英BBC特派員、安保法制の衆院可決を「大戦後初めて海外で戦闘に加わる日本」と表現(個人訳・公式訳+所感)

深夜になってから音声起こしをして超ラフに翻訳していたら、朝になってBBCジャパンの公式アカウントが連投のみしていたことを知り、ならばと両方併記してまとめることにしました。尚、私のツイート版はあくまでツイート用簡略版です。※BBCジャパン承諾済みです。 元記事 http://www.bbc.com/news/world-asia-33546379 まとめ http://matome.naver.jp/m/odai/2143702800257801801 個人訳 http://in-the-eyes-of-etranger.blogspot.jp/2015/07/bbc.html
歴史修正主義 憲法九条 日本国憲法 海外報道 戦後レジーム 安保法制 SEALDs 自衛隊海外派遣 山口二郎 戦闘参加
25
リンク BBC News Japanese troops set to fight overseas for first time since World War Two - BBC News Japan's military looks set to expand its remit, after new security laws were approved by a parliamentary committee.
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
英BBC、安保法制の衆院可決を「大戦後初めて海外で戦闘に加わる日本」と表現(動画起こし)※英語版 in-the-eyes-of-etranger.blogspot.com/2015/07/bbc.ht… 友人の国際NGO幹部が「君たちにひじょうにパワフルな援護射撃をしてくれたね!」という記事、まずは音声起こしました。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
↓この記事についてBBCヘイズ特派員本人に書き起こしについての事後承諾と、翻訳の事前承諾を直し接申し出ておきました。許諾してくれるかなあ。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
英BBC特派員、安保法制の衆院可決を「大戦後初めて海外で戦闘に加わる日本」と表現(動画起こし)英日併記 in-the-eyes-of-etranger.blogspot.com/2015/07/bbc.ht… できました!
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
二次大戦後初めて海外で戦闘に加わる日本の自衛隊 Japanese troops set to fight overseas for first time since WWII ルパート・ウィングフィールド・ヘイズBBC東京特派員 pic.twitter.com/DkVIqkOJ1u
拡大

※とくに修正ツイート等はしませんが、BBC公式アカウント様のご指摘で、記者の姓は「ウィングフィールド=ヘイズ」と表記されることを知りました。まとめタイトルとブログ版には修正を反映しました。

まずは、個人訳から
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
1.東京は長く、暑い、「政治の夏」を迎えようとしています。街中は、安倍首相とその政府に対する怒りに充ち満ちています。日本では近年最大級のデモがいま起きています。今夜、この向こう側には、1万から2万人の人びとが集まっています。 pic.twitter.com/pmPB1v8dhj
拡大
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
2. 彼らは毎晩ここに来ているんです。なぜここに来るかというと、あの国会の中で、つい先ほど、委員会で新しい法律が可決されたからなんです。この法律により、日本の自衛隊は第二次大戦後初めて、海外で戦闘任務に就くことになります。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
3. 国会議事堂の中でも、反対派の議員らが採決を阻止しようと、 熱い戦いが繰り広げられています。日本ではひじょうに希な光景です。 国会の外では、この新安保法制を違憲だと宣言した、 9000人の学者のうちの一人が演説しています。 pic.twitter.com/pGilga3gh9
拡大
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
4. 「安倍首相は法律を作ることで憲法を変えようとしています。 これは憲法解釈の否定です。日本の自由民主主義は戦後最も深刻な危機に瀕しているといえるでしょう。」 国会で参考人陳述を行った法政大学の山口二郎教授 pic.twitter.com/81djNRoM4r
拡大
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
5. 従来は無関心で政治に興味がないとされていた日本の若者たちも、急に目覚めたようです。 pic.twitter.com/tlQioU4esI
拡大
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
6. ――最も怒りを感じているのは、新法制についてですか?それとも安倍首相に対してですか?
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
7. 「新安保法制と安倍首相の両方に怒りを感じています。新安保法制は、憲法九条に違反しています。安倍首相は憲法のことをも、憲法解釈も理解していません。だから、日本の民主主義は危険な状態にあります。」元山仁士郎さん(学生) pic.twitter.com/v0AptOoPa4
拡大
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
8. 安倍氏は木曜の本会議採決では負けることはありません。しかし、これから日本の未来を賭けた長い戦いが始まるのかもしれません。 pic.twitter.com/WShkynwWsy
拡大
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
9. デモに参加する人たちは、たんに日本の若い青年が再び海外で戦闘することを止めるために、ここにいるのではありません。 これは日本国憲法とは何か、という戦いなのです。 pic.twitter.com/gqcCnqSiFD
拡大
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
10. 彼らは、日本国憲法はアメリカから与えられた大切な宝だと思っていますが、国会の中にいる安倍首相やその周囲の人間は、アメリカの占領軍によって日本に押しつけられた屈辱であり、最終的には廃止してしまいたいと考えているからです。 ルパート・ヘイズBBC東京特派員
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
以上。これでもやや好意的な翻訳でした。 いやしかしヘイズ記者、ズバズバと言ってくれますね。 最後の「アメリカから与えられた宝物」ってのは、ちょっとカチンときましたが、まあ忠実に訳しました。それにしても最後の一言が一番すごいですね。うわー、言っちゃったよ、という感じでした。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
「大戦後初めて海外で戦闘する権利を獲得した日本の自衛隊」と。タイムズもBBCと似た切り口か。 twitter.com/thetimes/statu…
💫T.Katsumi @tkatsumi06j
@hannibal9111: 国会前6万人デモだけじゃなかった!最近「BBCが報じるのにNHKが放送しない日本の出来事」が多かった - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/214370280…” なーんだ、こうやって日本語で報じてたのかー。
リンク matome.naver.jp 国会前6万人デモだけじゃなかった!最近「BBCが報じるのにNHKが放送しない日本の出来事」が多かった - NAVER まとめ 安保法制に抗議する約6万人のデモが国会議事堂前を取り囲んだ15日、NHKは国会中継を見合わせたばかりか、この話題をほとんど報じることがなかった。このことに国民か…
というわけで、公式訳も(やっぱり丁寧)
リンク BBC News Japanese troops set to fight overseas for first time since World War Two - BBC News Japan's military looks set to expand its remit, after new security laws were approved by a parliamentary committee.
BBC News Japan @bbcnewsjapan
安保関連法案が昨日、衆院特別委で可決された後の、東京特派員リポート(bbc.com/news/world-asi… )を、検討の結果、ビデオに字幕をつけるのではなく、こちらツイッターで英語音声の全訳を連投します。少しの間うるさくしますがすみません。→
残りを読む(19)

コメント

八代泰太 @clockrock4193 2015年7月17日
取り敢えず、このヘイズ記者が法案について調べてないことはわかった。集団的自衛権を進めて同盟国との連携を強めようって法律で、なんで戦後レジームからの脱却が絡むんだか。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月17日
BBCジャパン様の指摘を受けまとめタイトル及びブログを修正しました。
円ラグ師匠と弟子のラグ太郎 @enragutarou 2015年7月17日
で、イギリスの立場は賛成ですか?反対ですか?
ひろっぺ@内調的手洗い&うがい勢力 @hiroppe3rd 2015年7月17日
--などと国会前の人達は叫んでいます っていう海外の報道ですね。で?
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
clockrock4193 集団的自衛権の行使容認は違憲であるという憲法学者の見解が揃う中で閣議決定し法制化を進めるのは憲法の順守義務の放棄であり、よって憲法が認める範囲の自衛を越える武力行使の容認は戦後レジームへの挑戦である、という論理的整理になる。
八代泰太 @clockrock4193 2015年7月18日
tkatsumi06j はぁ……その憲法学者の大半は、少し前まで内閣法制局が合憲としていた自衛隊すら違憲だと主張していたのに、条文も解釈も変わらないまま、最近になって個別的自衛権は合憲だと掌返ししてるんですが。彼らの言う事がどれ程信用できるんですかね?
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
clockrock4193 自衛隊の合憲性の判断を行った最高裁判決は存在しない。したがって自衛隊の違憲性は依然議論の余地のある問題。一方で国家固有の自衛権についてはこれを認めた判決が存在する。自衛隊は自衛権行使を行使する手段ではあるが、その規模・兵力は憲法が禁じる「戦力」に値するかは議論の余地があるという整理である。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
clockrock4193 政府が一時、集団的自衛権が合憲であるという根拠として撤回した所謂「砂川判決」は1950年代の憲法理解で個別的自衛権の解釈を論じたもので、その一環として安保条約に基づく米軍駐留を合憲てして認めたものでしかない。その主旨は在日米軍が日本が統帥権を持つ「戦力」ではないから、という整理になっている。
八代泰太 @clockrock4193 2015年7月18日
tkatsumi06j 自衛隊が憲法で保持を禁じている「戦力」に当たらないとすれば、その活動に制限をかける必要も無いですね。第一項を遂行するための戦力ではなく、憲法上の規定もない存在なのですから。それとも制限をかけるために「自衛隊は憲法で規定している戦力だ」とでも主張しますか?
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
clockrock4193 自衛隊が憲法が規定する「戦力」に値するかは依然として議論の余地がある。一方で我が国固有の実力組織であることは事実。したがって憲法が規定する「国際紛争を解決する手段」としての戦争及び武力行使はこの実力組織に対しては認められないという整理になる。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
「翻訳後記」を追加して更新しました。
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
日本を戦争の惨禍から守ってきた「宝」が日本国憲法なのである。→で、竹島と韓国に殺された漁師を何故その宝は守ってくれなかったの?戦後70年の平和を語る連中がこぞって竹島を無視しているのは何故ですか?竹島侵略を何故九条は守ってくれなかった?日本人が竹島から追いやられて、李承晩ラインによって漁師が殺され、海保が銃撃を受けている時その宝は何をやっていたのか?説明願います?
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
何が幣原の想いだ。幣原はな同僚議員に戦争放棄条項について聞かれて「軍備は一切廃止するべき」だの「世界政府や世界同盟が必要」だのと夢想をたれた挙句、「戦争放棄した国を侵略するなんて第三者が許す分けないドヤ」と語ってるんだよ。こんなアホな想いあるか。そんなものは捨ておけ。しかもそんなドヤ顔した翌年韓国によって竹島が侵略されてるんだから笑うに笑えないわ。幣原は竹島侵略前年に死んでるからお気楽なもんだよ
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 歴代内閣の憲法解釈の【運用】は適正であると同時に過剰である面もあった。その解釈に基づき武器使用に必要以上の制限を設けた結果、武力行使に至らないレベルでのいわゆるグレーゾーン事態において日本の海上警備体制は後塵を拝した。憲法は戦争行為としての武力行使を禁じているのであって、これは武器使用権限の適正な運用を図れば解決する。憲法解釈そのものに問題があった訳ではない。したがって運用を変えればよい話であって武力行使そのものを抑制した憲法の効果は否定されない。
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j はいはい。長い言い訳ご苦労様です。で、「日本を戦争の惨禍から守ってきた宝は竹島が侵略されて漁師が殺され海保が銃撃を受けている時に何をしていたんですか?」竹島は惨禍から守ってくれなかったんですか?というか「惨禍から守ってきた」って嘘ってことですよね。少なくとも領土の一部を奪われて韓国に日本人殺されてるんですから
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j吉田茂も幣原も当初徹底した非武装義者で「全ての戦争は自衛という言葉から始まる」をモットーに武力による自衛行為そのものを否定していた。それを世界情勢の変化と共に解釈を変更させたんだよ。「武器使用権限そのものも解釈変更したからこそ生まれた概念だろう。解釈改憲を認めるのか認めないのか筋を1本通したらどうなんだ?憲法原理主義に立つなら、自衛隊も解散させるよう主張しろ。あと「戦争の惨禍から守ってきた」という一文を訂正しろ。「ただし竹島は侵略されました」ってな。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 「戦争の惨禍」はあくまで「戦争の惨禍」でありそれ以外の小規模な実力行使を含むものではない。竹島に対して行われたことが実際に「侵略」を構成する武力行使であると判定でき得るものであれば、日本政府は早期にICC国際刑事裁判所が侵略犯罪を管轄とすることを認める改正条項に批准するべきだ。できることがあるのにやっていない。それでいて武力に頼るというのは、軍事力を最後の砦とすべき政治の怠慢である。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 一般の武器使用権限に関する議論がいつ頃出ていたのか細目は承知していないが、少なくとも自分にとっては2008年頃からの持論であり、これは安保法制特別委員会で参考人陳述を行った東京外国語大学の伊勢崎賢治教授もそれ以前から繰り返し主張していたことだ。解釈改憲が決まってポッと出た議論ではない。したがって解釈改憲は認めない。後の駄文にはついては答える必要を認めない。
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j 小規模だったのはやり返さずに「されるがまま侵略されたから」だろう?それが平和だというのなら平和だろうさ。侵略されても殺されても戦争ではない。それは「一方的な侵略であり殺戮」なんだから。それをあなたは平和だと呼ぶんでしょ?九条様が守ってくれた平和なんでしょ?素晴らしいな。素晴らし過ぎて領土を一方的に奪われました(笑)九条様が国を守ってくれるっていうなら九条片手に竹島に話し合いに行ってくださいよ。なぁ?
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j それとお前質問に答えてないけど、竹島侵略されて日本人が殺されてる時お前のだーいすきな憲法様は何をしていたの??ほら質問に答えろ。侵略という惨禍から何故守ってくれなかったの?憲法は「戦争」からは守ってくれるけど、侵略と虐殺からは守ってくれないってことなの?ねぇ、ねぇ答えてよ。どうして守ってくれなかったの?
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j 「それでいて武力に頼るというのは、軍事力を最後の砦とすべき政治の怠慢である」→意味不明。実際武力に頼ったのは韓国であり日本はまともに迎撃もできなかった。海保が何とか応戦したものの当時の海保では韓国には打つ手はなかった。「武力に頼るな。裁判所に訴えろ」っていうのはむしろ韓国に言ってやるべきことだろ。一方的に侵略、一方的に日本人を殺された日本に言うべきセリフか?そもそも侵略されかかったのなら武力で迎撃するのは当然のことであり怠慢とはなんだそれ。
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
一方的に日本の領土が奪われ!日本人が殺されたけど!反撃できずに一方的にやられただけなので「戦争の惨禍」には含まないwwwなんだその理屈。領土奪われたのに小規模だからOK?日本人殺されたけど数人死んだだけで数十人のけが人だけかだからOKってかwwなら尖閣諸島を中国に奪われても抵抗しなければ「戦争の惨禍」にはならないからOKで北海道をロシアに取られても抵抗しなければいいわけだ。どんな服従無抵抗主義だwwwよくもまぁそんなクソみたいな憲法とクソみたいな主義主張を恥ずかしげもなく言えるよな
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 1952年の事件当時は自衛隊すら保有すらしていないのだから、当時は相応の防衛力を発揮できなかったとしても致し方のないことだ。一方で1955年以降は自衛隊が存在するのだから、個別的自衛権の適切な運用がなされ適正な武器運用が確立されていれば相応の抑止力を発揮して阻止できただろう。繰り返すが「武器使用権限の適正な運用を図れば解決する」。そしてその為に法改正は必要ない。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 1955年の自衛隊発足以降であれば、それは個別的自衛権に伴う武器使用権限の運用が適正でなく、過剰に武器使用を抑制しようとした当時の政府の失策である。専守防衛は元々どこの軍隊も援用している概念で日本固有のものではない。しかし歴代政権はその運用を誤ってきた。現存するリスクに対して必要な防衛力の想定が甘かったのだ。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 国際刑事裁判所が発足したのは2002年で日本が加盟したのは2007年。侵略犯罪が管轄犯罪として確立されたのは2010年なので当時のことを裁判所に訴えろという了見ではない。かつて本当に「侵略」された認識があるのならばその防備として侵略犯罪の改正条項に批准すべきなのにしていないという論理だ。それを政府が行っていないことが何を物語っているかは想像にお任せする。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 「戦争」は戦時国際法により統制される。たとえ日本人が殺され、反撃もしなかったとしてもそれは時の政府の選択であり責任。少なくとも刑事事件ではあるのだから国際刑事警察機構ICPO等を通じて追求できた筈。それをしなかったのは時の政府の問題であり、怒るべきは当時の政府の対応であり「憲法」ではない。1957年時点で自衛の権利は認められていたのだから後は適正に行使する運用を行っていればよかった。
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j で、憲法様は何をしてくれたの?自衛隊はなくても憲法九条はあったぞ。九条様は守ってくださらなかったの?ついでに言うなら当初の政府解釈によれば自衛隊だって完全な違憲で認められるはずもなかったが、後の日米の政治方針の転換によって生み出された産物だ。それを容認するのって完全なダブスタだよなぁ(笑)
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j まーた論点ずらし逃げてるよ。日米政府の対応に問題があることと、憲法が竹島を守ったかどうかは別問題の話。憲法は国土を守れなかった。日本人を守れなかった。だから君は正しく言わなければいけない「憲法九条のおかげで日本は戦争に直接的には参加しなくて済んだ。しかし正しく自衛権を行使できなかったために日本人を殺され一方的に領土を奪われた」ってな。何が「惨禍から守ってきた宝」だよ。竹島について無視するんじゃないよ
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
教えてあげるよ。君は憲法を宝だといった時、竹島のことなんてみじんも頭になかったんだ。竹島が侵略されたことなんて思い出しもしなかったんだ。日本人が殺された事も、海保が銃撃を受けたことも綺麗さっぱり失念していたんだ。いや「知らなかった」のかもしれないな。だから「惨禍から守ってくれた宝」とか言ったんだろ?竹島のことを少しでも念頭にあれば決して出てこない言葉を、お前は言ったんだよ。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 憲法に認められる自衛の権利を行使する実力組織として自衛隊の存在が法的に許容され、そして敵地攻撃能力を与えないことが、憲法でいう戦争遂行能力即ち「戦力」であることの指摘を免れきたこと――自分はこれを否定しない。原理的に憲法を解釈すれば、確かに陸海空の各部隊を持つ自衛隊を発足させること自体が違憲行為だっただろう。まして、それは米側の要求で行われたのだから。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 「憲法九条のおかげで日本は戦争に直接的には参加しなくて済んだ。しかし正しく自衛権を行使できなかったために日本人を殺され一方的に領土を奪われた」ってな。」この文には一語一句反論すべき点が無いが、当然ながらそれは「正しく自衛権を行使できなかった」主体となるのが国防を担っている政府だったから、であると解釈するがそれでよいのか。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 「戦争の惨禍」という言葉を厳密に解釈している。国際刑事司法を実地で学んできた立場としては、もし竹島に対して行われたことが本当に「侵略」だとすれば、それは「侵略」として相応の対応をすべきだし、当時法制・体制上の理由でそれができなかったとしても、それができるようになった時点(即ち自衛権が最高裁に認められた時点)で運用にこれを反映すべきだった。それをしてこなかった歴代政府の政策が責められるべきであって憲法の問題ではない。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
2000年から政府にICC国際刑事裁判所への早期加盟を働きかけ続け、2007年にやっと加盟が実現した。ICCは政府が適切に運用すれば対北朝鮮、将来の侵略に対する抑止力として機能する。竹島のことが念頭にあった。とくに2010年に侵略犯罪が管轄犯罪として合意されたのは画期的なことだった。だが日本は未だにこの改正条項に批准していない。過去に侵略を受けたのが事実であれば不可解な判断である。
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j つまり憲法は竹島侵略という惨禍から守ってくれなかったってことじゃないか。何「宝」とか言ってるの?嘘ついたの?どういうことなの?ついでに言うと竹島侵略された時日本は主権がなかったので厳密に言うなら日本の国防を担当していたのはアメリカと言ってもいいけれどね?
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
tkatsumi06j 日本政府の対応の後手と「憲法は日本を惨禍から守ったか否か」は別問題だということを理解せずにいつまでも論点ずらしご苦労様だね。日本政府の対応が後手後手であろうと韓国が一方的に侵略し日本人を殺したのは事実であり、憲法はクソの役にも立たなかったという事実は消して消えない。ねぇ教えて。その宝は何故竹島を守ってくれなかったのか。その惨禍に何故竹島の悲劇を含めなかったのか。日本人が殺されて領土を奪われたのは惨禍じゃないのか。何人殺されたら惨禍になるんだい?
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku そちらもお勤めご苦労だった。
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月18日
少なくとも憲法は侵略行為から守ってはくれないことを歴史は証明しているということをお前は認めたんだな。では「戦争の惨禍から守ってくれた宝」とはどういう意味なのか。守れてないじゃん。自分では「守れませんでした」って認めてるじゃん。なら発言撤回しろよ。宝は何も守ってはくれませんでしたって。しかも最終的な責任が政府であるならば、お前の言う「戦争の惨禍から守ってきた」のは時の政府ではないのか。少なくとも憲法ではないだろww
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月18日
sakuratokiku 時の政府は100%正しい訳でも間違っている訳でもない。憲法の運用にあたっては、適正な運用もあればそうでない運用もあった。つまり政策レベルでは自衛隊を「戦力」とたらしめないよう配慮してきた。予算を限定し、海外派遣もイラク派遣までは厳格に運用してきた。しかし実務レベルでは過剰なまでな武器使用抑制を運用し続けた。PKOでもだ。今回の安保法制はこの政策レベルと実務レベルをそれぞれ別次元に解放する政策だ。しかし実際は運用レベルさえ解放すれば事足りるという議論である。以上
s.j. @uo_kawa 2015年7月18日
現行憲法下での集団的自衛権は、外国領域内での武力行使が制限されている(樋口恒晴著「平和」という病)のであって、それ以外は行使できます。又、9条を字義通りに解釈したとしても、集団的自衛権の行使そのものを禁止にはできません。何故なら、軍隊を持たないアイスランドですら集団的自衛権を行使できるからです。この憲法解釈は、林修三法制局長官時代の物に依っています。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月19日
uo_kawa 実務では、歴代の内閣法制局は国内領域であっても集団的自衛権の行使は憲法が許容する自衛の範囲を越えるとして認めずこれを歴代内閣は法制に反映してきた。憲法解釈に関する学閥のようなものがせめぎ合い現在の支配的な解釈が実務に運用されてきたと理解する。続く
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月19日
uo_kawa 続き。安倍内閣で安保法制懇が設置されまず検討されたのが、北朝鮮から米国に向けて発射された大陸間弾道ミサイルが領空を通過する時点で迎撃してよいかという問題だった。この問題とセットで、敵地攻撃能力や先制的自衛が議論されるようになり、結果的にどれも可能となってしまったのが拡大された集団的自衛権を運用する現在の安保法制ではないのか。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月19日
uo_kawa 結び。確かに国内での運用に限定された集団的自衛権は合憲であるという主張は憲法界に存在し少なからずの支持があり学閥を形成するまでに至っているのかもしれない。そして歴代政権はこれを無視してきたかもしれない。しかしそれは政策レベルでは、我が国を戦争に巻き込まないための極めて良識ある選択だったのではないかと考える。以上
天気模様 @sakuratokiku 2015年7月19日
tkatsumi06j 言い訳をずっと並べてるけれど結局「憲法は侵略を阻止できずに日本人を殺され反撃もできませんでした。何故なら反撃できる能力がなかったからです」という事実は変えられないわけで、憲法原理主義者が言う「憲法のおかげで70年間平和だった」という意見は大嘘もいいところだという事実は認めるわけですね?侵略されて第三国に日本人殺されてるのに平和もクソもないですもんね?
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月19日
アイスランド共和国が基地を提供したことを以て、集団的自衛権を行使したと言い切ってしまうのはいかがなものか。自衛権を行使した場合には国連憲章第51条により安保理への報告義務が生じるが、同国がこの報告を行なったという記録はない。従って、集団的自衛権を行使したと言ってしまうことはただちに国連憲章違反という中傷につながる。
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月19日
また、ベトナム戦争に際しては日本も米国に基地を提供したけれども、自衛権を行使したいう報告を安保理に行なってはいない。アイスランドの事例が集団的自衛権の行使だったと言えば、アイスランドのみならず日本も過去に国連憲章違反を犯していたことになってしまう。
s.j. @uo_kawa 2015年7月19日
tkatsumi06j 「歴代の内閣法制局は国内領域であっても集団的自衛権の行使は憲法が許容する自衛の範囲を越えるとして認めずこれを歴代内閣は法制に反映してきた。」これは間違いです。鳩山~池田政権の林修三内閣法制局長官は限定行使を合憲と解釈していました。この解釈を変更したのは、佐藤政権の高辻正己長官です。しかもこの時の解釈改憲は、安倍政権のような閣議決定すらされずに行われました。
s.j. @uo_kawa 2015年7月19日
外国軍への基地提供が集団的自衛権の行使に該当する事は、旧日米安保条約を読めば明らかです。また、アイスランドの米軍等への基地供与が集団的自衛権の行使に該当しないのならば、アイスランドは軍隊を持っていないのにどうやってNATO加盟国の義務である集団的自衛権の行使を果たしたのでしょうか。これについては、北大西洋条約第五条を参照。
s.j. @uo_kawa 2015年7月19日
そして、自衛権といっても「一般国際法上の自衛権」と「国連憲章上の自衛権」とでは意味が違います。前者は国連への報告義務はないですが、後者にはあります。また、自衛権の発動要件も異なります。国連憲章上では「武力行使」の発生が必要ですが、一般国際法上では「急迫不正の侵害」或は「武力攻撃に至らない武力行使」でも十分となります。両者を混同しないように気を付けましょう。
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月19日
私の理解するところでは、旧安保条約の前文にはまず3つほどの権利が羅列されていて、「これらの権利の行使として、日本国は、」云々、と受けています。集団的自衛権はこのうちの3番目に過ぎず、行使されているか否かは明らかではありません。ま、これも産経あたりが仕出かしそうな恣意的解釈のひとつですな。 uo_kawa 外国軍への基地提供が集団的自衛権の行使に該当する事は、旧日米安保条約を読めば明らかです。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月19日
uo_kawa 「~閣議決定すらされずに行われました。」ここがまさにポイントです。閣議決定を行わなければ内閣は閣法を作って法制に反映できません。もし、法改正を行わずに閣議決定すらなしで個別的自衛権を実際に「運用」したのならば行政権の濫用として問題です。実際、その解釈改憲に基づく法改正と運用はなされたのでしょうか?なされていたら、その後に再び法改正があって現在の(解釈改憲閣議決定前)の体制にあるという整理になりますが、どうなんでしょう?
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月19日
uo_kawa 失礼。「個別的自衛権」ではなく「集団的自衛権」でした。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月19日
uo_kawa いずれにせよ、ポイントは集団的自衛権の「限定行使」を合憲と解釈していた「鳩山~池田政権」がそれをどう法制に反映していたかです。政府公式見解であれば、政府の見解は閣議を経て法制に反映されている筈です。そして、それを佐藤政権が閣議決定もなしに解釈変更したとのこと。であるならば、過去の法制はそのまま生きている筈です。そうなると、集団的自衛権の行使が容認されている体制をずっと引き継いでいることになる。すると、安倍政権の行った解釈改憲は必要ないという整理になってしまうんです。
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月19日
いや、鳩山、岸、池田の歴代内閣がそんな解釈をしていたという事実がそもそもないでしょう。 tkatsumi06j ポイントは集団的自衛権の「限定行使」を合憲と解釈していた「鳩山~池田政権」が
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月19日
おっと、石橋湛山を抜かした。これは不覚でした。
oguogu @oguogu1208 2015年7月19日
どんなにレトリックを重ねても憲法9条があるのに竹島は奪われ、日本人が殺されたという現実は変わらない。 それから私は自衛隊は憲法違反だと思っている。だからこそ憲法を改正して自衛隊を憲法で認めるべきだとも。昔は、こういう事を言うと極右と言われたんだけれど、今は普通の保守派の範囲かな?
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
knakatani はい、たどり着くのはそこです。内閣の憲法解釈は法制に反映されてこそ実態のあるものとなる。歴代の憲法解釈の実務運用の実態は、「集団的自衛権の行使は容認されない」というものだった。でなければ、解釈改憲も自衛隊法改正もそもそも必要なくなってしまいますからね。
s.j. @uo_kawa 2015年7月20日
knakatani 細谷雄一慶大教授のブログhttp://blog.livedoor.jp/hosoyayuichi/archives/1904626.html また、集団的自衛権を認める岸さんの答弁なら、阪田雅裕元法制局長官が書いた「政府の憲法解釈」という本にも引用されていますよ・・・。
s.j. @uo_kawa 2015年7月20日
tkatsumi06j 林修三元長官「基地を貸すとか、あるいは経済的の援助をするとかいうことを、……集団的自衛権という言葉で説明するならば説明してもよろしい」(1960年4月20日、衆議院安全保障委員会) http://blog.livedoor.jp/hosoyayuichi/archives/1904626.html
殻付牡蠣 @rareboiled 2015年7月20日
お花畑は良いから、憲法が国民の自衛権を邪魔するならそれそのものが無効だろってことだろ。 国家とは国民守ってナンボ、守れないならそれは無視(限定的)するしかない。 そのための統治行為論だと思うけどね、司法にも判断できるものと判断できないものがある。 司法とは、国民の信託受けてないんだから、信託受けた人間に国家を左右させる判断任せるのは当たり前。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa それ、どう考えてもとってつけたような説明にしか聞こえませんよね。相当文言が曖昧で、政府が当初から基地供与=集団的自衛権の行使として捉え、政策として基地供与を実施している、という説明にはなっていません。私がその時議員秘書だったら、そこを追求する質問趣意書を作成しています。
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月20日
rareboiled たとえば、きみのいう「国家」と私がいう「国家」が完全に一致するワケはないけれども、その最低限の共通性を担保するのは立憲主義である。もしもきみが立憲主義どうでもいいという立場であれば、他人に通用するような「国家」あるいは「日本」の定義を見つけ出すところから作業をやり直さなければならない。
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月20日
もし安倍政権が立憲主義を尊重するならば安倍政権と呼ぶのが正しいが、立憲主義を蔑ろにするのであれば私党に過ぎない。本来ならば公安警察の監視下に置くべき組織だ、ということになる。
🌸 中谷康一 Koichi Nakatani @knakatani 2015年7月20日
南野森教授 (内山奈月と共著を出した人) の記事に沿って解釈すると、細谷雄一教授のブログは去年の産経デマと同じ題材を焼き直したものに過ぎないようですね。 uo_kawa 細谷雄一慶大教授のブログ http://blog.livedoor.jp/hosoyayuichi/archives/1904626.html
tstyu @delusuzarla 2015年7月20日
ドワンゴが企画した「BBCが見た日韓問題」みたいな奴。これ日本にとって相当悲惨な内容になりそうな予感。仮にそうなったら、かの国が狂喜して世界にばら撒くであろう、なにしろ「日本人達が企画して冷静で権威ある第三者に分析させた結果」なのだから。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa ご提示の細谷雄一博士ブログの元となっている7/6付USJI論文(英文)を拝読しました。林修三法制局長官の国会答弁に対する細谷博士の認識は、先に指摘した通り、やはり後出しで「基地供与」や「経済支援」が集団的自衛権として解されるとしている風にしか捉えられませんでした。これは感覚としてではなく、実務・手続き上の問題です。続
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa もし、他の方との議論の中にあるように旧安保条約では「基地供与」が集団的自衛権の行使として認識され、それが現安保条約ではこれを否定するために削除されたのだとしたら、つまり現状では国内でも国外でも集団的自衛権は全面禁止されていることになります。そして、基地供与は集団的自衛権として実施されている訳ではなくなる。解釈と実務に齟齬が乖離が生じます。続
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa また仮に旧安保条約では集団的自衛権の政府見解を反映する実質的な政策として基地供与を行っていたのなら、これは最早解釈の問題ではなく、政策の変更があったということ。つまり、実務上でも運用が変更されたことになり、我が国が集団的自衛権を援用していた史実があるということになります。続
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa ご指摘の趣旨が、「かつて実際に集団的自衛権を容認する政府解釈は実在した。これがまるで存在しなかったかのように否定するのは誤りだ」という点であることは承知しています。しかし当初から述べているように、当方の関心は「その解釈が実務で運用されていた事実があるか」なのです。続
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa 私は2008年、インド洋給油支援法(新テロ特措法)の審議をしている時に、国会で野党議員の議員秘書をしておりました。この時に、議員の質問や質問主意書の作成のお手伝いをさせていただき政府側がどのようにして答弁(答弁書)し、その答弁がどのような重みを持つかを実感しました。続
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa 結論を言うと、政府答弁(見解)は政府の実際の政策や実務に関係なく、その時々の質問に対する最も合理的と思われる回答を内閣法制局が想定して作成するものです。また、事前に質問レクというプロセスを通じて実際に答え合わせのようなものをするので、官僚は完璧な答弁を作成してくるのですが、それが後付の論理で構成されていることは否めません。続
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa つまり、金科玉条のように「政府の解釈はかつてこうだった」と、たった一回の答弁の発言内容を主張の根拠にしようとしても、その答弁の内容の実際の運用に整合性がなければ、当時の「解釈」というものは、所詮、その場限りの後出しの論理(悪く言えばこじづけ)という価値しか見いだせないのです。続
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月20日
uo_kawa 結び。政府の方針というのものは、政策実務に運用されて初めて方針といえます。方針があっても政策実務には反映されず、唯一方針があったという証拠が国会の答弁でしかないのならば、申し訳ないのですがその答弁にさほどの実質的価値はありません。それが政策実務に携わったことのある人間としての私の評価です。 以上、大変に長くなり申し訳ありません。
s.j. @uo_kawa 2015年7月20日
経済的援助は湾岸戦争の時に、ベトナム戦争やイラク戦争では日本の米軍基地から戦闘機や艦船が戦地に向けて派遣されています。これらは全て集団的自衛権の行使に該当します。
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月21日
uo_kawa あ、いえ。そういった状況証拠的なことではなく。日本政府が集団的自衛権と自覚して政策としてそれを行ったかです。慣習国際法上の集団的自衛権に該当するとしても、それは国家が行使するものであり、国家が明示的な自覚を持って実施する行為です。そういったことを示す政策文書等は存在するのでしょうか?
s.j. @uo_kawa 2015年7月22日
tkatsumi06j 旧日米安保条約「すべての国が個別的及び集団的自衛の固有の権利を有することを承認している。これらの権利の行使として、日本国は、その防衛のための暫定措置として、日本国に対する武力攻撃を阻止するため日本国内及びその附近にアメリカ合衆国がその軍隊を維持することを希望する。」 http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19510908.T2J.html
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年7月27日
uo_kawa なるほど、ご教示ありがとうございます。つまり旧安保失効までの9年間、防衛の暫定措置としての基地供与(即ち国内に限定した集団的自衛権の行使)は政策レベルで実施されていた。70年代以降は新安保の下その為の駐留軍費用負担も請け負ったが、新安保体制下では集団的自衛権の政策運用という整理ではなくなったということですね。暫く多忙だったためレス遅れ失礼しました。
s.j. @uo_kawa 2015年7月28日
tkatsumi06j そこまでお認め頂きありがとうございます。故に、次の学者の会の見解は嘘なのです。「60年以上にわたって積み重ねられてきた「集団的自衛権の行使は憲法違反」という政府解釈を安倍政権が覆した」http://www.biglobe.ne.jp/index-necpc.html
💫T.Katsumi @tkatsumi06j 2015年8月1日
uo_kawa そこはあながち「嘘」ではないのだと思います。「70年」だったらわかるのですが、「60年以上」ってちょうど1955年より前。1960年が新日米安保締結の日で、基地供与を集団的自衛権の限定行使とする方針が条文から消えた年ですから、まあ微妙な表現ですけど、憲法学者はそこをわかっていて「60年以上」という表現を使っているのではないでしょうか。私も貴方とのこの議論を通じて気付いたことですが。長い間お付き合いありがとうございました。
s.j. @uo_kawa 2015年8月4日
tkatsumi06j 残念ながら日本国憲法は1946年からです。そして解釈改憲は2014年ですから、現行憲法下での集団的自衛権の政府解釈という場合は最大でも2014-1946=68年となります。故に68-9=59年ですから、「60年以上」は間違いなく嘘となります。学者にとって正確さは不要というお考えなのかもしれませんが、そのお考えは彼らにとって命取りになってしまうのではないでしょうか。ありがとうございました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする