もしかしたら凍結騒ぎに巻き込まれずに済むかもしれない、Twitterアカウントの設定に関して

主に http://togetter.com/li/847273 こちらに端を発した内容です。 凍結の原因に関してはあくまで推測なので「これで絶対防げる」というわけではありませんが、設定を日本国内にしておくことに特にデメリットやリスクはないと思いますので、一度設定を見直されてはいかがでしょうか。
Twitter アカウント凍結 ロシア タイムゾーン イルクーツク 設定
S_Hodumi 76459view 50コメント
195

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:27:34
    ロシアの連邦法絡みでTwitterに投稿した内容に対して警告を受けた人が居るようです。また、理由は公開されていませんが、いわゆる美少女キャラクター等のイラストを描いていた方がアカウント凍結を実際にされた、という話も聞こえています。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:28:57
    本来であればTwitterはアメリカの会社ですので、日本のユーザーが縛られるとしてもアメリカ及び日本の法律だけになる筈で、「なぜロシア」と疑問に感じられる方も多いのではないかと思います。というか、私も疑問です。 ただ、もしかしたら「これが原因かも」と思い当たる節もあります。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:32:09
    Twitterでは普通に使っている限り、ユーザーの住所を登録することはないと思います。 ですが、自動的にユーザーの「タイムゾーン」の設定はされています。タイムゾーンというのはいわゆる「時差」で、日本ではGMT+09:00(グリニッジ標準時より9時間前)になっています。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:33:44
    ちょっとだけ補足しますと、時差については、最近はGMTよりも一般的には協定世界時(UTC)を使うことが多いのですが、Twitterの表記ではGMTを使用しているのでそちらにしました。基本的に同じものと思っていただいて大丈夫です。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:35:15
    さて、このGMT+09:00の設定が曲者です。 Twitterの設定画面には、GMT+09:00に該当する都市(エリア)が複数あります。具体的にはIrkutsk(イルクーツク)、Seoul(ソウル)、Osaka(大阪)、Sapporo(札幌)、Tokyo(東京)です。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:38:05
    厳密に検証したわけではないのですが、Twitterはアカウント登録時に、ユーザーのPCの時刻を確認し、そこから時差を割り出してタイムゾーンを設定してくれているようです。 が、時差では都市名までは判断できず、標準では(GMT+09:00) Irkutsk に設定されます。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:53:03
    Irkutsk(イルクーツク)はロシアの都市なので、もしかしたらタイムゾーンをIrkutskに設定しているために、Twitter側からロシアの法律に準拠やチェックを受けているのではないか、という可能性が考えられるのです。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:47:10
    具体的な確認方法については、Twitter公式HPにまずアクセスし、画面右上の自分のアイコンのボタンを押します。(画像参照) pic.twitter.com/NTBizN1ffK
     拡大
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:48:01
    次に、出てきたメニューの「設定」をクリックしてユーザー設定のページに移動します。 pic.twitter.com/lsHkiDWaP5
     拡大
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:50:03
    赤枠で囲ったところがタイムゾーンの設定です。 ここが「(GMT+09:00) Irkutsk」になっていませんか? もしそうなら、日本圏内である「(GMT+09:00)」のTokyoやOsaka、Sapporoに変更します。 pic.twitter.com/UJ1k4mXqED
     拡大
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:50:58
    最後に、ページ一番下の「変更を保存」を押し、パスワードを入力すれば設定を更新できます。(変更を保存しないと消えてしまいます) pic.twitter.com/YzEUisHmhb
     拡大
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:54:42
    これはあくまで私自身の憶測ですが、実際にロシア法に基づく警告を受けた方で、設定がIrkutskになっていた方がいらっしゃるようなので、その可能性は否定できないのではないか、と考えています。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:56:46
    というのも、Twitterは性質上、Twitter側では「どこから投稿されたか判定できない」ことがあります。 たとえば、日本国内のTwitterと連携するサイト(Togetter等)に海外からアクセスしてツイートしたら、Twitter側には日本国内からのツイートに見えるからです。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 16:57:58
    ですので、Twitterの運営が、ユーザーがどこから投稿しているかを判断するのに、タイムゾーンの設定を用いている可能性はある、と思うのです。 言語だと日本語は兎も角、英語など複数の国で使われているものもありますし。
  • 斉藤ほづみ @S_Hodumi 2015-07-15 17:00:18
    そういうわけで、今回のアカウント凍結に関して、あくまで私の推測と状況証拠によるものですが、タイムゾーンの設定が関係している可能性は考えられると思います。 タイムゾーンを日本国内に設定して特に困ることはないので、この際に変更しておけばリスクが下がるのでは?という提案でした。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「インターネット」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする