コーヒーゼリーの起源

Google Books使った簡易文献調査の結果から。
料理 コーヒー 食文化史 歴史
35
鳥目散 帰山人 @kisanjin
快挙であり超絶であるコーヒー本が登場! 『コーヒーゼリーの時間』の読後感想「コーヒーちょうだい」(味読篇) | 帰山人の珈琲漫考 kisanjin.blog73.fc2.com/blog-entry-830… …味読篇があるってことは別篇が続くってことだが、それは日が変わって午前1時ごろに公開しますw
鳥目散 帰山人 @kisanjin
(承前)『コーヒーゼリーの時間』読んで思ったんだが、大正3年にコーヒーゼリーを紹介した小此木武子氏、そのレシピはいったいどこから来たのだろうか…って気になる。女史はアメリカ留学しているので、もしかして当時のアメリカに原型となる…などと勘繰ってみたが、私には何の糸口も見つからない。
Y Tambe @y_tambe
@kisanjin おもしろそうなので調べた。 1900年のトラバース・シティ・ヘラルドの料理書、 books.google.co.jp/books?id=iTclC… 1896年のボストン・クッキング・スクール・クックブックにも記載あり。 books.google.co.jp/books?id=26BGg…
Y Tambe @y_tambe
@kisanjin Google Book遡上だと、1886年が最初っぽい。 books.google.co.jp/books?id=s-sxA…
Y Tambe @y_tambe
@kisanjin アメリカの場合、コーヒーの一般層への普及自体が、まぁ南北戦争後だと考えて良いだろうから、1870-1880年代。その後、1880~1900年代に、いくつかの料理書でコーヒーゼリーのレシピが公開されたのが普及に至る実質的な道筋だと思われ。起源は知らん。
Y Tambe @y_tambe
@kisanjin 1820年代のフランスの料理書に、"gelée au café Moka" "gelée de café"の記載があった。
鳥目散 帰山人 @kisanjin
ははは、海外文献のコーヒー調べは@y_tambeさんあってだな。ご協力に深謝します。それにしても、巷間の「コーヒーゼリーは海外にない、日本独自のもの」的な話を鵜呑みにするわけにはいかんな、こりゃw 例⇒ kimameya.co.jp/mame/icecoffee…
Y Tambe @y_tambe
@kisanjin 1820年 "Le cuisinier royal"に記載あり。フランス料理史における本書の位置づけは知らんので、山内先生に訊いてw books.google.co.jp/books?id=6B5fV…
鳥目散 帰山人 @kisanjin
つーことで、フランス料理におけるコーヒーゼリーの始原と変遷と位置づけに関して、「ベランダのコーヒーオタク・Yさん」の登場を願う話になってまいりました。 Yさん、ブログ記事にコメントくださいよっ!

コメント

ぶたやま @Butayama3 2015年8月18日
コーヒーゼリーは実はコーヒーよりも好きかもしれない。
BUFF @geishawaltz 2015年8月18日
私もアイスコーヒーとコーヒーゼリーは日本起源だと思ってた。
順三朗 @junzabroP 2015年8月18日
そしてなぜかアメリカ人に「コーヒーゼリーってナニコレ!?」って言われるの
kou @kou1773585 2015年8月19日
コーヒーゼリーが日本に伝わった後、本国では滅んだ的なアレかな?
胡蝶 @uturobuneco 2016年7月9日
シフォンケーキもアメリカで生まれて、ブームになるも十年程で定着化することなくブーム終了。来日した若いアメリカ人が「シフォンケーキってナニコレ!?」ってなるそうなので、コーヒーゼリーもそんな感じなんですかね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする