヤコは声をあげて再び泣いた。彼の最期の言葉はもう誰にもわからなかった。 終

2015-05-23 02:31:22

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?