重要なお知らせ

現在、TogetterのTwitterログインがTwitterにより凍結されており、ログアウトするとログインができない状態です。作成済みのまとめには影響ありませんので、復旧をお待ち下さい。Twitterに解除を申請中です。

帯広畜産大学の渡邊芳之教授は2000年代に入って論文を一切書いていない。

「学術論文」の項目は2008年以降記載がありません。しかも2000年以降の論文掲載は2本(もちろん紀要含めず)。あまりにも少な過ぎるのではないでしょうか?査読論文に応募しないというのは、研究者としてあるまじき事態です。http://www.obihiro.ac.jp/~psychology/staff.html 始めは「帯広畜産大学の渡邊芳之教授は2008年以降論文を書いていない。」というタイトルでやっていましたが、12月30日20時頃、追加情報で渡邊教授本人から「私が論文という形式で書い続きを読む「学術論文」の項目は2008年以降記載がありません。しかも2000年以降の論文掲載は2本(もちろん紀要含めず)。あまりにも少な過ぎるのではないでしょうか?査読論文に応募しないというのは、研究者としてあるまじき事態です。http://www.obihiro.ac.jp/~psychology/staff.html 始めは「帯広畜産大学の渡邊芳之教授は2008年以降論文を書いていない。」というタイトルでやっていましたが、12月30日20時頃、追加情報で渡邊教授本人から「私が論文という形式で書いた主要なものは1990年代のもので終わっていると思います。」というコメントがありました。「それはコメンタリーですから正確には論文ではない」のだそうです。よってタイトルもより実態に近い形に修正させていただきました。 社会学の方ですが太郎丸博、京大教授もこのような状況を批判しています。http://sociology.jugem.jp/?eid=277 最後に渡邊芳之教授から飛び出した言葉が「査読論文を書いてないけどそれがとくに問題とは思っていない」。 ここまで正直に言われるともう言葉がないです…。これが日本の大学の腐り切った実態です。 (続きの議論 http://togetter.com/li/84516 )
大学教授の業務
omattor 55618view 97コメント
33
ログインして広告を非表示にする
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 05:01:53
    「研究自体に意味がない」「仮説がつまらない」ということを査読で書くと最近ではまず間違いなく「ハラスメント」と言われる。まあ「あんたはバカだ」と言ってるわけだから実際ハラスメントなのか。
  • @omattor 2010-12-29 08:18:49
    渡辺さんはさぞ査読ジャーナルにバンバン投稿して次々査読ジャーナルに掲載を認められているんですね。査読に投稿しない教員なぞ「老害」以外の何者でもないですから。RT @ynabe39: 「研究自体に意味がない」「仮説がつまらない」ということを査読で書くと最近ではまず間違いなく「ハラス
  • @omattor 2010-12-29 08:27:07
    渡辺さんは統計学を使いこなせますか?使いこなせなかったら日々やってることについて考えてない証拠みたいですよ。RT @ynabe39: まあ「英語で書かない」「科学的でない」ことに劣等感を感じている文系研究者が多いからこそ @pukuma 先生のような論点で盛り上がる。これは文系
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 09:29:16
    使いこなせているかはわかりませんが,いちおう大学で統計を教えていますし広い意味で統計について書いた研究業績もあります。 RT @omattor: 渡辺さんは統計学を使いこなせますか?使いこなせなかったら日々やってることについて考えてない証拠みたいですよ。
  • @omattor 2010-12-29 09:41:48
    ありがとうございます。査読ジャーナルには投稿してますか?今年何本出しました?こちらの方が聞きたい。RT @ynabe39: 使いこなせているかはわかりませんが,いちおう大学で統計を教えていますし広い意味で統計について書いた研究業績もあります。 RT @omattor: 渡辺さん
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 09:45:34
    大学教員の研究業績はごく簡単に調べられますからどうぞ調べてみてください。 RT @omattor: ありがとうございます。査読ジャーナルには投稿してますか?今年何本出しました?こちらの方が聞きたい。
  • @omattor 2010-12-29 09:52:25
    2008年以降論文は書かれてないのですか?RT @ynabe39: 大学教員の研究業績はごく簡単に調べられますからどうぞ調べてみてください。 RT @omattor: ありがとうございます。査読ジャーナルには投稿してますか?今年何本出しました?こちらの方が聞きたい。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:09:13
    そうですか?(実は自分でもよくわからないw)。いずれにしても研究業績については必要な時に必要なものを必要な数だけ書いて順調に世に出してきたと思っています。 RT @omattor: 2008年以降論文は書かれてないのですか?
  • @omattor 2010-12-29 10:11:29
    あり得ないと思います。査読に出してないなら、何もしていないのと同じ。研究者として四流以下RT @ynabe39: そうですか?(実は自分でもよくわからないw)。いずれにしても研究業績については必要な時に必要なものを必要な数だけ書いて順調に世に出してきたと思っています。 RT
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:12:30
    返事したのでそれを加えておいてください。 RT @omattor: 返事があれば訂正します。>帯広畜産大学の渡邊芳之教授は2008年以降論文を書いていない。をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/84006
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:15:31
    四流以下なんてなかなかいないでしょうから素敵ですね。 RT @omattor: あり得ないと思います。査読に出してないなら、何もしていないのと同じ。研究者として四流以下
  • @omattor 2010-12-29 10:16:22
    覚えてないというのは自分が社会に義務を果たしているか、把握していないということですか?RT @ynabe39: そうですか?(実は自分でもよくわからないw)。いずれにしても研究業績については必要な時に必要なものを必要な数だけ書いて順調に世に出してきたと思っています。 RT
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:20:17
    書いたことは覚えていますが書いてから載るまで時間がかかったりすると発表年がいつになるかは忘れちゃいますね。 RT @omattor: 覚えてないというのは自分が社会に義務を果たしているか、把握していないということですか?
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:21:31
    いっぽうで「ディシプリンに縛られてやりたい研究ができない」と言う人が多いのも文系の学問ですから,論点は「ディシプリンの有無」ではないような。 RT @pukuma: 文系の学問にはディシプリンがなく、みんな好き勝手なことを言ってるだけではないのかと疑ってしまいます。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:22:55
    教員の技術向上が根本的解決でしょうね。まあ現実的に予備校などを利用するのはしかたないとは思います。 RT @ghostgen: ...北海道で私立専願くらいの生徒でも正しく努力すれば教育大・北大位には入れる能力を持ってる人は多いと考えていて、指導できない教員のせいで....
  • @omattor 2010-12-29 10:23:48
    いやいや、2000年以降たった三本なら嫌でも覚えるものでは?RT @ynabe39: 書いたことは覚えていますが書いてから載るまで時間がかかったりすると発表年がいつになるかは忘れちゃいますね。 RT @omattor: 覚えてないというのは自分が社会に義務を果たしているか、把握し
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:28:19
    自分自身では2008年以降こそ「自分のこれまでの研究の集大成」と自負できる研究業績を挙げたと自負しているんだけどなあ。
  • @omattor 2010-12-29 10:30:10
    査読ではないのですよね?自己満足以外の何者でもないのでは?RT @ynabe39: 自分自身では2008年以降こそ「自分のこれまでの研究の集大成」と自負できる研究業績を挙げたと自負しているんだけどなあ。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:34:54
    個人的にはこの期間に学位論文を書いてそれを科研費出版助成なしで出版できたことのほうが査読論文をいくつか書くよりもずっと大きな成果だったと思います。 RT @omattor: 査読ではないのですよね?自己満足以外の何者でもないのでは?
  • @omattor 2010-12-29 10:37:30
    そんな質の保証がないものは学術的成果も何も担保されません。RT @ynabe39: 個人的にはこの期間に学位論文を書いてそれを科研費出版助成なしで出版できたことのほうが査読論文をいくつか書くよりもずっと大きな成果だったと思います。 RT @omattor: 査読ではないのですよね
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:41:12
    (誤字のため訂正)その私がジャーナルの査読をたくさんやっているのだから査読誌の質も保証されないではないですか。 RT @omattor: そんな質の保証がないものは学術的成果も何も担保されません。
  • @omattor 2010-12-29 10:47:22
    それは詭弁でしょう。貴方が査読論文を書かないということと、貴方が編集委員としての力量があるかというのは別物の議論であって。システムとしてチェックがないのだから、と言っているので。RT @ynabe39: その私がジャーナルの査読をたくさんやってい
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2010-12-29 10:48:30
    編集委員としての力量ってなにで決まるんですか? RT @omattor: それは詭弁でしょう。貴方が査読論文を書かないということと、貴方が編集委員としての力量があるかというのは別物の議論であって。システムとしてチェックがないのだから、と言っているので。
  • @omattor 2010-12-29 10:49:22
    ?どこが?あなたが学術論文の事情を知らなくて、話の文脈を掴めてないのだと思う。RT @whtflg: @omattor もっとがんばらないと! 押されてる押されてる!
  • @omattor 2010-12-29 10:51:30
    自分が部外者というポジションを把握出来ず、価値判断を行えないことに対して価値判断出来ると思い込むのは凄い知性だな。

コメント

  • @sokuroya 2010-12-29 10:27:04
    なにこのomattorって人。人を貶めるためだけに新しいアカウントでも取ったのか?大学の先生や学生にケンカを売りまくっている。更年期か就職失敗した学生か?みっともない。
  • @omattor 2010-12-29 10:28:56
    いやいやまずはこれの事の重大さを論じるべきでしょう。>「学術論文」の項目は2008年以降記載がありません。しかも2000年以降の論文掲載は2本(もちろん紀要含めず)。あまりにも少な過ぎるのではないでしょうか?
  • @minazuki_eve 2010-12-29 10:37:01
    何を基準に少ないとか言ってるの?
  • @sokuroya 2010-12-29 10:43:33
    学術論文少ない大学教員は問題かもしれないが、それはこの渡辺先生に特有の問題なのだろうか。なぜ鬼の首取ったように個人攻撃をするのか理解できない。そしてそれを、大学や学会の場ではなくtwitterでやること理解できない。実にナンセンス。ついでに言えば、渡辺先生の出された話題に対してまともに取りついていないあたりもすごい。誰を捕まえて何を言っているんだか。
  • 古いさぶろう @y_18_old 2010-12-29 10:50:07
    だれを捕まえてなにを言ったっていいのでは。@omattor 氏の頑張りで大切な話になっていくかもしれない。すべては @omattor 氏の頑張り次第!! 乞うご期待!! という感じではないかと。
  • 高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2010-12-29 10:55:05
    なんですかこの捨てアカは
  • @sokuroya 2010-12-29 11:09:40
    @whtflg 誰を捕まえて何を言ってもいいですが、相手がどのような人物であるかは常に念頭に置くべきです。自分もつい先日とんでもない失礼をしてしまったので、自戒の念をこめて言うのですが。しかも、このomatterという「人物は研究者の業績=査読論文の数」という、ナンセンスな前提で人を小馬鹿にしている。こういうのを阿呆という。
  • @omattor 2010-12-29 11:17:21
    >sokuroya 論文の数、質以外に何があります?(笑)
  • @sokuroya 2010-12-29 11:22:49
    @omatter研究者の実績については、渡辺先生がすでに答えているかと。査読論文だけで研究者の業績が語れるなら、人文社会学の図書館から素晴らしい本がどれくらい消えるか。あなたの不見識を恥じなさい。
  • @omattor 2010-12-29 11:24:52
    >あなたの不見識を恥じなさい。 別に思いません。著作の準備があろうがなかろうが査読論文を毎年一本くらいは書けるはずです。何のために高い給料貰っているんだ。
  • @sokuroya 2010-12-29 11:27:45
    >著作の準備があろうがなかろうが査読論文を毎年一本くらいは書けるはずです。何のために高い給料貰っているんだ。 勝手な思い込みですね。もう相手にする必要もないか。
  • A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2010-12-29 11:29:17
    omattorとwhtflgは自演乙としか言いようが無い。(藁)捨て垢ストックして喧嘩売って回るとかホント暇人だな。ニート?w
  • @omattor 2010-12-29 11:30:42
    >勝手な思い込みですね。もう相手にする必要もないか。 何故?さっぱりわからん。頭おかしいんだろうか?
  • てっしー @tessy3 2010-12-29 11:33:11
    教授にもなると、自分で手を動かして研究して論文を書くような時間はあまりないと思うから、査読論文を出していないことがそれほど問題かなあと思う。学生やスタッフの質と教育の方が重要。
  • @sokuroya 2010-12-29 11:36:49
    @omatterとりあえず、このtogetterには対称性がないので、代わりに。渡辺先生はこうおっしゃっています。   これをどうしてTogetterまとめに入れてくれないんだろう。まとめの締めはこれであるべき。 RT @ynabe39: 研究はちゃんと進めているし適切な形で公刊もしている,それがたまたま査読論文でないことにはとくに大きな問題を感じない,ということです。 @omattor
  • @sokuroya 2010-12-29 11:40:13
    >omattorとwhtflgは自演乙としか言いようが無い。(藁)捨て垢ストックして喧嘩売って回るとかホント暇人だな。ニート?w  あ、いま世間は冬休みでした!しまった、釣られたのか俺は!
  • アルパカ @arupakaa 2010-12-29 11:41:58
    @omattorが言ってることはもっともなことだと思う。文系(?)では査読論文の評価が低すぎる。研究としての質を客観的に担保するものとして査読論文はもっと重視すべきだと思う
  • あさ @asahiko 2010-12-29 11:42:13
    研究者の責務とやらは査読論文件数という数字か、それとも研究成果を社会に報告することか。僕は後者だと思う。加えて、教授にまでなると別に本人の原著論文は重要性が下がって当然ではないか。教授はある種の管理職であって。
  • ねおろじ @neo_logic 2010-12-29 11:42:31
    このomattorって人、まず医者に行ったほうがいいんじゃないかな。頭の。
  • ねおろじ @neo_logic 2010-12-29 11:45:33
    あえて付け加えるなら、研究者の意義は査読論文の多寡だけではない(質も幾分関係するが、全てではない)。大学で教鞭とってる経済学者とかには査読論文は一切書かないが国政に重要な影響を与えている人もいる。こういうomattorみたいな奴を夜郎自大と言う。
  • @sokuroya 2010-12-29 11:46:00
    @arupakaa 査読論文に替わる、あるいは並ぶものとして、著書に対する研究者からの「書評」や「引用」があるのにですか?議論のすり替えですね。@omatterは、査読論文=研究業績と言っている。渡辺先生は査読論文は研究業績のひとつであり、すべてではないといっているのですよ。
  • okowa @jikiseitokai 2010-12-29 11:46:04
    査読論文を書くために給料貰ってるわけではないんじゃないですか?最低年1本は査読を書かないと大学教授失格だとなる根拠はなんなんでしょう。査読以外で研究業績をあげていると当人もおっしゃられていて、大学側のほうでこの先生の業績に問題がある、とされているわけではないようですし。個人的にはただの妬み、私怨にしかみえないのですが。
  • @omattor 2010-12-29 12:03:17
    >著書に対する研究者からの「書評」や「引用」があるのにですか? いやいや並ぶものなわけないだろう。「引用」はともかく「書評」というのが。
  • @sokuroya 2010-12-29 12:06:02
    @omatter その道の研究者が、同業者に対して行う書評がだめなのですか。では、なぜプロの研究者が行う査読には客観性があり、プロの研究者が行う書評には客観性がないと言い切れるのでしょう。実に不思議です。あなた、大学で論文書きましたか?というか、大卒ですか?
  • @sokuroya 2010-12-29 12:08:26
    ついでにいうと、論文の引用件数って、その研究者が研究する学問にいかに影響を与えているか、ということを測る非常に大切な数字なんですけどね。
  • @omattor 2010-12-29 12:09:43
    >査読論文を書くために給料貰ってるわけではないんじゃないですか? 査読論文(正式な研究)を書くために研究者としての一番の存在意義があるということです。 >最低年1本は査読を書かないと大学教授失格だとなる根拠はなんなんでしょう。査読以外で研究業績をあげていると当人もおっしゃられていて、大学側のほうでこの先生の業績に問題がある、とされているわけではないようですし。 研究業績にどこまでなるかの問題。質の保証がなされていないわけだから。ならないわけではないが、最低限査読に書かないのは「逃げの姿勢」というのが研究者
  • アルパカ @arupakaa 2010-12-29 12:11:56
    査読論文って著書よりも評価されるべきものだと思っていましたが、私の勘違いだったようです。すみませんでした。 >査読論文に替わる、あるいは並ぶものとして、著書に対する研究者からの「書評」や「引用」があるのにですか?議論のすり替えですね。
  • @omattor 2010-12-29 12:13:45
    >同業者に対して行う書評がだめなのですか。 駄目とは言っていないが、質の保証が査読ほどは厳密ではない。これは書評に値しないなどと評価されたら出した本が絶版になりますか?
  • @omattor 2010-12-29 12:15:11
    >著書に対する研究者からの「書評」や「引用」があるのにですか? /これに対しての他の教員の評価を素直に聞いてみたいですね。
  • @sokuroya 2010-12-29 12:30:25
    何か勘違いされてはいけないので一応言っておくと、当然ですが査読論文も研究者の業績を図る一つの物差しですよ。ただ、絶対唯一の物差しではないだけで。ついでに言うと私は研究者でもなんでもないただの学生ですよ。
  • @unkounchiunko 2010-12-29 12:52:54
    年配の人に対する態度としてどうかと思うが、確かにそれは本質ではない話。ぼくも本数至上主義的な考えがあるので非常に参考になりました。
  • @nososuba 2010-12-29 13:06:52
    大学教授には研究者・教育者・広告塔の3つのパラメータがある気がします。査読論文が少ないというのは研究者としては確かに問題があるのかも知れませんが、渡邊先生がより教育者としての側面を持っていれば問題ないのでは。
  • 妖怪セヤナー @Ameyaruo 2010-12-29 13:15:55
    俺達は論文書いてナンボって言って、卒論その他指導は全部助教任せの教授を思い出した。いい人だった。もちろん助教が。
  • akira yashima @bright1981 2010-12-29 13:30:34
    実際、准教授→教授への昇進基準の1つとして「単著1本」というのがあるらしいので、「査読しか意味がない」というのは完全に勝手な主張。 それに、毎年査読1本ノルマとかだと、それはそれで色々と弊害があるかと。勿論、期限がないと怠けるので、そこのバランスが難しいのですが。
  • 五代雄介 @Eric_Ridel 2010-12-29 13:38:53
    ちなみに、太郎丸氏のTwitterIDは、@tarohmaruです。
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 13:39:38
    実証研究についての業績が査読を必要とするのは分かる。結果が事実であることの確認や、実験や観察データから解釈や結論を導くための方法論は基本的に共有できるものだし、方法に瑕疵があれば実証研究としては話にならないから。
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 13:40:14
    しかし、理論的・抽象的なテーマ、思考の枠組みそのものの変革を迫る研究は、査読無しでもありだと思う。むしろ本当に新規な研究は、既存の体系からは評価出来ない。 発表した後に、その分野の研究者や社会等にどのような影響を与えたかという点で、研究への評価が出来る状況が成立するように思う。
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 13:46:38
    あと、教育的な業績も評価されてもいいように思う。教科書的に使える本って学生にも、少し違う分野の研究者にも有用だし、一般市民が大学行かずとも自ら望めば勉強出来るってのがとてもいい。それに本気で真面目な専門書を書く場合、知識の誤摩化しは効かないし、膨大な量の引用を正確にする必要があるから、すごく大変。
  • 五代雄介 @Eric_Ridel 2010-12-29 13:46:47
    このやりとりには続きもあります。一部オーバーラップしますが、参照ください;http://togetter.com/li/84035
  • @omattor 2010-12-29 13:47:09
    >bright1981 >overtherainbowl 10年で2本は十分な数ですか?
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 13:48:29
    ところで、そもそも大学教員って、研究職なのか教育職なのか分からないよね。両者に必要な資質は必ずしも一致してなくて、前者に特化しまくった人も居れば、後者に向いた人もいるし。その辺も人材をうまく生かせるよう、柔軟なシステムにすりゃいいのに。
  • Shiro Kawai @anohana 2010-12-29 14:06:39
    研究の評価は分野によって全然違うからなあ。理系の中でも、フルペーパーが一番ってとこもあれば、(査読ありの)カンファレンス発表やレターの方が重要ってとこもある。理工系って小刻みに結果を出して積み上げてゆくのが普通だけど、人文系って何年もかけてどかんと大きな体系を作るってイメージもある (もっとも人文系研究者の知り合いってほとんどいないのでよくわからないけど。) @omattor 氏が(1)人文系の評価も理工系のような基準にすべし、と言いたいのか、(2)人文系の評価法を熟知しているが、それに照らしても渡邊氏の
  • Shiro Kawai @anohana 2010-12-29 14:08:02
    (承前)業績は評価できないと言いたいのか、よくわからない。もし後者ならば、「人文系ではこういう基準で評価するのが普通である」と説明してくれるとありがたい。私にはよくわからないので。
  • Shiro Kawai @anohana 2010-12-29 14:08:39
    あ、「ありがたい」っていうのは単なる願望で、要求とか強制じゃないです。
  • 我楽者 @garamon9999 2010-12-29 14:12:21
    査読論文数を絶対指標とすると大学教授として要求される「教育、組織運営」に割いた努力は評価されないので全くナンセンス。この@omattorという人物は自説が通常の社会では受け容れられない事を理解できないのか。気の毒ではある。
  • Shiro Kawai @anohana 2010-12-29 14:13:22
    人文系ってくくりも大きすぎるだろうけど。心理学なんて特に、実験ばりばりやってるところは理系っぽいだろうし、臨床は医学っぽいかもしれないし(症例報告とか?)、社会学っぽいところもあるだろうし、基準なんててんでばらばらだろうなあ。
  • 高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2010-12-29 14:16:51
    "頭おかしいんだろうか?" <- 自己紹介?
  • @nososuba 2010-12-29 14:17:20
    ただ、教授目指す人の入り口は「研究者」なのだから、将来の保証がない志望者が“一見すると”研究してるのかどうか分からない人に対して、「居座っている」と感じるのは無理からぬことなのかなという気はします。何度見ても何もしてない教授って本当にいるみたいですしね。
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 14:19:39
    自分の知らない分野について、自分の知ってる評価基準だけで物事を断言できる性格が自分はうすいので、何とも。 こちらはバリバリの実証研究畑に浸かった身で、渡邊先生の研究分野やその他人文学系の研究の諸事情は知りませんから。
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 14:20:20
    あと、まともな批判をする場合、目的が必要だと思いますが(目的意識のない批判は、単に相手を貶めたいだけで論外ですよね。誰かについて批判的な発言をするのは個人の自由だけど、目的が単なる中傷なら、無視されて当然ですから。)、渡邊先生を”正当に”評価する必要性は、自分にはありませんので、詳しく調べる必要も感じません。
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 14:20:59
    仮にもし本気で批判したい場合、渡邊先生の分野ではどのようなテーマが重要で、それを形にするためにどれだけの労力や時間が必要なのか、どういう形で業績にするのが妥当なのか、渡邊先生が過去にどのような業績を積み上げ、それが関連分野にどのような影響を与えてきたか、具体的に調べた上で批判します。 それを怠った状態で、断定的に批判するのは自分の浅はかさを公表することになり、恥ずかしいので自分にはちょっとできません。
  • 🐥🐥きつつき🐥🐥 @Woodpecker_1234 2010-12-29 14:26:33
    そうですね〜。 もし、実証研究オンリーの生物学の研究室で、教員が30代後半で大学院生が2人位とかの状況で、授業も雑務も人並みで、って状況で、共著論文も含めて論文数が5年に1本なら、研究者としての能力を疑います。 でも疑った上で、どう判断するかは個別の状況によるので、一般化はしにくいです。
  • @omattor 2010-12-29 14:40:51
    >仮にもし本気で批判したい場合、渡邊先生の分野ではどのようなテーマが重要で、それを形にするためにどれだけの労力や時間が必要なのか、どういう形で業績にするのが妥当なのか、渡邊先生が過去にどのような業績を積み上げ、それが関連分野にどのような影響を与えてきたか、具体的に調べた上で批判します。/ それは他分野の人がどこまで調べられるものなのでしょうか?そこまで参入障壁を高くすることから怠慢が生まれる気がします。10年で2本という正当性をむしろ批判される側が説明する義理があるのだと思いますが。どんな分野でもここま
  • @omattor 2010-12-29 14:43:42
    逆にここまで書かないで怠慢と認められない分野ってあるんですか? それと目的云々とおっしゃっているのもよく分かりません。このまとめのタイトルと少しの説明見ただけで目的ないとかおっしゃる人もあまりいない気もしますけどね。それを受けた上で先生も対応されているわけですし、あなたがどうこう言うことでもないと思います。
  • 森鴎外.zip☕️ @O_Flow 2010-12-29 14:58:03
    @omatterの妄想脳内敵への戦争劇場が始まりましたw 来年は頑張っていい職を見つけろよw
  • 我楽者 @garamon9999 2010-12-29 15:14:40
    omattor氏から返信頂いたので御紹介【以下自分の返信】教授職の話であり純粋な研究職と異なる話ネ。RT @omattor 全くナンセンスと思ってる人はそもそも研究者目指さない方がいい。RT @garamon9999: 査読論文数を絶対指標とすると大学教授として要求される「教育、組織運営」に割いた努力は評価されない
  • 我楽者 @garamon9999 2010-12-29 15:16:59
    ついでに他の方のRT御紹介【以下tks1985氏による】その「ある程度」なのが味噌かと。極論すぎるために反論とある程度認める意見が出るのだと思われ。 @omattor: 反論というよりある程度認めている意見が多いと思うが。RT @garamon9999: いや読む価値無いから。
  • Ryuji @rkanbe 2010-12-29 15:52:03
    『自分ががんばったかどうかは自分がいちばん頑張ってる』ってどこかのばっちゃが言ってた。単に論文の数が少ないから怠けてる、という言い方で予算を削減するお役所の人にアプローチが似ているなぁ。こちらの場合職務を執行する熱心さと相手のことを理解しようとする熱意に温度差がありすぎるから起こることなんだろうけど。
  • dieinvip @dieinvip 2010-12-29 15:53:55
    「査読論文の数が少ない=研究者としての能力に疑問符がつく教授が他の研究者を評価するのには問題がある」という論点に絞れば勝てたのにね。この教授は全然論文を書かない給料泥棒だ!じゃ揚げ足取られるだけ
  • キリギリスおじさん @ikariharu 2010-12-29 16:05:15
    まとめにはないですが人格攻撃が始まっちゃいましたね。予想通りになって残念です
  • 我楽者 @garamon9999 2010-12-29 16:42:36
    Hamyuts_Mesetaさんのhttp://togetter.com/li/84002「大学教員は、いかなる基準において査定されるのか・・・単著・論文・教育などの観点から Presented by ynabe39」にomattor氏の発言を加えました。
  • @parrot_paganus 2010-12-29 16:43:02
    渡邉先生の分野については知らないが、うちの分野でも中堅以上の研究者は殆ど査読論文書かない。皆本か論文集に書く。単に文化が違うだけ。
  • Masaki Matsushita @_mmasaki 2010-12-29 18:03:02
    捨て垢を使ってTogetterで個人攻撃を行った事例。
  • ナカバヤシ @nakabayashi_135 2010-12-29 18:45:04
    議論が拡散している上に,学問が違えば全く文化が異なるから心理学分野に属さない私にはなんとも言えない.ただし,ざっと読む限りでは揚げ足取りにしか見えないし,正当な批判とは思えないな.
