静岡の産業・プラモについて

静岡の産業として一部で有名なプラモのお話を、「しずおかホビーは凄い!」という本を参考に語ってみました。
模型 アオシマ 静岡県 地場産業 タミヤ 木工 徳川家康 静岡 プラモデル
50

話は数日前にさかのぼりますが、社会の先生に静岡の特色というか産業というか、そこらへんをずらっと羅列されたのですが、その中に触れられていない産業がありましたので、ご紹介。

@niseusa
マティウス陛下がちょうどいらっしゃる気がするので、この前語り忘れていた気がする静岡の産業を一つご紹介。
@niseusa
っていってもその筋の人には有名な話なんですが、教科書レベルに有名かといわれると、どうなんだろう。この頃見てないのでなんともですが。ってことで、しずおかのホビーについて。
@niseusa
そもそも静岡では年に一回ホビーショウが開かれ、全国から企業や模型好きなどが集まっているが、そもそもなぜ静岡なのか。東京ではないという点。人口や会場規模などを鑑みれば本来は東京近郊なのだろうが、静岡ホビーショウはあくまで静岡でひらかれるのである。
@niseusa
ではなぜ静岡なのかというと、模型、とりわけプラモの生産量が全国一だからである。また、大手模型メーカーの多くが静岡または静岡近郊に集中して拠点を構えているためである。実際、静岡の街、少し中心から外れたあたりには、模型メーカーのビルをそこかしこに見ることができる。大体田宮だけど。
@niseusa
静岡でこれほど模型産業が盛んな理由として、地理的な要因からは、豊かな森林資源があることがあげられるが、歴史的な要因からは江戸時代初期、徳川家康公の時代にまでさかのぼって考えることができる。
@niseusa
徳川家康公といえば、浜松でも家康君というゆるキャラがいるが、浜松では散々な目に合ってるのに対し、静岡では晩年を過ごすなど穏やかな印象がある。その徳川家康が静岡の地に駿府城を建て、家光が浅間神社を建てているのだが、その時に各地から名工を集め、彼らは静岡にそのまま住みついたらしい。
@niseusa
木を扱う名工たちの技術が静岡の地で脈々と受け継がれていき、江戸時代では木工産業が栄えてきた。そして明治期に入ると、今度は模型飛行機の生産が全国でも盛んになり、昭和初期に青島次郎氏が開発した模型飛行機が一世を風靡すると、近隣の木工職人等が後を追い、模型産業が盛んになっていく。
@niseusa
ちなみにこの青島氏というのは、どうも静岡県初の民間飛行士でもあり、大手模型メーカー、青島文化教材社の創業者でもあるとのことである。建具職人としての技術もあったらしいので、色々出来る人なんだろうなぁ…。まぁともかく、青島氏が模型飛行機の生産で牽引していき、産業が発達した、らしい。
@niseusa
そしてせっかくの模型飛行機による産業の流れも、戦後のGHQの占領下において「航空禁止令」が出されて模型の飛行機も製造販売が禁止されると、転換を余儀なくされた。ここでどっちに転換したかというと、文具や小家具などの、木製の学校教材のほうであった。さらに木製教材キットへと流れていく。
@niseusa
ここらへん全然詳しくないのだけども、どうも戦前あたり、模型飛行機を学校で作る、ということはよくおこなわれていたらしい。図工のカリキュラムにも含まれていたとか。さてここから今度は戦後にうつるのだが、まだ模型は木製である。では今日のようなプラスチックモデルになったのはどのような経緯か
@niseusa
これも、昭和20年代の終わりあたりにアメリカから持ち込まれたプラモが元となり、次第に海外製プラモが流行りだすにつれて、東京の玩具・模型メーカーであるマルサンが最初にプラモを発売したのがきっかけ、だとされる。静岡の模型メーカーが危機感を募らせ、プラモへの転換を迫られていく。
@niseusa
が、どうもプラスチックの金型作りなどにすごくお金がかかるのもあって、田宮なんかも第一弾がこけたり、大ヒット出したのが静岡近隣の焼津にあるメーカーだったり、その間に模型メーカーがつぶれたりと、かなり多難な時期があったようだ。
@niseusa
だが、漫画やアニメのキャラクター、乗り物などをプラモ化したり、パッケージに有名なイラストレーターを起用することで爆発的なヒットを生みだしたりと、後につながる大きな改革をいくつもの会社がいくつも行うことで、今日まで続く産業となって行ったのである。
@niseusa
ちょっと紹介しきれないくらいの色々な工夫とかいっぱいあってすごいんだけども、有名なエピソードとして、田宮模型の田宮俊作氏が、リアルなプラモデルを作りたいからと本物のポルシェ買って、分解してそれを元に精巧なパーツを作った、という話を紹介してみる。外から見えない中の部品にもこだわり。
@niseusa
ちなみに最初に鉄人28号やサンダーバードの模型を作って大ヒットさせた会社はのちに潰れ、そのノウハウとか職人とかはバンダイへと引き継がれていたりと、本当に紆余曲折。ってことで、一連のツイートの参考図書は財団法人静岡県文化財団から出てる「しずおかホビーは凄い!」という本でした。
@niseusa
模型の主流はプラモに移ったけど、その試作品はやっぱり木で作ったりもするので、そこらへんに昔の木工職人の流れがまだ残っているそうです。玩具メーカーではなく模型メーカーだからこその精巧さとかこだわりとか、それが今日まで生き残ることができた要因、であるかもです。
@niseusa
ってことで静岡の模型産業を紹介してみたのだけど、なんかの時にトリビアとしてでも使っていただけると幸いです。

コメント

まどちん● @madscient 2015年8月3日
今井科学の名前は出しておくべき。一度経営不振で傾いたときに、サンダーバード等の金型(増し型)をバンダイに売却して再建。バンダイは今井から買った金型を運用するためにバンダイ模型を静岡に作った。
まどちん● @madscient 2015年8月3日
田宮がプラモデルに参入して最初に作ったのがパンターなんだけど、このとき多額の金型製作費を借り入れてたのでコケたら即倒産という状況。このパンターは小松崎茂画伯の箱絵のおかげで大ヒットした。田宮の事業を軌道に乗せたのは小松崎茂と言っても過言ではない。
まどちん● @madscient 2015年8月3日
このパンターの箱絵というのが本当にいい絵で。キットが絶版になった後はプレミアついて箱だけでも高額がつくほどだったという。小松崎茂はこのあと今井のサンダーバードの箱絵も手掛けてたので、静岡のプラモ産業は小松崎茂が育てたといってもいいかもw
@niseusa 2015年8月3日
おおお、ここでは省略した詳しいお話、ありがとうございます! そうなんですよね、小松崎茂氏の箱絵、本当に重要なターニングポイントであるのですよね! あまり詳しく詳しく語ってしまうと、参考図書そのままになってしまうので避けたのですが、ここでコメント頂けて非常にありがたいです!ありがとうございます。
市川絡繰 @awajiya 2015年8月3日
青島次郎って人は,模型の製造販売の前は実機を作って飛ばしてたのだっけよなぁ.アオシマに勤めてる友人に写真を見せてもらったことがある.
まどちん● @madscient 2015年8月4日
ちなみに、小松崎茂画伯が最期に描いたプラモの箱絵がマーミットのアダムスキー型円盤。 http://www.hobbymax.jp/ma-enban.htm
inu@聖地の合間 @inu_uni 2015年8月4日
戦前学校教育で模型飛行機を作らせていたのは、軍事技術者育成という面もある。戦時中の物資統制下でも特別に資材を融通してもらっていたりもした。
白ぱんだ(桁あふれ) @whitepandajp 2015年8月4日
プラモは金型を作る前に原型として精密な木型が必須でしたから、その技術も活用されたのでしょう。いまはコンピュータで直接、金型を起こせるんでしょうけれども。いまのタミヤには木型部の名前はないんですよね。
白ぱんだ(桁あふれ) @whitepandajp 2015年8月4日
田宮のプラモ第1作は戦艦大和のようで、「パンサータンク」が第2作ですね。小松崎茂画伯のボックスアートもさることながら、説明書が丁寧で組み立てやすく、よく走る、という、今のタミヤに通じる良キットだったことも、ヒット要因でしょう。
青谷三郎 @aotanisaburo 2015年8月4日
もう今時はモックアップなんてなかなか作れないわな。金がかかりすぎる。日本の職人技は超一流だが百万以上かかる。中国ならその数分の一で済むがそれでも高い。今時はプラモが売れないからね。製品が千単位でしか売れないのにモックアップに100万もかけられないだろ。もう3Dプリンターの時代だ。
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2015年8月4日
なんか民明書房みたいな謂れだけど凄い。
@niseusa 2015年8月4日
おお…省略した情報から知らない情報まで、なんか知識の坩堝になっていく…ありがたいです…。
えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 2015年8月5日
イマイさんの事伏せる必要あったんだろうか?
まどちん● @madscient 2015年8月5日
whitepandajp ああ、失礼。タミヤの最初の大和は全然売れなかったんですね。
まどちん● @madscient 2015年8月5日
そういえば和田慎二の超少女明日香シリーズで、プラモマニアの男の子の気を引くために女子高生がどっかからパンサータンク見つけてきてプレゼントするというエピソードぶっ込んだということも。和田慎二先生はモデラーとしても知られていたが少女漫画でこんなネタぶっ込んでもメイン読者層にはほぼ伝わらなかったんじゃねえかなw
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする