鎌倉市図書館の【時々の鎌倉のはなしリターンズ】 今日、8月12日は、竹崎季長が鎌倉に来た日です #鎌倉 #図書館

まとめました。
2
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

鎌倉市図書館の公式アカウントです。図書館からの各種イベントや最新情報を発信していきます。基本的に当アカウントからのフォローやリプライ(返信)は行いません。

https://t.co/6FR7jdbju4

鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

おはようございます!鎌倉市図書館、今日も元気に全館9時から開館いたしました~。8月中はお休みしませんのでよろしくです♪ お盆もあいてるよ。

2015-08-12 09:04:00
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

【時々の鎌倉のはなしリターンズ】 今日、8月12日は、竹崎季長が鎌倉に来た日です。『蒙古襲来絵詞』という絵巻の主役ですね~。皆さま教科書などで一度は彼を見たことがあるのではないでしょうか。

2015-08-12 09:05:22
リンク Wikipedia 竹崎季長 竹崎 季長(たけさき/たけざき すえなが)は、鎌倉時代中期の武士。鎌倉幕府御家人。元寇における自身の戦いを描かせた『蒙古襲来絵詞』で知られる。 肥後国竹崎郷(現熊本県宇城市松橋町)の出身。菊池氏の一族 であるが、同族内の所領争いに敗れて没落した。このため季長が持っていた所領は相当少なかったか、もしくは所領を失った「無足の御家人」であったと言われている。 文永11年(1274年)、大元大モンゴル国の第一次侵攻である文永の役(元寇)では、日本軍の総大将・少弐景資が陣を敷く息の浜に主従五騎のみで参陣した。即ち季
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

彼は領地を持っていない弱小御家人でした。そのため、モンゴルとの戦いで手柄を立てて、領地を取り戻そうとしていたのですが、主従合わせてたったの5騎しか集められませんでした。

2015-08-12 09:05:40
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

これではまともに戦っても、ろくな手柄が立てられそうにない。そう考えた季長は、人数がいなくてもできる一番駆けの功に狙いをしぼって真っ先に飛び出します。見事先駆けを果たした彼は、大苦戦しながらも何とか生きて戻りました。

2015-08-12 09:06:09
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

ところが、戦が終わった後、先駆けの功は認められかったのです。季長は決心しました。褒美がもらえるよう、自分の戦功を鎌倉へ直訴しよう!

2015-08-12 09:06:15
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

馬や鞍を売って旅費を作り、季長は熊本から歩いて(!)鎌倉へ向かいました。途中、山口県で、烏帽子親(元服のときに烏帽子をかぶせてくれた人)の三井さんに旅費と馬をもらうことができましたが、鎌倉に着いたときはお供の二人のうち一人がいなくなっている有様(笑)。

2015-08-12 09:06:34
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

鎌倉であちこち走り回り、烏帽子親の三井さんのコネと人脈のおかげもあり、二ヶ月たってようやく、なんとか幕府の有力者、安達泰盛が彼と会ってくれることになりました。

2015-08-12 09:06:55
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

一番駆けの戦功について熱弁をふるう季長。運のいいことに、彼と泰盛はフィーリングがぴったり♡あったようです。見所のある面白い奴だ、この先も役に立つだろう。ということで「特別に」褒美として領地をもらうことが叶いました。しかも、馬と鞍のお土産付き!

2015-08-12 09:07:08
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

(というのは、実は戦功として認められるのは、敵の首を取るか、家臣が討ち死にするか、それくらいのことが必要だったから。ホントに季長、大ラッキー!)

2015-08-12 09:07:23
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

その後、季長は二度目のモンゴル来襲の弘安の役で、敵の首を二つ取る活躍をみせました。この時の指揮官は、世話になった安達泰盛の息子、盛宗。季長は見事、恩返しが出来たわけですね。

2015-08-12 09:07:39
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

今回の参考資料:『石井進著作集 第4巻』(岩波書店),『蒙古襲来絵詞と竹崎季長の研究』(佐藤鉄太郎 錦正社),『「蒙古襲来絵詞」を読む』(大倉隆二 海鳴社),『日本の絵巻13 蒙古襲来絵詞』(中央公論社)

2015-08-12 09:07:56
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

いやー、今回のツイートのために季長のこと調べたんですが、このほかにもいろいろエピソードがあって、結構いいやつなんですわ~。「落第忍者乱太郎」の尼子騒兵衛先生が惚れこんでいるというのもなんとなくわかります。

2015-08-12 09:14:01

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?