Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
炎症が進行に影響=パーキンソン病患者で調査-京都 jiji.com/jc/zc?k=201507… 手足の震えなどが起きるパーキンソン病の進行に、体内のさまざまな炎症が影響していることを確かめたと、国立病院機構宇多野病院(京都市)の沢田秀幸臨床研究部長らのグループが発表した。
リンク 時事ドットコム 炎症が進行に影響=パーキンソン病患者で調査−京都 手足の震えなどが起きるパーキンソン病の進行に、体内のさまざまな炎症が影響していることを確かめたと、国立病院機構宇多野病院(京都市)の沢田秀幸臨床研究部長らのグループが発表した。論文は28日付の米科学
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
(続)論文は28日付の米科学誌プロスワンに掲載された。 (論文:Baseline C-Reactive Protein Levels and Life Prognosis in Parkinson Disease journals.plos.org/plosone/articl…
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
(続)研究グループはパーキンソン病患者313人を対象に、血液中のたんぱく質「CRP」の数値を平均約8年、最長で10年間追跡。生存率との関係を調べた。
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
(続)CRP値は外傷や肺炎など、炎症が起きると上昇する。炎症性のけがや病気がない平常時にCRP値を測定した結果、数値が低い患者グループは10年間の生存率が約70%だったのに対し、高いグループは50%未満だった。
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
(続)パーキンソン病は進行すると、筋肉のこわばりなどが原因で、誤嚥(ごえん)性肺炎や窒息で死亡するケースが多い。がんなど他の病気による死亡例を除いた上で、患者の年齢などのばらつきを補正したところ、血中のCRP値が2倍になると、死亡リスクが約2割高まるという。
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
(続)沢田部長は「小さな虫歯など、体内のわずかな炎症が進行に影響を与えている可能性がある。肺炎や骨折などは一時的にCRP値を大幅に高めるので、パーキンソン病患者は早めに治療してほしい」と話している。 (2015/07/29-04:55)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする