10周年のSPコンテンツ!
1
D・W・W @dwwyakata
さて、ではそろそろやるか。
D・W・W @dwwyakata
夏の暑ーいある日。キュッチャニアにいかにも飲んだくれで加齢臭マシマシで、太っていて口に煙草をくわえていて、アロハシャツで下品なサングラスを掛けたおっさんが訪れたのじゃ。 彼はキュッチャニアに出入りしている武器商人なのだ。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
主にクローンキュッチャンを輸出していることで稼いでいるキュッチャニアの外貨を、根こそぎ持って行ってしまう怖い人。 住民皆が怖れるその人が、今日も不思議な国キュッチャニアにやってきた。 「おーいキュッチャン!今日もオモチャ持ってきたぞ!」 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
さっそく賓客として通される武器商人。 実はこの武器商人、唯一キュッチャニアに出入りできている狐の妖怪なのである。 キュッチャンのあまりにも偏執的な言動で狐の妖怪はみんな近づかないキュッチャニアに、唯一堂々と踏み込む狐なのである。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
貴重な外貨が、プラモやら型落ちの武器やらに見る間に変わっていく。 この辺鄙な国の独裁者、妖怪「きつねもふり」であるキュッチャンは満足げ。 しかしながら、他の人はみんなこう顔に書いている。 「ああ、またぼったくられてるよ」 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
商売が終わった後、武器証人は、いかにも下品な笑顔を浮かべる。 「そーいやあよー、キュッチャン。 おめーに今日は良い話をもってきたんだぜ」 「なんだきゅー? 僕にお嫁に来たいお狐様の話きゅー?」 「馬鹿抜かせ、んなもんいるわけないだろ」 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
「デスヨネー」 周りの側近であるモモンガの妖怪達は、みーんなそう心中で呟く。 さてさて武器商人は、サングラスを外す。勿論向かい傷があって、もの凄い怖い顔だ。 なお狐に戻ってもガチムチの加齢臭マシマシなおっさんであることに代わりは無い。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
「おめー、前に狐になりたいって言ってたよな」 「だって、そうしないと、お狐様、僕の嫁になってくれないし」 キュッチャンはお狐様が大好きな独裁者なのだ。 しかしあまりにも言動がアレなので、お狐様にはいつも逃げられてしまう。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
「じゃあ、狐にしてやるよ」 「ほんときゅー!?」 「嗚呼、本当だ」 人間と狐を足して二で割ったような姿をしているキュッチャン。きゃっきゃっと嬉しそうに飛び跳ねる。 「いつ、いつに? 今?」 「まあ慌てるな。 おい、おまえら」 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
いつも武器商人と独裁者が商売で使っている広間に入ってくるのは、陰陽師達。 みんな、妖怪退治の専門家だ。 ひいっと悲鳴を上げるモモンガの化生達。 きょとんとするキュッチャンの襟首を、武器商人はつまみ上げた。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
それから、三日三晩。 キュッチャニアには悲鳴が轟いたという。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
血だらけの部屋に転がされているキュッチャン! しかし、その体は。いつの間にか、狐と人間が半々に混じったような姿から純粋な狐のものとなっていた! 「わーい、これでお狐様にもてもてだ!」 きらきら目を輝かせるキュッチャン! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
こうしてお狐様になったキュッチャンだが!しかし、さっそく近場の稲荷神社に押しかけてみると、門前払いされてしまうのだった! 「あんた野狐にもなってないだろう。 せめて気狐くらいになってからきな」 蹴飛ばされて、鳥居から放り出されてしまう! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
調べて見ると狐の世界は実力主義! 四段階ある妖弧の階級の内、もてるのは上位の天狐や空狐!しかしそれらになるのは、1000年を超える修行が必要なのだ! 絶望的な事実! 「1000年も修行なんてできないきゅー!」 悲鳴をあげるキュッチャン! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
しかし、キュッチャンはついに決意した! もてたい!お狐様に! だったら修行して、狐の頂点を極めるのだ! 男の顔になったキュッチャンが、手下のモモンガ達に命じる! 「これから僕はハーレム作るために修行するきゅー! 後は任せるきゅー!」 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
かくして、キュッチャンは支配しているキュッチャニアを離れ!狐信仰の原点であるインド神話の世界に旅立ったのだった! そして狐の総本山であるダキニ天に土下座して弟子入り! それからは、もてたいという一心で、ひたすらに修行を続けたのである! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
おきつねさまをおよめさんにしたい!ひたすらもてたい! こけの一念岩をも通す! ついにキュッチャンは時間の概念を忘れ!ひたすら修行に没頭していくのだった! そして、10000年が過ぎた。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
ダキニ天の元を離れたキュッチャン! その姿は!10000年の修行により、大きく様変わりしていた! 全身は金色に!尻尾はなんと十本に! そして伝説の九尾の狐をも凌ぐ霊力をも手に入れたのだ! これならもてる! きゅっちゃんは確信していた! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
しかし。 天界を離れて、地上におりたキュッチャンは。愕然としてしまう。  な に も な い 辺りには、ひたすら荒野が拡がっていた! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
「こ、こんな筈はないきゅー! 僕は狐の頂点を極めたんだきゅー! どうしてお狐様が、キャー抱いてーっ寄ってこないんだきゅー!」 悲痛な声を上げるキュッチャン! 修行によってマッハ50で飛べるようになっていたキュッチャン、世界中を飛び回る! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
しかし、世界の全てが荒野と化し! 生きる者は何もいなかった! 稲荷神社も、一つも残っていない! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
慌てて天界に戻ったキュッチャン! 神々の総元締めであるブラフマ神の所に血相を変えて飛び込む!ダキニ天に色々教わって、顔なじみになっていたのだ。 もともとえーかげんな神様であるブラフマ神は、四つある頭を順番に奥さんに耳掃除させていた。 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
「ブラフマ様! 大変だきゅー! 世界が、何にもないきゅー!」 「んー? 何当たり前の事いっとる」 「ふへ?」 「お前、地球は5000年も前に核戦争で滅んで、文明は全部消え失せたじゃろ」 「」 声も無いキュッチャン! #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
D・W・W @dwwyakata
悲しみを抱えて地上に降りたキュッチャン! お狐様にもてる体は手に入れたのに、そもそももうお狐様は世界にいないのだった! 膝を抱えて、涙を流すキュッチャンの肩を、ダキニ天が叩く。 「方法が、一つだけある」 「きゅー?」 #キュッチャンおきつねさまにもてる体GET
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする