2015年6月21日

「低線量被曝・LNTモデル・閾値説」を考える上で押さえておきたいまとめ(2015.6.21作成・随時更新)

10
まとめ 2017年論文「小児期・思春期にチェルノブイリのフォールアウトに曝露したベラルーシ住民における甲状腺結節のリスク」(.. いかなる甲状腺結節リスクも、I-131線量が上がるにつれ、そして一定の線量では被ばく年齢が低いほど、有意に増加。 1199 pv 10
まとめ 「福島の事故と国会事故調査委員会の報告書から」(ウェード・アリソン)-100mSv以下は現実的しきい値以下- GEPR記事で、ウェード・アリソンの被曝リスク観がまとまっているものがありました。ポイントは以下の通り。 ・放射線治療の知見を低線量被曝に当てはめようとすること ・その当てはめにより被曝線量に現実的しきい値が存在すると提唱していること ・一度の刺激で細胞の修復除去作業の準備が周囲の細胞に広がることをホルミシス効果と呼んでいること 2386 pv 66 2 users 1
まとめ 『低線量被曝と統計的有意』東京GIGOさんのツイートまとめ(2014.4.7作成) ♯LNT仮説 ♯LNTモデル (100mSvより小さな低線量被曝による過剰な致死ガンの発生は、統計的に検出できない)と言われることが多い。実際どうなのか? 3803 pv 102 6
まとめ ICRP勧告111の問題点 核事故後の放射線防護の考え方を示した、ICRP勧告111について、現状考えられる問題点を指摘したコロラドさんのTwをまとめました。 関連リンク ICRP111日本語版について(PDFのリンクあり) http://www.jrias.or.jp/books/cat/sub1-01/101-14.html 2527 pv 56 1 user 10
まとめ 科学2013年7月号『100mSv以下の被曝では発癌影響がないのか』(津田、山本、鈴木) 科学7月号『100mSv以下の被曝では発癌影響がないのか』(津田、山本、鈴木)まとめておきました。「統計的有意差がないことと放射線による発癌影響がないことが混同されたまま放置されている」ことの危険性がわかりやすく解説されています。 2876 pv 59 1 user 2
まとめ 100mSv以下の被ばくでは発がん影響がないのか? 「科学」Vol.83 No.7 Jul.2013 http://www.iwanami.co.jp/kagaku/KaMo201307.html 「100mSv以下の被ばくでは発がん影響がないのか」からの引用です。 4107 pv 98 9
まとめ 200mSv安全論、LNT+ALARAを添えて。 美味しそう?僕は遠慮しておきます。 3878 pv 73 1 user 4
まとめ WHOの2013年福島レポートとDDREF みーゆさんによる 1) WHOの福島原発事故に関するレポート(2013年)ではDDREF=1を採用している(低線量被曝に関して、これまでより大きなリスク評価をしている) 2) 委員のうち日本からの2名のみがDDREF=1採用に反対した という指摘。いずれも非常に重要。 20977 pv 732 7 users 51
まとめ 100mSvがLSSの限界という理由 18556 pv 298 5 users 11
まとめ 何も起こらないと考えて良いのだろうか? 「100ミリシーベルト程度よりも低い線量ではがん死リスクの有意な上昇は認められていません」という話から思考が停止し、低年齢時の被曝による甲状腺がんや小児白血病の発症に関する論文などを無視するのは、感心しません。 6730 pv 132 3 users 4
まとめ 低線量率・長期被曝は高線量率・瞬時被曝と比べて発癌リスクが下がるのか?そして集団線量を用いることの妥当性について。 ICRPが採用しているDDREF=2は動物実験を根拠にしたものであり、人間に関する種々の疫学データを見ると、低線量率長期被曝の方が高線量率瞬時被曝より発癌リスクが下がるという根拠は乏しいようです。 14452 pv 301 3 users 4
まとめ DNA二本鎖切断の線量効果関係が1mGyの低線量まで比例直線となり、その修復能が1mGy以下の極低線量で阻害されるこ.. γ- H2AXがDNA二本鎖切断の修復まで正確に表しているのかこの論文からは個人的に疑問符ですが、二本鎖切断イベントのバイオマーカーとしては有用そうなので図2の比例直線は重要と考えました。 PNASは米国科学アカデミーの論文集であり、附属研究機関のBEIRが疫学調査だけでなく細胞レベルの発癌メカニズムを考慮してLNTモデルを支持している点も重要です→ http://t.co/Qlh4azLO 14975 pv 364 2 users 32
まとめ 10~20mSvの胎内被曝で相対リスクが1.47になることを示した「オックスフォード小児癌調査」 オックスフォード小児癌調査は、アリス・スチュワート博士が1956年にLancetに投稿して以来様々な追従調査を経て価値を確立してきた研究であり、低線量放射線の発癌リスクを考える上で大変重要な知見と考えます。 「100mSvまでなら胎児には影響が出ない」あるいは「子供には放射線をはね返す力がある」といった発言は、全く信用できない事がわかります。 36100 pv 997 4 users 95
まとめ 「妊婦職業被曝限度 1mSv/妊娠中」を伝えるべきかどうかについての議論 「妊婦職業被曝限度 年1mSv」が妥当かについての議論と、それを放射線防護活動(ここで議論されているのはエートス)で伝えるべきかどうかについての議論です。 8659 pv 101 1 user 1
まとめ 原発事故直後の、BEIR Ⅶに関する議論 BEIR Ⅶについて調べていたら出てきたので保存。 1223 pv 5
残りを読む(15)

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2015年6月21日
タイトルを変更します。
0
内田 @uchida_kawasaki 2015年6月24日
まとめを一つ追加しました。
0
内田 @uchida_kawasaki 2018年10月10日
関連まとめを追加しました。
0