2015年6月19日

被害者と生活者

道草さんの論考
7
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

私もスタデーさんからは異論一つでバッサリとブロックされたな。「見捨てられた初期異論」という本でも書こうかな(嘘)

2015-06-17 19:58:40

 

道草クー太郎 @KutaroMichikusa

人間にとって完全な自由なんてものはどこにも存在しないわけで、誰もが様々な不如意の中で最適な選択を模索して暮らしているんじゃないの? その最適解はそれぞれの生活条件や価値観によって異なるのが当たり前であるし、自分の人生なのだから自身の責任によって選択すべきことでもある。

2015-06-18 12:04:07
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

林さんたちがそれを尊重しない(「尊重する」と口にすらできない)ということは、福島県民を自律的人格として認めないことであり、責任無能力な子供扱いすることであり、自分と同じ生き方以外は「曲がった生き方」だと見なしているということ。

2015-06-18 12:05:34
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

そういう古めかしい「大衆」観を見透かしている人々が不信を抱くのは当然のこと。社会運動は自立した市民が主体となり、価値観や生き方の違いを尊重しつつ「一致した要求」に立脚してなされるもの。その根本部分について林さんやyuukiさんは心得違いをしている。

2015-06-18 12:06:42
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

@tohko888 @menpan2000 スタデーさんは顔文字など使ってソフトなツイートをしてますが、表情には出さない「胸に秘めた党派性」を強く感じます。ブロックはもちろん、データの解釈段階で科学とは異質の「予防原則」を絡めてくることなども党派性に起因するのかな、と。

2015-06-18 13:57:16

 

道草クー太郎 @KutaroMichikusa

原発事故で汚染された地域の住民はまず第一に生活者であり、そして被害者でもある。生活者だからこそ、その生活が侵害され脅かされ、被害を被った。なのに、加害者/被害者という二極的な視点しか持てなければ、住民は生活者としての足元が軽視され、被害者としか把握されなくなる。

2015-06-18 18:55:48
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

そして「被害者」であることが人々の様々な善意の思い入れで肥大化してしまうってことはあるんじゃないか。そうなると、彼らの生活者としての選択も「被害者としてどうなんだ?」という話に組み込まれてしまう。

2015-06-18 18:56:17

 

道草クー太郎 @KutaroMichikusa

昨日の「生活者/被害者」の二面論は我ながら的を射てると思った。で、更に考えてみると、生活者であることを軽んじた被害者論の最大関心事は、被害者ではなく理不尽発生源としての加害者への誅伐ではないのかと。

2015-06-19 07:00:30
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

「被害者」は外部正義の保証人になれるが、「生活者」は外部正義にとって都合の良い選択もするし、都合の悪い選択もする。都合の悪い選択だけは「尊重する」と言えない人たちが思いのほか多い。

2015-06-19 07:00:55
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

理不尽の大きさのあまり、正義が生活の現実から遊離して自分の「都合」を形成してしまうのだろう。

2015-06-19 07:06:13

コメント

早川由紀夫 @HayakawaYukio 2015年6月19日
岩波科学が原発事故後に大きく変貌した先の体質も、これでうまく説明できる。
0