Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2015年7月2日

エイト妄想♡海と安田

わきゃさんへ捧げた安田さん♡
20
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ1 『ねぇねぇ、おねーさん、そのカキ氷どこで買ったの〜?』 『水着可愛いね〜、一人?友達と来たの〜?』 突然見知らぬ2人組の男性に進路を塞がれ、声をかけられた。 「あ、あの…向こうのお店ですけど…」

2014-11-04 14:05:43
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ2 後ろを振り返って買った海の家を指差すと、声をかけてきた男達が肩へ手を置いてきた。 『え〜、どこかよくわかんないから、一緒に連れてってよ〜』 『そうそう、連れてってくれたらおごってあげるからさぁ〜』 しつこいのにつかまっちゃった…気持ち悪い…

2014-11-04 14:24:52
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ3 「止め…はなしてください…!」 手を振りはらおうとしたその時、章大の声がした 『ねーちゃん!』 (ね、ねーちゃん?) 『何してんの?おとーちゃんもおかーちゃんも待っとるで?ほら、いこ!』 章大が私の腕を掴みグイと引っ張る 『テメ…、待てよ!』

2014-11-04 14:25:51
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ4 男の一人が章大の肩に掴みかかると章大が男の方に振り向き冷たい目線で忠告した 『おにーさん、未成年ナンパするなら警察に突き出しますよ?弟の僕を殴っても一緒ですけどね…?』 ぐっと押し黙ってしまった男達は『チッ、未成年かよ…』と捨てゼリフを吐いて去っていった

2014-11-04 14:27:06
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ5 「章大…助けてくれてありがと…でも私もう二十歳超えてるよ…?」 『分かっとる。でもあんな設定で言わな、俺みたいな彼氏が出ていっても揉めるだけやし』 真剣な顔でそう答える章大が少し怒っているように見えた 「章大…怒ってる…?」

2014-11-04 14:28:09
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ6 『ん、一人で買いに行かせた自分に怒ってる。一緒に食べようと思って1個にしたけど、2個買ってきててゆうたら良かったわ…』 (そ、そこ…?笑) ハァ…と溜め息をつく章大。 「いちごのカキ氷…ちょっと溶けかけだけど一緒に食べよ…?」

2014-11-04 14:28:39
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ7 カキ氷を差し出すとパァっと顔をあげて笑顔を見せて安心させてくれる。 『あーん♡』 可愛い顔でこちらに口を開けて甘えてくる 『ぷ笑。はい、あーん♡』 シャリシャリとカキ氷を食べ、章大が喋り出す 『ん〜、もうひと泳ぎしたかったけど…』

2014-11-04 14:29:33
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ8 『お前またナンパされたらかなわんわぁ…』 ぶぅ…とほっぺたを膨らます章大が可愛い 『どうせ午後潜りにいくつもりやったし、早めに船出して潜りに行こか?』 「わ♡やった♡久々スキューバ♡」 『良かった!船借りとるから、俺の運転姿見せたるわぁ!』 ーーーー

2014-11-04 14:30:16
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ9 『はぁ…また…!』 船のキーを取りに一人にした隙にあいつがまた男に絡まれてた 「あ、あの…人を待ってるので…」 『え〜、ちょっとだけいいじゃん〜』 ガンッと近くのガードレールに足を置く

2014-11-04 14:30:51
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ10 『よくない!この生徒さん、今から僕のスキューバ講習受けるんで!ねっ?!さっ!行きますよ!』 彼女の腕をグイッと引っ張り、船に乗る 「しょ、章大…ごめん…ありがと…」 エンジンをかけ、沖まで無言で走らせる 船を止め、彼女を見ると半泣きでこちらを見ていた

2014-11-04 14:31:21
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ11 「章大…」 『ごめん!一人にさせた俺が悪い!でも、嫌ってちゃんとはっきり言わなあかんで…?』 「う、うん…ごめん…気をつける」 『ごめんな…俺も一人にさせんよう気をつける…』 泣きそうな彼女の身体を抱き寄せ、口付けた ーーーーーーーー

2014-11-04 14:32:00
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ12 『ごめんな…俺も一人にさせんよう気をつける…』 そう言って章大が抱きしめキスでなだめてくれる 「んぅ…」 『は…あかん…かわい…♡』 ちょっと顔を赤らめて覗き込み章大が呟く 「えっ…//」 『やって…水着姿めっちゃ可愛いんやもん…//』

2014-11-04 14:32:47
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ13 「章大…//」 また口付けられ、唇をちゅっ…と吸われる 『ナンパしたなる気持ちはわかるんや……でも俺のやしなぁ…?』 にぱっと笑い、また口付けられる 「んっ…は…章大…好き…♡」 『ぷは、…なぁ…ここでシたらあかん?我慢できひんくなってもた…♡』

2014-11-04 14:33:12
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ14 「えっ…//ここ、海の上…っ」 小型のプレジャーボートのため、影になるような場所は少ない 『だいじょーぶやって、沖に出とるし、よっぽど目が良くないと岸からは見えへんよ』 そうは言うけどこちらから海水浴場の人の様子が分かる距離…沖に泳いできた人がいたら…

2014-11-04 14:33:44
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ15 色々な事を考えていると、章大に耳にふっと息を吹き込まれた 「っ//」 『ダメって言われてももう聞けへんけどな…』 そう言って押し付けられた章大の下半身が熱く硬くなっていることに気づかされる 「うん……//」

2014-11-04 14:34:17
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ16 ふっといきなり妖艶な笑みを浮かべ、水着の上から身体を撫で始める…さっきまでの可愛い章大はどこにもない 「っ//章大いきなり大人モードに入るよね…ぁ…//」 『…ん?…ちょっと黙って…』 うるさい口を塞がれ、何度もお尻を章大の指が往復する 「んぅ//」

2014-11-04 14:35:09
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ17 (お、お尻ばっかり…//) 他も触ってと腰を小さく振ると、スルッとお尻の割れ目をなぞった指が秘部の割れ目へと伸び、つーッと撫で上げられる 『なんや…もう湿っとるやんけ…淫乱やなぁ…』 クスクスと意地の悪い顔で笑い、水着の中へ指を入れる

2014-11-04 14:35:58
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ18 「んっ//…はぁ…っ」 水着の中へ進入した指が秘部の中へは入らず秘部のヒダを刺激するように前へ後ろへと動く 水着の締め付けから、自分の秘部の飾りが膨らむのが分かり、恥ずかしさでたまらなくなる 「しょ…うた…//」

2014-11-04 14:36:38
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ19 前後へヒダを刺激していた指が蜜でヌルヌルになると水着からスルッと指が出ていく 「は、はぁ…ん//」 章大の肩に顔を乗せ、息をついていると、いつの間にか前へと回った章大の指が、水着をやんわりと押し上げている秘部の飾りをキュっと摘んだ 「ああぁっ‼︎」

2014-11-04 14:37:06
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ20 不意を突かれ軽くイってしまい、章大にもたれながら身体が小刻みに震える 『やーらしっ』 にんまりとした声が耳元で鼓膜を刺激する 「…っあ…」 『相変わらず…感度いい…俺に散々仕込まれたもんな…? クスクス笑うと首の水着の紐を解いて、直に胸を揉み出す

2014-11-04 14:38:34
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ21 「あっ…あ…」 『海の上やねんから、思う存分に鳴いてええで…』 首筋をベロベロと舐めながら胸の飾りを両手で攻める 『ふ…しょっぱ…イイ塩加減やな…』 首筋の上を這う章大の口元がニンマリとやらしく変わるのが分かる 『下もしょっぱいん?』

2014-11-04 14:39:18
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ22 そう言って章大が前から水着の中へ手を入れ、迷うことなく秘部へ指を挿入した 「ああっ…!」 『イイ声やな…もっと鳴いてぇや…』 2本目の指を追加し、グチョグチョと水音を立てながら出し入れを繰り返す

2014-11-04 14:39:56
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ23 中と同時に章大の手のひらで刺激される秘部の飾りに粘度を持ち始めた蜜がからみ、一層刺激を与える 「…あ!…あぁん…章大…!」 イきそうになったその瞬間、パッと章大に指を抜かれる 「あっ…はぁ…ッ」 『何勝手にイこうとした…そんなん教えてへんよなァ…?』

2014-11-04 14:41:21
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ24 (あぁ…章大の…ほし…い) 章大の問いに無言で頷き、跪いて章大の水着に手をかける 『口で脱がせや』 「ふぇ…」 厳しい言い方に泣きそうになるが、反対に中がキュッと締まり、章大の命令に身体が感じてしまう

2014-11-04 14:41:59
しえ @syerryloves8

わきゃさんへ捧ぐ25 口で章大の水着を脱がそうとするが、湿ってて上手くいかない 『はよぉしてぇや、俺の萎えてまうやろ?』 少しずつ咥える位置を変え、水着を脱がすと、萎えるどころかガチガチに硬くなった彼のモノが目の前に現れ、また私の中が締まる (は…はやく入れてほし…)

2014-11-04 14:43:00
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?