日本海軍の暗号について(雑文)

日本海軍の暗号についてtweetする度にこちらにまとめて後から見直せるようにする個人まとめ。
9
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

「(アテヨイカス)ミユトノケイホウニセツシ(ノレツヲハイ)タダチニ(ヨシス)コレヲ(ワケフウメル)セントスホンジツテンキセイロウナレドモナミタカシ」着信電報文であるが非常にわかりやすい暗号でおそらく日本海海戦時の暗号書は暗語と原語を五十音順に並べた一冊制である可能性が非常に高い。

2015-08-07 10:45:22
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

()内の暗号部分については以下の通り アテヨイカス:敵艦隊 ノレツヲハイ:聯合艦隊ハ ヨシス:出動 ワケフウメル:撃沈滅 この時の日本海軍では完全な暗号文の他に先のような平文と暗号文の混用が存在する。構成については海軍暗号書Dに似ているが改善すべき点もある。

2015-08-07 10:50:16
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

暗号についても突き詰めていくとトチフだけでは何の意味を持たないのであれだけでの使用は価値が無い。

2015-08-07 10:52:08
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

次の集会ではこれも含めてさらに原理等も解説していこう。

2015-08-07 10:57:23
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

先のの電報文は平文と暗号文の混用であったが、別の例として『タタタタ(モ四五六)「YR」タセ』という電報文がある。訳文は「敵艦隊見ユ 四五六地点 信濃丸」である。連送符号は発見報告の定型文、次にくる仮名単文字についてはサ(我)ス(速力)メ(方向・針路)モ(地点)といった内容を

2015-08-07 21:17:56
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

限定した符号となっている。従って仮名単文字に続く数字もしくは英字については頭にくる仮名単文字によって意味が異なる。『ホホホホ メ「AJ」 モ二八〇」という電報文を別例とすると訳文は「敵 東北東 二八〇地点」となり意味は「敵は二八〇地点を通り、東北東に向かう」である。

2015-08-07 21:22:40
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

頭に仮名単文字が付かず「」内に英字がある場合は彼我の艦艇名となる。例としては「K」三笠、「AY」厳島、「YR」信濃丸、「ROB」ボロジノがそれだ。頭文字の英字は艦種であったり国別を意味する。また味方の艦艇や部隊にはこの他に仮名二文字が重複配当されている。

2015-08-07 21:28:27
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

その例が「ミハ」三笠、「イチ」厳島、「ニワ」日進である。この場合、頭文字が該当する艦艇名になり、下は該当する暗語となっている。

2015-08-07 21:31:06
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

トチフの本当の使用方法とその価値について、そして海軍暗号との関係性について別の場所でも話はしたんだが、海軍暗号書Dについては日本海軍の基準ではたしかに「無限乱数」になるのだが実際には「有限乱数」である。

2015-08-20 22:49:14
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

その意味を考える上で暗号を理論的に解読不可能にするための方法というか原則は無作為抽出により作成された不規則平等な乱数の使用を『一度だけ』暗号作業時に使用すること。これに尽きる。

2015-08-20 22:51:56
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

欧米では「one-time system」、俗に「トイレットペーパー」と呼び、すなわち無限乱数とは乱数表の様式や長さではなく、その使用方法を限定するものなのである。その点でいうとトイレットペーパーという表現は非常に的確な表現だといえる。

2015-08-20 22:56:16
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

欧米に比し日本陸・海軍でいう無限乱数というのは単に乱数の長さに関する形容詞に過ぎず、特に日本海軍では乱数表のページ数が100ページ以上あるものに付けられた名称であって、冒頭にも述べたように実態は「有限乱数」である。乱数表は1ページにつき100語ずつ掲載されていたから…

2015-08-20 23:00:24
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

全体で1万語以上の乱数表が「無限乱数」と呼ばれていたに過ぎない。たしかに1語は四~五数字でできていたので単純に4~5万字になるといえば非常に長い乱数とはいえるとは思うが。

2015-08-20 23:03:18
サムライ@戦史&九六式25㎜機銃研究家 @samurai__25mm

本来、電文をやるというのはこういった基本的なことも含めて暗号についても理解した上でトチフを使用してやるものだから、どれかを単体でやることに価値はあまりない。普通の電文内容は戦史をやる上で読めて当たり前だし、トチフにしても実際に使用された箇所だけを知っていれば良い。それ以上は暗号。

2015-08-20 23:10:13

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?