「悲しみや悔しさを繰り返さないため」振り返りと自戒の重要さ

「悲しみや悔しさが繰り返されないように」と願う@fjm2011の中の人とのやりとりを中心に。
震災 支援 西條剛央 ふんばろう東日本
2785view 1コメント
16
前置き
あみこ@9/22 Pleasure2018HINOTORI参戦♪ @amiko178
江戸しぐさもEMもそうですが。 有力者に近づく ↓ 科学とか歴史とかよくわかってない政治家または自治体に接近 ↓ お墨付き効果&「イイコト」であるが故の確証バイアスや思考停止も発生 ↓ 善良な一般市民までコロッと騙されるいつものパターン ※「イイコトなんだからイイじゃない!」
あみこ@9/22 Pleasure2018HINOTORI参戦♪ @amiko178
被災地の支援も同じで「イイコト」であるが故の確証バイアスや思考停止、お墨付き効果には気を付けないとと思ってます。 「支援だ!」と見るとその支援者や支援団体の過去の活動や発言、言動等を調べもしないで礼賛というのは、結果的に被災された方々への皺寄せを後押しする場合もあります。
旨い蕎麦神 @ta1000islands
被災地では本当に古着はいらないの? - Togetterまとめ togetter.com/li/588353 @togetter_jpさんから 人ってのは先達の失敗から学べるのが素晴らしい。ただ、納得出来ないのなら実際に失敗しないと学べない事もある。
旨い蕎麦神 @ta1000islands
話は飛ぶけど、ふんばろうってのは、実際には失敗事例として処理すべき事案を、彼らを通すことによって支援者が失敗だという認識を持たないままで支援したという思いだけが残る仕組みになっているところが、今後問題になってくるように思う。
旨い蕎麦神 @ta1000islands
@syunmyo 失敗することが悪いんじゃなくて、失敗を失敗と認識することで次に繋げるというのが大事なんだと思います。恥ずかしながら30代になってやっとそういうことに気づいて、ふんばろうにも繋がるなぁとか考えていました。
西澤迅風 @enokiya5
その支援活動が「良かった」のか「良くなかった」のかは被支援者が決める事。故に、支援者からの回顧は反省しかない、と思うよ。ボランティアなんて所詮イレギュラー。しなくても良い世の中の方がいいんだよ。自慢すれば被支援者の不幸を歓迎している様にしか思えないんだよねww
西澤迅風 @enokiya5
例えるなら、フィギュアスケートかな?観客や解説者がいくら高評価しても採点する審判が低評価なら、その演技は低評価なんだよ。支援者自らとか、支援組織を応援している人達がいくら高評価しても被支援者が低評価ならその支援活動は低評価。っつうか、被支援者以外は評価する立場にない。
本編
ふんばろう東日本支援プロジェクト @fjm2011
《多くの皆様に読んでいただきたい》 必ず起こり得る大災害に備え大切な人を守るには自らが知り備え変わる事。そして支援とは?ボランティアとは?今迄の活動を一人の人として振り返り、これからへの自戒に。悲しみや悔しさが繰り返されないように。 twitter.com/kajyuon/status…
micky__s @micky__s
.@fjm2011 悲しみや悔しさを繰り返さないために、ふんばろう東日本として活動を振り返り自戒を願いたい。ところで、西條元代表がふんばろう東日本のことを「日本最大の総合支援組織」と形容しているその具体的根拠をご教示願います。 akademeia.jp.net/?page_id=23
micky__s @micky__s
様々な悲しみや悔しさを引き起こした自覚は、あるのだろうかなぁ、@fjm2011 の中の人。
@fjm2011から返事がきた
ふんばろう東日本支援プロジェクト @fjm2011
@micky__s 中の人の一人として、ありがとうございますと言っていただけるその言葉や自分達の行動の後ろに、悲しみや悔しい思いをした方々がいると自分は認識しております。その自戒を込めてふんばろうは解散しましたが、これからに向けて佐藤さんのツイートをRTさせていただきました。
micky__s @micky__s
.@fjm2011 解散した組織に対して言っても…ですが、中の人がいてこのアカが生きているので。ふんばろうの成果を元代表の宣伝に利用するばかりでなく、関係者で反省会を開いて失敗を真摯に虚心に振り返り、次に続く人たちのために記録を残されてはいかがでしょうか。(続
micky__s @micky__s
.@fjm2011 これまで外部からの問題点の指摘は数々ありましたが、内部からの振り返りが物資PJ以外にほぼないのが不思議です。「日本最大」を自称する責任として、後に続く人たちが同じ失敗を繰り返さないように、繰り返される失敗で悲しい悔しい思いをする人を減らすために。
micky__s @micky__s
.@fjm2011 ところで、元代表が「日本最大級」「日本最大」と自称する根拠を先ほどもお尋ねしました(これが2回目)が、そちらの質問には答えていただけないのでしょうか? twitter.com/micky__s/statu… 1回目→ twitter.com/micky__s/statu…
micky__s @micky__s
.@fjm2011 なお、繰り返しになりますが「失敗を失敗と認識することで次に繋げるというのが大事」です。解散した組織のアカウントに言っても…でしょうけど、是非ご一考を願います。 twitter.com/ta1000islands/… twitter.com/ta1000islands/…
ふんばろう東日本支援プロジェクト @fjm2011
@micky__s ご指摘ありがとうございます。仰る通り失敗を記録し共有する事の必要性は個人的に感じております。アカウントとして現在も残ってはいますが運営サイドとは独立していますので、日本最大級とかに付きましては西條さん本人に直接お尋ねしていただきたと思います。申し訳ありません。
micky__s @micky__s
.@fjm2011 残念ながら西條剛央氏@saijotakeoからは「きゅうり」の件以来ブロックされたままなので、直接尋ねることができません。「西條さん本人に」とは、つまり、中の人はその根拠を知らない(内部で根拠は共有されていない)、ということでよろしいでしょうか?
ふんばろう東日本支援プロジェクト @fjm2011
@micky__s 大変申し訳ありません。その日本最大級と言う言葉に中の人の一人の私個人がしっくりしていませんので… 解散したから言って良い訳ではありませんが、これは私個人の意見です。
micky__s @micky__s
.@fjm2011 なるほど、よくわかりました。答えにくいところを答えていただいてありがとうございます。 twitter.com/fjm2011/status…
補足的説明

新書「チームの力」で新しいチームマネジメント理論を提唱する西條剛央元代表は、ふんばろう東日本プロジェクトをゼロから立ち上げ「日本最大の総合支援組織」に成長させた旨、自身の主宰する「株式会社本質行動学アカデメイア」(2015年1月15日設立)の講師プロフィール(http://akademeia.jp.net/?page_id=23)にも書いています。
また、遅くとも2012年2月の時点で「日本最大級の支援組織」というキャッチコピーを使い始めていいます(2012年2月に出版された西條剛央の著書タイトルが「人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか」であり、西條剛央本人がこれを了承していないはずがない。)。
しかし、「日本最大(級)」が「何に関してどこと比べて」なのかが客観的に根拠のあるデータとして示されたことは、私の知る限り、ありません。
(参考まとめ:http://togetter.com/li/831139

今回のやりとりにより、現在ふんばろう東日本プロジェクトの公式アカウントを託されている方でさえ「日本最大級」「日本最大」という中身を全く把握していない(これだけ大々的に銘打っていたのに、その内容は元代表にきかないとわからない)ことが明らかになりました。対外的なキャッチフレーズとして少なくとも数年にわたり散々規模の大きさを宣伝しておきながら、です。
この1点だけでも、西條剛央の実践するチーム内部のマネジメント・情報共有の実態をうかがいしることができます。

私の中での彼の評価は、参加者の「なにかしたい」善意と「なんとかしてほしい」という被支援者の悲しみ悲しみとを、ふんばろう東日本の規模拡大(=資金集め)と自身及び自身の理論の売名宣伝のために巧みに利用した人、ということで確定です。
また「日本最大の総合支援組織」は「オレたち最強だぜ!」というハッタリ程度の意味しか持たないと理解しておいたほうがよいのかもしれません。

反応など
残りを読む(22)

コメント

はざや @qp_hazaya_qp 2015年6月27日
力量ないリーダーを見切れなかった後始末。ナビの道案内なら目的地に到着できたのに、方向音痴を頼って迷子。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする