PAC-3はノドンを迎撃できるか?

まとめました。
9
JSF @obiekt_JP

嘉手納に配備された米軍のPAC3とは別に、自衛隊も沖縄にPAC3を配備するとの事。http://nhk.jp/N3tc5YIX #futenma

2011-01-06 19:19:34
JSF @obiekt_JP

ピースデポの梅林宏道氏が「PAC3は短距離弾道弾迎撃用で準中距離弾道弾のノドンの迎撃は無理だ」と琉球新報で述べているようだが、この軍事技術に疎い反戦平和運動家の弁は間違っている。それを説明する。 #futenma

2011-01-06 21:03:04
JSF @obiekt_JP

紹介するのは防衛省TRDI(技術研究本部)の元技術者で弾道学の専門家、久保田隆成氏のサイトより。「弾道ミサイル迎撃 第3章 ターミナル・フェーズにおける迎撃」 http://j.mp/fwLPPS #futenma

2011-01-06 21:08:42
JSF @obiekt_JP

結論から行けば、ヘッドオンで目標を迎撃できる位置にランチャーが配置されていれば、目標の速度が迎撃ミサイルより速くても迎撃は可能となる。 #futenma

2011-01-06 21:14:53
JSF @obiekt_JP

ただし目標の速度が速くなればなるほど、迎撃カバー面積は狭くなる。しかし目標が迎撃ミサイルに直接向かって来るなら、いくら目標が速かろうと迎撃は出来る。 #futenma

2011-01-06 21:18:05
JSF @obiekt_JP

先ほど紹介した「弾道ミサイル迎撃 第3章 ターミナル・フェーズにおける迎撃」 http://j.mp/fwLPPS の計算データにある通り、目標が迎撃ミサイル(PAC3)自身の2倍の速度(ノドン相当)で突入してきても対処が可能である事が分かる。 #futenma

2011-01-06 21:21:40
JSF @obiekt_JP

結論として数式によってPAC-3はノドンに対し「交戦可能」である、と証明されています。 #futenma

2011-01-06 21:22:49
@akatuki_a

サッカーのゴールキーパーは、ボールより速く動けるわけじゃないけど、シュートを止められますね。

2011-01-06 21:30:20
JSF @obiekt_JP

キーパーを真ん中に置いて、ゴール四隅に来るボールを止めるのが広域防空、キーパー付近に向かって来るボールを止めるのがヘッドオン迎撃。RT @zyesuta: サッカーのゴールキーパーは、ボールより速く動けるわけじゃないけど、シュートを止められますね。 #futenma

2011-01-06 21:35:00
JSF @obiekt_JP

こう考えると「ヘッドオンで迎撃できるならかなり楽だ」という事が分かる筈。 #futenma

2011-01-06 21:36:23
JSF @obiekt_JP

つまりこういう事が言える。「PAC3は短距離弾道弾(スカッド)が相手なら広い範囲を防空出来る。準中距離弾道弾(ノドン)が相手ならヘッドオンできる狭い範囲なら迎撃出来る。」 #futenma

2011-01-06 21:39:27
JSF @obiekt_JP

これは湾岸戦争でのPAC2の対弾道ミサイル防空戦闘の動画だ。近接爆破方式では目標を破壊しきれず、目標に2発も当てながらそのまま市街地に着弾している事が分かる。 http://m.youtube.com/watch?v=LlOi6Gl25Lg #futenma

2011-01-06 21:47:07
JSF @obiekt_JP

湾岸戦争でPAC2の迎撃成功率が低かったのはこのせいで、せっかく目標に当たっているのに任務達成が出来なかった。この反省を踏まえ、PAC3は直撃破壊方式とした。 目標を完全破壊し粉微塵にしてしまえば、小さな破片など建造物の屋根でも貫通しない。 #futenma

2011-01-06 21:50:53
JSF @obiekt_JP

反MD派の代表格であるMITのセオドア・ポストル教授は最近ではお笑い扱いに… http://j.mp/e73Skj #futenma

2011-01-06 22:27:38

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?