木村真三氏談「1日2升のご飯を食べる高校生」:話を盛ってご飯を盛り過ぎの巻

55
前へ 1 ・・ 4 5
灰猫(にゃーん野郎) @nekoyasshiki

@parasite2006 ブログ読む限り、河田氏はベルラド研の見解の紹介、木村氏は、LSS調査の紹介なわけですが、河田氏は、内部被曝に関しては、日本の場合はコントロールできると留保付ですが、木村氏の場合は、帰還する場合の追加累積被曝量の予想もないままなので、不親切な説明だなと。

2015-09-09 02:59:11

ベルラド研究所はベラルーシの民間研究組織で、チェルノブイリ事故の健康影響の研究とあわせて、ホールボディカウンターによる巡回測定と放射性セシウム吸収抑制剤のアップルペクチンの配布を組み合わせた独自の放射線対策で知られています。
LSS=Life Span Survey(寿命調査)とは放射線影響研究所が1950年から継続中の原子爆弾による放射線の健康影響の大規模疫学調査。1950年の国勢調査時点で広島・長崎に住んでいたことが確認された人の中から選定した被爆者約94000人と非被爆者約27000人を生涯にわたり追跡調査し、疾患の発生と死亡に及ぼす放射線とそれ以外の因子の影響を明らかにすることを目的としています。
http://www.rerf.or.jp/glossary/lss.htm

灰猫(にゃーん野郎) @nekoyasshiki

@parasite2006 ついつい、木村氏の数値の使い方の説明不足に振り回されてしまいます。

2015-09-09 03:00:36
nao @parasite2006

@nekoyasshiki 同じことは当日の講演を聞かれた方も感じておられたようで。この聴講者のブログ記事(筆者は南相馬市小高区の方)bit.ly/1UA7qc0 を最初にご紹介したブログ記事bit.ly/1KCbt2S とあわせて読むとよくわかる

2015-09-09 10:16:57
mizuki_kanna07409🐰おーん @kanna07409

木村真三先生 小高講演 二つブログ  「汚染の現状と防護を巡って ―木村真三氏、河田昌東氏が小高で講演」fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-110…  「小高区における獨協医大・木村准教授の放射線講演に思う」 blog.goo.ne.jp/konno_y/e/2a58…

2015-09-09 10:46:57
mizuki_kanna07409🐰おーん @kanna07409

帰還する人、帰還を目指す人にとっては、どうしたらいいか?を専門家に聞きたいのであって、帰る帰らないってことではないんだよね。

2015-09-09 10:48:56
前へ 1 ・・ 4 5