#TPP の著作権非親告罪化もこうすれば怖くない? 著作権侵害の定義変更のススメ。

TPPでもし著作権非親告罪化が導入されても、この様に著作権法を改正すれば、実質的に無害化できるだろう、という個人的考察と提案。
コミケ 同人誌 二次創作 表現規制 著作権 パロディ 同人 TPP 知財 非親告罪
41

ツイートまとめ 【著作権法】理解されない非親告罪化 #TPP #著作権 親告罪だから作者から告訴されない限り、警察は動けない? いいえ! 非親告罪になれば、無断転載も無許諾二次創作も、第三者が告発すればドンドン摘発される? いいえ!! 40771 pv 614 39 users 19

ツイートまとめ #TPP での著作権非親告罪化の対象になるものは一体何か? 2014年5月のTPP知財条項リーク文書を元に考察してみた。 タイトルの通り。TPPについての個人的考察。 3781 pv 59 3 users 1

ツイートまとめ TPP知財条項妥結後、えっちな同人誌はフェアユース規定で守られるのか 赤松先生が動いてくださるなら……、今度も安泰かな! 15868 pv 279 44 users 7

高村武義 #WalkAway @tk_takamura
TPPでの著作権非親告罪化問題。現状の運用を変えずに実質的に非親告罪化に対応する立法方法がひとつある。著作人格権と翻案権・複製権を、自己の著作権を包括的に守る制度ではなく、特定の相手の特定の利用方法に対する指定権および拒否権に変えてしまえばいい。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
現在ではある著作物を他者が無断利用すると、自動的に著作権侵害になる。この場合、第三者は著作者に特に確認することもなく、著作権侵害であると認識できる。現在はここから告訴まで至らない様に、親告罪という壁でガードされているが、それがTPPでなくなるのが大問題となっている。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
こうなってしまう理由は現行の著作権法が著作権を包括的に守っていることが原因。仮に1万通りの利用方法があるとすると、現行の著作権法では1通りの利用方法しか認められず、他の9999通りの利用方法が自動的に違法になる仕組み。しいて言えば包括的著作権保護制度ともいうべきものになっている。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
この包括的に著作権を守る現行の仕組みから、著作権者が特定の利用方法をピックアップして、拒否権を発動できる仕組みに変えてしまえばいいのだ。これを特定著作権保護制度と仮称する。実はこの仕組みは、現行法の運用ですでに使われている。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
著作権侵害事件を見れば分かるが、どれも著作権者が特定の相手の特定の違法な利用について拒否権を発動し、告訴をしている。そして二次創作を筆頭に多くの著作権侵害は見て見ぬふりをしている。これは先述した”著作権者が特定の利用方法をピックアップして、拒否権を発動できる仕組み”に他ならない。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
したがって現在の著作権法の条文にある、包括的に権利を守る仕組みを止めて、実際の運用で行われている、この”著作権者が特定の相手の特定の利用方法をピックアップして、拒否権を発動できる仕組み”に変えてしまえば、非親告罪化もあまり怖くなくなる。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
著作権者が特定の相手の特定の利用方法の拒否を公にしない限り、第三者からは著作権者の意思が確認できないからだ。権利者が拒否しない以上、合法なので、第三者による濫訴が起こり難い。摘発する警察も現行で行っている捜査を先行させて、あとで意思確認をするという運用を変化させずにすむ。

※補足
現行法では第三者が無断で、著作物を二次利用した瞬間に著作権侵害が成立する。

しかしこの現行法の仕組みを止め、変更案の仕組みにすると、権利者が特定利用者の特定の二次利用方法に対する拒否を利用者自身に伝えた、あるいはその拒否を公に表明した、その拒否を当局に伝えた等、権利者が拒否の意思を明らかにして初めて著作権侵害が成立する。
つまり権利者が拒否の意思を示さない限り、第三者の二次利用は合法となる。

高村武義 #WalkAway @tk_takamura
そして権利者にとってもこの仕組みがいいのは、非親告罪になっても、自己の著作権利用判断の権利が第三者に奪われない点である。また黙認という違法行為の看過状態の解消にもつながる上に、現在の著作権侵害に対する対応の仕組みも何も変わらずにすむのである。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
以上述べた”著作人格権と翻案権・複製権を、自己の著作権を包括的に守る制度ではなく、特定の相手の特定の利用方法に対する指定権および拒否権”を著作権に設定し、それを破った場合のみ著作権侵害だと条文で明記すれば、先述したように非親告罪化は怖くない。現在の運用とほぼ変わらなくなるからだ。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
この拒否権の行使の仕方(公表)は実際にはこうなる。現在は”作品Aの二次創作、無断利用は禁じます”というガイドラインなどが幅を利かせているが、これは包括的な拒否なので拒否権の発動にならない。”団体〇〇配信の動画Aについて、作品Aの利用を禁じます”という具合にする事が必須となる。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
ちなみにもしこの仕組みを導入したら、フェアユースは不要になる。フェアユースの場合、著作者が拒否を示しても公益ということで利用を飲まされるケースが発生するが、この”著作物の特定利用者および特定利用法に対する拒否権”だと、権利者の拒否権第一なので、フェアユースの様な問題は起きない。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura
以上、著作権非親告罪化を飲みつつも、実質的に無効化する方策でした。フェアユース導入より権利者の納得が得られやすい案だと個人的に思う。フェアユースや一律非親告罪化のように、権利者の判断権を奪ったり、損ねていないのが最重要ポイント。
実際の著作権法運用例。現在は親告罪なので警察が著作者に告訴のための承諾を求めている。
北崎 拓@ますらお 波弦、屋島編連載中! @takukitazaki
ネット上で僕や他の作家先生方の作品が違法配信されている件をうけて。 こういうのは知らないうちにずーっと何処かの県警察などが調査していて、ある日突然著作者に「サインくれ」って書類がまわってきます。 割と最近、僕の作品を流していて逮捕され、ニュースに顔も名前も出た事件になりました。
法律上は違法なのだが、著作者にとって都合がいいので黙認しているという事例。非親告罪になるとこうした判断権が著作者から取り上げられる。

コデラノブログ
”COBRAに見る著作権ビジネス、ホントのところ《第2回》”
http://blog.livedoor.jp/nob_kodera/archives/4188660.html
小寺 「アニメが伝播力が強い」というのは、やっぱりテレビだからですか。

古瀬 テレビですね。これまではそうですね。

小寺 これまで、ってことは、次は何だと思ってます?

古瀬 非常に典型的な例として、やっぱり最近ではニコ動が『コブラ』の若い人への伝播に非常に役に立っています。ニコ動で「コブラ」とか検索していただくと、『コブラ』自体もちょこちょこ使われてるというのもあるんですけれども、最近だと、『アイドルマスター』と『コブラ』をかけ合わせたMADが、すごい良くできてるんですよ。
これで『コブラ』を初めて知った若い人たちがいて。実際、『コブラ』は有料配信とかがいっぱいされてるので、観たらすげえ面白かった、っつって、ニコニコ市場で(Blu-ray)BOXとか、けっこう売れてるんですよ。

小寺 へえ。そのMADというのは、当然グレーなところに入ってくと思うんですけど、そのあたりはどういう風に考えてるんですか。

古瀬 そうですね、我々からすると、我々って原作者サイドって話なんですけども、我々は積極的に黙認してます。

小寺 なるほど。

古瀬 で、こう言っちゃなんなんですけど、それを黒と言うのか白と言うのかは我々次第なんですよ。原著作者なので、「こいつダメだ」っていうような使われ方をするものに関しては「消して」って言うわけですよ。でも、「あ、これは好意的に使われていて、より多くの人が我々の作品に触れる機会になってるな」と思えればそのまま黙ってればいい。
みんな楽しんでくれるし、一次著作物にたどり着いて来てくれるので。

そこはなんかうまい共生ができるかなと思うんです。もちろん、積極的にそれをみんなにやってください、とは言いません。言いませんけど、我々としてはそういう状態です。

高村武義 #WalkAway @tk_takamura
なお米国の非親告罪は限りなく親告罪に近い。twitter.com/biac_ac/status… … 権利者に捜査への拒否権があるのだ。

コメント

甲賀志 @hiroujin 2015年7月23日
実際の運用に合わせた条文に変えるだけで、実は著作権非親告罪化は無効化できるという驚くべき発想。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月23日
補足を一部修正しました。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月24日
誰がどうやってそんなの管理するんだよ。という話じゃないか?現状の「商用利用」と「私的利用」の違いですらいろいろ複雑なのに、それをいちいち権利ごとに決めて権利者が運用しろってのは無理よ。
@izanamu 2015年7月24日
一見素晴らしく感じるけど…海賊版業者が事ある毎に名義や代表者等を変化させながら違法行為を行う場合に対して非常に弱くなると言うか、防戦一方のイタチごっこになるのでは?そして正にそれを防ぐための「非親告罪化」だったはずなので、業界団体や行政機関も受け入れてくれないのでは…?
Ukat.U @t_UJ 2015年7月24日
本来権利権利を保護されるべき著作権者に多大な負担を強いる法改正が通るには、著作権者に負担を強いても二次利用が自由に認められることが公益に資することを言えないとダメです。しかも、TPP後を考えてのことなら、参加する各国に同様の法改正をさせないと、単なる非関税障壁になるので、交渉でも認められません。二次利用者にしか益がないものはまともな提案たり得ないですよ。
Ukat.U @t_UJ 2015年7月24日
申請後に公示が必要なので行政コストがかさむし、うっかり著作権者が申請忘れると、盗作者が先に申請して著作権者が違法利用になる可能性すらあるし、自由に二次利用したいから国際交渉も、著作権者の保護も放り投げて法律変えろと言ってるだけじゃないですかこれ。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月24日
ujmtjmtjmtgwta よく読み直してください。権利ごとに決めろ等とは書いてません。著作権侵害の成立要件を、現在運用上でなされている権利者の判断主体という実態に条文もあわせるというだけの話です。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月24日
izanamu この案では現在の海賊版の摘発状況、またその運用に何ら変化はありません。なぜなら現在でも警察はちゃんと権利者に意思確認をしているからです。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月24日
t_UJ よく読み直してください。結局のところ、現在の著作権法の運用実態に条文も合わせるというだけの話です。したがって権利者に新たな負担は生じません。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月24日
tk_takamura いまは「黙認」だから良いですけど、その黙認のラインを口にしたら当然責任が出てくるわけですよ。から「○○は取り締まったのになんで××は取り締まらない」「金とって私的利用はねぇよ。なのに同人ならいいのか?」といまでも沢山出てくる疑問への対応を、取り締まりの基準を宣言した権利者がやらなくちゃいけなくなるんじゃないかと
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月24日
「ファンがつくる同人誌」と「個人がキャラだけパクって利益のために作った海賊版」と言うのは、現実問題として同じ物。だけど前者はよくて後者は駄目って理屈は通らないよね。
甲賀志 @hiroujin 2015年7月24日
何かちゃんと読めてない奴が多いなあ。この案は黙認(法律上は違法状態)の部分を合法化して、権利者が警察に取締りをお願いしたり、よからぬ利用をしている相手に「使うな」と言った時に、はじめて侵害が成立するようにするというだけの話なのに。
甲賀志 @hiroujin 2015年7月24日
ujmtjmtjmtgwta 黙認ラインを公言にすることが義務だなんて書いてないぞ。貴方の誤読。補足のところをよく読めばわかる。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月24日
hiroujin「私達が利益になっていると判断するから訴えない。判断したら訴える」と言う今の現実を法律化するなら「じゃあ企業はその判断基準教えろよ」ってなるのが当たり前じゃないですかね?と言うか公開しないってなると、取り締まりが今以上に面倒くさくなりかねませんよ。
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2015年7月24日
こんな程度で納得するような相手なら、そもそも著作権が親告罪であることを問題視しないと思うけどなあ。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月24日
(あくまでこれは非親告罪のうえでの話だけどさ)非親告罪なら違法と警察が判断したら取り締まるけど、その違法かどうかに権利者の判断と言う基準を挟べば今と同じになる。という話だと認識してるけど、それって極端な話、プリキュアの権利持ってる会社が警察に「プリキュアがみんなで裸踊りしてる同人誌がありますがどうします?」って聞かれるわけだよ。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月24日
まともな企業なら(担当の本心はさておき)「駄目」と答えるに決まってるけど、じゃあこれどこが駄目なのよ?プリキュアの裸?同人誌?出してる人間?目的?ここがハッキリしない限り警察は空振りになるから今後動けないし、仮にそう決めたとして「性的な目的じゃなくて芸術のためです」「お金取ってない私的利用です」「ライバルキャラの裸です」「プリキュアじゃないです」ってイタチごっこの対応の一部が権利者に回ってくるだけじゃないか?って言いたいわけです
甲賀志 @hiroujin 2015年7月24日
ujmtjmtjmtgwta 基準を教える、教えないは権利者次第。何を訴え、訴えないかも権利者次第。今でも実際そうなってるし、それで著作権法は何の問題も無く運用されてる。そして仮にこの案が実現化したとしてもそれは変わらない。現在の著作権法の運用状況に一体何の問題があるのかな? 貴方がそれに対して答えられない以上、貴方の問いは全て無意味だよ。
甲賀志 @hiroujin 2015年7月24日
ujmtjmtjmtgwta そんなものとっくの昔に権利者は散々聞かれている。そして彼らはすでに答えを出している。このまとめを一読することをお勧めする。 『芳文社や小学館などの二次創作禁止(?)ガイドラインの真相について、出版社の中の人が解説してくれました。』http://togetter.com/li/399927
甲賀志 @hiroujin 2015年7月24日
芳文社や小学館などは二次創作禁止のガイドラインを出している。ところが実際は二次創作活動の黙認は当然、芳文社に至っては公認するまで至ってる。その矛盾はなぜ生まれ、どう解消しているのか? 編集や漫画家達が上記まとめで、その問いにちゃんと答えてくれている。
甲賀志 @hiroujin 2015年7月24日
aaru_yamamoto 『TPP知財条項妥結後、えっちな同人誌はフェアユース規定で守られるのか』http://togetter.com/li/844989 というまとめを一読することをお勧めする。アメリカのフェアユースは日本の黙認よりも、はるかに著作物の自由利用の幅が広い。アイアンマンのエロパロAVが商業ルートに乗って流通している程。アメリカの著作権侵害の適用範囲は非常に狭い反面、非親告罪化や法廷賠償金で厳しくなっている。日本は逆で著作権侵害の適用範囲が異常なまでに広い。
Ukat.U @t_UJ 2015年7月24日
変わらないって言ってる人がいますけど、これ、著作権者が差し止めの申請するまでは、実質著作権無いも同然ですよ。あらかじめ、発表と同時に使用範囲決めないと、申請まではコピーも二次利用もし放題ですし、申請までの間に失われた利益は遡及になるから取り返せない。二次著作物だってそれ自体には著作権あるんですよ?申請前に二次著作物の作者が包括的に利用禁止したらどうなります?これが負担でなくてなんなんですか?
Ukat.U @t_UJ 2015年7月24日
申請を処理する行政コストは、受益者負担だと、著作権者が負担することになりますし、海外の人はどこに申請すればいいんですか?法律にも背景となる法理やら、他の法律との整合性がありますけど、この案にはそういうものないですよね。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月24日
hiroujin それは「全部違法だけど、親告罪だから権利者が訴えない」だから許されるので「権利者が違法かどうかの判断に関わる」ってなれば、それは権利者の責任が増えるって話ですから、まったく事情がかわりますよ
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月25日
hiroujin 「ファン活動まで文句は言いませんよ」と「ファン活動と判断して違法じゃないと司法機関に申し立てる」は天と地ほどの差があると思うんですがね。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月25日
t_UJ 権利者が差し止めをするまで実質的に著作権が無いも同然なのは、黙認が常態化し、本来は違法であるはずの著作権侵害の物が合法然と出回っている現在でも変わりません。好例はニコ動や、2chで良く見るニュース記事のコピペでしょう。これらは本来違法ですが、権利者が差し止めするまで事実上、合法物として出回っています。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月25日
t_UJ 二次著作物の著作権は引用などを除けば一次著作物の権利者の範疇です(著作権法第28条)。なお権利者が差し止めをするまで実質的に著作権が無いという点は、フェアユースも同じです。ただしフェアユースの場合、裁判などでその是非を争う事がたびたびあり、裁判所から権利者が意に沿わぬ利用を承認させられる事もあります。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月25日
ujmtjmtjmtgwta 横からすいませんが、親告罪だから訴えないのと権利者が違法かどうかの判断に関るというのは同じですよ。親告罪なので自ら訴えるということは、その対象が違法かどうか権利者が判断している、ということです。つまり親告罪では、権利者が違法かどうかの判断に関わるのは不可避なのです。そして権利者のほとんどがこの権利(判断権)を手放したくないと考えています。これは以前行われたパブコメや政府ヒヤリングで判明しています。
○○もへじ @marumarumoheji 2015年7月25日
拒否権発動するまでは合法なら、それ以前に売られた海賊版に対して被害額の請求出来ないのでは。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月25日
marumarumoheji その問題は確かにありますね。それに対しては海賊版を法律上定義し、そこに別途枠をかけて黙認(合法)の対象外にしてしまうという手があります。以前フォロワーの人に教えて貰ったのですが、著作権法には121条の2にレコード複製違反というのがあって、完全な海賊版対策の条文があるそうです。今はレコードだけ対象ですが、これを全ての海賊版を対象にし、海賊版に対してだけは黙認ができない違法状態にするといいでしょう。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月25日
tk_takamura 「犯罪被害にあってるけど訴えない」なんてのは個人の自由ですが「警察の刑事責任における司法判断の一旦を担う」は刑事責任の判断に関わるってことになりますから全く別だと思うんですけどね
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年7月25日
まぁ、警察相手に「俺が許すから合法。今後も取り締まりよろしくwえ、何を許すか教えろってwそのときの気分だから無理w」と宣言して警察を追い返すちゃらんぽらんな企業だらけだったら今と何もかわりませんけどね。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月25日
ujmtjmtjmtgwta 同じですよ。親告罪において著作者の判断は司法判断の大きな一角を担っています。だからこそ先に捜査していても、警察がわざわざ著作者に確認をしに来るのです。
七海 鼠 @nanami_mouse 2015年7月25日
根本的な問題として、このまとめの作成者はTPPというのは"相手の存在する交渉"であるという点を見落としているのではないだろうか? 交渉なんだから、相手に如何に利益を与え、相手に与えた利益より少し多い程度の利益を自分が得るかという方向で考えないと。 ここで書かれてる定義は相手(他のTPP参加国)に利益を与えずに自分達(日本)が利益を得る方法でしかなくて、交渉を履き違えてる感。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2015年7月25日
nanami_mouse TPPというものを全く理解されていないようですね。根本的な問題を見落としているのはあなたです。この案は、TPPでほぼ合意されたであろう条約内容を遵守した上で、考案したものです。TPPの著作権条項には、著作権侵害の取り締まりを厳しくしろとは書いていても、著作権侵害の成立要件の変更をしてはならないとは、一行も書いていません。あしからず。
きゃっつ(Kats)⊿6/9乃木坂スペイベ @grayengineer 2015年7月30日
実は現行でも権利者以外が権利侵害を認定するのは事実上困難なんですよね。たとえば写真家A氏の作品である写真を、あるB氏が自分のブログに掲載していたとして、この掲載に関してB氏が事前にA氏の許可や承諾を得ているかどうか(もしかしたら利用契約を結んでいるかもしれない)は第三者には知る方法がない。
きゃっつ(Kats)⊿6/9乃木坂スペイベ @grayengineer 2015年7月30日
だから一時期問題になった違法ダウンロードについても、違法と「知りながら」という条件つきなので事実上ほとんど実効性がなかったり。だって「違法と知っていた」と証明するのが難しいからね。
きゃっつ(Kats)⊿6/9乃木坂スペイベ @grayengineer 2015年7月30日
まあ、どのみち、そろそろ著作権法全体の見直しと制度システムの再構築は検討しなきゃいけない時期に来てるんじゃないかな、とは思う
bn2 @bn2islander 2015年7月30日
nanami_mouse 著作権を取引材料に使うという話、国内で合意をとったわけでもなんでもないので、反対自体は当然だと思います
bn2 @bn2islander 2015年7月30日
TPP、個人的には、日本が何を得るのか、メリットがよくわからない(外国産の安い農産物が手に入りやすくなる?)というのはありますね……
nekotama @nekotama00 2015年7月30日
ぶっちゃけた話現行のまま非親告罪化されたとして、権利者置いてけぼりで逮捕起訴されるかと言われたら多分無いだろう。なぜなら日本の著作権法は権利者が事後に承諾を与えることを別に禁じていないし、日本の著作権法では「自己の作品の流用に許諾を与える権利」は権利者の専有事項でこれはがっちり守られているから、勝手に起訴して逮捕してあとから「え、それなら許諾与えるけど…」となった時が大変だから。許諾した時点で著作権法違反じゃなくなるからね。まあ、より具体的に規定するべきという意見には賛成するが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする