10周年のSPコンテンツ!
kotocommtv2 @kotocommtv2
本日18:30ころより、京都市第3回市民参加推進フォーラム 市民活動支援検討部会の中継を行います。 youtu.be/lNW79aaTsWo #ksssf #kyoto #京都
kotocommtv2 @kotocommtv2
市民活動支援検討部会では、市民活動への支援、市民との協働、それらに関わって、「課題・未来像の共有」にかんして議論を行います。 youtu.be/lNW79aaTsWo  #ksssf #kyoto #京都
拡大
kotocommtv2 @kotocommtv2
京都市第3回市民参加推進フォーラム 市民活動支援検討部会の中継を開始しました。 youtu.be/lNW79aaTsWo  #ksssf #kyoto #京都
kotocommtv2 @kotocommtv2
提言12 『京都市は、各区で実施されている「まちづくりカフェ」など、市民が気軽に参加できる「まちづくりへの入り口」を更に提供するべきである。』 について議論がなされています。 #ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
杉山委員「私もまちづくりカフェのような場所に参加したことがある。ただ、ここはオフィシャルな場。もう少し柔らかいところだと、民間の自由なつながりの中で話が行われている場もある。行政は民間の領域まで踏み込みづらい部分も」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
川島部会長「行政がアドバイスをするという表現が気になっている。」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
事務局「ここで言っている”アドバイス”というのは、来られたかたが自分でもなにかやってみようと思ってもらえるようなサポートをすることを考えていた。アドバイス機能という言葉にこだわりはなく、わかりにくい言葉になているかもしれない」 youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
川島部会長「”動機付けに繋がるアドバイス”という上からの言葉ではなく、参加を後押しする相談機能とするべきではと考えている」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
杉山委員「区役所などの窓口に立った人が、そういったアドバイスをするなどを書いてもいいかもしれない」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
提言14『京都市は、街づくり活動の成果を高め、継続・発展を支えるため、必要な時に必要な資金、人材、情報などの支援ができるシステムを構築するべきである。』 について議論がなされています。 #ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
事務局「今までも市民活動を支える取り組みはなされてはいるが、それぞれによって必要としているものが違ってくる。それに応じたサポートを提供しようと思うと、全てを市役所で担うのは難しい。」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
事務局「必要な人に繋いでいくなど外との連携も意識し、仕組みという言葉を使っている。ただ、言葉にこだわりがあるわけではない。」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
川島部会長「まず思ったのは、京都市はやらないの?ということ。まず、自分たちがやりますよ。その上で足りない部分は仕組みを作りますよという二段で書いてもらうと、いいのではないか」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
川島部会長「活動支援のメニューとするとどんなものがありますか?」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
事務局「既存のものだと、補助金やアドバイザーの派遣などがある。」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
提言15『京都市は、地域コミュニティの課題解決力と持続性を高める観点から、地域の多様な主体の取組の支援を行うとともに、地域組織(団体)のあり方及び活性化策について、更に検討を進めるべきである。』 について議論がなされています。 youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
竹内委員「元々行政としては手を入れないとしていた分野。今だからこそやるべきだと思う。次の地域の中での循環やステップアップを模索することを今しないとという気がしている。」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
提言16「京都市は、寄付やボランティア協力などにより、市民が市民のまちづくり活動を支える社会を目指し、機運の醸成等に取り組むべきである。」 について議論がなされています。 #ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
事務局「市民が市民の活動を支えるという社会にしていくためには、行政に何ができるのかという部分です。仕組みづくりまではいかないが、インフラ作りはこれまでもやってきた。書いていて、書き方がこれでいいのかなという部分もある」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
竹内委員「機運を醸成するだけではなく、市民が市民の活動を応援するための仕組みづくりを京都市が行うと言ったほうがしっくり来る」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
事務局「まだ具体的に取り組んでいるわけではないが、"プロボノ”と呼ばれるような人たちのマッチングを行うという施策もここに入ってくるかもしれない」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
提言18『京都市は、NPO、事業者、大学など多様な主体の連携を促進する機会づくり、人づくりに積極的に取り組むべきである。』 について議論がなされています。 #ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
川島部会長「繋がる人は勝手に繋がる。その中で京都市が何ができるのかイメージがわきにくい」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
事務局「例えば京都市まちづくり100人委員会など、個人の参加ではあるが結果として、団体相互の連携に繋がるものなどがある。こういった取組を更に進めるという趣旨」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
kotocommtv2 @kotocommtv2
杉山委員「期待をするのは機会づくり。元々別々のことをやっていた団体が協働する機会が重要。そういう機会があることで、違う可能性が広がると思う」#ksssf youtu.be/lNW79aaTsWo
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする