言語によって同じ人の名前が全然違うということについてゆるく語る人たち

フランス史(?)でアンリという名前の人物が三つ巴で戦った戦争が、という話に対するフォロワーさんのつぶやきから始まる人名の話。 右さんの微妙な迷言のおまけつき
人文 人名
172

これを見てのもりわけ氏のコメント

もりわけゆう @moriyuu_
どーでもいいけどアンリが英語ではヘンリーなのに気づいたときはいい加減にしろと思った高校時代だったな

さえぶきこういうネタ大好き!

冴吹稔@シルチス書院 @seabuki
@moriyuu_ ギョームとウィリアムのほうがひどいと思う
冴吹稔@シルチス書院 @seabuki
@moriyuu_ あとロルフとラウルとルドルフとロロが同源と知ってしまい自作を読み返して頭抱えるなど
ぎんげつ@平地の生き物 @goma_kina
@seabuki @moriyuu_ 自分はシャルルマーニュとカール大帝がいちばんの衝撃でした……
もりわけゆう @moriyuu_
@seabuki げ、言語が違うんだからしかたない。 えーラウルとロロは同じなのか…知りませんでした
冴吹稔@シルチス書院 @seabuki
@goma_kina @moriyuu_ アレクサンダーとイスカンダルとか後ろのやつお前星じゃなかったのってなった
ぎんげつ@平地の生き物 @goma_kina
@seabuki @moriyuu_ いまちょっとカール大帝以来の衝撃を味わっておるよ…… _:(´ཀ`」 ∠):
ぎんげつ@平地の生き物 @goma_kina
@seabuki @moriyuu_ ライフゲージ真っ赤であと1ドットしかないのやめて
もりわけゆう @moriyuu_
@seabuki @goma_kina びっくりだよね。構築してきたイメージが崩壊するw

ルドルフに反応した右さんのツイート、しかしアンテナの所為でルドルフとの関連性埋もれる(詳細は末尾)

ごめんよごめんよ

もりわけゆう @moriyuu_
@doomsdayrag @seabuki イッパイアッテナ?猫語はしらんよ…
ページのP @page_no_p
@moriyuu_ @doomsdayrag @seabuki ありがちな間違い>イッパイアンテナ
ぎんげつ@平地の生き物 @goma_kina
@moriyuu_ @seabuki ふぇいとぜろのイスカンダルの正体をようやく真に理解した。
百里 芳 @hyakurikou
キリスト教由来の名前には沢山ある気がするなぁ。マイケル:ミカエル:ミッシェルとか。 ヨハネ受難曲、英語で書くと「John Passion」なんだけど、「ジョンの情熱……?」と最初は意味が分からなかったw

戸田奈津子訳における 『passion play→情熱のプレイ』(ホントは『受難劇』)と同じ仕組みの誤解なのである

この辺の話題はまたいずれ。

残りを読む(22)

コメント

まえもと @maemoto_moriya 2015年8月25日
カードと歌留多とカルテが、同じものから来ていたと知ったときのショックを思い出しました
CD @cleardice 2015年8月25日
エルキュール・ポアロのエルキュールがヘラクレスなのいまだにピンと来ない
Muji @ togetter憲兵隊 @643Myshelf 2015年8月25日
サラーフ・アッディーンがサラディンになるのは、ヘプバーンをヘボンにしたようなものかな。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年8月25日
ビートルズのジョンとポールは、ヨハネとパウロですね。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2015年8月25日
そりゃおめー、「ショーカイセキが」とか「リュウビが」とか言っても中国人に伝わらんのだから日本だって似たようなもん。
ヘボピー @hebop_ 2015年8月25日
愛称だと、マイケル→マイクはわかりやすいがドロレス→ロリータはわかりにくい。
竹永@2 @takenaga51 2015年8月25日
呼び方が複数あったり、本によって名前の途中に「ッ」や「ー」が入ったり入らなかったりするのがややこしい、という理由で世界史を選択しなかった高校の頃の私。
ヘボピー @hebop_ 2015年8月25日
ゴーストバスターズ2のノベライズ(だったかな?)では、ジョージと呼ばれるのが嫌なドイツ出身のゲオルグさんという人物が出てた記憶が
しょーた @shota243 2015年8月25日
とは言え、孔子が Confucius なのは confusing.
天たくる @ten_tacle 2015年8月25日
天使の名前がメジャーな元ネタなのだからおかしくも何ともないこと筈だけど、「大天使マイケル」には壮絶な違和感感じるのが一般的な日本人の感性だと思う。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年8月25日
CTHULHU先生がアップを始めましたが、Nyarlathotep先生に「いやいや、ぼくら人やないでしょ」と嗜められ、ルルイエで不貞寝を始めました。
天たくる @ten_tacle 2015年8月25日
未出のネタをつぶしてしまうのなら、ピーター-ピョートル-ペトロ とか、アンデルセン-アンダーソン とか、断片的には出てるけど、ジョージ-ジョルジュ-ゲオルグ 。あとマイケルの変化形にはミハイルも忘れないで。
天たくる @ten_tacle 2015年8月25日
hebop_ ロバート→ボブ とかもありますね。ロバート→ロブ→なまってボブ だとか。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2015年8月25日
英語のスティーヴンはフランス語圏に行くとエチエンヌになりスペイン語圏に行ってエステバンに化けるのです。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2015年8月25日
ロシア語のほうがいろんな愛称変化があって面白いけど。最近受けた衝撃で「ピョートル→ペーチャ→ペトルーシュカ」かなあ。
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2015年8月25日
オリヴァーがナルに変化するというのが衝撃だった…
きゃっつ(Kats)⊿9/29日向坂京都個別 @grayengineer 2015年8月25日
ヨーロッパ系はおおむね聖書人名か、または聖人名などがわかると、そこを基点に各言語ごとの名前と紐づくので簡単ですね
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月25日
シーザーとチェザーレはどこがどう似てるんだかのレベルだよ。
7TZtopic @5TZtopic 2015年8月25日
よく行く駅地下食品街のケーキ屋の名前を『ヘンリー・カーペンター』だと思っていた俺
smw @Shi_MeiWo 2015年8月25日
ユージーン(英語)とエブゲーニー(ロシア語)。どっちもギリシャ語のeu(真の、良い)+genos(血統)からきてるんだけど、どうしてこうなった。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年8月25日
ギリシャ神話由来の人物やモノの名前を英語風に読むのが好きなちくわさん(中二病)です。(例:ヘラクレス→ハーキュリーズ、ケルベロス→サーベラス)
ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 2015年8月25日
女性系や略称まで入れるとカール、チャールズ、シャルル、カルロ、カルロス、シャーロット、シャルロット、シャルロッテ、カロラ、カーラ、カルラ、カーリー、キャロル、カロリーナ、カロリーヌ、カロリーネ、キャロライン、チャーリー、チャック、ロッテ いくつあるんだお前の派生
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月25日
zxcvdayo そういえばカール5世はカルロス1世でもあるのだ。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月25日
ロシア人はファミリーネームも女性は語尾変化するから、「xxスキー」が「xxスカヤ」とかになるし。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月25日
cleardice フランス語(ポワロはワロン語?)は"H"を発音しませんからね。アンリもそういうこと。
カマヤン1192 @kamayan1192 2015年8月25日
イスカンダルの場合はアラビア語のAl(アル)がtheの意味なので、アレクサンドロス→theイクサンドロス→イスカンダル という変化なのだそうだ。
冴吹稔@シルチス書院 @seabuki 2015年8月25日
kamayan1192 長年の謎がやっと解けた! ありがとうございます。
枸櫞/Mitz.Kyouka @IJN_Haguro 2015年8月25日
日本でだって毛沢東を「マオ・ツェーダン」と呼ばずに「もうたくとう」と呼ぶし李承晩を「イ・スンマン」と呼ばずに「りしょうばん」と呼ぶし愛新覚羅溥儀を「アイシンギョロ・プーイー」と呼ばず「あいしんかくらふぎ」と呼ぶ。もっと時代を遡るなら曹操を「ツァオツァオ」なんて呼ぶ人はいない。
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2015年8月25日
643Myshelf ヘボンとヘプバーンは本人の発音そのままを表記したのとファミリーネームの綴りを元にした表記ですね。サラーフッディーンがサラディンは訛ったものなので、ヘボンとはちょっと違います。ヘボンと似たものにルイス・キャロルの本名のドッドソン(本人の発音)とドジスン(綴りから)があります。
冴吹稔@シルチス書院 @seabuki 2015年8月25日
まとめを更新しました。発端になったツイートと注釈めいたものを付けてみた
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年8月25日
古代ローマのカエサルの場合、カエサル→シーザーになるうえにユリウス→ジュリアスとなるので、ほぼ別人みたいな名前になるんだよな。しかも当時のラテン語表記だと「IVLIVS CAESAR」になるから余計にややこしい(白目)
秋ゑびす●9/13 金曜で仏滅だけど 旧暦八月十五日で中秋節、9/20-26 秋彼岸は佛教行事 @yamashita99 2015年8月25日
小学生の時に映画で覚えた『シーザー』が、中学の歴史教科書で『カエサル』になっててショックだったのが、この手の話に興味を持ったキッカケ。
秋ゑびす●9/13 金曜で仏滅だけど 旧暦八月十五日で中秋節、9/20-26 秋彼岸は佛教行事 @yamashita99 2015年8月25日
中国人だと、同じ漢字で書いてても、北京語と広東語で読み方が違う。
カツヲ @RX78_01 2015年8月25日
同じ言語で表記が違うワタナベ・サイトウの諸問題は一向に解決しないんですが今回は関係がない
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年8月25日
支那がChinaになるのはそのまんまと思ったけど、日本がJapanに変化していくのは言われなきゃわからなかったな。
岡一輝 @okaikki 2015年8月25日
ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い
kyo_tthree @kyo_tthree 2015年8月25日
アレクサンダー=イスカンダルはさらにカンダハールとつながるという説や、スカンダ=韋駄天の語源という超眉唾の説もある
kyo_tthree @kyo_tthree 2015年8月25日
個人的に一番衝撃を受けた同源ネームはルイージとルドウィッグ
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年8月25日
yamashita99 そしてシェイクスピアで『シーザー』にスタートに戻る
くまのひるね @kuma_hiru 2015年8月25日
中学の時、社会の先生からセントローレンス川をフランス語でサンローランになるときいて愕然とした。
deepasia @deepasia 2015年8月25日
世界史年表とかで大体知ってたけど、カテジナさん(=キャサリン他)がチェコに実在するとわかったときはさすがにびっくりした。
Veilchen(悠井すみれ) @Veilchenfeld 2015年8月25日
オペラ座のpassion playの誤訳は許すまじ。(PoNRの演出自体が許しがたいがな!)
妙琴@6th福岡初日現地 @kapibarap 2015年8月25日
グルジアがジョージアに変わったのを思い出した。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年8月25日
ニケがナイキとかも有名だよなw
taka @Vietnum 2015年8月25日
おヨネさん=ライス元国務長官、小川さん=バッハ
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年8月25日
サンクトペテロプルグを英語読みでセントピーターズバーグと発音されたときに言語野が一瞬真っ白になった。
taka @Vietnum 2015年8月25日
ゼントカンとかボクと呼べいいだけなのに、なぜか相手におもねってチョンドファンとかパクとか呼ぶ日本のマスコミは異常(中国人に対してはほとんどが漢字読みなのにね(※朝日とかの反日メディアは除く))。 ついでに北朝鮮や米国政府すらもサウスコリア(南鮮、Korea=朝鮮が正しい意味)と呼んでるのに、いちいち韓国と呼称する。その一方で、イングランドをいつまで経ってもイギリスと呼び続けるのであった……。
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2015年8月25日
ウォータールー駅がどうしたって?
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年8月25日
マイフェアレディより「エンリー・イギンズ!(ヘンリー・ヒギンズ)」
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2015年8月25日
「ギョエテとは わしのことかと ゲーテ言い」
Kurao (蔵オ) @kurao_jp 2015年8月25日
タイガー・ウッズは森虎男でええんやな?
うちゅぎひのえ @uchugi 2015年8月25日
ノストラダムスさんはノートルダムさん……
へすた! @Hesta 2015年8月25日
ジョンスンがボコノンになるようなものですね
Kurao (蔵オ) @kurao_jp 2015年8月25日
オーストリアのマリア=アントニアさんがフランスに嫁に行ってマリー=アントワネットさんになった、そういう話やろ
やまよね @yamayone1 2015年8月25日
エリザベス、エリザベート、エリザベト、これもその類いでしょうか
鑑真ファイヤー @oho2564 2015年8月25日
音楽グループのOK GOが日本だと吉幾三になるとかですか?
世界史年表bot @kaori_wh 2015年8月25日
ふ、このまとめはアラビア語形が手薄でイケてないざます 「英語→アラビア語」で、「エイブラハム→イブラーヒーム」「アイザック→イスハーク」「ジェイコブ→ヤークーブ」「ジョゼフ→ユースフ」
世界史年表bot @kaori_wh 2015年8月25日
これら4つの名前は旧約聖書に登場するアブラハム・イサク・ヤコブ・ヨセフから来てるざます イスラーム教でも、旧約聖書は啓典の1つとして重要
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年8月25日
Clearnote_moe 日本→ジツ・ポン→ジパング→ジャパンか
ギガ男爵(中年男性㌠ @exbaron 2015年8月25日
人名で真っ先に浮かぶのはマイケル(マイコー、ミック)&ミハエル&ミッシェルだけど、同種の事例としてはベヒーモスとバハムート、バルキリーとワルキューレ、ベルセルクとバーサーカーあたりかしらね。お作品に出てくるのがカオスというかw
ギガ男爵(中年男性㌠ @exbaron 2015年8月25日
中年男性と団塊ジュニアも同じだな。
kizitora @anyatoraneko 2015年8月25日
日本ではなるべく現地の読み方を優先することになってるからね。でもその伝で行くと、イタリア出身のコロンブスはコロンボと呼ばなければならないのではないだろうか。活躍したスペインでの呼び方というならコロンだし。(名前じゃなくて姓の話だけど)
sudoufu @kappazizou 2015年8月25日
カタカナで表記した時点で、その時の日本語化された表現になってしまうからちょっとややこしい。Hepburnは明治時代はヘボンさんで、昭和時代ではオードリー・ヘップバーンとなるし。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2015年8月25日
カエサルはシーザーでチェザーレだよ。ところで、中国名については、中国国内でも地方によって発音が変わるはず。あと、時代でも変わるんだよ。
@maryallyman 2015年8月25日
自分が学生の頃は毛沢東に「もうたくとう」と「マオツオトン」と二つルビが打ってあったような記憶が…。もう中国国内でも発音ちがうんですか…。
冴吹稔@シルチス書院 @seabuki 2015年8月25日
ここまでのコメントを頂いた方々、ありがとうございました。面白くて勉強になります。
枸櫞/Mitz.Kyouka @IJN_Haguro 2015年8月25日
クリストファー・コロンブスについては英語+ラテン語というわけのわからない状態で通りすぎている上に出生地がジェノヴァというのも胡散臭いしでどうにも収集がつかない。自分の中では「主要な活動地」に合わせてクリストーバル・コロンにしているけれど。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年8月25日
sir_manmos むしろCaesarとCesareだからアルファベットの読み方レベルの気も? 綴りがぜんぜん違うパターンよりはわかりやすいんじゃないかな。
と☆てくのん☆ @Toteknon 2015年8月25日
イエス・キリストの「イエス」が元々ヘブライ語の「イエホシュア→ヨシュア」のギリシャ語形「イエスース」からなんだけど、英語じゃ「ジーザス」だしスペイン語じゃ「ヘスース」だし。
kizitora @anyatoraneko 2015年8月25日
中韓の人名の読み方の違いについては、政府間でそれぞれ「読む人の国の読み方で」「現地の発音で」と合意されているため。曹操時代ぐらいの古い人となると日本の方に古い発音が残っている可能性もあるかも。日本には表音文字があるので発音が固定されますからね。
かめ@下がるな上がるな @onsenkame 2015年8月25日
わすれちゃいけませんよ。ジーザス・クライストはイエゾ・クリステ(ラテン語)なんです。
ジョージ2世 @GEORGE221 2015年8月25日
ジョンの愛称がジャックなのには地味に驚いた。全然短くなってない(日本語的には)。
🌰 @Kurikinton 2015年8月25日
世界史のテストでグレゴリウスと書くのがめんどくさくてグレゴリ(英語読み)と書いていました
宇塞斎 a.k.a. かん @kan143 2015年8月25日
スティーブンーエチュエンヌは間にエステバン挟んだ方がわかりやすいな
炭酸煎餅 @Tansan_senbei 2015年8月25日
ktasaka 『太陽の子スティーブン』……なんか締まらないな……
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年8月25日
Dam_midorikawa そう、どこから「Zi」だとか「Ja」だとかが出てくるかがまずわからなかった。「日」をそう読むとは、ぱっとわからないよね。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年8月25日
Clearnote_moe 言われて始めて「本日」はホンジツって読むよなあと気がつくよな
Nikogori @4FootBlowtorch 2015年8月25日
これはあんまりゆるくない話だけど、「麦の穂をゆらす風」という映画の冒頭で、アイルランド人が英軍の兵士に対して自分の名前を英語で言うのを拒否したあげく殺される(アイルランド語だと「ミホール」英語だと「マイケル」になる)のを思い出しました。
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2015年8月25日
アラビア地図の表記だと日本は倭国→ワークワークだとか。
カマヤン1192 @kamayan1192 2015年8月25日
ジパングについてだけど、「日本国」を現代北京語で読むと「ジーペングー」になるそうだ。マルコ・ポーロが聞いたのが中国のどこの方言なのか(元時代の漢語の公用語がどうなっているのか)知らないけど。
lrrp @lrrp10 2015年8月26日
『YHWH』これの読み方がわからないと火種をひとつ
ギガ男爵(中年男性㌠ @exbaron 2015年8月26日
つか同じ英語でも時代によってモバイルだのモビルだのモービルだの変わるからなあ…。
枸櫞/Mitz.Kyouka @IJN_Haguro 2015年8月26日
hiruneskey ワクワク島にはワクワクの樹がありそこには女そっくりの実が実りやがて「ワクワク」と悲しげな音を発して落ちていくという(操作ミスしました失礼
Toku @to970 2015年8月26日
レーガン元大統領は、大統領選を機にリーガンからレーガンへ読み方を変えてたな。
羽倉田 @wakurata 2015年8月26日
日本の方が難しいのだけどな。例えば織田信長だと、正式名称:織田上総介三郎平朝臣信長、家名:織田、仮名:上総介、輩行名:三郎、諱:信長、となる。諱は実名だけど、某女性三国志みたいに勝手に呼んだらダメ。自分は相手と同格であるとする行為になる。目下がやったら首切られても文句言えません。最近のTVや小説とかだと普通に「信長様~とか」呼んじゃってるけどね。
ham_o @ham_o 2015年8月26日
英語を基準に考えるとわかりにくくなる。ヘブライ語(ユダヤ)→ギリシャ語(古代ギリシャ)→ラテン語(古代ローマ)→西ヨーロッパ各言語という伝播を意識すればわかりやすい。
ham_o @ham_o 2015年8月26日
あとロシア語が特殊に見えるのは、ラテン語を経てないから。東ローマ帝国は7世紀ごろにはギリシャ語が公用語になっていて、そこから東ヨーロッパの各言語に影響している。
羽倉田 @wakurata 2015年8月26日
あ、役職名:平朝臣がぬけた。これは朝廷からもらった役職名ね。ちゃんと朝廷から貰ってそれを家人に配っている人もいるし、勝手に名乗ってる人もいる。ちなみにこういった名前の付け方は現代にも残ってて「戒名」が同じようなシステムだよ。
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2015年8月26日
日本での「なおみ」や「じょうじ」も元はNaomi,Georgeの音転写だが、直美、譲治と書くと驚かれるんだろうな。
ham_o @ham_o 2015年8月26日
カタカナ語表記に引きずられるのもわかりにくい理由。カエサルがシーザーとかチェーザレになるのも、Caesarをどう読むかという問題だと考えればわかる。言語によってCをカ行、サ行、チャ行(?)で発音するし、arのrの巻き舌音が英語だと不明瞭なのを日本語では長音で表記することで表している。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2015年8月26日
ハイジとアーデルハイトとアデレードとアリスが同系統の名前とか、ヒルダとイメルダとヒメルダが同系統だとか…
羽倉田 @wakurata 2015年8月26日
エリーはアリスの愛称。マリーはマリアの愛称。そんなわけで英語圏の人にとってはアトリエシリーズの主人公の名前に違和感一杯なんだろうな
ham_o @ham_o 2015年8月26日
愛称の問題もカタカナに引きずられず、音節や強弱アクセントを意識するとわかる。エリザベスには愛称がたくさんあるけど、リズやベス(あるいはその変形)と呼ばれることが多く、エリーは少数派。これは、e liz a beth という4音節のうちのlizにアクセントがあるから。次に強いのがbethで、eとaは弱い。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2015年8月26日
ヨーロッパ人としてはじめてアメリカ大陸(正確には西インド諸島)に到達したイタリア人を日本では英語風にコロンブスと呼び、ロス市警殺人課のアメリカ人刑事さんはなぜかイタリア風にコロンボとなる不思議
#53 @hsgwkyt 2015年8月26日
エヤトンさんとか、もう誰も覚えてないよな。
T_sezaki @T_sezaki 2015年8月26日
hsgwkyt エヤトン・センナさんですね。東中の表記だったかな?
ヘボピー @hebop_ 2015年8月26日
日本語表記自体の変化、ブレとかもあるしなあ。ムスタングとマスタングとか、ワトソンとワトスンとウォトスンとか、スティーブン・セガールとスティーブン・シーガルとか。自動車関係だとボディはボデーと書いたり。
しばっちょ☆GOA(グレイトオヒルネアゲイン) @marotora 2015年8月26日
ポールとパブロが同じって聞いた時もファッ?ってなったな~
しょーた @shota243 2015年8月26日
金大中さんは、日本で拉致されたときは「きんだいちゅう」で後に大統領になったときは「キムデジュン」と呼ばれましたねぇ。
あわじまさき @hijmsawaji 2015年8月26日
カール大帝←強そう シャルルマーニュ←弱そう
Raymu @AT_Raymu 2015年8月26日
ニューオーリンズが新しいオルレアンと知ったのはつい最近のこと
北邑直希 @naoki_ng08 2015年8月26日
ジャック・ハンマーがジャック範馬だったりするアレですね(ちがう)。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月26日
Toteknon 「聖おにいさん」で、ブッダがイエスのために注文した誕生日(クリスマス?)ケーキに「ヨシヤ」って入れてってお願いしたら「よしお」になっていたって言うネタには爆笑した。
北邑直希 @naoki_ng08 2015年8月26日
ギュスターヴ様は当てはまるかな。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月26日
a_nightbreed ドリトル先生とイライザ・ドゥーリトルが同じファミリーネームなのは、なかなか気がつかなかった。ま、これは、日本語にするときにちゃんとアクセントを付けないからだけど。
三十郎 @sanjuro2 2015年8月26日
ホラへとジョニーとか、ゲーテとギョエテとか...
まどちん● @madscient 2015年8月26日
キャサリン→カトリーヌ→エカテリーナはまだ出てないかしら?
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月26日
kusattemoevill スペインだとフリオ。 「お前、不良やな!」「♫ナタリー」「それは、フリオ・イグレシアスや!」
smw @Shi_MeiWo 2015年8月26日
漢字音の場合は、復元された中古音をもとに各地域の読み方の変遷を追っていくと面白い https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E8%AA%AD%E3%81%BF ・[ɣɪɐŋ](ぎゃんぐ:中古音)→「ぎゃう」(日本語、呉音) ・[kiã](きゃーん:福建語)→「かう」(日本語、漢音) ・[hɐŋ](はんぐ:広東語)→[ɦã](はーん:呉越語)→「あん」(日本語、唐音) ・[ɕiŋ](しんぐ:現代北京語)
kokuju @kokuju 2015年8月26日
AT_Raymu 「ニューオーリンズ」というカナ表記は知っていても、"New Orleans" というアルファベット表記は知らない人は結構いるんじゃないかと思う(自分もそうだった)。初めて "New Orleans" を見たときはこれをオーリンズと読めず「アメリカにオルレアンなんてあったっけ?」となったが、Google先生の教えでようやく納得できた。州もルイジアナ(ルイ14世に由来)でフランスに縁が深いんですね。
ヘボピー @hebop_ 2015年8月26日
昔のこち亀で、ヨーロッパ旅行かなんかにいくときに、フローレンスとフィレンツェ、ベニスとベネチアが同じと説明されて、いくところ減ってるじゃないかって両さん怒ってた。
服部弘一郎@銀幕の中のキリスト教 @eigakawaraban 2015年8月26日
戦国時代劇にしばしば出てくる細川ガラシャ夫人ですが、ガラシャはラテン語で恩寵(神の恵み)の意味で、英語だとグレースなんだよね。賛美歌「アメイジング・グレース(すばらしき恩寵)」のグレースです。
服部弘一郎@銀幕の中のキリスト教 @eigakawaraban 2015年8月26日
元ローマ教皇の「ヨハネ・パウロ2世」が、英語を翻訳した資料で「ジョン・ポール2世」になっていたときはビートルズかと思ったよ……。
きゃっつ(Kats)⊿9/29日向坂京都個別 @grayengineer 2015年8月26日
あ、そういえば旧約聖書でいうヨシュアが新約聖書のイエスと同じなんだけど、英語だとJoshuaなのがスペイン語だとJesus(ヘスース)で、ヒスパニック系米国人でこのJesusという人がたまにいて、「名前がジーザスって!」っていう反応されたりとか
きゃっつ(Kats)⊿9/29日向坂京都個別 @grayengineer 2015年8月26日
kamayan1192 「国」はguoなので「グー」ではなく「ク(無声音)オ」ですね
きゃっつ(Kats)⊿9/29日向坂京都個別 @grayengineer 2015年8月26日
IJN_Haguro アメリカで「マオズドンとシャンカイシェックが」とか言われたときは「???」でしたね
黒革の手帖 @Schwarze_Hefte 2015年8月26日
単にアルファベットの発音習慣が国によってちがうってだけじゃん。 文化人類学者のレヴィ・ストロースとジーンズのリーバイ・ストラウスが同じとか有名だろ。
まどちん● @madscient 2015年8月26日
スティーブン系(?)はシュテーパン、シュテッフェン、ステパニク、イストバンなんてのも。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年8月26日
かつて世界史の回答を全部英語で書いた先輩は、次からは一人だけ別刷りの英文の試験問題が渡されたという…。帰国子女だったらありがちだけど、ただの中二病です。
ささきさん @ganbarenai2 2015年8月26日
シャーロット(Charlotte)→カルラ(Karla)  フレデリック(Frederick)→べドルジハ(Badřich)  グレゴリー(Gregory)→ジェホシュ(Řehoř)  ヘンリー(Henry)→インジフ(Jindřich)  ヘンリエッタ(Henrietta)→インドラ(Jindra)  ジュディ(Judy)→イトカ(Jitka)  ローレンス(Laurence)→ヴァブジネツ(Vavřinec) このページに登場するすべての国はチェコに道を譲れ。
清水代歩 @kaho_biz 2015年8月26日
人名もだけど地名も面白いな。ウクライナのリヴィウはポーランド語ではルヴフ、ドイツ語でレンベルク、ロシア語でリヴォフと呼ぶ。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年8月26日
元F1ドライバーのミハエルシューマッハが「マイケル」と読んでくれと言っていたようだが、モータースポーツ界でマイケルといえばアンドレッティに決まってるよな
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月26日
考えてみれば、「ぺきん」って言っているのて、日本とイギリスぐらい?満族(清朝)発音だよね。
ふろKKO@ #私は黙らない @front_extinct 2015年8月26日
中島義道によれば、ドイツの都市ミュンヘンをイタリア語ではモナコと呼ぶらしい。
おやぶん @swordfishspike 2015年8月26日
ミハエル・シューマッハはドイツ語+英語だったっけかな。 ミハエルならシューマッカーで、シューマッハならマイケルと記憶してるけど間違ってたらごめん(°ω°)
smw @Shi_MeiWo 2015年8月26日
swordfishspike ちなみにSchumacher(シューマッハー)とは英語のShoemaker(シューメイカー)、靴職人の事です。苗字としてならシューメーカー・レヴィ彗星で有名ですね。
長 高弘 @ChouIsamu 2015年8月26日
昔々、某字幕翻訳家が、「大天使 聖ミカエル」と訳すべき所を「大天使 聖マイケル」とやっちまった事が有りましてな……
長 高弘 @ChouIsamu 2015年8月26日
まぁ、そもそも、スターウォーズ中の固有名詞をどう呼ぶかは、関係者内でもバラバラなんて話が有ったな
長 高弘 @ChouIsamu 2015年8月26日
sir_manmos 中国語で「チャオズ」と呼ぶ食品を、日本では「ギョーザ」と……
枸櫞/Mitz.Kyouka @IJN_Haguro 2015年8月26日
front_extinct 語源が同じ修道院、英語でいうなら"Monastery"だから。区別のためにイタリア語だと「バイエルンのモナコ」と呼ぶ。
枸櫞/Mitz.Kyouka @IJN_Haguro 2015年8月26日
ontheroadx 私もその中二病をやりました。現地語読みとか正確な発音を突き詰めていった結果アルファベートでないと正確なものにならないという中二病論理。世界史の先生は点数をつけてくれましたが、他の教科の先生は「受験で書いたら没になる」と点数をくれませんでした。
路上 行人 @rojokozin 2015年8月26日
中国語は方言によっても発音違うから日本人が日本語読みすんの気にしないらしいですね。かたや在日朝鮮人の方が自分の名前を日本語読みされたのは苦痛だと裁判に賠償金「1円」で訴えたことも。
灰色 @haiiro081 2015年8月26日
ミカエルの話が出てるから。 ルシフェルとルシファーとルチフェロも同じ。
枸櫞/Mitz.Kyouka @IJN_Haguro 2015年8月26日
kaho_biz ヴェネツィアなんかはシーザーと同じで英語読みがシェイクスピアや映画などのお陰で人口に膾炙してヴェニスという呼び名が昔は一般的でした。リヴィウは歴史的に支配者層の入れ替わりがあったのでまた少し違いますが。日本からの視点だと北京の例もありますね。これは「ほっけい」とはなぜか呼ばない。ただし宋の「北京」は「ほっけい」だった気が(よく覚えていません)。
路上 行人 @rojokozin 2015年8月26日
まあ朝鮮は今は南北とも漢字使ってないてますし、漢字をもとに発音されたら意味がわからないかも。
枸櫞/Mitz.Kyouka @IJN_Haguro 2015年8月26日
grayengineer それくらいの時代ならまだ多少知られているのでいいですけれども英語で「コンフューシャス"Confucius"=孔子」なんていわれた日には「?????」ですねえ…
taka @Vietnum 2015年8月26日
ヘンリー(英:Henry) → エンリコ(伊:Enrico) ※普通は長男に付けられる
taka @Vietnum 2015年8月26日
イアンギランに、トケイヨと呼ばれてしまった東京さん……
好古真之 @yoshiful_saney 2015年8月26日
フランスのブルゴーニュが、英語ではバーガンディー(ごく暗い紫みの赤) になるようなものですか。
人形使い@紅楼夢は一般参加 @doll_player 2015年8月27日
この手の驚きはキャロラインの愛称がロリータだったときだな。ロしか合ってねーじゃねーか!!
しょーた @shota243 2015年8月27日
源五郎鮒が男性で女性はゲンゴローブナ、ってわけではない。
リッツ@ライデンE1 @ritz1229 2015年8月27日
ジョバンニが何語か知らないけどドイツ語でヨハンになる…のかな?違うかな?
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年8月28日
ジョージ、ゲオルグ、グルジア、そんでもってホルヘ。
好古真之 @yoshiful_saney 2015年8月28日
ヒュペリーオーン:ギリシア神話の神 ヒペリオン:土星の第7衛星 ハイペリオン:ジョン・キーツの詩
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする