東京16区(江戸川区・一部を除く)選出の大西英男衆院議員(自民)の『各個撃破』発言と、それに関するTBSラジオ・Sessionn22 DailyNewsSessionn(7月31日放送分)での荻上チキさん・南部広美さんのやりとり

まとめました。
政治
1
橋本 至 @kid75
反原発コメンテーターを「個別撃破」大西議員、エネ庁幹部に要求tokyo-np.co.jp/article/politi…東京16区(江戸川区)選出・大西英男衆院議員の発言『個別にどんどん正確な知識を知らせていくべきだ。各個撃破でいいからぜひ行って、皆さんの持っている知識を知らしめてください』→
橋本 至 @kid75
続)『安保法制が一段落つけば、九州電力川内(せんだい)原発がようやく再稼働になるが、こういった(再稼働)問題にマスコミの攻勢が行われる』『ことさら原発再稼働反対の意思を表示している。一般の人たちが聞くと、あたかも日本のエネルギー政策は間違っているというとらえ方をしかねない』引用了
橋本 至 @kid75
原発批判のコメンテーターは「各個撃破」headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-…東京16区(江戸川区)選出大西英男氏『エネルギー庁をはじめ役所の方が、個別にどんどん正確な知識を知らしめていくべきだ。各個撃破でいいから、ぜひ行って、みなさんの持っている知識を知らしめてください』→
橋本 至 @kid75
続)『テレビのワイドショーでコメンテーターが、ことさら再稼働反対の意思を表示し、「ヨーロッパは風力が増えている。日本は何の努力もしていない」と言われている』→
橋本 至 @kid75
続)『日本では風力発電は伸びないと主張したうえで、「やつらも一応インテリ。知識がないことには劣等感を感じる。新しい知識、正しい知識を提供していくべきだ」などと語った』(引用了) やつら、か。
橋本 至 @kid75
【7月31日のTBSラジオ・Session22 Daily News Session】大西英男衆院議員の『各個撃破』発言に関する荻上チキさん・南部広美さんのやりとりを、できるだけ書き起こしたものを以下に連投。
橋本 至 @kid75
続)荻:(6月末に)マスコミの囲み取材で大西氏が何を言ったかというと「いや別に圧力をかけるみたいな、そんなことは言ってないですよ。あくまで一つの例として広告料をなくしてくれと言ったつもりで、やってはいけないけれどもそうしたこともあるんではないか…ということを言ったんだ」と。→
橋本 至 @kid75
続)で「ああ、じゃあ懲らしめる気はないんですか?」と(記者に)訊かれたら「いや懲らしめる気はあるんですよ」と… 南:そこまでずいぶん長いやり取りの中で、最後の方になって… 荻:出てきたというのがあって、更に二度にわたって厳重注意を受けたという経緯がありましたね。→
橋本 至 @kid75
続)荻:今回は「『反原発』と言っているコメンテーターがいた」っていうことなんでしょうね。それに対して「各個撃破して、個別に行くべきだ」って。つまりプライベートではなく、テレビで会うのでもなく、そうしたコメンテーターにアポを取り、資料を持って行って「一人一人啓蒙してください」と。
橋本 至 @kid75
続)荻:そうしたらきっとコメンテーターはプライドがあるから「ぐぬぬ…」と。「ああ自分は論破されたー!間違っていました」っていう状況にするということ、なのでしょうか?なんだか言っていて馬鹿馬鹿しくなっちゃった
橋本 至 @kid75
続)南:「各個撃破」っていう言葉を用いているっていうことは、一人一人説得していくっていうことでしょ? 荻:そういうことなんでしょうね。で、これは二重に大西さんや永田町などが持っているリアリティというものを浮き彫りにするものだと思います。→
橋本 至 @kid75
続)荻:先ずひとつ目には…「各個撃破」という表現は不穏当な感じがしますけれども…個別訪問のレクチャー、「官僚のご説明」というのは今でも行われているわけですよ。色んなところで。
橋本 至 @kid75
続)荻:僕のところにも来ましたよ。財務省から。財務省が持ってきた資料をウェブで全部公開したら二度目がないんですけども…。その時に、何人もの識者の名前を挙げられて「この人のところにも行っていますし。この人のところにも行っていますし」って言われて…→
橋本 至 @kid75
続)荻:でも行ったこと自体が「その意見を吸収する」ということではないから、行ったから必ずしも真に受ける…丸呑みする訳じゃないでしょ?だからレクチャーを受けるっていうことは「なるほどこの省庁はこう考えているんだ」と距離を取ることもあるので、それ自体は一つの取材方法でもあるし。→
橋本 至 @kid75
続)荻:レクチャーをすること自体は別にいけないことではないんです。 けれどもレクチャーのやり方や動きによっては、政権のや労としていることと真逆のことをやるというか、潰そうとしている省庁というのが見えてくることもあるし、→
橋本 至 @kid75
続)荻:或いはそこで配られているペーパーを見ると、デマとかデーターをいじってミスリーディングな内容が記されていると「こんなにごまかしをしてまでこれを通したいんだ」とか「これを阻止したいんだ」ていうことが見えてくることがあるわけ。→
橋本 至 @kid75
続)荻:だからそのレクチャーを受けて得た情報を突き詰めていくと、省庁の思惑っていうものが透けて見えてくる点があるわけですね。レクチャーは日常茶飯事でやっている。だから「反原発について皆さんガンガンいってください」といった発想が自然に出てきた…というのが一点目。→
橋本 至 @kid75
続)荻:もう一点のリアリティというのは、要するに大西さんなどが持っているメディアの在り方が「自分たちの思い通りにいかないものであれば、何とかしてその論調を変えたい」というようなものだということ。→
橋本 至 @kid75
続)荻:ここが結構ミソで、公の場に出て反論して説得力を持って国民を説得するっていうことではなくて、論調を変えようとするのが特徴ですよね。でそれが例えば露骨なやり方でメディアに介入するっていう方法もあれば、→
橋本 至 @kid75
続)荻:そうではなく何かを言われないような範囲の中で『各個撃破』っていうことをいう訳でしょ?むしろ官僚の人がラジオ等に出てきてくれればいいんじゃないですか? 南:コメンテーターの人に説明するんだったら、自ら出てきて皆さんに説明するっていうのはありなんじゃないかと思うんですけど…
橋本 至 @kid75
続)荻:色々なやり方がありますよね。だから崎山さん(TBS記者)と一緒に聴きますから、例えば資源エネルギー庁の役人の方が来てくれるとか… 南:私も聴きたい。すごく興味ありますもん
橋本 至 @kid75
続)荻:多くのリスナーや国民にとって「なるほど、そういうことを言っているのか」っていうことで、むしろフラットに聴けるじゃないですか。だから「各個撃破」と言わずに、普通に国会で情報を出し、ウェブサイト等でも情報を出し、メディアなどでも情報を出し、→
橋本 至 @kid75
続)荻:それぞれの省庁が出しているペーパーなどでも出し…ということをベースとしてやっていくというのがいいと思うので、そうした情報発信をどんどんやってほしいですね。→
橋本 至 @kid75
続)荻:もう一つ面白いのが「各個撃破でいいから、みなさんの知識を知らしめてください」と議員の方が役人に投げているっていうのはね…大西さんがやればいいんじゃないですか?いろんな人に会いに行ってさ 南:誰かに頼むんじゃなくて、ご本人が直接…っていうことですか?
橋本 至 @kid75
続)荻:「懲らしめる」とか言わないでねぇ。知らしめる、っていう方で行くならそれでいいじゃないですか?議員の方が色々なところに行脚して勉強会をやりました、っていったらそれはそれで評価されることでしょう?という訳で、期待しています。色々な形で 南:説明を、ですね (了)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする