Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2015年6月19日

私が、ドラマ「ヤメゴク」に大いに期待して、がっかりするまでの軌跡。

ドラマ「ヤメゴク」の導入部は、ここ数年のTVドラマの中で最も衝撃的でしたが、ちょっと尻すぼみに終わりました。その一視聴者である私の「情熱と冷静の間」の記録です。 大島優子が、ドラマアカデミー賞・主演女優賞を受賞したので、コメントを追加しました。
3
UWの落日 @uw_susu

私は堤幸彦が苦手なので「ヤメゴク」はずっと敬遠していて、ようやく観たのだけれど、予想以上に面白いね。大島優子役作りもアクションも見事だと思う。これだけの演技力と身体能力を兼ね備えている女優なんて中々居ないよ。特にアクションは、現実離れした設定を動きのキレでカバーして素晴らしい

2015-05-10 18:16:55
UWの落日 @uw_susu

私は、堤幸彦って「演出」というものを根本的に勘違いしているんじゃないか?と思うほど肌が合わなくて、「ヤメゴク」も出だしは「あぁ、またやってるよ」と感じていたのだけれど、話が面白いので、次第に気にならなくなった。それに、こんなにキチンとアクションを撮る堤幸彦は初めて見た気がするな。

2015-05-10 18:26:51
UWの落日 @uw_susu

やっぱり、今までは、役者が動けないから「カメラワークや編集やCGでフォローしていた」側面が、かなりあったんだろうね。私は、その「フォローの仕方」が好きじゃないし、納得いかなかったのだけれど。 でも、主役が動ければ、ちゃんと撮る人なんだね。だとしたら、評価を改めないといけないかな?

2015-05-10 18:34:00
UWの落日 @uw_susu

大島優子の演技は厳しい見方をすれば、ハードさを出そうとするあまり少し一本調子になっているかな?と思うところもある。しかし、周りの演技が堤幸彦演出でお馴染みのかなりのオーバーアクトだから、バランス的にはこのくらい抑えていてちょうど良い、とも言えるんだよね。「演技はバランス」だから。

2015-05-10 18:55:47
UWの落日 @uw_susu

北村一輝から見た撮影現場での大島優子> 「ものすごく集中していて『存在感ゼロ』。皆が撮影で騒いでいる中で、1人だけ端っこで暗く、じっとしているのでどこにいるかわからない」 →「現場で存在感ゼロ」これが凄い『褒め言葉』だって判ってる? japan.techinsight.jp/2015/04/ohsima…

2015-05-10 19:26:21
UWの落日 @uw_susu

演技はバランス」という意味でいうと「大島優子が主役なのに存在感が薄いとか言う人がいるけれど、そうではなくて存在感を消している」んだよ。彼女は主役ではあるけれど、周囲の人達が生むドラマの「触媒」になる役だから、自分を消す必要があるんだ。それが、ちゃんと出来ているのが偉いよね。

2015-05-10 19:28:31
UWの落日 @uw_susu

私が「ヤメゴク」を気に入った理由のひとつは、そのテーマにある。私は昔から「日本の映画やドラマはヤクザを好意的に描き過ぎる」という強い不満を持っているので、この作品の徹底した「ヤクザ否定」を支持したい。こういう作品って、本当に少ないんだよ。ぜひ、この姿勢は最後まで貫いてほしい

2015-05-10 19:39:30
UWの落日 @uw_susu

面白い「ヤメゴク」に、良い批評等があまり出ていないとしたら、それは、この作品の「ヤクザ否定」というテーマが障害になっているのでは?とすら勘ぐってしまいたくなる「ミンボーの女」事件を思い出すとねそれぐらい、日本におけるこの問題の闇は、暗く深い。 勇気のあるドラマだと思うよ。

2015-05-10 19:47:59
UWの落日 @uw_susu

「ミンボーの女」でヤクザ批判をした伊丹十三が、ヤクザの襲撃を受けた時、日本の芸能界もマスコミも伊丹十三を守らなかった。むしろ馬鹿にするような姿勢を取った。「表現」に対する重大な脅威である事件だった筈なのに。この時に彼が感じた「絶望」こそが、伊丹十三の自殺の遠因になっていると思う。

2015-05-10 19:59:20
UWの落日 @uw_susu

@Iam11101D @yukolovely0416 コメントありがとうございます。おっしゃる通りですね。 ヤクザ映画にも良い作品は沢山ありますし、それらは好きなのですが。バランスが取れていない感じがします。芸能界にヤクザを批判しにくい空気があることは確かですよね。

2015-05-10 21:09:39
UWの落日 @uw_susu

大島優子は「ヤメゴク」で暗い『永光麦秋』役になり切っているけれど、警官になったばかりの日の回想シーンで、ぴょんぴょん飛び跳ねながら駄菓子を食べる姿は、急に普段の大島優子(笑)が顔をのぞかせたみたいで可笑しかった。あのシーンで「あれ?優子ちゃん?」と感じたファンの人も多いのでは?

2015-05-10 21:58:57
大島優子 @Oshima__Yuko

あ、ヤメゴクはじまた 今夜は5話。堤さん演出で爆笑しながら見た昨日の記憶、、、 爆笑して感動してください #ヤメゴク pic.twitter.com/GPzqwKZHaB

2015-05-14 21:08:29
拡大
UWの落日 @uw_susu

「ヤメゴク」第5話は、堤幸彦演出の回なので、出だしから「堤節」が炸裂し「堤幸彦演出は、やっぱり苦手だな~」と再確認。世間の人は、これが面白いのかな? 内容は相変わらず快調だけれど、お話のトーンが少し甘めになって来たのが気になる。ハードさを貫いてくれると嬉しいのだけれど。

2015-05-15 18:41:06
UWの落日 @uw_susu

大島優子は、堤幸彦演出に爆笑したのか…。それが、今のマジョリティなのかな。 まぁ、人それぞれ。 私は、堤幸彦演出に爆笑出来ないまま人生を終えると思うけれど、特に残念ってワケでもない。

2015-05-15 20:01:09
UWの落日 @uw_susu

いや、私は「ヤメゴク」というドラマを支持し、応援しているんだから、こんな水を差すような事を言っちゃいけないよね今の「ヤメゴク」の面白さを作っているのが、堤幸彦である事も確かなのだし。 視聴率も少し持ち直したみたいで、なにより。ドラマ好きの私の父親も「ヤメゴク」を観ているらしい。

2015-05-15 20:52:44
UWの落日 @uw_susu

私は「ヤメゴク」について、ずっと演出の堤幸彦を軸に語って来たけれど、いずれ脚本家の櫻井武晴についてキチンと考えてみなければ、と思っている確か「相棒」の人ですよね。私はTVドラマに熱心ではないので「相棒」もちゃんと観ているとは言えないのだけれど、反骨精神のある人だとは思っていた。

2015-05-22 17:49:16
UWの落日 @uw_susu

ヤメゴクの第7話、面白いドラマである事を前提として言わせて頂くと永光麦秋の過去は、彼女の徹底した「ヤクザ否定」の心意的背景としては、かなり説得力が弱いと思う。これでは、彼女の過去を打ち砕いたのは、ヤクザじゃなくて警察官僚だって事になる。ヤクザの「悪」をしっかりと描くべきだった

2015-05-30 15:33:51
UWの落日 @uw_susu

「ヤメゴク」のこれまでの展開を見る限り、永光麦秋の「ヤクザ否定」は、警察による洗脳に過ぎない洗脳は、何かのきっかけで崩壊してしまう脆弱なものだ。それは、このドラマの思想的背景の脆弱さなのかもしれない。彼女の「ヤクザ否定」は、人生から炙り出された本物の「思想」であって欲しかった

2015-05-30 15:46:14
UWの落日 @uw_susu

でも「ヤメゴク」のドラマそのものは、橘勲の長男(つまり麦秋の兄)が登場し、「暴力団組長の長男を、組長の指示で足抜けさせる」という、先の読めない、見逃せない展開になって来ましたね永光麦秋というユニークなキャラクターを、どのように着地させるのか、興味深く見守って行きたいと思います

2015-05-30 15:58:15
UWの落日 @uw_susu

しかし、「ヤメゴク」の視聴率も低迷しているんだね。このドラマ、観ている人からは、悪い評判を聞かないけれどな ぁ「視聴率」という指標が、時代遅れになりつつある現実を、象徴している感じもする。TV局も、この指標にしがみ付き続ける事は、いずれ自分の首を絞める結果になるのではないかな?

2015-05-30 17:07:54
UWの落日 @uw_susu

@uw_susu tweetを読んだ友人にツッコまれたから、念のために補足すると、「心意的背景」は「心理的背景」の書き間違いじゃないんだ。「心意的」って言葉は、夏目漱石が使っていたんだよね。 カッコつけようとして、自爆しているワケだよ。 そこのところ、ヨロシクね。 (^O^)

2015-05-30 21:09:26
UWの落日 @uw_susu

「ヤメゴク」第9話。面白いドラマだけれど最初の頃の、日本のタブーに挑戦するヒリヒリした緊張感に比べると、ずいぶんアクチュアリティーのない展開になってしまったねドラマの決着を前半の永光麦秋を自己否定するような終わらせ方には、して欲しくないなそれは裏切りだと思うよ

2015-06-12 16:14:09
UWの落日 @uw_susu

「ヤメゴク」第9話の、長いアクションシーンは良かった。仮に部分的にスタントを使っていたとしても、アクション俳優でもないのに、これだけ動ける女優は滅多にいない。しかも大島優子は、同時に「永光麦秋」というユニークなキャラクターを造形して見せた。彼女にとって大きな仕事になったと思う

2015-06-12 16:32:11
UWの落日 @uw_susu

念のために補足すると、「ヤメゴク」の主要なアクションを、大島優子が自ら演じているのは、観ていれば分かる。ただし、主演俳優がケガをしたら困るから、普通はスタントも使うものだよスタローンもシュワルツェネッガーも、ジャッキー・チェンだってスタントは使う。撮影中止になったら大変だもの

2015-06-12 16:43:20
UWの落日 @uw_susu

「ヤメゴク」終わりましたね。最初から、こんな展開を予定していたのかな?出だしの厳しさに衝撃を受け、大いに期待した身としては、後半のトンデモかつ腰砕けの展開には、本当にがっかりし怒りすら感じるしかし、最初の数話は、確かに日本TVドラマ史上に残る挑戦だったと思う。それは、忘れない。

2015-06-19 20:59:16
残りを読む(13)

コメント

UWの落日 @uw_susu 2015年8月14日
まとめを更新しました。
0