隻眼鎮守府 「空を夢見る」

傷痍軍人提督。戦闘中に右目撃ちぬかれて、艦娘の登場によって前線から離れた。けど泊地水鬼のセリフを聞いてまた飛びたくなったとかいうそんな話。不定期更新。 2016/03/24 タグ変更したのですの忘れてたんで名前変えました。
2
犬井作 @miduki_neko

初夏の空はあまりに高く、果てまで澄み渡っている。聞き慣れたエンジン音が低く空気を揺らす。零戦と、烈風だろうか。現代に蘇った三菱製空冷エンジン。小さくても、その馬力は本物だった。隣の机で作業をしている電をっちらと見ると目が合った。微笑む彼女の額にはじんわりと汗が浮かんでいた。

2015-07-06 00:00:22
犬井作 @miduki_neko

あの深海棲艦を彼女が斃してから、もう何日が経っただろうか。潜水艦の58には随分と無理をさせたのを覚えているが、あの作戦の記憶はすっかり薄れていた。――覚えているのは、日本のそれより低く垂れこめた空と、水平線を染め上げる赤い海。その先で、彼女らはヤツと戦った #空を夢見る

2015-07-06 00:05:37
犬井作 @miduki_neko

「もう飛べないの……飛べないのよ……」 幸薄そうな女の声。無線機から聞こえたのは、砲火の轟きではなく嘆きの声だった。ノイズ混じりのあの声が、あの断末魔が、脳裏に焼き付いた。右目を撃ちぬかれたあの感覚が、司令官に移動を命ぜられたあの声が、たちまち蘇った。 #空を夢見る

2015-07-06 00:10:01
犬井作 @miduki_neko

二度の信号弾で目が覚める。眼帯を外していた右目の瞼に、額から汗が流れていた。机の上のタオルで汗を拭う。空母たちの演習は終わったようだ。 「電、その……」 「キリがいいところで終わらせるので、ちょっと待ってて欲しいのです」 そう言って電はペンを動かす手を早めた。#空を夢見る

2015-07-06 00:15:48
犬井作 @miduki_neko

数分して、電と連れ立って演習場に向かう。長い廊下を歩きながら、時折すれ違う艦娘と会釈を交わす。 「ここも随分と人が増えた」 「もう一年にもなりますからね……はじめの頃が懐かしいのです」 着任した頃の思い出話をしていると、勇み声と静かな声との言い争いが近づいてきた。 #空を夢見る

2015-07-06 00:34:34
犬井作 @miduki_neko

扉を出ると演習場に繋がる渡り廊下に出る。着崩した緑の着物と、青い道衣が目についた。一緒に演習に出た朝潮や吹雪はおろおろしている。 「ちょっと加賀さん! どういうつもりよ!」 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:39:57
犬井作 @miduki_neko

「あなたの手助けをしただけよ。あのままだと赤城さんと翔鶴の烈風とで挟み撃ちだった。旗艦を狙うのは良い発想だけれども、詰めが甘いわね」 「加賀さんの手助けがなくても、すぐに第二次攻撃隊を出せたのに!」 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:40:53
犬井作 @miduki_neko

言い争う二人を困ったように眺める赤城、慌てている翔鶴。居合わせた長門は、また始まったと頭を抱えている。足音を聞きつけた彼女と目が合った。 「提督……どうにかしてくれ」 「えっ、提督さん!?」  長門の声に驚いた瑞鶴は、俺の顔を見るなり口をあんぐりと開けて固まった。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:41:26
犬井作 @miduki_neko

「そんなに驚くことはないだろう。ほら、今日はどうした。話を聞くぞ」  ころころと表情の変わる葛城は見ていて飽きない。着任してまだ日は浅いものの、瑞鶴を目指して日々鍛錬している。最近は一航戦の二人に師事しているらしい。昨日も赤城が、葛城のことを嬉しそうに話していた。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:43:06
犬井作 @miduki_neko

葛城はこちらを見たまま表情を変えない。どうも様子がおかしい。彼女の視線が自分の顔――具体的には右目を凝視していることに気づいた。手で触ってみると、いつもの感触がない。 「そういえば葛城は初めてかしら、眼帯を外した提督を見るのは」 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:44:19
犬井作 @miduki_neko

加賀もこちらを見る。不意に手を伸ばして、私の右目のまぶたを撫でた。 「久しぶりに見たわ。今日はどうしたの」 「加賀、葛城が見ている」 間近に彼女の顔が迫っていた。彼女の瞳に写った私は、随分と情けない表情をしている。隣にいる電はそっぽを向くなり頬を引っ張った。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:45:05
犬井作 @miduki_neko

「いなづま、いふぁい」 「お先に失礼するのです」  手を離すと同時にすたすたと元きた道を引き返していく。止めようとしたが、振り向いた時には扉が閉まった後だった。 「加賀……お前のせいだぞ」 「あら、なんのことかしら」 素知らぬ顔を貫く加賀。まったくこいつは…… #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:46:26
犬井作 @miduki_neko

さて、葛城をどうしようと思い煙草を吸おうとポケットをまさぐると、指に何かが引っかかった。何かと思って引っ張ってみると眼帯だった。去り際に電が入れていったのだろうか、なんにせよありがたい。心の中で相方を拝みながら眼帯をつける。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:46:53
犬井作 @miduki_neko

「おい、そろそろ正気に戻ってくれてもいいんじゃないのか」 「あっ、……その、ごめんなさい」 「葛城さんは初めてでしょうけど、提督が眼帯を外して出歩くのは珍しいことではないのよ。この人、結構おっちょこちょいだから」 「おいおい赤城、そんな言い方はないだろう」 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:47:27
犬井作 @miduki_neko

「あら。新人の子たちの育成の時、私に艦載機を載せ忘れたまま出撃させようとしたのは誰だったかしら?」 「そういうのは言わない約束だろう……」  痛いところを突かれる。翔鶴や、加賀でさえ笑う始末だ。葛城も笑いをこらえようとはしているが、顔が真っ赤になっている。 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:47:54
犬井作 @miduki_neko

「それで、葛城。さっきは……」 「ああいえ、もう大丈夫です。ちょっと意地を張ってただけ。……加賀さん、先ほどは失礼しました。できれば――」 「あとで反省会ね。提督も来ていただけますか?」 「是非。それじゃあ演習の結果報告の後、執務室で少し話そうか」 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:48:58
犬井作 @miduki_neko

「まずはみんなお疲れ様。時間もちょうどいいし、お昼にしようか」 提案すると、随分と待たされた僚艦の子たちが歓声を上げた。 「それじゃあ着替えてきますから、提督は先に行っていてください。できれば……」 「了解。食券、買っておくよ。みんなは何がいい?」 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:49:59
犬井作 @miduki_neko

「し、司令官! 朝潮は……」 「私はあれがいいです! えーっと、なんだっけ、名前が……」  注文を言い終えた子たちがドックに向かうのを見送る。蝉のなく声が随分と大きくなった。季節を感じるようになったのも、そういえば飛べなくなってからだった。 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:50:25
犬井作 @miduki_neko

食堂に向かおうと振り向いて、私は立ち止まった。渡り廊下の欄干の上に「妖精さん」たちが並んでいた。  一糸乱れない敬礼。  身なりを正して、私も敬礼を返す。彼らは満足気に微笑むと、それぞれ手を振って去って行ったり、ラーメンを食べ始めたり、思い思いにくつろぎ始めた。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:51:02
犬井作 @miduki_neko

自分も当初の予定通り、食堂に向かうことにする。彼らが立っていた戦場に一年前まで自分が立っていたことを思うと、蝉の声がやかましくなった気がした。 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-06 23:51:10
犬井作 @miduki_neko

赤城たちと一緒にご飯を食べながら、ついでだからと演習の話を聞く。跡で開く報告会なんて名目上のもので、実際にはこうして直接話を聞くことが多かった。パイロットだった頃から仲間たちとこうすることが多かったから、その習慣が残っているのだろう。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-07 19:15:17
犬井作 @miduki_neko

電は同席していない。先ほどばったり出くわした時、あとで散歩に行こうと誘っておいたが返事がなかった。葛城と艦載機の飛ばす時パイロットはどうしてもらうとやりやすいかを話している時、それがずっと気にかかっていた。やはり先程の加賀の行動がよほど気に障ったのだろうか―― #傷痍軍人鎮守府

2015-07-07 19:24:28
犬井作 @miduki_neko

昼食を終えて、加賀と葛城に執務室に来るよう求める。皆に先立ってトレイを返却棚に戻すと、奥から妖精さんが三人(?)ほどやってきて、えっちらおっちら運び始めた。ここでも「妖精さん」は活躍しているようだ。執務室に向かう途中、演習場の方からまだエンジン音が聞こえてきた。 #傷痍軍人鎮守府

2015-07-07 19:29:03
犬井作 @miduki_neko

聞こえてきた、というにはあまりに微かだった。少し遠回りをして執務室に戻ろうと思ったが、元きた道を引き返して渡り廊下に出る。そこから空を見上げると、迷彩塗装のされた烈風が飛んでいた。数は三。ドッグファイトの訓練のようだった。二対一で追われた一機が機首を直下に向ける。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-07 19:42:37
犬井作 @miduki_neko

エンジン音が高鳴る。急降下した一機は、私が身を預けていた欄干の真横を通って行った。続いて二機が追いかけていく。一人がこちらに敬礼していたのが見えた。逃げていく一機はそのまま欄干の梁をくぐったかと思うとインメルマンターンし、またこちらに突っ込んできた。#傷痍軍人鎮守府

2015-07-07 19:53:47
残りを読む(37)

コメント

犬井作 @miduki_neko 2015年7月6日
まとめを更新しました。2015/07/06更新分です。
0
犬井作 @miduki_neko 2015年7月7日
2015/07/07投稿分を更新しました。 ……SSって難しいです
0
犬井作 @miduki_neko 2015年7月19日
まとめを更新しました。
0
犬井作 @miduki_neko 2015年7月28日
まとめを更新しました。
0
犬井作 @miduki_neko 2015年11月4日
まとめを更新しました。
0