江戸の「ゆるキャラ」

太田記念美術館の過去のツイートより、ユーモラスなキャラクターを集めてみました。 いずれの作品も現在展示しておりません。 また、以下もご参照ください。 太田記念美術館のtwitterアイコン「虎子石」って何?http://togetter.com/li/844872 浮世絵のカエルたちhttp://togetter.com/li/831941 続きを読む
アート 浮世絵
45928view 20コメント
165
植物系
太田記念美術館 @ukiyoeota
【笑う浮世絵(後期)見どころ】国芳「道外とうもろこし 石橋の所作事」。「鏡獅子」などで有名な「石橋もの」の舞踊をとうもろこしや野菜が演じています。そのまま現代の「ゆるキャラ」に使えそうな可愛らしさ。本展一押しの作品が後期から登場です! pic.twitter.com/KPoIiJ7Jdk
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【笑う浮世絵(後期)見どころ】国芳「ほうづきつくし 五條のはし」。ほおづきを物語の登場人物などに見立てたシリーズ物。本図の題材は五條の橋の義経と弁慶の決闘。橋の欄干もほおづきで描かれるほか、弁慶の鎧などは「海ほおづき」となっています。 pic.twitter.com/Oc9uUeAyTi
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【江戸妖怪大図鑑/意外に人気な作品】歌川広景「青物魚軍勢大合戦之図」(部分)。魚と野菜の戦いを擬人化した作品です。甲冑姿の冬瓜と松茸が刀や槍を振るっています。背後にはタコたちが・・・。第1部「化け物」の展示は明日までです。 pic.twitter.com/yV7QtfLr7F
 拡大
魚介類系
太田記念美術館 @ukiyoeota
【笑う浮世絵(前期)見どころ】歌川貞秀「蛸踊り」。蛸による文字通りの蛸踊り。軽快なステップ(?)も披露しなんとも楽しそう。これは団扇絵と呼ばれる縁を切り取って団扇に貼るもの。ユーモアに彩られた江戸っ子の生活を想像するのも楽しいですね。 pic.twitter.com/FcCTkJUCTO
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
国立公文書館さんでナマズの絵をご紹介されていましたので、それにあわせて浮世絵に描かれたナマズをご紹介。作者不詳「地震のすちゃらか」。すちゃらかという俗謡を歌うナマズたち。安政の大地震後に流行した鯰絵の一枚です。(現在展示してません) pic.twitter.com/bHDkyJx3ib
 拡大
両生類・爬虫類系
太田記念美術館 @ukiyoeota
【笑う浮世絵(前期)・見どころの作品】芳員「東海道五十三次内 吉原」。東海道の宿場町を面白おかしく描いたシリーズ。しばしば図のような擬人化されたユーモラスな生き物が登場します。本図では蛇のような生き物が蛙に道案内しているのでしょうか。 pic.twitter.com/FzdU9VlI74
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【笑う浮世絵(後期)見どころ】国芳「蝦蟇手本ひやうきんぐら(七段目・八段目のうち下図)」。蛙たちが演じる忠臣蔵です。図は忠臣蔵の八段目の道行の場面。小浪と母の戸無瀬が蛙で描かれるほか、背景の富士山の頂もよく見ると蛙の顔になっています。 pic.twitter.com/pNA16jOIOt
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【浮世絵と刀剣】忠臣蔵の登場人物をカエルに置き換えた、国芳のアイデアが光る戯画。大星由良之助が亡き主君の形見の刀を取り出し、復讐を誓う場面なのですが、刀をよく見るとなんとナメクジ!(現在展示しておりません) #文化遺産 #刀剣 pic.twitter.com/0Q6ONxLRP0
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【江戸妖怪大図鑑/カエルが大好きな皆さまへ】第3部「妖術使い」ではカエルがたくさん登場します。カワイイものから不気味なものまで150匹以上。ここまでカエルの浮世絵が集まるのは初めてでは?紹介するのは国芳が描いた相撲を取るカエルです。 pic.twitter.com/ntqygFmhsf
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【江戸妖怪大図鑑/カエルが大好きな皆さまへ その②】国芳による、ちょっと可愛くない、目つきの悪いカエルたち。「本朝武者鏡 天竺徳兵衛 がま仙人」より。 pic.twitter.com/hzQmVpYwVn
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【今日のカエル】ちょっと困り顔。豊原国周「相馬良門古寺之図」より。【江戸妖怪大図鑑 第3部「妖術使い」開催中(-9/25)】 pic.twitter.com/FMvViGglK7
 拡大
鳥系
太田記念美術館 @ukiyoeota
【笑う浮世絵(後期)見どころ】国芳「里すゞめねぐらの仮宿」。豪華な衣装に身を包んだ雀は、遊女を雀の姿に置き換えたもの。実は当時、遊女を描くことが禁止されており、国芳は雀の擬人化で対応したのです。雀たちの喧噪が聞こえる1枚です。 pic.twitter.com/qstAY6w7YZ
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【奇妙な動物/Strange Animals in Ukiyo-e】芳幾の、お尻を振るセキレイ。Dancing Wagtail #ミュージアムウィーク #想像力MW #MuseumWeek #inspirationMW pic.twitter.com/xYeB2O5wM1
 拡大
猫系
太田記念美術館 @ukiyoeota
【江戸妖怪大図鑑/国芳も妖怪も猫も好きという皆さまへ】一生懸命踊るかわいらしい化け猫です。小さいのでお見逃しなく。27日(日)までの展示です。 pic.twitter.com/B0mf1Q4uVX
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【広重と清親:動物たち③】広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」。遊郭の室内から外を眺める後ろ姿の猫。何を思っているのでしょうか。 pic.twitter.com/AEVCo1bGzj
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
【笑う浮世絵(前期)見どころ】国芳「流行猫の曲鞠」。猫が鞠の曲芸を披露しています。天保12年3月に曲鞠の名人、菊川国丸の見世物が浅草で行われましたが、本図はそれを猫に置き換えたもの。国芳らしく擬人化された猫たちが生き生きと描かれます。 pic.twitter.com/qbCuhbejoX
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
ねこのそば屋さんの浮世絵、全体図はこちら。作者は四代歌川国政、タイトルは「志ん板猫のそばや」、明治6年(1973)の作です。現在展示はしておりません。 pic.twitter.com/yH2aq3G9mZ
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
前ツイート、「明治6年(1973)」は「明治6年(1873)」の誤りです。失礼いたしました。
太田記念美術館 @ukiyoeota
本日4/26(火)午後9時半~、Eテレの「趣味どきっ!」は「旅したい!おいしい浮世絵」。第4回は「江戸のそば」ということで、猫のおそば屋さんの浮世絵をアップでご紹介。そばを打つ猫とそばを食べる猫です。 pic.twitter.com/IvyNi7BUYT
 拡大
 拡大
太田記念美術館 @ukiyoeota
こちらは運んできたそばをひっくり返してしまった場面。セリフは、店員猫「これはそそう」、客猫「たいへんたいへん」。 pic.twitter.com/DkcTvcXsbp
 拡大
残りを読む(23)

コメント

HANATARAY @hanataray 2015年8月26日
赤影の一話も大ガマ出てたし、伝統よのう(´・ω・`)
nekosencho @Neko_Sencho 2015年8月26日
「ふるキャラ」でいかがでしょう
倉瀬美都 @clausemitz 2015年8月26日
かわいいっ!! (ノ≧▽≦)ノ
Sun太 @SunSun_fine 2015年8月26日
面白いなあ!当時の絵師さん達が「面白れーだろw」とか言いながらドヤってたかと思うと、によによする。
ゆゆ @yuyu_news 2015年8月26日
のっぺらぼうかと思ったら鯰だった。
kawonasi @kawonasi4989 2015年8月26日
ゆるキャラというか妖怪?夕張メロン熊なんかモロそうだよね
Yo Okada-Howells @yoookd 2015年8月27日
国芳「流行猫の曲鞠」は『なめ猫』の原典かしら?!
wataru ishikawa @issy0945 2015年8月28日
ほんとに面白いです。江戸の諧謔というところか。
伊都之尾羽張◆ @itunowohabari 2015年8月29日
もう本当に楽しすぎるw 江戸の町並みを描いた浮世絵などに小さく描かれた町民らの表情もユルさがたまらないし、鳥獣戯画の時代にはデフォルメが完成していたから現在のアニメ文化につながっているのだと、勝手に信じていますわw
ざの人 @zairo21 2015年8月29日
なかなか味わい深いですねー
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2015年9月1日
ゆるキャラ、漫画の濫觴がここにある!
くまきん @astrolabe57jp 2015年9月5日
ちょっとグロいキャラもあり
みゆう @MinamidaYminami 2016年9月29日
浮世絵の、擬人化されて着物を着ている猫やカエル達可愛いな。 日本には鳥獣戯画の時代からケモノキャラがいますね (=*´人`*=)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする