72
shouwata @shouwata
図書館の機能を分かっていない事例 twitter.com/conisshow/stat…
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 図書館の機能は、著者の身元がわからない「自称ノンフィクション」の本まで、税金を使って市民に読ませることではないでしょうが。
shouwata @shouwata
@conisshow 図書館は住民が求める、存在する(理想的には)あらゆる情報を提供して、一人一人が自身で考えてもらうために存在する機関です。「正しい」とか「価値のある」とかの判断を強要させる機関ではないと考えています。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata では、どうしてエロ雑誌は雑誌コーナーにないんですか?
shouwata @shouwata
@conisshow 理想と現実にはギャップがあるのは確かです。社会の許容度にも影響はされます。ただし、機能の根本を失うことはしたくないです。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 機能の根本はリテラシーなしに語れないのではないでしょうか? 著者不明のノンフィクション本でもOKなら、コミケで売られてる本まで全部プロのものとして入荷するのが筋になってしまいます。出版社が問題のある商品を出したら買い急ぐ必要はないと、タックスペイヤーは望みます
shouwata @shouwata
@conisshow 問題となったからこそ、今の社会を反映した資料と言えます。予算上の限界があるので、顕在、潜在の需要を踏まえて優先順位を決めて、資料を揃えていくのですが、今の社会を反映した蔵書構成を考えていくのだと思います。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 今の社会を反映したと判断できる根拠はありますか? 著者が誰だか、出版社自身も知らない本が『絶歌』なんですよ。 createmedia.blog67.fc2.com/blog-entry-307…
shouwata @shouwata
@conisshow 社会的には話題になっている資料ですね。週刊誌にも取り上げられて。これが日本社会を十分反映していると思えます。良くも悪くもです。 そうそうNHKのニュースにも取り上げられてました。公共図書館のことがニュースに取り上げられるなんて滅多にないことです。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 公共図書館のあり方が問われる事例だからですよ。税金の予算の範囲でどの本を選んで入荷するかは、どの程度の情報リテラシーが現場にあるかを市民・県民が確かめる格好のチャンスですから。
shouwata @shouwata
@conisshow 情報リテラシーを図書館側が問われている意味が理解できません。資料として揃えないのがリテラシーが高いということですか。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 優先的に入荷する本の基準において、著者が不明で本の内容の真偽が判断できないものは「後で買う」か「検討中として保留する」というのが、新刊本の情報に対する理解度をはかる一つの目安でしょう。それがリテラシーというものですよ。
shouwata @shouwata
@conisshow 中身の真偽を誰が判断するこかという問題はあります。真偽だけでいったらあらゆる科学の本が仮説で間違っていることはよくありますし、血液型、多くの健康本、エセ科学ですね。真偽とか正しい正しくないではないのです。今の人が学び考えることには真偽ではないのです。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 中身の真偽の前に、著者が誰かわからないのですから、それが判明した後で買っても遅くないと思うんですよ。税金を使うんですから、入荷の優先順位が上に来る必要がないということなんです。図書館は古本でも入れば機能するわけですから。
shouwata @shouwata
@conisshow 著者が誰か分からないと購入しないという判断はよく分かりませんね。誰が判断するのですか。「私」も文章は書いてますが、それが載ったものを真偽不明で買わないとかちょっと考えられせん。今一生さんの存在を誰が担保するのでしょう。本に対する本質的な対応とは思えません。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata ノンフィクションの書籍の場合、ふつうは名前と顔写真(あるいは経歴や所属先など)を著者紹介で書きますよね。だって、事実である担保を見せないと、せっかく第三者が検証可能な事実を本の中身に書いても信用されませんから。『絶歌』は出版社自身が著者の身元を知らないのよ!
shouwata @shouwata
@conisshow それを判断するのはそれぞれの人で、図書館ではないのです。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 著者の身元を確認するのは、出版社の社会的責任です。商品を売る以上、当たり前のことですから、どの出版社でもやってる商習慣です。『絶歌』だけが今回、それをしなかったからこそ、ノンフィクションとして顧客に売るのはおかしいわけですよ。
shouwata @shouwata
@conisshow 商習慣と本を市民がどう受け止めるか、図書館が購入するかは、関係ないですね。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata それは、公金で運営される以上、大ありですよ。もし出版社が著者の身元を確認しない商習慣なら、図書館がそれを肩代わりしないといけなくなりますから。市民にリテラシーのあるノンフィクションを提供するのが、図書館の社会的責任から外せないことですからね。
shouwata @shouwata
@conisshow 図書館は出版側がなんと言って出版しようとそれに縛られる必要もないのです。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 出版社がどう思うかではなく、社会的責任が入荷の優先基準になるからこそ、SMエロ写真集は優先度が低くなるわけでしょうが。社会的責任が問われる以上、リテラシーが問題になるのは当然ですし、納税者が図書館を信用するのは、リテラシーを含めた社会的責任を果たしてこそです。
shouwata @shouwata
@conisshow リテラシーは社会が全体で上げていかないと社会の力にはなりません。図書館がこれがリテラシーだとかいう資料構成を「与える」のは、リテラシーではありません。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 社会的責任は、民間で負わなければ、公共が負わざるを得ないからですよ。
今一生@固定ツィ見たらRT @conisshow
@shouwata 「社会全体」には、図書館も含みますよ。だからこそ、SMエロ写真集はノンフィクションと同列の入荷優先順位にならないんですから。
残りを読む(16)

コメント

セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2015年6月27日
「批判するなら本文読んでからにしろ」って言われた時、このクソな本を金出して買うべきか、図書館で借りるべきか、ってだけの話だと思うがな。
匣河豚工房 @hakofuguf 2015年6月27日
著者の身元がわからないから駄目!っていうのを理由にしちゃうと「生きながら火に焼かれて」(著者が親族に殺される危険があるので偽名)とかサヘル・ローズ氏(戦争で出生名がわからない)の著書もアウトなんだけどいいのかな
江頭キチジロー @yanagomi 2015年6月27日
著者の身元が知りたいのなら、葵○雄のホムペに行けばいいじゃない! (マリー某 風発言)
斉御司 @saionji1942 2015年6月27日
書店や出版社や図書館と言った本を提供する側が「リテラシー」を発揮して本を読む側が望む本が届かなくなったら本末転倒だろう。
小林幸子(。◕ ∀ ◕。) @sateco 2015年6月27日
まったく会話が噛み合って無くて笑った。会話の不成立要因は「今一生の図書館リテラシーの著しい低さ」(一方的)。こういう人には何を言っても無駄だよね。こんなのがよくライターとか編集者を名乗ってるよ。こんなに理解力が低くて視野狭窄だと、仕事も来ないんじゃないのかな。
竹永@2 @takenaga51 2015年6月27日
図書館の在り方を批判することで自分の意見に正当性を持たせようとしてるみたいだけど、批判の仕方が共感出来ないせいで「ただ、絶歌が気に食わないだけの人」にしか見えない。まあ実際絶歌が気に食わないだけなんだろうけど
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2015年6月27日
「図書館の自由に関する宣言」( http://www.jla.or.jp/library/gudeline/tabid/232/Default.aspx ) くらい読みなさい
mnnkanjinnno @mnnkanjinnno 2015年6月27日
新刊を図書館で読まれるほうが版元へのダメージは大きいんだが?
ハル @0695haru 2015年6月27日
今氏の発言は「図書館員の倫理綱領(http://www.jla.or.jp/library/gudeline/tabid/233/Default.aspx)」のベースで話してる。これは「図書館員」のための規律であって、図書館ではない。
ハル @0695haru 2015年6月27日
「図書館の自由に関する宣言(http://www.jla.or.jp/library/gudeline/tabid/232/Default.aspx)」が図書館を存在させる意義を定義づけるものであって、その上で、「図書館員の倫理綱領」があることを理解していない。 そんな思想があろうとも、図書館は圧力に屈してはならない。
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2015年6月27日
あ,「続きを読む」以降ですでにでてたのか……(「~宣言」
遊佐飛鳥@漢晋春秋 @asukayusa3594 2015年6月27日
著者の素性が明らかでないと図書館に置けないのなら、詠み人知らずの歌が大量に載録されてる『万葉集』や『古今和歌集』も図書館には置けないって事になるよね。あと、SMエロ雑誌を図書館が置かないのは公序良俗に反するからだろうに。どっちも図書館の倫理や責務とは別の話。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2015年6月27日
エロ系は、『国会議事堂前図書館』なら蔵書しているので、理想をいうのであれば地方図書館が全部国会議事堂前図書館と全く同じ規模になることが望ましい(暴論
かだ @katarite_SS 2015年6月27日
ひどいなぁこの今一生って方の言い分は…。
夢幻の廃墟@偽物の冷笑ぼっち @kittekitte1 2015年6月27日
話がかみ合わない。ただの焚書官のようだ
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月27日
astray000 一見暴論ですが、実際に資料性の保存を考えたら真面目に地方の図書館でも蔵書はするべきでしょうね、エロだなんだにこだわらずに。実際に歴史上でも図書館が焼けて貴重な資料が喪失したり、修復不可能な状態に成ったことは少なくないので。(※デジタルアーカイブかも進めていますが、それだけで無く)
ふくねこすけ @PapicoPapy2000 2015年6月27日
最後で笑ってしまった。 なんでこういう人って「会って話しましょう」て流れになるんだろうな。 冷静に対応しつづけたshouwata氏はすごいな
nekosencho @Neko_Sencho 2015年6月27日
図書館に置くべきではない本を置いていると勝手に判断して、多数の図書館の本を破いたりした人がいましたが逮捕されましたね。今話題の本ではなくてアンネフランク関連の本だそうですがかなり貴重な本もあったとか言う噂……
slips @techno_chombo 2015年6月27日
これって要は図書館に「検閲せよ」という要求をしているだけなんじゃないかと思うんだが、それでいいのかね?
Mill=O=Wisp @millowisp 2015年6月27日
著者に印税が入るのが気にくわない場合は積極的に図書館で読むべきだとおもう。
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2015年6月27日
利用者が「この本が読みたい」と思ったのなら、図書館はそれを妨げるべきではないのだよ。 たとえそれが「完全自殺マニュアル」でも、「家庭でできる大麻の育て方」でも、「小学生でもできる爆弾の作り方」でもだ。『あなたはこの本を読むべきではない』なんて言葉を口にしたら、図書館はその時点で存在意義を失ってしまう。
slips @techno_chombo 2015年6月27日
j_inbar 多分理想で言えば「この世のあらゆる出版物を蔵書とする」ことが必要なんでしょうが、恐らく今度は「こんな破廉恥な書籍を税金で買うのか」とか言い出すヤツも出てきそうですよねぇ。それ以前に地方自治体に国会図書館並みの蔵書を求めるだけの維持費用が捻出できるのかと。
slips @techno_chombo 2015年6月27日
hakofuguf 単に「こんなくだらない本税金で買うな!」というとアタマ悪そうに見えるんで、ちょっとお利口に見えそうな理屈をひねり出してみただけでしょう。で、その理屈も別に利口そうな感じがしないもんだったよいうオチ付きで。
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月27日
techno_chombo 幾つかの方法としては、まず蔵書が目的なので貸出制限をしたり、一般の棚ではなく書庫管理扱いで要望のある人にのみ閲覧室でとかがあるかと。また、地方自治体一個一個にそれら全ての所蔵を要求するのではなく、全国単位で見たときにそれぞれの本が幾つかづつ図書館に蔵書されていれば良いので、それなりの負担で問題ないかと思います。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年6月27日
「限られた購入予算の中でどれを買うかと考えた時の優先順位」の話としてならまだかわらんでもないが、「購入阻止の圧力を知事や市長からかける」場合は断固として戦うべきだよな、図書館は。
Muji @ togetter憲兵隊 @643Myshelf 2015年6月27日
少なくとも自称ジャーナリストにある本が文化的かどうかを決めて他人に強制できる権限はないな。
梅雨ダル @shirakawainari 2015年6月27日
「俺の書いたものをちゃんと読め」「お前はわかってない」「逃げるのか」。はい三種の神器きましたー
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年6月27日
hakofuguf この本の場合は「元少年Aが書いたという一点のみが売りの本なのに、それが怪しい」という意味(だと思う)だから、例示されてるような「匿名」に相当するものとは違うと思うのです。「ノンフィクションドキュメンタリーが売りなのにヤラセのフィクションが疑われてる」的な。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月27日
http://togetter.com/li/660018 選書派の人ですか 「いろいろ疑問の声があがっているが、除籍の効果が公益に資すればそれでよし」
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月27日
選書派の人が負けたのは、図書館の自由が勝ったからではなく、貸出実績(数字)で勝ったからです。要するに人は選書派が勧める本なんか読まない。
macoto @geom0x0 2015年6月27日
会話ログが残らない(?)スカイプに誘導して、断られたら「逃げる」と称する人にリテラシーがあるとは思えない。
岡一輝 @okaikki 2015年6月27日
図書館に存在してはならない書物? アリストテレス『詩学』第二部とか? (わかりにくいボケ)
岡一輝 @okaikki 2015年6月27日
「啓蒙やら宣教やらの目的で、権威者によって運営されていた」とゆう、過去の図書館のイメージのせいか、「図書館に入るというコトは、その書物が『真っ当な書物』『価値ある書物』であると、公に認められたというコトだ」みたいな考え、けっこう根強いんじゃないかな。
araburuedamame @rpdtukool 2015年6月27日
何がいいか悪いかを決めるのは、読んだ個々人であって、今一生がやっていいことではないんだわ。議論が分かれる本ほど、図書館で多くの人が読めるようにすべきだと思うけどね。読まないでなんとなく「けしからん!」とやっていいなら、自分の本がそういう扱い受けても文句言うなよ?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月27日
「図書館の自由」宣言からもう60年も経つんですが…。
zapporo @zakogumo 2015年6月27日
メディア良化隊かな?
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2015年6月27日
j_inbarでも、 まぁ、確かに流石にコスト的にエロ系まで地方図書館で蔵書するのは物理的にも、資金的にも無理なんですけどね……。国会議事堂前図書館(正式名称は国立国会図書館ですね)にそういうものも集まるのは、出版物は出版後、納本する義務があるからなので、地方図書館にまでそれを行き渡らせるには『誰が納本(購入)や本の維持や蔵書の為のコストを負うのか?』とか、『図書館の敷地面積はどうするのか?』とか、とか色々あるわけでして。理想は確かに、全書籍の全図書館蔵書なんですが。
岡一輝 @okaikki 2015年6月27日
実際に図書館をブラブラしてると、ホントくっだらねえ本とかトンデモ本のタグイ、メッチャあるんだよねえ。自分も本棚を整理しては図書館に引き取ってもらってるから、そのせいでトラウマやら妙な趣味や性癖を植え付けられた地元の中学生、きっといるんだろうなあ。うひひひひひ(ツツイ笑い)。
はよ @hayohater 2015年6月27日
ある書物の内容等々を批判することと、その書物の図書館の収集を止めさせるのは別の次元の話、ってすぐわかりそうなもんだけど…
neologcutter @neologcut_er 2015年6月27日
地域のニーズを捉え、今の社会を反映した蔵書構成を考えていくこと<これが図書館において一番大事なことだと思うのだが、コン一生は自分個人の主観でしかものを考えてないよな。
はよ @hayohater 2015年6月27日
別まとめでも書いたけど、今サンの言うハナシはとくに戦後日本のもうひとつの大正義、「税金のムダヅカイを許さないぞー!公的支出はてってーてきにかんしするぞー!」にはおそろしいほどに乗っかってるからぶっちゃけ地方自治体立が大多数の図書館、そしてその上位たる地方自治体の中の人はある程度そういう「ご意見ご要望」はおききせざるをえないんですわね。
はよ @hayohater 2015年6月27日
hayohater もちろん、きくだけきいて「でも収集の自由は止められませんよ?あなたのやってることは抑圧・圧力ですよ?」ってにっこりしてお引取り願うのが大多数の図書館ですが。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年6月27日
エロ本の定義によるが図書館にもエロい本は色々とたくさんあるんだぜw
katamaran @knishino3 2015年6月27日
彼のほうこそスカイプに逃げようとしたように見える。
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2015年6月27日
図書館が取り扱わない本は①猥褻物だと判決が確定したもの②個人のプライバシーを侵害していると判決が出た本③特定個人への差別へとつながる本 の三つだけじゃなかったっけ?
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2015年6月27日
ノンフィクションといいながらフィクションの本って図書館においてるよ? 神々の指紋も「ノンフィクションだー」っておいてるよ。
矢崎惟任竜座 @yazakiryuza 2015年6月27日
とりあえずどこの図書館にも貼ってあるであろう図書館の自由に関する宣言を読んでこい。俺が気に入らないものは置くなという発想がしばき隊界隈と全く同じ。
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月27日
astray000 その上げられている問題の『金』『場所』は実はあまり問題ではない気もするんですよね。まず可能性から検討すると、日本図書館協会に加盟の都道府県市区町村立の公的機関が3200以上あります。そして、それらの図書館の図書購入費が212億円。対する書籍に関しては発刊点数は大雑把に8万点。平均単価が2400円。なので、もとより今の予算でも重複をしっかりとコントロールすれば各100冊づつは余裕で確保できる計算になります。
ざの人 @zairo21 2015年6月27日
ツイッターで 相手を説き伏せる能力がないなら スカイプではなしつけようというのは ツイッターでは あんたの負け。
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2015年6月27日
エロは図書館がおいてないじゃないか!! っていうのは、単に図書館の本をおいてる人間の趣味の問題。図書館の本に対する価値は平等だが、図書館の本をおいてる人間の趣味は平等ではない。知る権利を満たす上で図書館の予算が無限でない以上、この本を置く置かないの取捨選択は図書館にある。
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2015年6月27日
それにケチを付ける時点で、図書館には圧力になる。「この本をおいてくれ」は言えても「この本を置くな」はもうアウト。
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2015年6月27日
図書館は置いて欲しい本の要望はきくが、置かないで欲しい本の要望は聞かない場所だっていうことは周知徹底しておいた方がいい。あそこはそういう場所だ。
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015年6月27日
勿論、実際には予算もそれぞれ別ですし、様々な目的の違いもあるので大雑把すぎる可能性の検討ですが、もしも国が本当に図書館のあり方や書籍のあり方を考えて取り組むならば、さほど難しい課題ではないとは思います。
Simon_Sin @Simon_Sin 2015年6月28日
「この本はヘイトスピーチだから置くな」という圧力を認めちゃうと「この本は南京大虐殺を事実だと書いてあるから置くな」も同様に成り立ってしまう。なので本の内容で置く置かないを決めるのは良くない。あくまで呼んだ人に判断させるべき。
ユニコーン渡辺 @TheGoldSunlight 2015年6月28日
「●●を読め!」「はぁ? 『読んで下さいお願いします』だろ?」
なまうに @nama_uni 2015年6月28日
検閲や個人・団体からの主観的理由に基づく批判で、いちいち本選んでたら図書館にある他の本まで怪しい目で見なきゃならなくなるわ。世間を大いに騒がせた少年Aが書いた(少なくともそういう事になってる)本を読みたい市民が大勢居るであろう事は明らかだし、著者の身元不明が購入を遅らせる理由になる理屈もよく分からん。
albelt_knife @albelt_knife 2015年6月28日
予算の問題上需要に合わせて本をそろえるのが民営公営を問わず図書館だと思うが
saebou @Cristoforou 2015年6月28日
「著者が誰だか、出版社自身も知らない」本を図書館に入れてはいけない、というロジックは初めて見た。
遊佐飛鳥@漢晋春秋 @asukayusa3594 2015年6月28日
ああそうか分かった。今一生氏がスカイプに誘ったのは、公開されてない(Twitterみたいに外野からあれこれ言われない)所で罵詈雑言浴びせるつもりだったんじゃないのか。元から言葉の端々に棘では済まない荒々しさを感じる人物だったし、可能性はあるよな。
天気模様 @sakuratokiku 2015年6月28日
図書館は自由であるべきだ。しかし税金で絶歌を購入されるのは抵抗がある。どうすればいいと悩んだ結果。考えるのを止めた。とりあえず自分は読まないし買わないし借りない。これで行こうと思う。
ざの人 @zairo21 2015年6月28日
まあ スカイプ等の音声に持ち込めば?自分のペースに持ち込める というのはありますね。 最もPCレコーダーのBandicamなどで、音声といえども動画保存はできますので、証拠は提示できますけど。一々ツイッターで、相手に音声を持ちかけてはキリがないので、 あんたこそ ネットリテラシーを先に持てよ というツッコミが 大勢の共通見識だと思います。自分で書いてて その恥を気がつかない人って ザラにいますね。
HT_SNJ @Aoygssm 2015年6月28日
「誰が書いたかもわからない本が社会現象(言い過ぎか)になる世相」を保存するのも図書館だし。
. @xxduxxx 2015年6月28日
自分が嫌だからと言えず、正当化して自分が正しいからそうなのだと繕うの、可哀想。
一般人 @sasigohan150615 2015年6月28日
素直に「『絶歌』を図書館に置くな」って言うならまあ判るんだが(個人的には置くべきだと思ってるが)、「著者の身元が判らない本」なんていうからおかしなことになる。こんな出したら話題になる本で出版社が少年Aが本当に酒鬼薔薇か確認しないわけないだろ。変なイチャモンの付け方するから馬鹿にされるんだよ
2nd_Stain @2nd_Stain 2015年6月28日
賛成してもいいですよ。ただし彼が、「今一生の主張はクソだ。こんな奴の著作など資料的価値は皆無。図書館で取り扱うべきではない」という意見が出てきた時、それを認めるというのなら。
一般人 @sasigohan150615 2015年6月28日
ところで今一生は江戸時代の春画や浮世絵には文化的価値は認めないのかな?w 写楽は身元不明だから価値は無いんだろうか?w
2nd_Stain @2nd_Stain 2015年6月28日
「ぼくらがむかちだとはんだんしたほん」なら世界から追放できると思ってる人間は、言論・表現・出版の自由を、自分の都合のいい時だけ舐めしゃぶれる甘い飴玉だとでも思ってるんだろうか。
きー@ついったー @keyblackcoffee 2015年6月28日
おそらく、そんな本は存在しないよ。
岡崎美合NMLE神戸宗像袋井千葉 @OkazakiMiai 2015年6月28日
結局、逃げるのねwってその棄て科白は、私の方からつつしんでお返しするよ、今君w
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2015年6月28日
著者が不明だから図書館に置くなとか意味不明な主張
こまいぬさん @komainusan123 2015年6月28日
どんな内容にせよ図書館が取り扱うべきではない本を決めるって一歩間違えたら焚書一直線の考え方だよなぁ
barubaru @barubaru14 2015年6月28日
ま、図書館の自由とか言っても、身内の書いた絵本を同じ本を何十冊単位で購入したりしてた(例の船橋司書事件の際に判明)んですけどね。「何を置くかは外部から口を出すべきではない」と言うならこういう腐敗は防げないよなあ。
水知せり@羊図書館 @smizuchi 2015年6月28日
公共図書館の機能は、「誰かが良しとする対応をすること」ではないんですよね。
mash@十番町の会 @pipechair 2015年6月28日
図書館に「置いてない本」はあるが「置いてはいけない本」は原則存在しない。
nullmajor @nullmajor 2015年6月28日
図書館に一番置くべきではないのは、間違いなく"新刊"だと思うが。
どりドリ @d_doridori 2015年6月28日
公開のツイッターで話ができないから非公開・音声のスカイプに誘うって下衆いね、スカイプで何言うつもりだったのか。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年6月28日
nullmajor 文庫化した本とか単行本があれば必要ないのか、というとそんなことないだろうし(装丁や校正の差もあるし)、それに本は絶版があるから新刊でも可能な限り入れたほうがいいだろう。必要になってから手に入らないでは困る。
A.Wada @senryoAIIT 2015年6月28日
”スカイプで話しましょう” 同じ。 http://hiwa1118.exblog.jp/15838328/
どりドリ @d_doridori 2015年6月28日
著者の身元が判らない件、以前に"絶歌"の著者の確証方法について『顔と名前』 https://twitter.com/conisshow/status/610399793144172545 と言っていて、その程度の情報もし詐称されててもそれを信じるの?と思ってあきれた
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年6月28日
公共図書館の存在意義を知らなくても日本じゃジャーナリストだの編集だのを名乗れるってのはとっても危険だと思うなあ。バカがバカを再生産しない仕組み作りは必要だと思う。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年6月28日
図書館が取り扱うべきでない本なんてこの世には存在しない。ただ、図書館がとりあうべきでない人がいるだけ。
猿田 @Ryokansato 2015年6月28日
著者不明だから置くなってのは無理筋やな。TwitterからSkypeに場所変えようもよう分からんし。
枢斬暗屯子@日西N32a @suuzanantonko 2015年6月28日
今一生は図書館の蔵書選定にもの言う前に、一度「思想善導」という言葉について調べるべき。
中敏悟 @shiwazanin 2015年6月28日
この人の酒鬼薔薇手記批判、「酒鬼薔薇本人が書いたかどうかまではわからん! ゴーストかもしれん!」ってとこまでは「せやなぁ」なんだけど、続けて「ワシならモノホンの酒鬼薔薇と組んで真に面白い企画が出来るだろう! 酒鬼薔薇カモン!」みたいなこと言ってたから「はいはい便乗便乗」くらいにしか思えんとです
中敏悟 @shiwazanin 2015年6月28日
もし本当に「殺人犯のニセ手記で大儲け」なんてスキャンダルなんだとしたら、その一部始終を暴いていくドキュメンタリーとか無茶苦茶面白そうだし俺も読みたいんで、図書館に無理筋のイチャモン付けに行く暇があるなら早く裏取りお願いします、という感じだ
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月28日
図書館の選書は司書が行うが、市民の需要を考えながら行っている。その意味では、潜在的には市民が選ぶとも言える。
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月28日
barubaru14 県の偉い人が来るから反戦平和な本を隠していたのを市民団体に糾弾された図書館もありましたね。それゆえに倫理綱領ができたわけですが。 船橋西図書館事件の時は、自分の側の本が廃棄されたことで怒っている人を多数見かけてガッカリしたものです。
カリソメ @karisomenoaka 2015年6月28日
スカイプって仕事で必要な場合以外には、ごく親しい間柄でないと教えないもんだと思ってたけど、最近ではそうでもないのですかね?ケータイ番号教えてよ、ぐらいの距離無しに感じるんですが、断ったら逃げたと言われるのかぁ…
barubaru @barubaru14 2015年6月28日
opinel432 司書が自らの地位を濫用して恣意的に本を廃棄する行為に怒りを覚えるのに自分の側も何もないかとは思いますがね。で、件の司書はその後社団法人の理事まで勤めたそうで。これで「図書館の自由宣言があるから俺たちのやることに口を出すな!」と言われても、「そりゃお前らが勝手に宣言しただけだろ。何でお前らに好き勝手させないかんのだ」と納税者としては言いたくはなりますね。
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2015年6月28日
『絶歌』の抱える問題と図書館のあり方は完全に別問題です。今一生氏は落ち着くべきだと思います。  それはそれとして、絶歌が図書館に置かれるかどうかですが。図書館のスペースは有限で本の購入費も有限です。その上で、はたして10万部以上売れたベストセラーを、わざわざ置く優先度がありましょうか?
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2015年6月28日
(エロ本のみを集中的に置かれた図書館があったら行ったみたい誘惑に駆られるー!)
岡山卓矢 @gorou__56 2015年6月28日
絶歌は今需要がありそうな水物枠の本だし、収集・公開するだろというのはさておき。公開の可否でなく、収集自体に民意がノーという場合もありうるってのは、考えたこと無かった。このまとめのように、この本に税金つかうなとかなら寄贈で対応できそうだけど。
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月28日
barubaru14 件の司書は責任を取るべきだし、責任を取らなかったことや周囲の対応は批判されてしかるべきです。その点に異論は一切ありません(その一事を以て図書館全体をそうだと考えてほしくはないと思いますが)。 ただ、あの件に関しては司書がその地位を濫用したことそのものよりも、自分の側の本が破棄されたから批判するといった語調の方が多かったように思います。破棄された本人が、はだしのゲンを閲覧不可にする要請を勧めていたという事態を考えると、後者の方であったと考えてしまいますね。
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月28日
opinel432 無論、市民の需要だから選んだからといって司書がその選書の責任から免責されるわけはないのは言うまでもないし、需要を読み違えることもある。買いたくても予算の壁に阻まれることもよくある。
黄昏の森@オーカス @akatuki_no_mori 2015年6月28日
まぁイマイチ生はアホだから仕方ない。
黄昏の森@オーカス @akatuki_no_mori 2015年6月28日
話題になったものに絡むのはいいんだけど、全然精査せず雰囲気で言ってる部分あるからなぁ
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月28日
oixi_soredeiino エロ本のみを集中的に置かれた図書館、は公共図書館だとさすがに難しいので私立図書館を誰かが作ってくれたら……というか、どこかにはあるらしい、という未確認の噂ならあるそうです。会員制だそうですが。
barubaru @barubaru14 2015年6月28日
opinel432 調べた限りその「破棄された本人」は「焚書?ああ勝手にやれば?」と言う立場のようで,「はだしのゲンを見せるな」と言うのは一貫性はありますね。で、「自分の側の本が破棄されたから批判」と言うのは一体誰の話なのか疑問に思います。そして「一人の司書の問題で全体の責任ではない」で毎回済ますなら図書館宣言って結局市民の側からの批判は受け付けず自分たちの方に問題起きたら蜥蜴の尻尾を切って終わらすって話で、まあふざけんなとしか思いません。船橋の時まさにそうしただけに。
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月28日
barubaru14 ああすみません、図書館という大きな組織があるとお考えでしょうか?図書館は大学や自治体によって作られて運営しております。故に、全国的に統一された図書館組織というものは存在しないのです。故に、船橋西図書館蔵書破棄事件の罪は当人と船橋市立図書館(と船橋市)にあるわけです。 無論、その事件を承けて図書館員は他山の石とするでしょうが「責任を取る」必要が発生するとは思えません。
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2015年6月28日
著者が誰かわからん本がダメなのなら、ペンネームが使えんじゃないか。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月28日
そういう本を置かないと、貸出実績が減って予算削られちゃうのよね RT:oixi_soredeiino「10万部以上売れたベストセラーを、わざわざ置く優先度がありましょうか?」
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月28日
なおベストセラーには「読んだらください」と言ってる図書館もあるし、雑誌にはオーナー制度(定期購読のスポンサー募集)などやってる図書館もある。そんだけ予算厳しいところで、叢書・ウニベルシタス(仮)みたいなのは優先度低いです。
しゃこG @megaputemame 2015年6月29日
なんでこういちいち対立調になるんだか。結論ありきだからか。
ゲーム用 @TaroYakiniku 2015年6月29日
今一生は完全に正しいわけじゃないが、完全に間違ってるわけじゃない。つうか、むしろ大筋としては正しいだろ。船橋市の例を引くまでもなく、自己への利益誘導、需要の読み違い、優先順位のつけ方、性的表現の範囲、犯罪を助長しかねない表現etc.選書には問題がつきものなんだから。図書館が中立で無謬なら構わないが、そうじゃない。そこに一定の民主的統制や市民からの選書に対する批判はあってしかるべきだろ。「思想善導」だって?笑わせないでくれ。中立性を標榜した連中がこれまでイデオロギー洗脳をしなかったとでも?
barubaru @barubaru14 2015年6月29日
opinel432 「図書館の自由に関する宣言」を出したのは日本図書館協会ですね。そして件の司書もそこに属していた。結果としては「その司書が協会辞めたから調査は終わり」。ま、自分で責任とるつもりの無い人は幾らでも立派なことがいえると言う良い実例になったかと思います。「図書館の自由宣言があるから図書館にはよそ者は口出すな!」「でも図書館と言う全国組織があるわけじゃないから各図書館は宣言守るとは限らないよ」。実に善意に満ちた体制ですよね。地獄への道を舗装してる感じの。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月29日
図書館の自由宣言は左系のものの排除に対する抵抗と同時に、図書館にイデオロギー的なもの(再軍備反対宣言とか)を持ち込もうとする人たちも排除するために、2年の討議を経て作られました RT:TaroYakiniku「中立性を標榜した連中がこれまでイデオロギー洗脳をしなかったとでも?」
Rogue Monk @Rogue_Monk 2015年6月29日
イマナマ氏は『絶歌』に拘り続ける理由が不明。
keyray @Keyray7 2015年6月29日
予算は限られてるんだからほっときゃ数年後BOOKOFFに溢れそうな本より先に入れるもんがあるだろうってもの分かるが、販売差し止めになる可能性もあるんだよなぁ
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月29日
barubaru14 当該の司書に不満があるなら日本図書館協会と船橋市にどうぞ。ここで言うよりよほど建設的な結果になると思います。またご自身の図書館環境に問題があると思われれば直接地元の図書館に意見なりを出すのがよろしいと思います。
一般人 @sasigohan150615 2015年6月29日
なんでこの話題でウヨサヨ言う馬鹿がいるのかw
ドンドコ @n0yujin 2015年6月29日
こういう議論を見る度に図書館員の存在価値が問われてくる感じがする
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月29日
権威ではあっても法的拘束力がなく『参考意見』しか出せない日図協と、予算と人事権を握った自治体とどちらが怖いかなんて、考えるまでもないと思うんだ……
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月29日
opinel432 だからといって図書館の自由宣言や倫理綱領を守らない理由にはならないし、それに悖る行為を行ったら罰せられるのは当然。
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月29日
本筋に戻ると、上で言われるとおり「図書館は置いて欲しい本の要望はきくが、置かないで欲しい本の要望は聞かない場所」なので、みんな積極的に図書館を利用しよう。置いてほしい本なりジャンルなりがあるなら、積極的に借りたりリクエストを出したりして「このジャンルは読まれる」と図書館側に思わせるしかない。普通の図書館ならリクエストを一切無視するなんてことはない。資料を買えなくとも、相互貸借なりなんなりで用意はする。
barubaru @barubaru14 2015年6月29日
で、図書館の自由宣言を守らなかった件の司書はどう罰せられたんですか。と。「図書館の自由」宣言?法的拘束力も実行力もないとこが出したお題目に何の価値があるんですかねえ。いや、法的拘束力がなくとも非難声明出すなり件の司書が理事やってた団体に圧力かけるなり所属員の不祥事の責任とってトップが処分受けたりできることは多かったと思いますよ?
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月30日
日本図書館協会が『絶歌』に関わって「図書館資料の収集・提供の原則について(確認)」を発表していた。 http://www.jla.or.jp/portals/0/html/jiyu/cmnt201507.html
barubaru @barubaru14 2015年6月30日
opinel432 まさに評論家のような声明、まるっきり当事者意識を感じませんね。件の司書を除名すらしていない。
名前はまだない @774rider 2015年6月30日
asukayusa3594 万葉集なんかは選者が編集責任を負って作ったんじゃないかな? 単なる作者不詳ではないと思うのだが? 詠み人知らずと騙ったわけじゃないでしょ
ゲーム用 @TaroYakiniku 2015年7月1日
ontheroadx 規範の存在はその規範が遵守されていることを意味しないのです。憲法に人権規定があっても、民主的監視と裁判所による審査権が存在しなければ、その規定の実現が困難なのと同じことです。「思想善導」との関係で、簡単に確認できる一例を挙げましょう。千葉県市川市の例です。http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1080.html イデオロギー的是非はともかく、このページを見て、これが「思想の善導」でないというのはかなりナイーブな議論でしょう。
隠居した死んだライオン🦁 @rochonaco 2015年7月1日
|_・) 責任取れが何でクビ一択なんですかね…?
花色 @gfebrlaqs7hn 2015年7月1日
とりあえず、国会図書館は、正当な手続きをふめば同人誌も置けますよ。ってこの人に教えたい。地方図書館は規模の関係である程度限られてしまってるけどできる範囲で、 偏りなく、市民の要求にも応じて頑張ってる。
もうだめぽ @moudamepo150701 2015年7月4日
図書館に置くことには何の問題もない。読む読まないを決めるのは自分自身であって他人に強制できるものじゃない。法的に問題が無い限り、他人の「読みたい本を読む権利」を侵害する権利は誰にもない