【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】

@Jinja_Kikou_Netさんが投稿された、千葉県銚子市の安倍晴明伝説のまとめです。
歴史 安倍晴明
2
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 先日の銚子行で、参りました寺社を辿りつつ、銚子の安倍晴明伝説を。 まずは予備知識。 安倍晴明の生誕に関しては諸説あり、一般には921年(延喜21年)の摂津国阿倍野が有力、もしくは大和国桜井で産まれたと。 が、銚子の伝説では…… 続く…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 銚子の安倍晴明伝説での生誕では、、、 940年に筑波山の麓で「安倍晴明」がうまれたことになっている。 一般とは既に違うが、伝説と言うことで先に進む。 父は陰陽学の名家加茂保憲の高弟であった阿倍保名。 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 安倍晴明の母は「葛の葉の狐」と噂された信太姫。 (・_・;).。oO(そういえば銚子には、信太という名字が集中してます。筑波霞ヶ浦に端を発するという信太氏と関係あるのかは未知ですが、掘っていけば面白いかも。 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 ここで、銚子の安倍晴明伝説の主役をご紹介。 960年。 垣根の長者と呼ばれ、海上郡随一の金満家であった「根本右兵衛義貞」の一人娘として、「延命姫」がうまれる。 銚子市垣根町は現在の海上小学校周辺。 最寄駅は松岸駅。 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 銚子の伝説をベースにしてます。 安倍晴明クラスタの方から事実と違うといわれそうなんで…念のため… 平安中期。平将門の乱討伐のために筑波に足を運んでいた右大臣藤原師輔に才能を見いだされた安倍晴明は、時の天皇に寵愛され才能を発揮。 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 安倍晴明は中央で才覚を発揮するも、花山天皇を取り巻く政争にまきこまれ、藤原氏によって花山帝が退位させられ一条帝が擁立された時に、身の危険を感じて都を脱出。 故郷の筑波山麓にもどっていた。 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 986年。 そうして筑波に戻っていた阿倍晴明が銚子に赴いた際に、垣根の長者「根本右兵衛義貞」の娘「延命姫」と出会い、そこで姫が安倍晴明に一目惚れしてしまったところから、今回の安倍晴明伝説物語が始まります。 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 ちなみに、延命姫は生まれながらにして顔の左ほほ全面にアザがあったという。 延命姫の父の義貞は地域では名の知れた裕福な資産家であり、娘のために安倍晴明に財産提供と娘との結婚を願い出る。 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 安倍晴明は延命姫との婚姻を約束するも、思い直してやはり婚姻を後悔し、延命姫のもとから逃げ出すこととなる。 (・_・;).。oO(あ〜〜ぁ。銚子の安倍晴明伝説は、ベタな展開になってきましたよ…… 続きます…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 晴明は銚子を東に逃げる。 垣根〜松岸〜長塚〜本城と通り抜け今宮から利根川対岸の波崎に渡ろうとするも時化のために渡れず… 逃走途中の地には「清明稲荷」が鎮座。 今は大漁祈願のお社。 続きます… pic.twitter.com/0XAqzPWgkn
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 清明稲荷神社。 銚子飯沼観音のすぐ近く。 地図を貼っておきますね。 goo.gl/maps/xeBLB 安倍晴明は更に東に逃げていきます。 続きます… pic.twitter.com/geUOAxDe7w
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 ついでにもう一つ、メモを。 スタート地点を垣根として、清明稲荷神社の場所までを結んでみました。 もちろん、安倍晴明がどう逃げたかは知る由もありませんが、方向的なメモとして。 続きます… pic.twitter.com/JJyIctWYPH
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 安倍晴明は銚子を荒野・新生と逃げて、和田不動尊に駆け込んだ。 延命姫は晴明を諦めきれずに必死に追いかける。 和田山不動堂。 pic.twitter.com/5Msup5pkHa
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 銚子の和田山不動堂。 安倍晴明が延命姫より逃げる際に駆け込んだとされる不動尊。 pic.twitter.com/FG5ndO05qz
拡大
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 銚子の和田山不動堂。 場所 goo.gl/maps/Heufj 清明稲荷からの位置も貼って置きます。 続きます… pic.twitter.com/oJndNV1i4A
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 和田山不動堂から更に逃げる安倍晴明。 そうして利根川に沿って逃げ、更には屏風ヶ浦近くの小浜の地まで逃げたところで、晴明は一計を案じる。 赤印が和田山不動堂。 辿り着いた所は屏風ヶ浦。 pic.twitter.com/EoWEMG28CI
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 安倍晴明が屏風ヶ浦で一計を案じている頃、追いかけていた延命姫は近くの常世田薬師まで辿り着き、当地にて三日三晩の行をしたとされている。 常燈寺常世田薬師 goo.gl/maps/e7qlX pic.twitter.com/QBLbMD1RWH
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 常燈寺常世田薬師 ちょうど本堂修繕工事中でした。 創建年代は不詳であるが行基によって開創とも。 真言宗智山派の寺院。山号は常世田山。本尊は薬師如来(国重文)。地名から常世田薬師と呼称されている。 pic.twitter.com/p5J3btQsKZ
拡大
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 さて、延命姫が三日三晩の行を常世田薬師にておこなっているころ、安倍晴明は屏風ヶ浦「通漣坊」(小浜・磯見川の河口付近。現在は浸食して晴明が逃げてきた岩場は消滅。)にて着物と履き物を脱ぎ捨て投身自殺を装い、自らは近くの寺に身を隠したという。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 安倍晴明を追ってきた延命姫は屏風ヶ浦通漣坊の岩場に、脱ぎ捨てられた着物と履き物をみて、晴明が身を投げたものと思いこみ自らもそのあとを追って身を投げてしまう。 写真は現在の磯見川の河口付近。 pic.twitter.com/5tjThKP1Uy
拡大
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 ちなみに晴明が逃げ延命姫が飛び込んだとされる屏風ヶ浦「通漣坊」(小浜・磯見川河口近く)はこのあたり。 goo.gl/maps/slnZn 流石に界隈は歩いて行くのはムリぽなんで友人の車で運んで貰いました。 ありがとうございました。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 銚子は新田の明王山真福寺。 安倍晴明が延命姫を振り切る為に投身偽装を行ったあとに逃げ込んだ寺。 境内には延命姫の死後に罪滅ぼしのために晴明が籠もり荒行をした堂が「晴明堂」と伝わる。 pic.twitter.com/9P9jtAaqcd
拡大
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 _φ(・_・.。oO(位置関係 赤印が安倍晴明が籠った真福寺 goo.gl/maps/LP8xk その北西には常燈寺(常世田薬師) goo.gl/maps/mwBLi pic.twitter.com/w4Wv7T8c9Q
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(・_・;).。oO(安倍晴明伝説の続きはまたのちほど。 次から、ようやく川口神社に入れますw
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【安倍晴明伝説で辿る銚子の寺社】 続きをば。 屏風ヶ浦で投身してしまった延命姫。 遺体は、全身は海流にのって粉々に打ち砕かれ、髪の毛は銚子川口の岩にからみつき、歯と櫛が川口の地に打ち上げられた。 流れ着いた歯と櫛を丘に埋めて祀られたのが、銚子の川口神社。 続きます…
残りを読む(17)

コメント

白川行雅 @shirakawainari 2015年7月28日
現代の感覚だと姫が醜いから逃げるというのは酷い話ですが、黄泉醜女に見られるように醜さは死や忌みに繋がる属性だったんでしょうね。だとすると宗教者がそれを必死に避けるのは当然かも。どうせ平安時代だから姫の顔を見ずに結婚の約束をしてしまったんでしょう。しかし後から覗き見てこれはヤバイとw
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする