『 #花とアリス殺人事件 』特典裏話・叶精二氏( #岩井俊二 監督 Shunji IWAI)

※個人的まとメモ。問題あれば善処しますのでコメント欄などで御一報。 ---------------------------------------------------------------- 「花とアリス殺人事件」http://hana-alice.jp/ 配給:ティ・ジョイ、公開:2015年2月20日、上映時間:100分 ---------------------------------------------------------------- 続きを読む
5
リンク Wikipedia 花とアリス 『花とアリス』(はなとアリス)は、岩井俊二監督の日本映画。長編と短編の2つが存在する。また、岩井俊二本人によるコミカライズ作品が角川書店より出版された。 前日譚となる関連作品『花とアリス殺人事件』(はなとアリスさつじんじけん)が2015年2月長編アニメーション映画化された。 2003年にキットカットの日本発売30周年を記念してネスレコンフェクショナリー株式会社が運営するウェブサイト「ブレイクタウン」でネット配信された短編映画。第一章「花の恋」、第二章「花の嵐 I 秘密」「花の嵐 II 乱舞」、第三章「花と
映画『花とアリス殺人事件』 @hanatoalice2015

史上最強の転校生、アリス。 史上最強のひきこもり、花。 二人が出逢ったとき、世界で一番小さな殺人事件が起こった。 岩井俊二監督最新作『花とアリス殺人事件』ブルーレイ&DVD、8/12いよいよ発売!

http://t.co/QT0oPG02Zi

リンク KIT KAT BREAKTOWN 花とアリス殺人事件 2015年2月20日に全国ロードショー!岩井俊二監督 最新作『花とアリス 殺人事件』の公開を記念して、2003年に「ブレイクタウン」で公開された『花とアリス』のショートフィルム第一章~第三章を再び限定公開!

リンク Wikipedia 岩井俊二 岩井 俊二(いわい しゅんじ、1963年1月24日 - )は、日本の映画監督・映像作家・脚本家・音楽家。脚本家としては、網野 酸(あみの さん)というペンネームを用いることもある。血液型はO型。 宮城県仙台市出身。仙台市立西多賀中学校、宮城県仙台第一高等学校を経て、1987年、横浜国立大学教育学部美術学科卒。学生時代から小説家を目指し、美術の学科に入ったのもその道に影響すればいいと思ったためである。絵はあくまでも趣味で描き、漫画の持込みなどもした。卒業前にも就職活動をせず、とにかく映像関係の仕事に就くため
リンク Wikipedia Shunji Iwai Shunji Iwai (岩井 俊二, Iwai Shunji, born 24 January 1963) is a Japanese film director, video artist, writer and documentary maker. Iwai was born in Sendai, Miyagi, Japan. He attended Yokohama National University, graduating in 1987. In 1988 he started out i
岩井俊二映画祭 @iwaiff

#岩井俊二 監督最新作 🎥『#チィファの手紙』9/11公開🎥『#8日で死んだ怪獣の12日の物語』全国のミニシアターにて順次公開中。オンラインでも上映中! 🎥『 #ラストレター』Blu-ray&DVD絶賛発売中! 📧お問い合わせ:contact@iwaiff.com


叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

映像研究家。亜細亜大学・大正大学・女子美術大学・東京工学院アニメーション科 講師。「高畑勲展」展示アドバイザー・図録執筆担当。著書『日本のアニメーションを築いた人々 新版』発売中。 「論座」原稿➡️webronza.asahi.com/authors/201402…

yk.rim.or.jp/~rst/index.sht…

叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

ポニーキャニオンさんから『花とアリス殺人事件』ブルーレイ・DVDサンプルを頂きました。岩井監督のラフをあしらったピンクのケースが綺麗。 特典ディスク収録の高畑勲監督・新海誠監督インタビューの聞き手を務めました。 明日、8月12日発売。 pic.twitter.com/W9bimh3GxW

2015-08-11 07:58:45
拡大
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(1)発売記念の短期連載。叶の担当分は、特典ディスク内〈Creator's Interview「花とアリス殺人事件」を語る〉。具体的には高畑勲監督・新海誠監督インタビューの聞き手、一部注記挿入箇所の選定と当該テキスト、編集・構成上の助言などです。

2015-08-12 00:00:03
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(2)単独取材で記事を書くことが多いので、短期間でしたが関係各社の方々や撮影・照明・編集等スタッフの皆さんと共同でお仕事をする機会は貴重で、楽しかったです。編集・注記は何度もやり取りを行いリテイクを繰り返し、ようやく完成に至ったという感じでした。

2015-08-12 00:07:56
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(3)◇ポニーキャニオンさんから仕事の依頼を頂いたのが5月20日。高畑勲監督の聞き手ということでスタジオジブリさん経由の有難いお話。1ヶ月以内に監督2名のインタビューを撮影、映像を完成させる予定とのこと。大急ぎで作品を再観賞、質問・進行案を提出。

2015-08-12 00:23:19
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(4)国内の他監督作品について高畑監督が取材に応じ、それが特典映像として収録された前例は殆どありません。海外作品では御自身が翻訳等に携わったグリモー、オスロやショメ作品など幾つか例がありますが。多分、岩井俊二監督は高畑監督にとって特別な存在です。

2015-08-12 00:37:51
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(5)高畑監督と岩井監督が遠縁の親戚であることは今や周知の事実。16年前『となりの山田くん』特集誌の構成会議で、寄稿依頼者に岩井監督の名が挙がり、その際某編集から伺った記憶が。今回、初めてお二人の直接の出会いについて詳しく伺うことが出来ました。

2015-08-12 00:52:46
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(6)高畑監督の撮影は6月4日午後にProduction I.Gで行われました。高畑監督は業績評価について常に客観的で厳しい方です。「親戚だから」はさておき、出会いの時から岩井監督の演出手腕を高く評価されていらっしゃるという印象を受けました。

2015-08-12 01:15:32
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(7)高畑監督のインタビューは約90分行いました。特典は1/3程に編集されており、収まり切らなかった内容が多々あります。たとえば、セルアニメーション制作の定型から外れた手法で作られた(一例として岩井監督のコンテはフキダシ付漫画風)意義について。

2015-08-14 00:26:47
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(8)◇(以下、叶の要約)業界外参入の場合「こういう手順であらねばならない」という現場条件から出発せざるを得ず、その時点で動きや画面のクオリティは制限され、一線を超えられない。しかし、本当にその制作法で良いのかどうかを事前検証されることは余りない。

2015-08-14 00:39:46
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(9)◇岩井監督は従来のセルアニメーションのリアリズムに満足せず、初めから自身の表現したい到達点が鮮明であって、制作手順や技法はそこに至る為に模索・構築したのでは。アニメーターの心意気を信じて任せるとか、ロトスコープに絶対的信頼を寄せるわけでなく。

2015-08-14 00:50:01
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(10)◇ロトスコープは情報過多で線に分解すると不気味になるケースが多く、それを違和感なく馴染ませる為には細部に亘って修正するセンスが問われる。元来ロトスコープは役者の「名演技」的所作の再現に用いられるケースが多く、日常芝居に用いる発想がなかった。

2015-08-14 00:59:39
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(11)◇ディズニー『白雪姫』の歌いながらの井戸汲み、ツェハノフスキー『蛙になったお姫さま』の舞台風演技など。東映長篇『西遊記』では水廉洞の猿のラインダンスで、ぬいぐるみ調キャラが突然人間的プロポーションで踊る。違和感をどうすべきかの問題は未解決。

2015-08-14 01:08:03
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(12)◇庶民の日常動作をロトスコープという手段を用いて再現する試みは画期的。『おもひでぽろぽろ』のラストのタエ子の走りなども、もしかするとロトスコープでやれば良かったのかも知れない。既定の表現法が果たして良いのか否かの問題意識をどう持つか。

2015-08-14 01:18:22
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇『花とアリス殺人事件』特典裏話(13)◇既定技法に問題があるという前提で、自分もやって来た。ロトスコープも新しい表現でなく、技法自体は真似出来る。表現すべき内容にふさわしい技法を選び取っているかどうかが問題。フレデリック・バックさんがまさにそれを実証している。(叶主観のまとめ)

2015-08-14 01:24:56
残りを読む(17)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?