ハセガワの鍾馗を組んでみた

「組んでみた」という表現は正しくないかもしれない。遠い昔に一度組んだ覚えがあるからだ。灰緑色に塗装して明野飛行学校のデカールを貼ったものだが、隼の「次」を考える際にふと思い立って手を出した。まぁ、鍾馗ってカッコいいよねぇ…www
2
たいらあおば @aoba_taira

ハセガワ1/72の鐘馗。アンダーゲートの先駆けなのか、胴体及び主翼のゲートが接合部から生えている。ガンプラのようにはいかないが丁寧に処理すれば綺麗に組み上がるだろう pic.twitter.com/2egXg5QZIZ

2015-07-26 23:31:16
拡大
たいらあおば @aoba_taira

主脚覆い及び尾輪覆いは一体で、組み立てに際しては各自で分割する必要がある。確か旧キットの零戦もこんな感じだったと思う。画面左側のカウリングにもアンダーゲートが見える pic.twitter.com/ftC4f3mfBb

2015-07-26 23:36:06
拡大
たいらあおば @aoba_taira

操縦席は悪名高いバスタブ型。フィギュアを乗せる分にはコレで充分だが…? pic.twitter.com/wQu1XM3rph

2015-07-26 23:38:22
拡大
たいらあおば @aoba_taira

胴体の仮組。操縦席は胴体の左右から挟み込む。隼と違い後ハメは難しい気がする pic.twitter.com/tTxQleimUn

2015-07-26 23:40:30
拡大
たいらあおば @aoba_taira

カウリングは一体成型。カウルフラップは開いた状態を再現しているのでトーンナイフで切込みを入れてみた pic.twitter.com/KKZgbwXFAd

2015-07-26 23:47:03
拡大
拡大
拡大
たいらあおば @aoba_taira

操縦席はこのままでは淋しいので、伸ばしランナーで操縦桿を作成した。腕に自信があれば床から作りたいところだが… pic.twitter.com/7PnmF2zl6O

2015-07-26 23:51:24
拡大
拡大
拡大
たいらあおば @aoba_taira

鐘馗については実機が残っておらず、機内色が中島系か青竹色か判然としない。そこで今回は隼の復元機を基に青竹色で塗装した pic.twitter.com/MyRdlmTZMO

2015-07-27 00:05:44
拡大
拡大
拡大
たいらあおば @aoba_taira

主翼の工作。着陸灯については隼と異なり、少なくとも増加試作機の時点で左翼に装備されているようだ。キットはモールドは浅いがきちんと左翼にあるので前回同様再現を試みた pic.twitter.com/q5tsPMbzcm

2015-07-30 10:48:22
拡大
たいらあおば @aoba_taira

灯器がキラリと光るのを期待して内側にアルミテープを貼る。効果の程はいかに pic.twitter.com/LgwqoxQdW9

2015-07-30 11:48:49
拡大
たいらあおば @aoba_taira

操縦席。バスタブ型だがせめてドライブラシを入れてみる pic.twitter.com/duvGXYjaQc

2015-07-30 12:45:05
拡大
たいらあおば @aoba_taira

お約束のシートベルト追加。短い上に座席が奥まった位置にありやりにくいことこの上ないw pic.twitter.com/a7Wp2mIVzQ

2015-07-30 12:59:24
拡大
たいらあおば @aoba_taira

胴体の仮組。シートベルトはいい感じだが操縦桿はおそらく計器盤に隠れて見えなくなるだろう pic.twitter.com/VThB1Mn6Z9

2015-07-30 13:10:37
拡大
拡大
たいらあおば @aoba_taira

計器盤は当初デカールで処置しようとしたが見事に失敗したので塗装を施した pic.twitter.com/2RxMeY577g

2015-07-30 14:27:42
拡大
たいらあおば @aoba_taira

味方識別帯の塗装。前回よりはマシだが相変わらず発色がイマイチ。下地に白を塗るべきだったか…(T ^ T) pic.twitter.com/AlzAnY1UIy

2015-07-30 15:48:30
拡大
たいらあおば @aoba_taira

胴体の組立て。操縦桿は力技で曲げて計器盤の手前に持ってきた pic.twitter.com/tKdqcf4W99

2015-07-30 15:50:04
拡大
拡大
たいらあおば @aoba_taira

こちらはキットの箱絵。キットでは再現されていないが転覆保護支柱の後方に水メタノールタンクと思しきキャップが見える pic.twitter.com/6bTrCzSOev

2015-07-30 16:02:00
拡大
たいらあおば @aoba_taira

「世界の傑作機」より。少なくとも二型甲以降の機体にキャップが確認できる。最後の鹵獲機はどういうわけか右舷側に穴が見える pic.twitter.com/vlTwPgsmNU

2015-07-30 16:10:03
拡大
拡大
拡大
拡大
たいらあおば @aoba_taira

整備実習の教材。穴の位置についてはこれにより一応解決した模様 pic.twitter.com/O4DILrCJON

2015-07-30 16:23:21
拡大
たいらあおば @aoba_taira

位置を特定し1mm径のピンバイスで開口する pic.twitter.com/iuWBjj9xph

2015-07-30 16:39:50
拡大
たいらあおば @aoba_taira

伸ばしランナーで水メタノールタンクのキャップを再現 pic.twitter.com/OfGzoqKL5R

2015-07-30 16:42:04
拡大
たいらあおば @aoba_taira

キャノピーを仮置き。干渉はしない pic.twitter.com/tRx1FnBE6C

2015-07-30 16:43:04
拡大
たいらあおば @aoba_taira

隼と鐘馗のキャノピーを比較。構成は似ているが寸法は若干異なる。鐘馗のものは垂直尾翼との干渉を避けるためか高さを抑えてあるようだ pic.twitter.com/Q6NVYTABJ5

2015-07-30 16:58:35
拡大
拡大
拡大
たいらあおば @aoba_taira

戦地標識をマスキングし、段差に溶きパテを塗り…一気に組んでしまう! pic.twitter.com/Q18zV0lWzP

2015-07-30 18:44:40
拡大