屋代聡さんによるLGBTについて――近代国家の展開と共に差別が増幅したことに注意すべき

屋代聡さんによるLGBTについて――近代国家の展開と共に差別が増幅したことに注意すべき
6
屋代 聡 @yashirosatoru

LGBTについて、少し。

2015-06-28 18:29:25
屋代 聡 @yashirosatoru

近代国家では中産ブルジョワ層(ミドルクラス)が勃興する。彼らはそれまでの支配層である血統エリート=貴族とも、野蛮な民衆とも異なる、時代の担い手を目指した。そして、新権力者としての正当性を確保するため、自らの作法や価値観が”一般的な規範”であると認めさせなければならなかった。

2015-06-28 18:35:58
屋代 聡 @yashirosatoru

これが市民的価値観(リスペクタビリティ)の起源である。 問題は、その「市民」が近代国民国家の「国民」と同義とされ、この価値観を人々に強制する圧力が直ちに発生したことである。 すなわち中産階級の道徳観や言動が国民的価値観とされ、ナショナリズムと一体化するのである。

2015-06-28 18:37:31
屋代 聡 @yashirosatoru

当然ながら、ここで頑健な労働者・兵士に向く「男らしい男」は称揚される一方、そうでない男は心身虚弱であり、社会に不適合とみなされるようになる。団結に直結する男性間の友情や女性のそれは歓迎される一方、同性愛者はもちろん迫害の対象となる。

2015-06-28 18:38:28
屋代 聡 @yashirosatoru

すなわち理想の「国民」には、そうであるべき「性」「生」は常に付随しているのであって、国民の価値が賞揚されればされるほど、近代国家は民族的・性的・文化的マイノリティを迫害するようになってしまったのである。

2015-06-28 18:39:18
屋代 聡 @yashirosatoru

注意すべきは性的マイノリティが存在するから性差別が生じるのではなく、「標準的」性設定=異質なものの排除が起動するから性的マイノリティが人為的に生みだされるということだ。 (民族がいるから民族主義が誕生するのではなく、民族主義が自民族という概念と他民族への排斥を生みだすのと同じ)

2015-06-28 18:41:51
屋代 聡 @yashirosatoru

そして、しばしば性と民族に関するこの論理は重ね合わせられてゆく。 すなわち自民族にとって排除すべきものは、異常なセクシュアリティを持っている。異常なセクシュアリティを持つものは、国家の存亡を危うくする。というように。(ネトウヨのTLを見るといい)

2015-06-28 18:43:54
屋代 聡 @yashirosatoru

私たちが注意すべきなのは、次だ。 男女を問わず、良き市民、良き国民たらんと欲すること、レスペクタブルな存在になろうとすること自体が、自らの社会の外側にマイノリティを発生させ、差別構造を強化する可能性がある、ということ。

2015-06-28 18:45:27
屋代 聡 @yashirosatoru

正常な家族、正常な性、正常なエロス。そんなものは19世紀以降の産物に過ぎない。 同じく正常な民族、正常な国民、正常な国家という概念も我われが歴史のなかで構築した仮のもの、想像の共同体に過ぎないのである。 たとえそれがいくらか実態を伴っていても、その虚構性には気づく必要がある。

2015-06-28 18:46:53
屋代 聡 @yashirosatoru

性的少数者差別について、多くの市民は批判的だ。 しかし18世紀まで彼らに対する差別が、現代と比較して、”激しくなかった”こと、19世紀の啓蒙と科学の発展、近代国家の展開と共に差別が増幅したことも、ぜひ理解すべきだと思う。

2015-06-28 18:49:56
屋代 聡 @yashirosatoru

僕らの称揚する市民道徳が差別を助長する側面をもっているということに一人ひとりが気づいて、これらに懐疑のまなざしを厳しく向ける時、僕らは性の問題を解決するレースの、ようやくスタート地点に立つことができるのではないか。

2015-06-28 18:50:48

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?