#実態的コーヒー文化史 関連まとめ

#珈琲咖啡探索隊 という東アジア漢字文化圏の探索ゲーム(自生的に発生してしまったもの)が、2015年08月現在、なぜか駆動しています。http://togetter.com/li/855864 それとは別に、“実態としての”コーヒー文化史についての記述を別立てして記述する必要が出てきました。(2015.08.19 昼以降) 要するに、〈焙煎法〉〈抽出法〉〈カフェ(喫茶店)〉等の、語彙と無関係にも語りうるものの食文化史についての言及を分けて纏めたくなり、こちらのものを立てました。 #珈琲咖啡探索隊 のまとめと分けるため、こちらは編集権限を絞ります。
53
前へ 1 ・・ 6 7 9 次へ
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

おっと、そうなんですか。ダブルガラスの後にネイピア&天秤ですか? RT @y_tambe: ああ、あれ逆です。ダブルガラス風船が先。 twitter.com/tricken/status…

2015-08-20 13:11:09
tricken @tricken

とんこさん、ダブルガラス製になる前の、「ネイピア式サイフォン(Napierian brewer)」とか「天秤式サイフォン」とか好きそう

2015-08-20 13:05:08
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken 「サイフォン」と言うのが日本の語用、という別の魔界をひらいてしまったが、{抽出式器具|ダブルガラス,ネイピア式,天秤式,etc.}のいろいろをまとめて「サイフォン」と呼び直しちゃった1920s中盤の日本の流れはこれまた別の話として面白そう。

2015-08-20 13:12:36
Y Tambe @y_tambe

@tricken あの当時は、いろんな人が各国でいろんな器具の特許出しまくってた時代なので、おそらく一直線上の系譜には繋がらないと思います。

2015-08-20 13:12:56
Y Tambe @y_tambe

日本コーヒー界で「常識」のように言われてることも、いざ調べてみると…というのは多い。

2015-08-20 13:18:45
Y Tambe @y_tambe

@tricken 「いわゆるコーヒーサイフォン」の歴史については、この英語サイトが詳しいです。 baharris.org/coffee/History… (参考文献の Edward & Joan Bramah. Coffee Makersなどの内容も確認済み)

2015-08-20 13:21:39
Y Tambe @y_tambe

はじめてモカからオランダにコーヒーが持ち込まれ、紹介されたのが1616年。1615年だとその前年ですね。当時はヨーロッパでもまだまだ、地中海経由で伝わったヴェネチアと、あとはレヴァント、エジプトへの旅行者くらいしか知らないはず twitter.com/tricken/status…

2015-08-20 15:14:26
tricken @tricken

磯野信春『長崎土産』の初出って本当に1615年なのでしょうか、それとも1800年代以降なんでしょうか。どうも「磯野信春」という人物が江戸初期に生きているように思われない年号がちらほら出てくるんですが……誰か解明しておいてもらえませんかね(まるなげ #珈琲咖啡探索隊

2015-08-20 01:19:31
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken (3) 杉本つとむ,2005,「近代訳語を検証する 第18回 ラケット・コーヒ」『国文学 解釈と観賞』70 (2)(2005年02月号): 196-201. (4) 杉本つとむ,2005,『語源海』東京書籍,288. (※各国語語源。特に詳しいのは(4))

2015-09-01 19:31:14
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken 特に(4) について詳細なところは、 a. トルコ語のkahveh(カーハ),アラビア語 qahwar(カーバ),原産地とされるエチオピアのKaffa(カッファ)地方などについての言及 b. 19世紀まで横文字(欧州語?)でも正書法は確立されていないこと

2015-09-01 19:33:33
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken (承前)特にb.については、「オランダ語もkoffij から koffie と綴りが変更される。」という記述あり。なおスペイン語の cafeteria (軽食堂)の、日本国内における初出が大正末期の大阪市内であるという説も一緒に載せている。

2015-09-01 19:35:04
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken という4点の重要な文献紹介、「きた」さんよりご紹介いただきました。ありがとうございます。鍵アカウントであるため、代理で紹介させていただきました。(1)(2)(4)はそれぞれかなり重要な補完となったと感じています。 #珈琲咖啡探索隊

2015-09-01 19:37:50
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

(3) 、まだ2ページ目以降をみていなかった。みてみます。

2015-09-01 19:39:11
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken あっ、見逃していた、(3) が“奥山超え”(※版画家でコーヒー研究家の奥山儀八郎の史的達成)の可能性あるぞ。後で書き出します

2015-09-01 19:41:46
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

見逃していた、というのは、写真を1/3しか表示していなかったということ

2015-09-01 19:49:08
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken (3) わりとすごいです。順に: a.『日本国語大辞典』が江戸期の例を挙げておらず、「珈琲」の源泉を示していないこと(※批判的口調)。 b.宇田川榕菴の蘭日対訳用語集(※杉本2005がこれを“書名として”括ってないことに注意)に、すでに“珈琲”の例があること。

2015-09-01 19:53:04
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken c. 杉本は“珈琲”に関して基本的に「江戸期の産物」かつ「同語彙の性格から、珈琲は中国からの借用と解すことができる」としながらも、ロブシャイド『英華辞典』の“咖啡”とあることを事由に「中国産と断定するのも心もとない」と態度を留保していること。

2015-09-01 19:54:58
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken d. 明治05年(≒1872)『改訂増補 英語箋』に“珈琲” と記述のあること。 e. 寛政09年(1797)『長崎見聞録』の記述 f. 宇田川榕菴「哥非乙説」(文化08年(1811訳始)『厚生新編』における一項目とされる)の按文部分の引用が複数あり。

2015-09-01 20:06:05
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken f-2. 宇田川榕菴の按文を検討する限り、江戸末の蘭学者および長崎の人々は、「プロヘートマホメット」「ウヱヰン葡萄酒」等、中東以西の知識にかなりアクセスできていたことが伺えること(杉本はこれを『知のコーヒ』をエンジョイしている」と表現している)

2015-09-01 20:06:55
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken g, 文政06年(1823)に来日していたシーボルトが、日本人がコーヒー好きで、豆不足を記しているとのこと(※これは杉本の記述においては、文献不詳) h. 17世紀イギリス人より江戸の日本人の方が数十年早く(出島等で)コーヒー飲んでたのでは仮説が書かれている

2015-09-01 20:09:17
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@tricken i. 口偏のほうの“咖啡”の、“日本語における”初出は、明治03-10年(1872-77)刊、内田正雄訳『輿地誌略』(よちしりゃく)における〈亜蠟比亜〉項における〈咖啡、護膜等ノ産物〉だろうとのこと。ここまでが(3) の論証。濃ゆい。

2015-09-01 20:15:25
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

17世紀の出島の日本人、ハムも食ってたらしい、と書いており、その記述は『蘭説弁惑』『楢林雑話』に載ってるよ、とも言っているが、同じセンテンスに書いている「カンビール」とはなんぞ、と思ったので、今のには載せなかった。瓶詰めのエールのことだろうか。

2015-09-01 20:21:17
Y Tambe @y_tambe

エチオピアの"kaffa"起源説については、今は否定的に扱う人が多いのだけど、そこらへんはきちんとしてるのかな。 twitter.com/tricken/status…

2015-09-01 21:45:19
Y Tambe @y_tambe

"Kaffa"の起源については、西南部にカファ王国が出来たとき、大王が「(ここまで)来た」、か何かから付けたという説があったけど、あれは何に載ってたかな。"Ethiopia, borderlands"あたりだったっけ?

2015-09-01 21:48:34
Y Tambe @y_tambe

元々は、イエメンの「カフワ」…カフワ・ブンニーヤ(ブンのカフワ)とカフワ・キシリーヤ(キシルのカフワ)が、我々の飲むコーヒーの直接の起源だが、「カフワ」は元々、エチオピア(といってもキリスト教帝国ではない)のイスラム教徒らが利用していたもので、当初はコーヒー以外から作られていた。

2015-09-01 21:51:42
tricken(Tw以外の居場所は固定参照) @tricken

@y_tambe そういう説がある、程度で、あまり肯定的でも否定的でもない(ゆえに若干肯定的と取れる)くらいの強度でした。

2015-09-01 21:51:57
Y Tambe @y_tambe

カフワの起源については、コーヒー関係の成書において数多く議論されてきたので、枚挙に暇が無いくらいだが、最近のもので一冊上げるならば、ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』か。

2015-09-01 22:02:07
前へ 1 ・・ 6 7 9 次へ