パウロ・フレイレに関するツイート

まとめました。
1
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
いまや、誰かが誰かを教育するのではない。また、何人たりとも、自分で自分を教育するのではない。人々は、交わりのなかで、互いに教育しあうのだ。(パウロ・フレイレ)
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
「行動」に根ざさぬ「言葉」は「省察」とは無縁のものとなり、/舌先三寸の空語になっていく。/ 他方、「行動」だけを強調して、「省察」を犠牲にすると、行動主義に堕してしまう。(パウロ・フレイレ)
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
対話とは「人間の出会い」である。世界を媒介にして、そして、世界を「言葉でとらえるため」に、人々は対話するのだ。(パウロ・フレイレ)
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
言葉を発し、世界を言葉で表現することによって、それを変えていくのが、人間である。だとすれば、対話は人間が人間としての意義を獲得していく上で、かならず踏まなければならない道である。(パウロ・フレイレ)
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
「人間にふさわしく生きるというのは、世界に名前をつける、命名することである(name the world)」(パウロ・フレイレ)
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
対話が人間の出会いであり、世界を変革し、人間化するための諸主体の活動とその省察が、共同の営為になっていくのだとするならば、一方の主体から他方の主体への単なる「概念の移動」だとか、単に意見を交換して消費するだけの会話行為に、それを矮小化することはできない。(パウロ・フレイレ)
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
結局、新幹線では、1時間ほど「ダバダー」できました。新年早々、なぜか、フレイレを読みなおす(笑)。なぜか、元気がでました。というわけで、お正月休み終了。
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
「学習は思想を消費する行為ではない。それは思想の創造であり、再創造である」(パウロ・フレイレ)
Toshihiro Kanai 金井壽宏 @tkanai1954
対話とは「人間の出会い」である。世界を媒介にして、そして、世界を「言葉でとらえるため」に、人々は対話するのだ。(パウロ・フレイレ) (via @nakaharajun) フレイレは、読むなり、元気が出る著述家ですね。
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
(信頼と対話1)人間に対する「信頼」の念は、対話の先験的与件である。対話にとりかかるに先だち、すでにそこにあるべきものだ。対話的人間は、面と向かって人と出会う前から人間への信頼の念を保持する。(フレイレ)
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
(信頼と対話2)人間への信頼を欠いたとき、対話は「茶番」と化す。どんなに取り繕ろうとも、それは「勿体つけた飴玉」にしか成り得ない(フレイレ)
兼清俊光 @KanekiyoToshi
まったく共感します。そして、そのビリーフを経験的に構築することこそ生きる意味の1つだと思います。 RT @nakaharajun: (信頼と対話1)~略~対話的人間は、面と向かって人と出会う前から人間への信頼の念を保持する。(フレイレ)
だいもんすけきよ @ugasu
中原淳(@nakaharajun)先生がパウロ・フレイレの連投されたのをきっかけ(『職場学習論』でも触れておられたし)に、読みたいなと、Amazonで検索。が、邦書・洋書とも高価な本ばかり。…大学時代の教育学の授業も名のみ昇り、実像不分明な学者だったが、入りやすい本とは何だろう?
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
フレイレの思想を最も端的に表現しているのは http://ow.ly/3xYW5 だと思います。(職場学習論もお読み頂き感謝です!)@ugasu / フレイレの連投されたのをきっかけ(職場学習論でも触れておられたし)に、読みたいなと/検索。/ 入りやすい本とは何だろう?
だいもんすけきよ @ugasu
中原先生から直にご教示いただき、お年玉気分だ、今日は。20年前に受けた教育学概論の解放の教育論に立ち戻って、ひとつ読んでみます、『被抑圧者の教育学』。RT @nakaharajun フレイレの思想を最も端的に表現しているのは http://ow.ly/3xYW5 だと…
中原淳(なかはらじゅん) @nakaharajun
どうぞフレイレとの対話を愉しんでください!僕も、折に触れ、何度も読み返しても、発見がある本です。RT @ugasu 中原先生から直にご教示いただき、お年玉気分だ、今日は。『被抑圧者の教育学』。RT フレイレの思想を最も端的に表現しているのは http://ow.ly/3xYW5
高木康介 kosuke takaki @Tacky_66
みためはファンキーなおっさんですが(笑) RT @yoko620: フレイレがかっこいいです!かなりオススメ!RT @Tacky_66: パウロ・フレイレ著「被抑圧者の教育学」」「希望の教育学」。教育関係者のみならず、必読の2冊。
@Rieko_T
あぁ、だから周りにどんな人がいるかが重要だし、自分がどうあるかも、周りの人たちにとって大事なんだ、って解った。RT @tkanai1954: 人々は、交わりのなかで、互いに教育しあうのだ。(パウロ・フレイレ) (via @nakaharajun)
Toshihiro Kanai 金井壽宏 @tkanai1954
あぁ、だから周りにどんな人がいるかが重要だし、自分がどうあるかも、周りの人たちにとって大事なんだ、って解った。RT @tkanai1954: 人々は、交わりのなかで、互いに教育しあうのだ。(パウロ・フレイレ) (via @nakaharajun) (via @Rieko_T)
Toshihiro Kanai 金井壽宏 @tkanai1954
@Rieko_T 成人教育の研究者が手放しに、元気の出る文献とお奨めになるのが、フレイレだ。京都大学の渡邉洋子さんにインタビューをさせていただいたときも、元気の源泉となる書籍と言えば、フレイレ。しかも、翻訳がけっこうありますから。
@Rieko_T
金井先生のツイートを拝見しながら、そのひとことひとことに心が揺さぶられました。フレイレ氏の著書を早速注文したので、到着を楽しみに待ってみます。先生、誠にありがうございました!RT @tkanai1954: 成人教育の研究者が手放しに、元気の出る文献とお奨めになるのが、フレイレだ。
本間正人 「敵をつくる言葉、味方ができる言葉ハンドブック」発売中! @learnologist
良い「朱」でありたいものです。 RT @nakaharajun: あぁ、だから周りにどんな人がいるかが重要だし、自分がどうあるかも、周りの人たちにとって大事なんだ、って解った。 @tkanai1954: 人々は、交わりのなかで、互いに教育しあうのだ。(パウロ・フレイレ)
Toshihiro Kanai 金井壽宏 @tkanai1954
@Rieko_T フレイレは、識字率の向上を含む社会運動としての成人教育論ですね。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする