岩上安身氏の孫崎享氏へのインタビューまとめ

岩上安身氏( @iwakamiyasumi )が元外務省官僚の孫崎享氏に行ったインタビューを、勝手にまとめました。
普天間基地 海兵隊 日米安保 日米同盟
0
岩上安身 @iwakamiyasumi
普天間基地の、長崎への移転案の発案者である、孫崎さんに、今から、インタビューに行きます。今回は、オフレコではなく、カメラを回してもいいという許可が出ております。お楽しみに。
岩上安身 @iwakamiyasumi
先ほど、帰宅。孫崎さんのお宅にお邪魔すると、ついつい話にのめりこんでしまい、長居をしてしまう。孫崎さんも、奥様も、お風邪を召しているのに、ご好意に甘え、失礼をしてしまった。いかん、いかん。さて、普天間問題だが、今日は、もう一度、改めて、この問題について解説してもらった。
岩上安身 @iwakamiyasumi
続き。でも、インタビューは続行。孫崎さんは、何事もなかったかのように話し続けてくださった。映像は途中までだが、音声は録れているので、アップします。これは、YouTubeより、Podcastのほうが、いいのか? 検討します。さて、取材の結果ですが、結論から言うと、希望をつないだと。
岩上安身 @iwakamiyasumi
続き。最近の動きを見ていると、米国に余裕がなくなっていると感じるという。もともとグアムなどに移転することを計画していた米軍だが、財政難のため、日本の思いやり予算を当てにしようとする姿勢が強まっている。ちなみに、普天間に駐留する海兵隊は、極東有事のために存在するのではない。
岩上安身 @iwakamiyasumi
続き。海兵隊だけでなく、在日米軍は、仮に中国との間で、尖閣諸島をめぐって紛争が起きても、介入はしない。「抑止力」として機能するというのは、幻想。海兵隊は、日米安保ではなく、05年以降に規定された「日米同盟」のために存在する。この「同盟」は、米国の国益追求のために締結されている。
岩上安身 @iwakamiyasumi
続き。安保と同盟の違いについては、私のHPの孫崎氏インタビューを参照のこと。海兵隊のグアム移転も、戦略的な必要性からではなく、隊員とその家族の慰安のためである。沖縄で過ごすのは、必ずしも海兵隊員にとって、安楽なわけではないからだ。何とも気の抜けるような話であるが、それが現実。
岩上安身 @iwakamiyasumi
続き。それなのに、今、キャンベルなどが、辺野古移転案にしつこくこだわって見せるのは、先に触れたとおり、米国の財政難が一段と深刻化して、グアムなどへの移転の予算が捻出できないため。もちろん、これはディールであり、チキンゲームである。ゲームから、岡田、北澤両大臣と、平野長官も降りた。
岩上安身 @iwakamiyasumi
続き。チキンゲームから降りていないのは、鳩山首相だけになっていた。さすがに首相一人では、しのぎきれないかも、と思っていたら、沈黙していた小沢氏が、沖縄県内への移転に対して否定的な意向を示した。希望をつないだとは、このこと。小沢氏は、米国とのチキンゲームから降りてはいなかった。
岩上安身 @iwakamiyasumi
続き。そうは言っても、期限を区切るように追い込まれてしまったのだから、それは仕方ない。だが、世間の評価とは反対に、鳩山政権が、解決を急がずにいることを、外交の専門家として高く評価する。それは米国の圧力にまだ屈していないことを意味するからだ。ここに日本の自立の可能性を見る。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする