連作小話「艶然と微笑む女」

残りの人生、いかに生きるべきか。それぞれの老後、いろんな午後のオハナシであります。
0
土曜日 @doyoubi

#twnovel 送別会が終わったのは9時過ぎ。部下達と別れて一人、新宿駅へ。大手電機メーカーに入社してよくぞここまでやって来た。役員にはなれなかったが子会社社長で最後を飾れたのだから。さて、明日からは毎日が日曜日。どんな生活になるか、期待より不安の方が大きいのは否定出来ない。

2010-12-25 08:00:10
土曜日 @doyoubi

#twnovel お疲れ様。ほんとに頑張ったわね。あなたは仕事一筋、私は家事と子育て、見事な分担の成果だわ。お陰で息子は東大法学部から財務省、娘はウィーン留学して向こうで結婚。それぞれに幸せな家庭を作っている。あなたは人生の勝利者よ。私も立派なあなたと素敵なお友達に恵まれて幸せ。

2010-12-26 05:40:47
土曜日 @doyoubi

#twnovel 毎日が日曜日になったけど何をしていいかわからない。趣味と強いていえばゴルフなんだけど、もともと付き合いの手段だったから下手糞で面白くない。テレビもくだらないし映画や音楽、小説にはとんと興味なし。女房と旅行も叶わず。自分の仲間との付き合いで超多忙なんだってえ。

2010-12-27 05:00:56
土曜日 @doyoubi

#twnovel あなたは仕事一途だったからねえ。退職して退屈な日々を送っているのはちょっと可哀想だけれど私には私の付き合いがある。私も立派に内助の功を果たしたのだからそれくらいいいでしょ。あなたのことだからそのうちに何か見つかるわよ。お願いだから濡れ落ち葉にはならないでね。

2010-12-28 05:13:00
土曜日 @doyoubi

#twnovel 濡れ落ち葉になる暇も無く女房が死んじまったよ、句会吟行一泊旅行の関越道で。確認に行ったけど無惨でほとんど見られなかった。なんで俺がこんな目に遭わないといけないんだ。俺が何か悪いことしたかよ。あれから毎日昼間から飲んでる。酔い潰れては眠り起きては飲んでの日々だ。

2010-12-29 07:41:48
土曜日 @doyoubi

#twnovel そんな状態では長生き出来ませんよ。血圧が高めなのに老人引き篭り、運動もせずに酒浸り、碌なものも食べず栄養バランスも無茶苦茶。死にたいのですか。とにかく外に出なさい、まずは歩きなさい。私が女医だと思って馬鹿にしたらダメです。体を動かさないと頭もダメになりますよ。

2010-12-30 07:21:05
土曜日 @doyoubi

#twnovel 医者にあそこまで言われたので毎日、散歩とか外に出るようにした。俳句講座にも行ったが、講師の女が高慢ちきで俺の質問にまともに答えようとしない。こんな女にまで馬鹿にされる義理はないので椅子を蹴っ飛ばして出て行ってやった。子会社といえども俺は社長まで勤め上げたのだぞ。

2010-12-31 07:13:13
土曜日 @doyoubi

#twnovel お兄ちゃん、早く後添えを貰ったらあ。私と違って勉強ができて、いい子いい子とみんなに持て囃されたからお兄ちゃんは誰か「家来」が必要なのよ。今みたいに一人暮らしだと健康管理も問題だし天国のお義姉さんも再婚を望んでいると思うわ。資産と年金収入に惹かれて誰か来るわよ。

2011-01-01 07:43:52
土曜日 @doyoubi

#twnovel プールに通うことにして黙々と歩いたり泳いだりしてる。運動もせずにお喋りばかりの連中もいるが俺は違う。俺には自分の健康維持という使命がある。使命を達成してこその人生だ。この責任感で俺は社長まで上り詰めたのだ。音楽や俳句なんどに現を抜かしている連中と俺は違うのだ。

2011-01-02 09:25:00
土曜日 @doyoubi

#twnovel あら、部長。お久しぶりです。20年ぶりでしょうか。子育て退社した数年後に主人を突然亡くし苦労しました。子供たちも何とか育ち少し余裕が出来たのでこうしてプールで泳いでいます。肥ったでしょ、私。おばさん体型なんとかしたくて、でも甘いものも止められなくて、うふふ。

2011-01-03 07:39:59
土曜日 @doyoubi

#twnovel そうだったの、君も苦労したんだねえ。僕の本社部長時代に君には随分面倒みてもらった。知らせてくれれば何かお返しできたのになあ。その後僕は子会社といえども社長までやったんだよ。ところで、僕も家内を亡くしたばかりなんだ。連れ合いに先立たれるのは辛いなあ。実感してるよ。

2011-01-04 07:51:04
土曜日 @doyoubi

#twnovel 男が妻を亡くしたばかりと聞くと女は悲しそうに顔を曇らせた。「部長、じゃなかった、Sさん、ご愁傷さまです。どうかお力落としのないように。男の方のお一人暮らしは大変でしょう。私、ときどきお手伝いに伺います。Sさんのお世話はなれていますもの」女は艶然と微笑んだ。 了

2011-01-05 07:55:36

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?