10周年のSPコンテンツ!
32
吉井和明 @kgoodwell
@Hideo_Ogura 先生のTLまとめから,だいたい状況は分かりました。結局,争点は残るようですね。勉強になりました。RT @himagine_no9: @kgoodwell 同時に、違法だとするなら、著作権法上のどの規定に抵触するのか確認する必要もあるかと
吉井和明 @kgoodwell
なんでもそうなのですが,そのあたりは結局,事業者がどれくらいリスクをとるかの判断だと思います。RT @Hideo_Ogura: 確実に適法なことしかやらない事業者もいれば、適法であるとされる可能性があるのならやってみようって事業者もいるっていう話ですね。
NHachiya @Khachaturian
新規参入者が増え続ける限り繰り返されるのかそれともネットリテラシーが上がって減っていくのか、どうなんでしょうね。 @Hideo_Ogura ブログの「炎上」もこのパターンですね。 @ke_mushi 基本的には自分で勝手に「論破した!」って誇示してお仲間が出てきてほめるという構図
まつもとあつし @a_matsumoto
@hideo_ogura 恐縮です(汗)。個人的には小倉先生の「色」は物事を分かりやすくして頂けるので、有り難い存在だと思っています。相手にするのが世論なのか、裁判官なのかで戦略が違ってくるのかもしれませんね・・・。
Akiko Orita @oritako
愛情があれば名字が別でも苦にならない、と何が違う?RT: @Hideo_Ogura:…各自に決めさせれば良いんじゃない?RT @white234605: 「別姓のままでも愛情があれば構わない」ですか?いやいや「愛情があれば改姓も苦にならない」でしょう #seiji #bessei
こごと @kogoty
制度の成立に反対する側からの、意見というよりはイチャモンに近いと思うような意見を、@ynabe39 さんや@Hideo_Ogura さんや@naohaq さんが、ひとつづつ真っ当に反論していく様が心地良かった。
こごと @kogoty
@ynabe39 さん、@Hideo_Ogura さん、@byuronkiさん、@naohaqさん、お名前を勝手に書かせていただいたことお許しください。@byuronkiさん、@naohaqさんのご意見を、一部勝手に引用させていただいたことについてもあわせてお許し下さいますよう。
Yasuaki Madarame @madarame
むしろ利便性か RT @Hideo_Ogura:権利者系の人たちって結構勘違いしているんだけど、ある程度可処分所得のある社会人にとってコンテンツが「タダ」であることってそんなに魅力じゃないんだよね。RT @SitaPri: ネットでタダで手に入るのに買うなはバカとか言われる時代。
小田由斗 @LumineKD
私の疑問にかなり近いところで導線を作ってくれてる http://bit.ly/gP0yww 小倉秀夫氏@Hideo_Ogura の話の進め方が判りやすくまとめられてた
zeroyoung @zeroyoung
これ重要。超重要 RT @Hideo_Ogura 権利者系の人たちって結構勘違いしているんだけど、ある程度可処分所得のある社会人にとってコンテンツが「タダ」であることってそんなに魅力じゃないんだよね。RT @SitaPri: ネットでタダで手に入るのに買うなはバカとか言われる時代
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
J-Pop史上最高のデュエット曲は、カジヒデキとHiromixの「Hey Hey Baby Pop」だと思っているのだが、賛同者がいたことがないので、実際にデュエットで歌ったことがない。RT @ynabe39: 「恋のデュエット」のほうはもっと音もアレンジもポップになってるんだよ
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
コミックを電子書籍化することに対して許諾するとしたらどのくらいの許諾料を得ることが出るだろうかということが基準となります。RT @KenAkamatsu: 例えば「定価の10%」が著作者の取り分なので、ネギまが1000冊スキャンされたとしても、
y @umiheikutsumori
小倉先生が意外なツイートをなさっている。この曲はあの時代だから生まれた奇跡だと思います。今年も何度聴いたことか…。RT @Hideo_Ogura: J-Pop史上最高のデュエット曲は、カジヒデキとHiromixの「Hey Hey Baby Pop」だと思っているのだが、賛同者がい
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
その場合、書籍基準で、書籍の定価×0.1となるのか、電子書籍基準で、料金×0.15となるかは争点となるでしょう。RT @KenAkamatsu: そうですよね?>専門家の方々
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
出版社や書店、取次ぎのマージンは、著作権法による保護の対象外です。RT @KenAkamatsu: つまり、コミックスの定価には、書店や取り次ぎへのパーセントが結構あるのです。でも彼らには著作権上の権利が何も無いので、訴訟になったら取り分はゼロではないかと。
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
弁護士費用は、認容額の1割程度が認められることがありますが、その他の調査費用が損害額として認められることは我が国の実務ではないです。RT @takamiya51: @KenAkamatsu 著作権侵害を原因として発生する損害には、侵害の調査費用や弁護士への報酬といった、
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
114条2項は、権利者側が、侵害商品・サービスと競合する同種の商品・サービスを提供していることが前提となります(昔、そういう下級審判決を引き出しているので)。RT @takamiya51: @KenAkamatsu ということで違法業者の利益が損害額に推定されます。
T K @takamiya51
この部分はウェキペディア引用でした。勉強になります。ありがとうございました。 “@Hideo_Ogura: 弁護士費用は、認容額の1割程度が認められることがありますが、その他の調査費用が損害額として認められることは我が RT @takamiya51: @KenAkamatsu
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
川崎市。RT @sekikos: 北区がない政令指定都市ってあるんかな? 東京都もあるね。 RT @kamkamchi: @shonokeiichi ホントに北区なのでつ。大阪市ならいいのにw
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
横浜市も。RT @sekikos: 北区がない政令指定都市ってあるんかな? 東京都もあるね。 RT @kamkamchi: @shonokeiichi ホントに北区なのでつ。大阪市ならいいのにw
●●● @poromin_z
久々にしかも思わぬ所でこの名前を聞いた笑 RT @Hideo_Ogura: 先週、「心」ですき焼きの具材入りのスープカレーを食べましたが、確かに違和感はなかったです。RT @ynabe39: 鍋を用いるあらゆる料理は最終的にはカレーになることができる。
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
少なくとも著作権侵害ではないので、114条の推定・みなし規定が使えません。RT @KenAkamatsu: でも「出版契約期間中」なら、出版社の損害額だけは算定可能ですよね。
NaOHaq(苛性ソーダ) @NaOHaq
静岡市葵区には区内にダムがあります RT @Hideo_Ogura: 横浜市も。RT @sekikos: 北区がない政令指定都市ってあるんかな? 東京都もあるね。 RT @kamkamchi: @shonokeiichi
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
すると、「このサービスがなかったとしたら、出版社はいくら利益を受けていただろう」ということをゼロベースで主張・立証することになります。RT @KenAkamatsu: でも「出版契約期間中」なら、出版社の損害額だけは算定可能ですよね。
セルフ執事 @SF_yomi
コンピューターソフトの場合、不正使用数=損害額って判決があったと思う。で、@Hideo_Ogura @KenAkamatsu
残りを読む(178)

コメント

式村比呂 @saburou_sinra 2010年12月30日
著作権問題は親告だから、問題意識のある出版社や作家による告発が必要ですね。どちらにせよ、多忙な人たちにとっては大変だろうけど頑張って欲しいです。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2010年12月30日
「手元にあるiPadやパソコンで漫画を読みたい。部屋に単行本置く場所ないから→だけどそもそも売ってない。売っててもDRMや専用ビューワーで使いにくい→自炊需要」という需要あるなぁ
まったれ/片目主査/雪ヶ谷れいる @mattare 2010年12月30日
うーん、作家先生方の個人主義的なところが組合つくるのに向いてないのかという印象を受けました。自分の著作で対価を貰う、ことに卑しさを感じないで堂々と活動していただけると幸いです。
山北篤 @Gheser 2010年12月30日
確かに、貸本と同じように1冊30~50円くらいで1週間だけ読める電子コミックとかあったら、需要がありそうだよな。オンデマンドビデオでできるんだから、技術的には可能なはず。
山北篤 @Gheser 2010年12月30日
1冊数10円の貸し電子コミックって、コストを考えれば漫画喫茶より安いんだから、漫画喫茶に行く人間のうち、漫画を読みに行く客は奪えるはず。まあ、寝に行く客は奪えないだろうけど。
山北篤 @Gheser 2010年12月30日
要するに、小倉弁護士の言いたいのは、新しい動きが出てきたら、それを敵視して損するよりも、そこに新しい需要を発見して、自分が儲かる仕組みを作る方が建設的だよってことだ。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2010年12月30日
まぁデジタルコミックのサービスってPSP用やパソコン用にもあるにはあるんですが、自炊する手間やデータ持ち運びの利便性をひっくり返すほどお手軽な値段かというと微妙なところ。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2010年12月30日
小倉氏の主張する「iPadの上陸に合わせて出版社がコンテンツの用意をしなかったからこういう商売がまかり通る(要約。違ってたらごめんなさい)」は僕が考えていた主張とほぼ一致していて嬉しい限り。ヤッパリ出版社も痛み分けじゃないかなぁ。
和泉 @IZUMI162i6 2010年12月30日
あぁ、スキー場の広瀬香美とか。 RT @ynabe39: そもそもポップミュージックって「街頭に流れる」ものだったと思うんだ。あのとき商店街で流れていたビートルズ,遊園地で聴いた麻丘めぐみ,みたいなものがどんどん消滅して,金を払わないと接触できないものになってしまった。
ask @whirlpool 2010年12月30日
「専門家の見解」って、小倉秀夫弁護士か………。専門家なのかそれ。
ヘルレイザー八頭大 @gainersanga 2010年12月30日
小倉弁護士の「べき」論は理解できなくもないが、あくまで「べき」論である話から法律論加えて敷衍させてるから「著作権者周辺が悪い」という、間接的にdisトークしてる所にどうも一々イラッとする。「面倒臭いから列挙主義やめちゃおうぜ」とか「面倒だからフェアユースで理論的整合性スムーズにしようぜ」とかいった論を見た時の感覚にやや近いというか。
K3@FGO残4.5 @K3flick 2010年12月31日
理屈はわかるが納得は出来ないの典型だなあw
K3@FGO残4.5 @K3flick 2010年12月31日
理屈はわかるが納得は出来ないの典型だなあw
タクヤ大好き超愛してる! @takuyakanda 2010年12月31日
当たり前だけど「権利」とか「利益」て自分から主張しないで勝手に入ってくるもんじゃないからね。
terazzo @terazzo 2010年12月31日
「川下の業者が利益を得るって当然のこと」って観点は見落としていた。(仕入)代金を払って、代金を払うことで許される範囲で儲けるのって別にフリーライドじゃなくて、ある意味商売の基本なんだ。「許される範囲」かどうかが争点なんだけど。
ペロペロ @giogram 2011年1月20日
コレに限らず自分達が甘い汁吸うためには人間は知恵が回る回る。その為に他者が死のうが関係ない。法律は人を守る者ではなく攻撃するものなんだなぁ。この国にはもはや文化など無いのかもしれない。こういう人たちとどうやって関わって生きていかなければならないのか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする