ヒトは案外ハイスペック by 超次元ぬこ氏( @ChojigenNuko )

超次元ぬこ氏( @ChojigenNuko )が語る、非力に思われがちなヒトのハイスペックぶり。
3
超次元ぬこ @ChojigenNuko

人類は他の獣に比べて非力だど思われがちだけど、(温暖地での)持久走では人類に勝てるのは馬くいしかいないし、異常に強力な背中まわりの力と重心移動を利用した「遠投力」では人類に勝てる動物は多分地球上に存在しないってくらい圧倒的な正能を有してる。

2015-06-18 05:26:36
超次元ぬこ @ChojigenNuko

紐括つけた投石武器とか普通に頭「グシャア」ってやるくらいの威力あるし、狩猟用のブーメランとかある程度大型の哺乳類も一発でノックアウトするくらいの威力がある。しかも一の動物が餌かした毒素を狩猟に使ううに人類は毒まで使いこなす。

2015-06-18 05:29:14
超次元ぬこ @ChojigenNuko

そのうえしかも高度ニケーション能力を利用して集で狩りするのでヤバイ。人類は銃火器とかない時代から普通にマンモスとかライオンとか熊とか、あとバッファローの群れとか狩りまくってるんやで。

2015-06-18 05:30:51

コメント

パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月18日
さすがに、間違っている点が多すぎると思ったので・・・・・・ 人間よりもオオカミとか牛とか鹿とか山羊とかイノシシとかの方が持久力がある。というか持久走ってなんだ?訓練してないと20kmでも走り続けるなんて人間難しいぞ。足が本当に棒みたいになって、歩くのがやっとになる。運動経験があればフルマラソンがどんだけ過酷な競技かも分るはず。(そもそものマラソンの由来が40km前後の行程を走りきって戦争の勝利を伝えて死んだ男の逸話から来ているのは有名)
1
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月18日
遠心力を使う種がほぼ無いだけで、背筋などは猿人類の1/5とか1/10とかと脆弱だ。それに投擲がそんなに効率が良かったら鉄器や弓、パチンコなどが発達していない。スリングは対人間や小型哺乳類・鳥類相手ならともかく、毛皮ががっちりしている大型哺乳類にはあまり有効打にならない。だからこそ、鉄器時代に入ってからも、革が長らく防具などの材料として重宝されていたりした。
1
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月18日
ついでに言えば、狩猟でつかうブーメランは獲物に当てるのが目的じゃ無い。逃走妨害や驚かせてため。狩猟としては網を併用して網で捕まえる。そして対象は人間にとって脅威になりにくいような小動物(ウサギや狐etc)・小型や中型の鳥。
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月18日
さらに一匹オオカミとかのイメージと違って、案外肉食の哺乳類では集団で狩りをするのは珍しくないし、大型草食獣を狩るだけなら、人間よりももっと体格の小さい動物が集団で狩りしてたりするし、そこにそんな高度なコミュニケーションが必要なわけでも無い。 言いたい事は分らなくも無い。ただ、人間は強靱な方ではあるが、実際に未熟に生まれて発達も遅いし、身体性能面では他を圧倒するわけでは無い。
1
sono @tikulista 2015年6月20日
人類の持久走力について書かれたブログがあります。 http://www.jahou.net/ebisuzaki/index.cgi?no=151 最後の段落に、「持久狩猟」という興味深い単語を見つけました。 イギリスでは馬対人間の35kmマラソンがあるみたいです。33敗2勝らしいです。 https://en.wikipedia.org/wiki/Man_versus_Horse_Marathon
4
sono @tikulista 2015年6月20日
英語のウィキペディアのブーメランに「kylies」についての記述があります。 https://en.wikipedia.org/?title=Boomerang これによると、オーストラリアのアボリジニが大抵用いていたブーメランは「kylies」と呼ばれる戻ってこないもので、2kgのブーメランは、100mの射程を持ち、カンガルーからオウムまで狩ることができたそうです。これは人類の「遠投力」の優秀さを示していますね。
4
星五98体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2015年6月20日
持久走と言うよりも長い距離を長時間休みなく移動する能力なら人間のほうが高いな。
1
sono @tikulista 2015年6月20日
tikulista セルフ突っ込みですが、上記ブログより、ウマは「1日に約20kmしか走れない。それ以上走ると、回復不可能な損傷を筋肉骨格系に受けてしまう。」というのは、どの程度の損傷か、元の論文を読みたいものです。35kmレースでも何度も優勝している馬がいますし。
3
超次元ぬこ @ChojigenNuko 2015年6月20日
大型類人猿と比較した背筋力の一例まとめときますね オランウータン 300kg 室伏広治 389kg ゴリラ 400kg 印象で言っているにしても「人類の背筋力が猿人類の1/5とか1/10」というのはあまりにも誇張がひどすぎる。室伏が凄いというのもあるけど背筋を鍛えると大型類人猿に引けをとらない(一部超える)レベルにまで発達するという実例として。
1
超次元ぬこ @ChojigenNuko 2015年6月20日
inbar @j_inbar氏はなぜか「デスクワーク中心の生活に慣らされ運動不足な人間」を基準に筋力や持久力の話をされておられるようですが「原始的道具を使っての狩り」の話をしているのだから、狩猟採集生活でそれなりに身体が鍛えられてる場合の話をしてくれないと困ってしまいます。それと話から察するに氏が想像している「ブーメラン」というのはおそらくは「遊戯用」の軽くて小さいやつのことなのでは・・・
3
超次元ぬこ @ChojigenNuko 2015年6月21日
追記:背筋力について 人間の成人男性130kg~155kg オランウータン300kg ゴリラ400kg 類人猿で人類より背筋力が強いのはたぶん大型種である上記二種のみ。ただしパワー系の競技で鍛えている場合は人間でも背筋力が300kgを超えてゴリラの数値に匹敵するところまで伸びる。上で反論しているひとの「人類の背筋力が猿人類の1/5とか1/10」という主張があまりにいい加減でひどすぎるのでもう少し詳しく例を挙げさせていただきました。あと、まとめありがとうございます。
1
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月21日
ChojigenNuko tikulista そうですね。その英語版wikipediaのそのkylieの前のHuntの項目でもそのkylieについての所でも、そのページの引用リンク先でも、 ブーメランの使い方としては、自分が上で述べた事が書かれていますよね?場所によっては、ほぼ同一の内容が。(単純に自分が読んだ文献と英語版wikipediaの引用元が一緒なだけなんでしょうが。)
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月21日
ChojigenNuko そのデータの元をお教え願えますか? 少なくとも「オランウータン300kg ゴリラ400kg」で出てくるのは、2chのコピペブログぐらいなのですが・・・。
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月21日
http://www.slate.com/articles/health_and_science/science/2009/02/how_strong_is_a_chimpanzee.html 署名入りの記事で(※背筋ではないですが)人間よりもチンパンジーの方が数倍強力である事の記事。他にも調べれば、http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9285/?ST=m_newsとか、アスリートと比較しても2倍チンパンジーの方が強力。
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月21日
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9285/?ST=m_news に正に「チンパンジーやサルと異なり、人類は貧弱な筋肉組織と引き替えに大きな脳を手に入れた可能性が高いという ・・・ 人類は600万年かけて、体の残りの部分が変化するより8倍も速いペースで筋肉を退化させている」とありますよね。
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月21日
個人的には、前にも書いたとおり、別に 超次元ぬこ@ChojigenNukoの言いたい事は大筋では分るけど、間違っている所が多いと言っているだけです。
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月21日
そもそも、「遠投力」が*他より*秀でていることが非力で無い事には繋がらないですし、大型の肉食獣などを狩ることが出来たから非力じゃ無いと言うのも違うでしょう。
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月21日
人間が強靱な方ではあるのは、単にウサギを初めとした小動物や大抵の鳥よりも大きい体格であることが主で、同程度の体重やそれ以上の体重の動物相手なら話は別になるという当たり前の話。
0
超次元ぬこ @ChojigenNuko 2015年6月21日
inbar@j_inbarさま明確な参考元の出典ありがとうございます。人間が温暖地での持久走に優れているというのは「発汗」に関して記述したされたhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%97を参考にしましたが「背筋力」の件についてはじつはinbar@j_inbarさまの指摘する通りネットに出回っている数字を鵜呑みにしたもので明確なソースは不明です。印象論に取り憑かれて虚実綯い交ぜの発言をしていたのはどうも私の方だったようです。
1
超次元ぬこ @ChojigenNuko 2015年6月21日
ただ少し誤解があるようですが私は「人類の肉体が強靭」と主張したかったわけではありません。「銃など存在しない原始的道具を用いていたような時代から既にその身体的特性(遠投力・優れた体温調節機能)と高い知性・コミュニケーション能力を駆使した集団による高度な狩りで大型の動物も獲物として狩っていた」という事実から、よく言われる「銃があって初めて対等」系の主張のように「単純に非力とばかり考えるのは間違いである」ということが言いたかったのです。
0
sono @tikulista 2015年6月21日
j_inbar あなたが書かれているのは返ってくるブーメランの説明ですね。 wikipediaからの要約ですが、 「kyliesはカンガルーからオウムまでに致死性の怪我をもたらすことができる。同様の武器であるthrowstickは足やひざに当てればカンガルーを倒せる、エミュ(体高1.6~2m)を殺すことができる。」 j_inbar というのは当たらないでしょう。
0
sono @tikulista 2015年6月21日
j_inbar その一番目の引用先では、人類と「類人猿」の「引っ張る力」の差は2倍程度であったとかかれていますよ。「背筋などは猿人類の1/5とか1/10とか」の根拠はございますか?
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月22日
tikulista tikulista あまり時間もないで手短に返しておくと、こちらが誤読している可能性もありますが、sonoさんの英訳や要約が間違っていると思います。再度読み直された方が良いかと。あと、Descriptionの所もせめて読んだ方が良いかと思います。
0
sono @tikulista 2015年6月22日
j_inbar では、私が英訳、要約した部分をあなたがなさってみてください。descrirtionも読んでいます。 その上で tikulista tikulista と記述しております。
0
smw @Shi_MeiWo 2015年6月22日
人間が他の生き物と比肩できる能力の一つは視力。真っ暗な中、80キロ先のロウソクの炎を見られる生き物は人間ぐらいで、これに匹敵するのは猛禽類くらい。
0
YN,RedQueen @yn_redqueen 2015年10月14日
「人間しかできない」話が揃いも揃って適当なのにもやっとする。投擲とはいうが問題は「投げるブツの選定」であって、持久力は(マラソンじゃあるまいし)捕食者を振りきれなければ意味がない。コミュニケーション&道具偏重にならざるを得ないだろうなぁ
0