  • ナカバヤシ @nakabayashi_135 2010-12-29 18:49:40
    結局の所,twitterで有名になった実名アカウント方は変な人と絡まざるを得なくなるという例にしかなっていないのかも.ならばこのセリフでしめるの吉か.「@omattorという痴れ者は救いようがない!」
  • プレミアムなムラタ @geonoize 2010-12-29 20:32:24
    出そうが出すまいが、評価されなかったら解雇されるんだろうし、いるからには評価されてるんだろうなぁとか。その評価が間違ってるつーなら、個人突っ込むより評価機構突っ込むのが妥当なんかな。
  • akira yashima @bright1981 2010-12-29 21:07:43
    >omattor「10年2本」という事実が「少ない」かどうかはあなたが証明してください。例えば同じキャリアの人と比較するなどして。 私の意見を言えば、渡邊教授に関しては、他にも多数著作があり、学位も取っているので、少ないとは全く思いません。
  • はるうみ @_haruumi 2010-12-29 21:21:05
    文系の評価は「人」と「社会」が自然にするから、理系みたいにそこから外した評価基準をわざわざ作る必要性が薄いんだ。というか、恣意的にそこに特定の評価基準を作って強制してしまうと研究自体が立ちいかなくなったりおかしなことになったりするのね。(研究者と研究対象が同じ「人と社会」に属するから。もっとも「強制」してみて結果を見るって試みは何度もされてきてるわけだけども) 理系が除外せざるを得ない「意思力」って言う力を研究するのが文系だと思えばわかりやすいと思う。
  • 我楽者 @garamon9999 2010-12-30 00:22:22
    九つ前のコメントのリンク先間違えましたので訂正。http://togetter.com/li/84035「大学教員は、いかなる基準において査定されるのか・・・単著・論文・教育などの観点から Presented by ynabe39」でした。しかし自分に都合の良い話だけ追加しているなぁ、編集者のomattor氏。
  • ぎゃおおお @gyaooo 2010-12-30 00:40:12
    第2ラウンドや! 2010年最後の餌蒔き! 歳末 ねこぱんち祭! http://togetter.com/li/84088
  • @akimono3 2010-12-30 08:09:33
    なるほど、こっちね。
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-30 12:24:30
    指摘している人間の匿名実名には関係なく、「帯広畜産大学の渡邊芳之教授は2008年以降論文を書いていない」という事実は、とりあえずあるわけですね。
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-30 12:51:42
    最低、似たような分野で似たような職種にある人の、査読論文がどのくらいあるか、というのを比較しないと、それが多いか少ないか(批判の対象になるかならないか)というのは分からないですな。
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-30 13:10:57
    .@omattor 渡邊芳之氏の「学術論文」は、以下のところによると「2007年」が最後のようですが、2008年というのは、どこ情報でしょうか。→http://bit.ly/hXzLv1
  • ソモソモロン @daikeiAZP 2010-12-30 16:05:53
    @omattor さんの「査読論文数が少ない人は研究者失格」「学歴が低い者は研究者として信用できない」という意見は、あくまで主観でしかない。 @ynabe39 さんはたまたまその主観に外れた研究者だっただけ。omattor さんが「 ynabe39 みたいな研究者は嫌いだ」って言うのは自由だけど、「論理的に考えて ynabe39 は研究者失格だ」っていうのは間違っている。考察の根拠が主観だから。 omattor さんの主張を論理的にするためには前述の2つの意見が、日本の研究者でのコンセンサスであるという研
  • ソモソモロン @daikeiAZP 2010-12-30 16:07:56
    @omattor さんの主張を論理的にするためには前述の2つの意見が、日本の研究者でのコンセンサスであるという研究者対象のアンケート調査をしなければならない。と思いました。
  • Shiro Kawai @anohana 2010-12-30 18:11:04
    >kuratan 「2007年が最後の論文」だから「2008年以降は書いてない」で良いのでは。(投稿から出版までのラグ、とかは言い出すときりがないので) そういえば紀要の位置づけも分野によってだいぶ異なるようですね。
  • Shiro Kawai @anohana 2010-12-30 18:20:04
    理系でも数学だと間が空くことはあり? 「6年間で2本 (1989-1994)」「8年間で2本(2000-2007)」という事例がここに。 http://www.math.princeton.edu/WebCV/WilesBIB.pdf この方の業績に文句をつけられる人はそうそういないでしょうけど。
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-30 18:30:21
    こちらでもまとめてみました。「帯広畜産大学の渡邊芳之教授の一番新しい「論文」は何?」→http://togetter.com/li/84406
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-30 18:32:43
    .@omattor 氏は「研究者としてあるまじき事態」とは言ってますが、「研究者失格」とは言っていないように思えました。
  • ソモソモロン @daikeiAZP 2010-12-31 02:13:09
    @kuratan さん。「論破」とか「論理の土台としてズレがある」という論理的なワードを使って @omattor さんは話し合っているようですので、「研究者失格」と思っていると僕は思います。「研究者失格かどうか」はある程度デジタルな判断ができますが、「研究者としてあるまじき事態」というのは研究者としての理想像から外れているかどうかという主観的な判断なので、論理的に議論するのにふさわしい議題ではない。「 @omattor さんはあるまじき事態と思っているが、@ynabe39 さんは思っていない」で論理的には
  • ソモソモロン @daikeiAZP 2010-12-31 02:14:46
    @omattor さんはあるまじき事態と思っているが、@ynabe39 さんは思っていない」で論理的には矛盾はありません。もし @omattor さんが「研究者としてあるまじき事態」と思っているのであれば、「論破」とか「論理の土台」とか言わないでいただきたい。
  • ソモソモロン @daikeiAZP 2010-12-31 02:19:47
    @omattor さんに聞きたいのですが、10年かけて10章構成の論文を1つ書いたAさんと、1年ごとに1章しかない論文を10年間連続で書いたBさんがいたとき、BさんはAさんの10倍の数の論文を書いているので、Bさんの方が無条件に偉いと思いますか?
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-31 14:12:08
    ぼくの発言はアカデミック度が足りないと思われるので削除しました。
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-31 14:14:40
    まとめ主の参考つぶやき。「アカデミックやってなくて、興味本意で突っ込んでくる「僕ちょっと深くモノを考えてるんです」系の人が果てしなくウザい。」(http://bit.ly/hkGJSZ
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2010-12-31 16:17:42
    削除した呟きと関連呟きは以下のところに非アカデミックにまとめてあります。「帯広畜産大学の渡邊芳之教授の一番新しい「論文」は何?」→http://bit.ly/i3dOyn
  • bowbow99 @bowbow99 2010-12-31 19:22:22
    「何を作ろうが売れなきゃ意味が無い」みたいな話?
  • hujiie @hujiie 2011-01-02 02:33:21
    とにかく書けばいい。できれば他人に読まれるものを。
  • @tonotti 2011-01-02 18:12:44
    横から失礼します。学生の身分としての意見を言わせて下さい。私は大学の教授は基本的に教育者であり、また社会的立場から自身の研究を社会全体に還元するのが務めだと思います。なので、渡邉教授がおっしゃってる事はすんなんり理解できます。omattorさんはおそらくまだそういう身分ではなく、渡邊教授のおかれている立場や考えを理解できるような年齢ではないだけかと。ここで議題になっている「研究者」はあくまで専門を追及している人であって、「教育者」ではない。そこら辺の考え方の違いが意見が噛み合わない原因かと思います。
  • Shun Fukuzawa @yukichi 2011-01-10 12:00:50
    内容については賛否ないけど、ソシュールは、さすがに例外すぎるのでは。教授になる前の主要論文はとても高く評価されたみたいだし、その後は酒で飲んだくれてアル中状態だったはず。それが教授職で生き残れたのは、地方の、おそらくはゆるい大学だったからでしょう。それだって100年前。
  • 高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2012-02-04 19:02:51
    ひさびさに見たらまとめ主アカウントが消えてて笑った
  • ふわふわとした鹿と熊が混ざり合ったもの @laterio21 2012-03-20 11:20:20
    これがポスドク難民増加の1つの要因か RT @ynabe39: 昔は大学に入って大学院に入って博士課程を終わるまでに多くの学力的経済的ハードルがあってほとんど振るい落とされた。いまは大学進学や大学院進学や学位取得はずっと簡単になったけど大学院終了後に振るい落とされる。どっちが深刻かはいうまでもありませんが。
  • ふわふわとした鹿と熊が混ざり合ったもの @laterio21 2012-03-20 11:20:24
    これがポスドク難民増加の1つの要因か RT @ynabe39: 昔は大学に入って大学院に入って博士課程を終わるまでに多くの学力的経済的ハードルがあってほとんど振るい落とされた。いまは大学進学や大学院進学や学位取得はずっと簡単になったけど大学院終了後に振るい落とされる。どっちが深刻かはいうまでもありませんが。

カテゴリーからまとめを探す

「社会」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする