67
伊藤 剛 @GoITO
「キャラクターイラスト」と呼ばれているものが、なぜ「大学」や「美術」とそぐわないものに感じられるのか?から考えてほしいと思います。逆に、いまのpixivのような表現空間から、旧来的な「美術」がいかに疎外されているか。それはなぜか。 twitter.com/mijinco_min/st…
伊藤 剛 @GoITO
どちらも「絵」と呼ばれる、視覚表現であることには変わりがありません。しかし、「キャラクターイラスト」は、「マンガ」よりもさらに「学校」や「教育」の外にあるものと感じられている。 しかし、すでに2000年より中学・高校の美術科の指導要領には、「漫画」が加えられています。
伊藤 剛 @GoITO
「美術」は、日本の近代化とともに、学校や美術館といった制度の整備とともに権威化を図りました。学校での美術教育は、個人の感性を重んじ、様式的な表現を排除する方向に進んできました。マンガについては、なぜか「様式」という語が用いられることが少ないのですが、様式性の高い表現です。
伊藤 剛 @GoITO
様式性の高さ、という意味では、いわゆる「キャラクターイラスト」もそう言えるとおもいます。また、線画・輪郭を基調とする表現であること、物語的な連続性を孕むことなども、モダニズム絵画とは対極にあるもののように考えられる理由になるでしょう。
伊藤 剛 @GoITO
大学でのマンガ教育や、「キャラクターイラスト」(←これについても、もっと適切な呼び名があっていいと思いますが、便宜上これで行きます)が大学教育の場に取り込まれることは、ひとつには「美術」が美術として自律化し権威化したことへの美術の側の自省があるでしょう。
伊藤 剛 @GoITO
「マンガとか、キャラクターイラストとかを大学で教えるなんて」と思ったら、すかさず「じゃあ美術って何さ?」と問い直してほしいのです。「大学で教えるなんて」という印象には、かならず「大学で教えるべきもの」が前提になっているはずです。ではそれは何で、どういう根拠を持つものなのか。
伊藤 剛 @GoITO
日本の美術教育は、世界的にみて普遍的なものとはいえません。 技術をほぼ教えず、感性とオリジナリティを重んじる、情操教育に終始するものです。図工・美術の時間は、絵を描くことに関心のある子にはたのしい授業ですが、そうでない子には、ひたすら退屈な時間としてあります。
伊藤 剛 @GoITO
あるいは、「かっこいい絵」「きれいな絵」「うまい絵」を描きたいと思っても、それが美術・図工の時間ではかなえられなかった記憶を持っている方も多いのではないでしょうか。そうした学校教育を通じて、私たちの「美術」観が培われてきたこともまた、言を俟たないのではないかと思います。
伊藤 剛 @GoITO
いま、中学・高校の美術の時間で、マンガを積極的に取り入れていこうという先生は、少数ながらあらわれはじめています。しかし、その一方で「キャラ絵」を授業中に描いたら「殴る」と言った先生もいる。
伊藤 剛 @GoITO
個人的には、図工・美術の時間では、キャラ絵やマンガも含めて、いろんなことをやってほしいと思っています。ただ、キャラ絵を描かせるのならば描かせるで、それがどのような表現であり、様式であるのかを理解したうえで指導してほしいと思います。
こんぽた @cornpt
@GoITO 小学校の時、マンガ・アニメのキャラクターそのものは言うまでもなく、「そういう描き方」さえ、強くではありませんでしたが、否定されたことを思い出します。その数年後、中学校に入ると、教科書と参考書に「マンガの表現方法」とか言って項目が増えたわけですがw
伊藤 剛 @GoITO
また他方、キャラクターイラストのような「絵」の、いわゆる「画力」に対して、職人的なもの、工芸的な技能のようなものとして、一段下に見る気風も、美術の世界にはあるという話も目にしています。石岡良治さんの「サイゾー」記事内のコメントだったと思います。今年頭のマンガ特集号ですね。
伊藤 剛 @GoITO
同じ記事で私もコメントしているのですが。 それはそれとして、いま、大学をはじめとした「教育」や「美術館」などの制度的な美術の内部に、マンガなどのキャラクター表現が入ってきていることは、まさに皆が所与のものとしている「美術」という枠組みを再考する機会となるべきだと考えています。
伊藤 剛 @GoITO
pixivのデイリーランキングと、TINAMIの総合スコアランキングを置いておきます。こういった「絵」を描くひとが百万を超える数でいて、お互いに技術を教えあうような回路がすでにできている。 pixiv.net/ranking.php?mo… tinami.com/ranking
伊藤 剛 @GoITO
オーセンティックな「美術」も「デザイン」も、ここからは疎外されている。しかし、これほど多くの人が「絵」を描き、他者に見せるという社会は、おそらく有史以来のことでしょう。
伊藤 剛 @GoITO
かくいう私も、近々の仕事は「日本美術全集19巻・拡張する戦後美術」でのマンガパートの解説とコラム『マンガと美術の”あいだ”』です。そして大分県立美術館で8月1日から開催の「描く! マンガ展」の監修です。 期せずして、今年は「マンガの側から」美術にかかわることになりました。
伊藤 剛 @GoITO
なんだ宣伝か、と思われた方もおられるかと思いますが、宣伝ですよ。宣伝は必要です。もとより、即座にはわかりにくい仕事をしてるんだから、逐一説明する手間を省いていいわけがない。 もちろん、職場である東京工芸大マンガ学科の広報でも同じことです。
伊藤 剛 @GoITO
いま連投したような話は、先日の「夢ナビLive」で高校生たちにもしてきたのでした。それなりに難しい話だと思ってましたが、高校生のみなさんは思いのほか真剣に聞いてくれました。「価値観が変わりました」と言ってくれた子もいましたね。
伊藤 剛 @GoITO
個人的な見解ですが、こうした「キャラクターイラスト」の感触に最も近いのは、異端の日本画家・田中一村です。わたしが奄美大島の田中一村美術館に三回も行っているのは、この関心からです。 twitter.com/GoITO/status/6…
伊藤 剛 @GoITO
まあ、奄美には5年間で6回行きましたけどね。 鉱物趣味クラスタのみなさんはそっちの目的が何かはよくわかってると思いますがw
伊藤 剛 @GoITO
夜中三時になりましたので、寝ます。 (というか、いったん寝床についていたんですが、目が覚めた) 連投失礼いたしました。とはいえ、誰かまとめてくれるとうれしいなー。
伊藤 剛 @GoITO
言われてみて「はっ、なるほどそうだ」と思いました。 ただ被写体が工場や団地というだけでなく、撮り方等も含めてということですね。 twitter.com/sohsai/status/…
伊藤 剛 @GoITO
それも「なるほど」です。そういえば、写真学科の先生が「撮り鉄の子は毎年一定数いる」と仰ってたような。 twitter.com/sohsai/status/…
伊藤 剛 @GoITO
「イラストレーター」という職業が自律したのが日本では1960年代らしいという話もあり、あとは広告ビジュアルの歴史等も参照する必要がありますね。 (前からやろうやろうと思って手をつけられていないことのひとつ) twitter.com/izumino/status…
伊藤 剛 @GoITO
こんな夜中に、大山顕総裁の寝つきも悪くしてしまって恐縮のかぎり。 とはいえ、本人ももう寝ます。明日病院で検査なの。

コメント

純友良幸 @YSumitomo 2015年7月18日
この序盤読んで思い出したのが、高校の時講談社のフェーマススクールのデザインコース受講したときのこと。(続く)
言葉使い @tennteke 2015年7月18日
単純に思い浮かぶのは、基礎が出来ているかどうか、ですけど…。基礎がしっかりできている、デッサンとか静物画がきちんと描けてキャラ絵マンガ絵を描けるのと、基礎が全然駄目で~しか描けない、ということではないんでしょうか?
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年7月18日
キャラ絵に芸術性があるかないか、は(後述するがミュシャとか北斎も、広告だし)置いといて、キャラ絵、イラストの定義として「絵としての表現力を生かし、大多数の人に共通のイメージを与えるもの」というのがあると思うし、これは「映画やマンガに使われるツール、UI」でもある。対して美術は「それ自体で完結している作者の内面の発露」であり「人によって多様な解釈がされるもの」であるから「最初から全く別のモンだから、そりゃ、美術の授業じゃキャラ絵には触れられないでしょう」としか。
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年7月18日
くどいようだけど、ツールとして用いられるキャラ絵、イラストに「結果的に芸術性が宿る」事はよくある話で、芸術性が無いとは決して言わない。しかし、絵を学ぶ段階で「ツールとして、UIとしてのキャラ絵の解りやすさを芸術性と勘違いしている事」は往々にしてある。そしてその勘違いをしたまま勉強しても芸術性もキャラ絵も習得出来ない。
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年7月18日
まとめ内で出ている鉄道写真など、その良い例かと思う。「列車の特徴を可能な限り捉える」系の写真は「美しくないまま、撮り鉄の人達だけに伝わる尺度でフォーマットが育っている」。別に趣味でやってるわけだし、芸術性なんかよりそう言う写真を撮りたいんだ、と言うことだから、この事自体は間違いなく「是」なんだけども、だからこそ結果的に「殆どの鉄道写真は写真芸術からは無視される」
シン @saeki_s 2015年7月18日
> 「マンガとか、キャラクターイラストとかを大学で教えるなんて」と思ったら、すかさず「じゃあ美術って何さ?」と問い直してほしい / 主題とはズレますが、読書感想文の「読書」にマンガやライトノベルが含まれないことを思い出しました。「本」とは何か? メディア(媒体・表現方法)なのかコンテンツ(物語・中身)なのか。
偽@7/21TM11南1ホール ケ27b @niseusa 2015年7月18日
>キャラ絵を描かせるのならば描かせるで、それがどのような表現であり、様式であるのかを理解したうえで指導してほしいと思います。 とても同意します。 まずキャラクターイラストを使って、何を教えることができるのか。児童生徒学生に対して、何を学ばせることができるのか、その一点から考えなければと思いつつ。
偽@7/21TM11南1ホール ケ27b @niseusa 2015年7月18日
マンガやイラストの項目はすでに学習指導要領に入っているので、この授業内容ではマンガ絵はふさわしくない、この授業内容の時は問題ない、などの分け方もありでしょうし、実際に漫画の授業を取り入れている先生はやっているかと思います。
偽@7/21TM11南1ホール ケ27b @niseusa 2015年7月18日
大衆芸術としてのマンガやキャラクターイラストを、純粋芸術にあげる必要はなく、上がるものでもないので、大衆芸術としてそのままどう扱っていけばいいのか、に着目したまま、では美術教育の中でどう扱っていくのがいいか、どういう目的の時に使えるのか、を考えるべきなのかな、と。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年7月18日
そもそも何を狙いとして美術教育をするかですよね。たとえば体育だとプロスポーツ選手を養成するような学校以外では基本的な体力を養い健康増進とかそういったあたり。美術でもプロ美術系(漫画家とか含む)めざすようなのは必要ないのではないか。もちろん必要とする生徒には与えられるべきだけど
偽@7/21TM11南1ホール ケ27b @niseusa 2015年7月18日
少なくとも義務教育の中で授業の範囲ではプロ養成のようなことはしないようになっていますので、到達目標として前に言われたのは、芸術の応援団となるような人物を増やせ、です。芸術を理解し、サポーターとなるような。あんまり突き詰めていくと鑑賞教育にかなり傾いてしまい、製作をあまりしない方向に行きそうですけども。
眠る羊 @sleep_sheep2010 2015年7月18日
音楽の教科書にJ-POPの曲が取り入れられているようなもので、こういうパラダイムシフトは必然なのでしょう。
克森淳 @a_katu 2015年7月19日
「キャラ絵」と伊藤さんが呼んでいる絵は、美術とか芸術の隙間に種が撒かれ、今や大樹になったものなんだろうな。あと、学習指導要領ではマンガそのものを描くのか、マンガの絵を教えるのかどっちなんだ。前者は授業のコマ数結構いりそう。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2015年7月23日
毎度思うんだけど伊藤先生の立場てどこまで賛同できるのかなあとか。キャラ絵への問題意識っておっしゃってるけど、美術界隈がそうやってキャラ絵を区別できる根拠であるところの理論を、伊藤先生はむしろキャラ絵や漫画を分析するときに嬉々として使っちゃってるんだよなあ。つまり彼ら美術側・教養側の人間が、「なんでキャラ絵が違うのか」的なところの説明を与えちゃってる。データベース論とかデータベース論とかデータベース論とか。
smw @Shi_MeiWo 2015年7月23日
歴史的遺産としての美術、鑑賞品としての美術、商品としての美術があり、そして娯楽としての美術ができたのかなぁと言う印象。創作と公開が単なる娯楽と化している世界(もちろん良い意味で言っている)
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2015年7月23日
ごめんなさい、「賛同」じゃないわ。「信頼」ですわ。
悪意表出ソムリエ夙谷稀 ⋈ Vie fécondée @ILoveTraciLords 2018年11月4日
パロディとファインアートと広告デザインの違いをごちゃ混ぜにしたのは1960年代の横尾忠則であった様に思えるのだけど。

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする