2015年7月9日

【感情よりも理屈】「被害者側にも原因がある」という言葉が好きだ。

「被害者側にも原因がある」という言葉が好きだ。原因があるということは対処できるということで、自己救済の余地があるということである。原因(cause) を否定することは自己救済の望みを絶つということである。自分では何もできない、周囲が対応するまではどうにもならない、を強いるというのはあまりにも残酷すぎる。
3
Localio Projects @LocalioProjects

(1/6) 突然だが私は「被害者側にも原因がある」という言葉が好きだ。原因があるということは(適切なアドバイス)があれば対処できるということで、被害者側の努力で自己救済ができるということだ。

2015-07-09 01:39:40
Localio Projects @LocalioProjects

(2/6) 「君の側には原因が無い。君は圧倒的弱者で自力で結果を変えることはできない。」と言われるよりも「原因は君の側にもある。君の努力で結果を変えることができる。一緒に方法を考えよう。」が圧倒的に優しい。

2015-07-09 01:39:54
Localio Projects @LocalioProjects

(3/6) 第三者が「被害者に原因があるなんてとんでもない」と感情的になって騒いで酔いしれるのは当人の感情的欲求を満たして気持ち良いかもしれないが、それは被害者の自己救済の望みを絶つ行動だ。

2015-07-09 01:40:06
Localio Projects @LocalioProjects

(4/6) 感情では無く理屈で考えよう。被害者側に自己救済の余地があるならばそれを追求し、次の犠牲者が出ないように先にも繋げていこう。結果を変えることが至上目的であることを忘れてはならない。その為には自己救済は除外するべきでは無い。

2015-07-09 01:40:18
Localio Projects @LocalioProjects

(5/6) 私は今は図体が大きいが、昔はもやしっ子だった。不合理には自分でできる限り対処するように育てられたし、必要に応じて大人を頼ったこともあった。「被害者に原因がある」というのは別に被害者を責めているわけではない。原因を分析することによって被害者に希望を与えるものだ。

2015-07-09 01:40:33
Localio Projects @LocalioProjects

(6/6) 「全員があなたのように行動できるわけでは無い」というのは尤もだ。その為に子供時代に経験を得て成人した我々大人がいる。加害者側の排除方法の検討に明け暮れて、被害者側の救済を盲目的に否定することはあってはならない。

2015-07-09 01:40:42

コメント

夢乃 @iamdreamers 2015年7月9日
「被害者側にも原因がある」という言葉は嫌いだ。言葉はいつしか一人歩きし、『被害者が悪い』『加害者は悪くない』とすり変わり、より一層の被害の拡大を招く。この言葉は加害者の行動を擁護し、加害者側の原因追及と対策を疎かにすることになる。被害者側が何か対策をしても、加害者側がそれを上回る速度でエスカレートしていったら、対策も意味をなさない。
17
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2015年7月9日
原因(というか一因)と責任を取り違えちゃいかんのじゃ?
11
Localio Projects @LocalioProjects 2015年7月9日
(一般論として)言葉が独り歩きするのでは無い、独り歩きさせる人がいて、意味をすり替える人達がいる。無くすべきは言葉を歪める人たちであって、歪んでいない言葉の時点で言葉狩りというのは本末転倒。せっかく文字に起こしているのだから書いてないことまで妄想せずに書いてある内容を読んでほしいでありますな。
2
江頭キチジロー @yanagomi 2015年7月9日
エルサに憧れてコスプレするも「エルサは黒人じゃない」と揶揄されたアボリジニの少女の話題を耳にしたが、この方の論理だと「肌を白くするよう努力しろ」という、おぞましい精神論に行き着くのだろう。 ちなみに少女はディズニーのマジックで“ありのままの”肌の色でエルサになることができましたとさ。めでたしめでたし。
1
smw @Shi_MeiWo 2015年7月9日
上でも言われているけど「原因はあっても責任は無い」の一言だわ。たとえば通り魔に刺されたとして、被害者に「君は通り魔に居合わせたね(原因)」とは言えても「だから君も悪い(責任)」なんて言えるものじゃない。通り魔レーダーなる装置が普及していて、被害者がそれを見落としてたというなら別だけど。
6
言葉使い @tennteke 2015年7月9日
加害者に対しては、現代社会で文明人に「欲望を抑制できる人」という一要素があって、「どれだけ腹が立ってもむかついても、殴っちゃだめでしょ」は、ある。逆もあって、警察的には「殴られたからといって殴り返しちゃだめでしょ」がある。実力行使ではなく知恵による回避が文明人。
2
かえでこ @KaedekoSakura 2015年7月9日
でもまぁ、キー挿してエンジン掛けたままの車を盗まれるとか、自転車に鍵かけずにコンビニで買い物したら盗られたとか、そういうのは「君にも改善の余地がある」事例である。
0
ドンドコ @n0yujin 2015年7月9日
そりゃ「お前にも原因がある」って言葉が救済に使われないからな
0
かえでこ @KaedekoSakura 2015年7月9日
エルサの話。被害は「揶揄(差別)されたこと」事。これは、ここで述べられている「自己救済の余地がある」事例と言えるだろうか?(自己救済の余地がある事例は良いね、改善できるからという話に読めるんだけど、それは私だけ?)
0
Localio Projects @LocalioProjects 2015年7月9日
原典を重視するのであれば仮に白人であってもエルサの要件を満たさないことはさておき、「ディズニーのアドバイス」で「ありのままの自分」で良いと自己認識を変えた結果「今回も」「これからも」批判を跳ね除ける力をつけたのではないでしょうか。そこに本人の意思と努力が無いと考えるのはあまりにも失礼でしょう。
0
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年7月9日
原因があるかどうかと落ち度があるかどうかは別だから、「原因はあっても責任は無い」と「原因があるから責任がある」はケースバイケース。だからきちんと原因を考えることが大事。という話じゃないの。例えばかわいい男の子がエルサのコスプレしたらもてはやされて、汚いおっさんがエルサのコスプレしたら非難囂々とか。
1
m.i. @L_z_m_i 2015年7月9日
「被害者側にも原因がある」に傾倒して「加害者側の排除方法の検討」が疎かにされるようなことがあってはならない。
1