地球に小惑星が衝突する!?
リンク jp.sputniknews.com 2017年 地球に破滅的な被害をもたらす小惑星が衝突? 専門家たちは、100年以内に小惑星が地球に落下する恐れがあると警告した。

以前は深宇宙に位置していた未知の小惑星帯が、今は太陽系に向かって「疾走」しているという。これは、この小惑星帯が2020年にも地球に衝突し、生命は滅亡し、非常に長い歳月にわたる気候変動が起こる可能性があることを意味している。
米航空宇宙局(NASA)は、不安な情報を入手した。2017年から2113年の間に、400回の衝突が起こるという。これは、最近60日の間に宇宙で確認された新たな物体の観測を基に出された結論。
大多数の小惑星は、2階建てバス7台分に相当する直径およそ100メートルで、莫大な損害を与える恐れがあるという。

リンク BIGLOBEニュース 今年9月24日に小惑星が衝突、地球滅亡!? 海外メディアで大騒ぎ! 今年9月24日に小惑星が衝突、地球滅亡!? 海外メディアで大騒ぎ!‐世に根強く存在する終末思想――。一部のキリスト教原理主義者の間では世界の終りはもう3カ月先に迫っていると信じられている。その日に一体何か起きるというのだろう
リンク 秒刊SUNDAY | 最新の面白ニュースサイト アルマゲドンかよ!NASAが小惑星に核爆弾を仕掛けることを検討か : 秒刊SUNDAY | 最新の面白ニュースサイト 遅かれ早かれ、地球滅亡はいつかやってきます。人類の滅亡、そして地球が滅亡する確立は現在のところ何を隠そう100%なのです。それが隕石なのかそれとも宇宙の終わりによるものなのかは定かではございませんが、その頃我々の墓はどうなってしまうのでしょうか。ただそれ

NASAは国家核安全保障管理と提携し、ゆくゆく迫ってくる地球を滅亡させる小惑星の破壊のため、核爆弾を準備検討をしていることを明らかにしたという。つまり巨大な小惑星を核爆弾で事前に破壊してしまおうという、まさにアルマゲドンのような発想。

英サウサンプトン大学のピーター・アトキンソン教授とクレメンス・ラム研究員が、「世界小惑星の日(6月30日)」に合わせて発表した報告書「世界の小惑星衝突とその影響分布」によると、2100年までに小惑星衝突によって被害を受ける危険性が最も大きい国は中国だという。以下、インド、パキスタン、インドネシア、ブラジル、ナイジェリア、ドミニカ共和国、バングラデシュ、日本、アンゴラなどが続き、韓国は17番目に危険度が高いとされた。米国は11番目だった。

地球にミニ氷河期がやってくる!?
リンク WSJ Japan 地球は「ミニ氷河期」入りか、2030年までに-科学者が警告 欧州の科学者たちは、2030年までに過去370年ほど経験したことのない「ミニ氷河期」が訪れる可能性があると警告している。

欧州の科学者たちは、2030年までに過去370年ほど経験したことのない「ミニ氷河期」が訪れる可能性があると警告している。
バレンティーナ・ザーコバ教授率いる英ノーサンブリア大学の研究者たちは、数学モデルに基づき、太陽活動が60%低下し、地球の気温が急低下すると予想した。

米航空宇宙局(NASA)のコンサルタントやスペースシャトル・エンジニアを務めた経験のあるジョン・ケイシー氏は「ダーク・ウインター」というタイトルの著書で、穀物の不作や食糧暴動が起きる可能性について警告している。

WIRED.jp @wired_jp
太陽の活動周期に関する新しい数学モデルによると、「小氷期(ミニ氷河期)」が、あと15年ほどで再び訪れる可能性があるという。(昨日のアクセス2位) bit.ly/1CCUbiI pic.twitter.com/IO18bj0eRP
拡大

‐太陽活動周期‐
2022年にピークを迎える第25周期までは、2つの波がお互いを相殺する傾向が次第に強まるという。
2030年から2040年にかけての第26周期に入ると、2つの波の同期が完全にずれ、太陽活動が「大幅に低下」するという。
「第26周期では、2つの波が完全に鏡のような動きになります。ピークの時期は同じですが、それぞれ太陽の反対側の半球内で発生します。この相互作用は阻害的、つまりお互いをほとんど打ち消してしまいます。これによって、『マウンダー極小期』の特性が生じることになると予想しています」と、ジャルコヴァ教授は述べている。
さらに研究が必要なことはもちろんだが、仮にジャルコヴァ教授の予想が正しければ、370年間にわたって人類が経験することのなかったような、凍りつくような気温に戻ることになる。

リンク NAVER まとめ 富士山噴火!ペスト流行! マウンダー極小期に起きた人類史に残る大事件!!! - NAVER まとめ 世界的な異常気象、東日本大震災、エボラ出血熱、御岳山噴火。じつはこれに類する一連の出来事が頻発していた時期が、過去にもある。17世紀半ばから18世紀初頭にかけて...
ハフポスト日本版 @HuffPostJapan
【な、なんだってー!】7月のハワイで雪が降った huff.to/1Md1LCL pic.twitter.com/QPQ7mgyxye
拡大
イザ!編集部 @iza_edit
【「15年後にミニ氷河期」の衝撃】主要国が地球温暖化対策に取り組むなか、「2030年にミニ氷河期がやってくる」という衝撃的な研究結果が大論争を巻き起こしています(イザ!編集部)iza.ne.jp/topics/world/w… #環境問題 pic.twitter.com/kShhp2Kaui
拡大
産経ニュース @Sankei_news
研究チームは「ほぼ100%の確率」としていますが、はたして。 「2030年にミニ氷河期」大論争 英研究チームが衝撃の警告…気になる大論争の行方 sankei.com/premium/news/1… @Sankei_newsさんから pic.twitter.com/0uDavG8d09
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする