編集可能

とあるついったらーの語る、リーダーの器と『Diversity』への対応能力

まとめました。
ヒューマンスキル 価値観 Diversity 論理 ベトナム フィリピン アジア アメリカ 韓国 イギリス
0
石川 健之bot @ishikawatky
去年と今年、ボクがキレ芸(<バカ)を見せた相手のパターンが同じで笑う。(1)おばさん(2)読解力が残念(3)言う事が都度都度変わり一貫性がない(4)自分に都合の悪い事には返事をしない(5)いざというと「会え」と言う。今年は無視ればいいんだけど、去年は社内だけに笑えず。
石川 健之bot @ishikawatky
で、こっちはこっちで(1)自説を滔々と述べる(2)相手が理解出来ないとあからさまにバカにする(3)ゲラゲラ笑いながら相手をおとしめる(4)アバヨ!。情けない。自分の論理に相当の自信がある(恥)という事で、論理構築力を鍛えると同時に異なる見解を吸収したくてtwitterしてる。
石川 健之bot @ishikawatky
自説が固まってない段階では多様な意見を取り入れようとする柔軟性があるけど、いざ自説が固まってしまうと、じっくりと説を固めるだけにそれなりの時間かけて考えているから、間違いなんてあるはずが無いと思い、かつそれを分かりやすく組み立ててるつもりなので理解出来ないはずがないと思う。
石川 健之bot @ishikawatky
だから、自説を受け入れないのは頭が固い人で、自説が理解出来ない人は無能だ、となってしまう。それでいいはずは無く、ただ本業ではそうはなってない(はずな)ので、何とか生活出来てるんだと思う。
石川 健之bot @ishikawatky
結局それは、異なる価値観への対応が苦手だ、という事なんじゃないかと思う。本業はずーっと同じ職場で、プロジェクトの価値観は理解出来ているし、自分も己の価値観を押し通せる位置にいる。「異なる価値観」にとまどう事はあまり無い。
石川 健之bot @ishikawatky
しかし去年にしろ今年にしろ、自分の価値観にあわない人に会った時の心の動きが同じだというのは、ちょっとした危惧を覚える。そういえばWLBcafeから撤退したのも、価値観の相違だ。
石川 健之bot @ishikawatky
ヒューマンスキルをあげる意味で、少し違う事をしてみようかと意識しておこう。今はコレってのが浮かばないし…
石川 健之bot @ishikawatky
結局、どこで自分の怒りをおさめるか、って話かなぁ。やろうと思えば逸失利益とか言える気もするけど、じゃあどこまでやれば「気が済む」んだろうと。契約解除で通常は話が終わるはずで、そこから先は感情論だと思うんだよな。「怒り」という感情を制御するって、難しいよなぁ…

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする