10周年のSPコンテンツ!
67
Ryota Kanai @kanair_jp
空港に行く途中でのタクシーの中、運転手からその人の母親が脳梗塞で意識を失って3週間が経つという話を聞かされた。意識の研究だと、意識に機能はあるのかなどと存在自体が怪しく扱われることがあるけれど、こういう状況での意識というのは身近で切実だ。
Ryota Kanai @kanair_jp
話を聞いていると、脳幹が損傷しているらしく、これは意識を取り戻す可能性はないだろうと思う。タクシー運転手もそれは十分覚悟しているようで、86歳まで生きたのだから十分だろうと話していた。悲しいことには変わりないのだろうけど。
Ryota Kanai @kanair_jp
こういう人の意識がなくなってしまったという状況において、意識の研究のもたらす世界観は一般の人に何を還元できるのだろうか。母が意識不明の昏睡状態に陥った人に、脳内での情報の統合で意識を説明してもあまり意味はなさそうだ。。
Ryota Kanai @kanair_jp
そこから話が思わぬ方向に展開して、死後の世界は科学的にはあるのかということを聞いてきた。そこはきっぱりと「ない」と答えた。死後の世界は人間が創りだした幻想で、そんなものがあると希望を持つよりも、死んだらなにも残らないという身も蓋もないことを説明した。
Ryota Kanai @kanair_jp
身体を作っている原子とかは世界に残って、いろいろなものに形を変えるけれど、それは自分ではない。自分であり続けるには特定の統合された情報の構造を維持しつつけるようにエントロピーを抑え続ける機構が働かないといけない。それができなくなったら、システムとしての自己はなくなる。
Ryota Kanai @kanair_jp
死後の世界を否定された運転手には意外な反論があった。それは、「ゴーストを見る人がいるけど、死後に何も残らないならば、あれはどう考えるんだ?」という疑問だった。
Ryota Kanai @kanair_jp
普段は自分が研究とか科学とかのことばかり考えているから気づいていないけど、意外と一般の人にとっては死後の世界とかゴーストといったものはまだまだリアルなのかもしれない。
Ryota Kanai @kanair_jp
ゴーストは幻覚とか人間が想像したもので全部脳が創りだしたものだと答えようと思ったけれど、そこは非情なサイエンティストになりきれず思い留まってしまった。その質問には別の質問で答えることにした。
Ryota Kanai @kanair_jp
逆に「動物のゴーストもいるのか?」と聞いてみた。犬とか猫のゴーストはいるのか、虫のゴーストもいるのか、魚のゴーストはいるのか。恐竜のゴーストについは聞くのを忘れた。
Ryota Kanai @kanair_jp
そうすると、運転手はあっけなく、虫は機械みたいなものだからゴーストはいないと決定し、魚もたぶんいないという。でも、霊長類にはゴーストがあって、ゴリラのゴーストとかもいるだろうという。猫とか犬のゴーストもいるだろう。その線引きははっきりしているらしい。
Ryota Kanai @kanair_jp
それで、気づいたのだけど、どうもゴーストというのは意識があると思える生物が持ちうる形態と考えているようだ。
Ryota Kanai @kanair_jp
意識研究では、どの動物に意識があるのかという議論をすることがある。この人の感覚が一般的なものだとしたら、ゴーストと意識というのは直感的には同じようなものみたいだ。意識のある動物はゴーストになりうる。
Ryota Kanai @kanair_jp
動物のゴーストを認めているから、この人はクリスチャン的な死生観にこだわっているのではなく、割りと素朴な感覚で直感で判断しているのだと思った。
Ryota Kanai @kanair_jp
人類は大昔から考えるとたくさんの人が生まれて死んできているし、動物もたくさんいたから、全員がゴーストになったら、世界はゴーストだらけで落ち着かないだろうけど、なんでゴーストを見かけないんだということも聞いてみた。
Ryota Kanai @kanair_jp
そうすると、悲惨な死に方をしたり恨みがあったりした人しかゴーストとしては残らないからそんなに数はいないはずだという。この仕組みは日本と一緒だ。日本の幽霊も恨みとか成仏できない理由があって現世に残るものだから、ゴーストの成り立ちが文化を超えて共有されているのは面白いと思った。
Ryota Kanai @kanair_jp
イギリスのゴーストの概念の文化的起源がキリスト教とは別にありそうで気になったけど、さすがに運転手にそこを聞いてもわからなかった。
Ryota Kanai @kanair_jp
そういう死後の話やお化けの話をしていて気づいたのだけど、サイエンスに縁のない多くの人にとって、こういったオカルトとしか思えないことも、意外と一般の人は信じていて、意識という概念と結びついていそうだ。
Ryota Kanai @kanair_jp
だから、意識についてとても科学的とは思えない変なスピリチュアルな概念を持ち込んでくる人がいたりするのかもしれない。
Ryota Kanai @kanair_jp
究極的には意識の研究は、人間の死生観を変えてしまう学問でもある。
Ryota Kanai @kanair_jp
一方で、科学のもたらす世界観は、なかなか一般社会にまで普及していかない。脳が壊れたらそれで終わりだというのは当たり前のようでいて、それが一般に人々が実感できるかというと、そうでもないのかもしれない。
Ryota Kanai @kanair_jp
今回は死後の世界なんてないと、母親が昏睡状態になってしまった人にピシャリと言ってしまったけど、これを一貫してやるには強い意志がいる。適当に相槌をうってごまかしておくというのが、普通の態度なのだと思う。でも、これに妥協するのも自分に対して不誠実だと思う。
Ryota Kanai @kanair_jp
意地悪ではあるけど、21世紀になって死後の世界をナイーブに信じていることはおかしい。いい大人がサンタクロースの実在を信じているのと変わらないのではないか。
Ryota Kanai @kanair_jp
人間にとって意識が興味の対象になるのは、死があるからではないか。そして、意識というのは、日常的な意味での命と同義ではないか。
Ryota Kanai @kanair_jp
子供のときにそもそも生きているってどういうことかと疑問に思った。高校生ぐらいになって、地球上にRNAができてそれから進化して生物ができてという話を聞いて、こんな不可能そうな問題に説明をつけることのできる科学というのはすごいなと興奮した。
Ryota Kanai @kanair_jp
でも、RNAとかDNAでの生命の説明には満足がいかなかった。それは、子供のときに「生きている」と考えたものは、意識があるかないかのことだったからだと思う。複製ができることという意味での生命ではなく、感じることができる命に興味があった。
残りを読む(6)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2015年8月15日
そもそも死後の世界がどういうものかって話だな。いまだ存在を確認した人もいないけど存在してないことを確認した人もいないので、単純に言うと科学の範囲外だと思う。
the loyaltouch @theloyaltouch 2015年8月15日
キリスト教国でもおんなじなのか―。不審死のあった賃貸物件は価格が下がるっていう現象も世界共通らしいし、案外科学知識が広まっても人の生死観ってのはかわらないものみたいだね。
もうだめぽ @moudamepo150701 2015年8月16日
お化けが出るというのを売りにしてるアパートがあるのってイギリスじゃなかったっけ?しかもそれが人気物件で空き待ちだってこの間TVで見た記憶があるんだが。
欠点’s @weakpoints 2015年8月16日
幽霊の類がキリスト教以前から人間に意識されているのであれば別の切り口が必要だろ
紺碧 @Konpekin 2015年8月16日
学生時代のディベートで、無宗教って言いながら幽霊や生まれ変わりを結構本気で信じてる人が沢山いる事にビックリした経験があるんですが、日本人だけじゃなくてキリスト教圏でも同じであって、意識という人間共通の感覚からくるんだなぁという点に非常に感心&納得しました。なるほどなぁ。
ハドロン @hadoron1203 2015年8月16日
生体の持つ情報が何らかの仕組みで媒介されるならば、意識の痕跡は死後も残るだろう。ウィルスが遺伝情報を運ぶようにね。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年8月16日
形はその人その宗教その思想それぞれだけど身近な人の、あるいは自分の死をどのように腹に落とすかという人の知恵だと思うけどね。死ぬまでが多少なりとも生きやすくなる「理解」であれば、それは目的に対する正解だと思う。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年8月16日
完全にそうと信じるのでなくても、ひょっとしたらそうなのではないか?と頭を過る程度であっても、それが糸一本程度の支えになることがある。とくに辛い時には。現実的な支えだけではギリギリ保たないという時には糸一本分の補強が境になることだって。 現実的なそれらを振り捨てて、糸「だけ」にすがるのは危うすぎると思うけれどね。そうさせて付け込もうとするようなのもいるし。
KITI @KITI_TW 2015年8月16日
人が持つ意識と、それへの共感がすべて。霊も死後の世界もないが、共感した意識は確実に残る。共感を起こさせた実体がなくなっているので、その埋め合わせの想像の産物。しかし、霊はいないと言い切ると、いま確実に持っている共感を否定しているように感じられてしまうので、相手を思いやるなら言わないし言えない。いくら科学が進んでも人の心はなくならないし、むしろ逆に人間の尊厳を表現する文化として見直されるべき。
ゆきおぼっと(月曜日が君のもとに!!) @yukiobot 2015年8月16日
死者は生きている他人の脳の中に存在するのです。
marinabornauk @marinabornauk 2015年8月16日
死後の世界がないのなら作りましょう。
へどたん @lxlolxlxlxlolxl 2015年8月16日
イギリスでこういう会話がなされたからと言って、これを「イギリスのゴーストと意識、死生観」と言ってしまうのはどうなのだろう。タクシーの運ちゃんがたまたまこういった感性の持ち主で、どこの国でも同じこと言う人はいる、というだけの話だと思うんだが。
炭酸煎餅 @Tansan_senbei 2015年8月16日
そうささやくのよ、私のゴーストが
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年8月16日
科学的に言うのなら「宇宙の果ての向こうはどうなってるの?」と同じで「わからない」が正しいと思うんだがな。結局、幽霊がいるいない、あの世があるない、ってのは実体化が確認できない以上観念の話でしかなくて、第三者的にはどっちでもいいんだよなw
ehoba @htGOIW 2015年8月16日
幽霊の概念がなくなるとしたら、科学的に非存在が証明されるかどうかは無関係で、幽霊の代替物のなるようなものを発明するか、人間が幽霊を必要としないような自己改造を科学的に可能にするかのどっちかの時だろうね
やきなす @biriron 2015年8月16日
”じゃあそんなものは無いと否定するのも科学的じゃないね。” 科学の文脈上では、あるという証拠が示されていないものって価値が低いんだよね(無いという証拠がそろっている、よりはマシという程度)。この問いは科学的な文脈と一般的な人のそれとの乖離を示す良い例に見える。小保方STAPで証拠が否定されているにもかかわらず「あるかもしれないじゃない」と騒ぐ人間が(下村文科大臣含め)大量に出たのを連想する。
将来の夢は名古屋コーチンです @dabada_hiburi 2015年8月16日
銀時「ごごごゴーストなんて、い…いる訳ねぇだろ! あああれはスタンドなんだよ!」
天気模様 @sakuratokiku 2015年8月16日
自分も幽霊はいないだろうなと考えるだろうけど一方いてもいいよなぁとも思う。人は弱い生き物で死んだ自分はどうなるのかという恐怖からは逃れられない。その救いが死後であり幽霊であるならそれを否定してもしょうがないなって思う
かかし🐾れいわ新選組🐾まずは消費税ゼロから日本の内需景気回復 @hatake_kakasi 2015年8月16日
Konpekin Wikipediaによると「宗教(しゅうきょう、英: religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。」となっていますが、ぶっちゃけ今の時代だと「人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念」の部分は取ったほうがいいと思います。 ぶっちゃけ人間は「信じてる物事」が宗教なんだと思います。
かかし🐾れいわ新選組🐾まずは消費税ゼロから日本の内需景気回復 @hatake_kakasi 2015年8月16日
Konpekin それは経験知・科学・信念・哲学・雑学・記憶・(一般で言うところの)宗教・その他なんでも、とにかく「その人の」信じているものが宗教(宗教の中に宗教という位置付けになるのでおかしなことになっていますが)。 なので、「宗教という呼称以外の新しい用語」を作ったほうがいいかもしれません。 信じている物事の信の字を使って、「信事物念知」とかね。
かかし🐾れいわ新選組🐾まずは消費税ゼロから日本の内需景気回復 @hatake_kakasi 2015年8月16日
hallow_haruwo まさにマインドコントロールをする時はそういう何も頼れない状態にして相手の信じてるものを自分や特定のものに変更させようとしますよね。ブラック企業や危険なカルト宗教団体などはそうですね。
かかし🐾れいわ新選組🐾まずは消費税ゼロから日本の内需景気回復 @hatake_kakasi 2015年8月16日
Neko_Sencho 科学というか論理学の範囲外ではないと思います。とりあえず現段階では、「わからない」という結論でしょうけど。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年8月16日
死後を信じる方へのメンタルケア等で死後など無いと相手の死生観を否定したらどんな影響が…とかなら心理学や医学の範疇にはなりそう?
taka @Vietnum 2015年8月16日
「息を引き取った直後の体重を量ったら、その直前のよりも体重が減っていた=魂が存在していた」ってのはホントなの? 禅宗の坊さんの本に書いてあったんだが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする