問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい

個人的なツイートまとめ。 ※2015/9/17 本筋からは微妙にずれますが、この作品に対する批評についてのまとめを追加しました。 ※2015/9/18 恋愛的な解釈についてやその他の感想、短歌の紹介などを追加しました。
文学 書籍 短歌
400
Reffi @tomo1109_Reffi
問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい(川北天華)
Reffi @tomo1109_Reffi
岡山操山高校の生徒が詠んだらしい。いやはや、才能というのは恐ろしい・・・
Reffi @tomo1109_Reffi
読み返せば読み返すほど凄いよなこれ・・・短歌というフォーマットと、試験問題文というフォーマットによる二重の制約をかけることで、はじめて生み出される輝きというか。
Reffi @tomo1109_Reffi
「夜空を微分する」ということの意味を画像解析の文脈から正しく理解した上で、なぜ夜空を「青」と表現したのか、なぜ問十二なのか、なぜ無視して「も」よいなのか、読み解いていく必要があるわけだけど、なんというか、文系や理系といった枠に囚われない、広い意味での教養がもたらす美しさというか。
Reffi @tomo1109_Reffi
調べてみると2009年頃に高校生によって詠まれた歌で、2011年頃に本人が京大の句会に持ち込んで関係者の間で話題になって、2012年頃からtwitterを中心にネット上で拡散されたっぽい。
Reffi @tomo1109_Reffi
ただ、京大短歌の評者も含め、この句をきちんと論評できている文章が全然なくて、どこかしらピントがずれているか、食い足りない感じになってしまっている句評しかないのはどうしたことなんだろう。これほどまでに美しいのに・・・
Reffi @tomo1109_Reffi
れいじによる、問十二 まとめ(仮) togetter.com/li/254082
須藤玲司 @LazyWorkz
「問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい」…もしかすると、「夜空の青を微分」することの「意味」が、一般にはきちんと受け取られてなくて、単に奇を衒っただけと思われてるんじゃないかと、ちょっと心配になってきた。夜空の微分は現代天文学の基礎なのに。
須藤玲司 @LazyWorkz
「問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい」野暮を承知で解説(前段)。画像解析で夜空を色で微分すると、星だけを抽出することができる。肉眼では見えにくい星も見えてくる。つまり、「微かな星に目を凝らせ」という意味を、現代科学の言葉で言い換えている。
Reffi @tomo1109_Reffi
「問十二」なのはおそらく、一から十一までの問が存在しているという暗黙の了解を提示することで、問十二に至るまでの経緯の存在や、時間的な経過を表そうとしているんだと思う。
Reffi @tomo1109_Reffi
あと、誰も指摘していないのが不思議で仕方ないんだけど、この句は試験問題文という定型に合わせているだけではない。定型に合わせた上で、あえてそれを逸脱している。自分はそこがたまらなく美しいと感じる。
Reffi @tomo1109_Reffi
単純に試験問題文としての定型に忠実であろうとするのであれば、「街の明りは無視してよい」になる筈で、「も」は必要ない。というか、あってはいけないので字足らずにすべき。でもそうなってはいない。
Reffi @tomo1109_Reffi
街の明りは無視して「も」よい。君は街の明りを無視してもいいし、無視しなくてもいい。それをどうするかは回答者、すなわち句を受け取る人間の裁量に委ねられているわけだ。
Reffi @tomo1109_Reffi
上の句で「せよ」と命令しておきながら、下の句では好きにして良いというこの態度には、自由闊達さや、ある種の茶目っ気が存在している。それを読み取らずに定型云々というのでは、片手落ちだと思うわけで。
いすづみ @isudzumi
澄んだ句 科学的でいて文学的で、形式ばっていて自由な文だ .@tomo1109_Reffi さんの「問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい」をお気に入りにしました。 togetter.com/li/874260

風のハルキゲニア @hkazano
また久しぶりに話題になってるこの短歌、作者のほかの作品も読んでみたいのだけど、ネット上には全然見つからないのが残念。作者は2011年に京大理学部1回生だったようなので、今頃はもう卒業してるんだろうか。天華は本名で「ゆき」と読むらしい。読みづらいけど詩的な名前。
なむらは通販準備中 @namura1336
あっ天の華ってたしか雪のことだもんな
風のハルキゲニア @hkazano
「問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい」を高校生の時に詠み、高校生文芸道場おかやまの各部門を総ナメにした川北天華(かわきたゆき)さん、その後京大理学部に進み、宇宙科学入門というゼミを取っているのがなかなかいい。sozan.okayama-c.ed.jp/wordpress/scho…

風のハルキゲニア @hkazano
「問十二 夜空の青を微分せよ」の歌については、ネット上の評判とは裏腹の、短歌のプロからの評価の低さや戸惑いが印象的で、それは方向性は逆だけど、一般的な評価とプロの評価のギャップという点では東京五輪ロゴの問題とも通じているように思う。
ヤナ @HNGYSNG
この短歌を褒めるのも、多くは短歌について勉強したことのない人たちだと思う。ちょっと短歌をかじったことのある人なら、あんまり感心はしない。「学校文芸」というのは独特で、プロのそれとはつながっていない。
Reffi @tomo1109_Reffi
句評についてきちんと読めていないのでは?というコメントがあったので帰ったら少し補足を書こうかな……
Reffi @tomo1109_Reffi
簡単にいうと、批評の前提がおかしいと思うんだよな。微分フィルタなんて、天文学の専門家でもなければ画像解析の専門家でもない素人でも、画像や動画の編集するなら知っててもおかしくないはないよね程度の知識であって、たとえ知らなくも疑問に思って調べればすぐにわかる。
残りを読む(92)

コメント

夏目屋(エセ遊び人) @otakuasobi 2015年9月16日
このまとめで初めて知ったけれど、最初は何の問題だろう? と思って開いて、句だと分かって「ああ」となって、音の流れの淀みのなさに感嘆して、夜の青、夜の光ある街、そうした情景をイメージ出来た時にこれは綺麗な句だなと思えました。自分はそうした専門家じゃないけれど、この句は面白くて綺麗な句だと思います。
羽倉田 @wakurata 2015年9月16日
1~11月までの問も見てみたいですね。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年9月16日
何かの問題文かと思ったので「なにそれ」と思って見てみたんだけど、短歌ならありだよな
時々怒るおっさん @oldmanpom 2015年9月16日
コメントを読んで気づいたが、問十二なのは一年12ヶ月に対応していて1問一月でできているのではないかと思った。それでこの句を解釈すると、この問は12月の夜空を想定しているもので、街はクリスマスのイルミネーションに輝いている、と想定するとまた味わいが深くなる。こちらの解釈能力を試してくるような実に秀逸な作品だと思う。
ぱらけるすす @parakerusus 2015年9月16日
まとめ主さん、句評2の意味があまり読めてないのでは?それに、あんまり自分の意見だけが正しいかの様な態度もあんまり、、あと、試験問題でも「〜てもよい」って普通にありますよ。 それにしてもこの俳句はいいですね。問十二で時、夜空で空間と広がっている感じがするのもいいですね。微分は時間について微分すると考えても当てはまりますし、解釈の余地が大きくて強度があって面白い。
ハドロン @hadoron1203 2015年9月16日
差分なら意味は通じるんだがな。それとも微分可能な対象であること、すなわち夜空として見える空間が滑らかで連続している、ということを暗喩として表現しているのだろうか?古典物理学へのノスタルジーを感じてしまうなw
しょーた @shota243 2015年9月16日
これは試験問題というより問題集じゃないかなあ。微分の章を問1の計算問題から解いていって問9くらいから文章題になっていい加減疲れてきた所で窓の外を見ると暮れかかってきた空が見事なグラデーション。天頂は黒に近いが地平近くはまだ結構明るい青。微分できそう。でも街の灯はつき始めていてグラデーションを乱しちゃってるね。星には気づいていない。結構都市部で見えないかも。季節は夏。時刻は8時近くか。夕食後に数学の試験勉強にとりかかって30分か1時間かっていうあたり。数学はまるでだめではないけど好きではない感じ。
しょーた @shota243 2015年9月16日
「〜は無視しても良い」は大学受験レベルの数学や物理の文章題の常套句。計算に入れようとすると実質的に解答不能になるので考慮から外しなさいという指示。
Tadashi 昼行灯 Iwato @t_iwato 2015年9月16日
夜空のように街の明かりを微分するとあんなことやこんなことが見えちゃって、天文どころじゃなくなる思春期の葛藤を詠ったという珍解釈を提示。
なもちゃたる @namochataru 2015年9月16日
「問十二」を選んだ大きな理由は、単に五音だからではないでしょうか。 素人なので的外れでしたらすみません…
むつぎはじめ🌿 ⋈ @Six_D 2015年9月16日
12時の空じゃねとおもったけどまあ詩の分野は難しいので
Azimong @ruribitaki6 2015年9月16日
あのー、瑣末な事かも知れませんが、こちらは短歌なので、句ではなく首ですよね。 それはともかく素晴らしいですよね。才能のきらめきというのを感じます。
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2015年9月16日
え、操山の子が詠んでいたのか。流石岡山市を代表するAIDS四校の一角(五つ目の学校はヒ・ミ・ツ)
Toshikazu Kanke @sevenedges 2015年9月16日
この焦燥感はやっぱり若さだよなー
九銀@半bot @kuginnya 2015年9月16日
「微分する」というのがどういう意味なのか分からず「また数学者が変な事やってるのか」と思ってしまった
Do_doits7010 @amato_SoN 2015年9月16日
結局、人が文学作品に感銘するときってのは作品そのものではなく、「その人が勝手に解釈した頭の中の作品」に感銘してるに過ぎないんだなってことがまとめとコメント欄からよくわかりました。その点、句評2の評者は非常に冷静なんだと思う。
Bernoulli【浮上中】 @civilmarvelous 2015年9月16日
「といのろく」でもなく、「といじゅうご」でもなく、「といじゅうに」であることで、色々と妄想できる余地はあるわな。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年9月16日
理屈とか背景に関しての考察とか推論なんかは無視してもいいぐらいの秀句。本当に美しいものには理屈はいらない。
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2015年9月16日
「夜空の青を微分」というのが天文学的にできるということを知らないから、単なる洒落た表現の一種なだけかと思っていた。もしそうだとしても(上からでアレだけど)嫌味がない表現だと思うけど。
◎▼◻︎× @chakub_zrou 2015年9月16日
いい意味でタイトルに騙されたかもー
moheji @mohejinosuke 2015年9月16日
説明されないと分からなかったけど、説明されるとなるほど素敵だなと思った。 パロディ、なのかなあ。 夜空の青を微分するという言葉の美しさはあると思う。
なおと(codeslinger) @naocodeslinger 2015年9月16日
これが高校生が詠んだ短歌という事実にただただ驚き
漫遊人 @manyujin 2015年9月16日
この句を支えているのは、ただただ素朴なナンセンスでしょう。「夜空の青」と「街の明り」の系と、「問十二」と「微分」と「~は無視してもよい」の系、むしろ単純に混ぜ合わせた印象があり、却ってそこが、夜、受験勉強に疲れて窓の外にふと目をやるときの、素朴な解放感それ自体を表している、と個人的寸評。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年9月16日
manyujin 私は、夢見る17歳が、試験中に「夜空」「街の明かり」でロマンチックになってしまって、「おっといけない、試験試験」ってのを思い浮かべたかな。解放感より、緊張感?
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2015年9月16日
この歌のキモはやっぱり「夜空の青」という表現だな。 あり得ない色と微分という不可能な操作の掛け合わせ。 これが「夜空の星」とか「夜空の黒」ではここまで不思議な気分にはならない。 いや、良い歌だと思います。
古池蛙 @frog_beq 2015年9月16日
見えづらくとも周りに影響されずに自分の星を見つけだそう、という意味にもとれるかなと思いました。そうなると夜空の青は青春の暗喩ともとれる。
すらいむ @akimitsuy 2015年9月16日
何かと思ったら俳句!
たくさん @RascalTaku 2015年9月16日
数学的な内容の短歌を解釈するこの作業が文学部的でコメント欄も読んでいて楽しい。
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年9月16日
夜空における青と黒の境界線を抽出するってこと?
Reffi @tomo1109_Reffi 2015年9月16日
まとめを更新しました。
Reffi @tomo1109_Reffi 2015年9月16日
parakerusus 試験問題にも「〜てもよい」という表現が出てくることはあります。ただ、それはこの作品の文脈とは使われ方が異なります。純粋に星の光だけを解析するのであれば、街の明りは余計なもの、すなわちノイズです。計算問題の「摩擦はないものとする」の「摩擦」と同じです。そういう問題で「摩擦はなくてもよい」という曖昧な書き方は普通しません。で、この作品は「街の明りはないものとする」とは書いてませんよね?なので自分は上記のように解釈しました。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年9月16日
これはコードウェイナー・スミス「青をこころに、一、二と数えよ」の借題? それはともかく、「画像解析 微分」で検索するといろいろ面白いです。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年9月16日
最初に問題文だと思って読んだせいだろうけど、なんか解を出さないとまずいだろうと必死に考えてしまうので短歌として観賞できないw
ICHIKAWA Kento(おにぎり) @kentosho 2015年9月17日
いい句ではないですか!微分フィルターの説明があれば、どう評しようと句の価値が揺らがないぐらいには
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2015年9月17日
こういう詩的な表現好き、自分にその才能がまったくないからw
佐渡災炎 @sadscient 2015年9月17日
マジレスすると、「夜空の青」を構成する可視光をスペクトル解析し、そのフーリエ級数が微分可能かどうか調べればよい。
Taka @taka_antifa 2015年9月17日
マジレスすると、「といじゅうに」は「い」と「に」(イ段)、「よぞらのあおをびぶんせよ」は「の」「を」「よ」(オ段)で韻を踏んでいる。これらの繰り返しを堪能しつつ、最後は「よい」で冒頭の「とい」にかかるという。音だけでもなかなかです。
はにたろ @hanitaro1973 2015年9月17日
本当にステキなんだけど、受験勉強中?に窓から空を見上げて、「問12……夜空の青を微分せよ……なんてな(フッ」みたいなシャレオツなインテリジェンスを持った高校生というのが余りにも自分から遠すぎて、羨望と嫉妬しかないw
よしふ(飢えた狼さんチーム) @yosif35 2015年9月17日
リズムもいいし、作者が見たであろう景色をただの景色じゃなく「世界」にまで昇華させたように感じていいですね。 これは周りからどう批評されようとも詠んだ本人の会心だったことは確かでしょう。
佐渡災炎 @sadscient 2015年9月17日
sadscient 「夜空の青」はおそらく大気光のこと。大気の上層でいろんな化学反応が起きてて空そのものが光って見える。
佐渡災炎 @sadscient 2015年9月17日
大気光とか星夜光とか夜天光とかの天文用語を検索するときは「-セーラースターズ -セーラームーン -スリーライツ」などの除外キーワードを付けないとセーラースターライツばかり出てきて全然目的の情報に辿り着かないんだぜ!(←やってみた
ふぇいる☀休憩中 @fairoo 2015年9月17日
といじゅうに よぞらのあおを びぶんせよ まちのあかりは むししてもよい 口当たりまろやかで青春の香りのする作品だと思う。好きだなあ。
uiro☔ @70_ 2015年9月17日
懐かしい。初めに読んだ時はイメージフィルタに思い至らず時間微分のことかと思ってしまった覚えがある
栃木太郎 @tochigi396 2015年9月17日
正直絶賛し過ぎでは。空を表現する色に青ってそんな変?
endersgame @endersgame3 2015年9月17日
空の青はともかく夜空の青は詩的だと思うしよく夜空を見てるなと思うよ
K-san @k3akinori 2015年9月17日
「詩をわかるやつはこれを評価しない」ってのは、高度な論に溺れてシンプルな感動を忘れている感じ。「素人にはデザインはわからない」ってのと同じ腐臭が。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年9月17日
「念力家族」以来にぐっときた。「雨の県道あるいてゆけばなんでしょうぶちまけられてこれはのり弁」が玄人の評価高くてこれはダメってのは良くわからん。
nishi811 @nishi811 2015年9月17日
確かに考えさせられる。文系でも注意深く読めば、夜空を微分のイメージはつくと思う。専門知識を持つ人、持たない人が、どう読むかというのは、『シンプルなものは似てくる』ってさんざん言ってた人たちに見せたいくらい。
nishi811 @nishi811 2015年9月17日
短歌よりも、小説とか短編のほうが向いてる情景だろうなとは思う。
nishi811 @nishi811 2015年9月17日
あとはこれ、作者がふと思いついたのか、それとも、苦しんだ末に生まれたのかも知りたい。
トラベラー @Traveller3110 2015年9月17日
栗まんじゅう問題を連想してしまった。詩的センスがカケラも無いせいだな、たぶん。
双頭の禿鷲 @40zsf 2015年9月18日
映像を微分することの意味や視覚的な効果を理解するなら,この短歌の描く象が目に浮かぶはず。
双頭の禿鷲 @40zsf 2015年9月18日
誰もが見ているディスプレイでも微分は使っているのだが? 映像を微分することの意味や視覚的な効果を理解するならば,この短歌の描く景色が目に浮かぶはず。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年9月18日
夜空を微分ではなく夜空の青をだから、微分の対象は青であり、夜空を微分するのではないと読めるよね。だとすると映像処理的に考えるよりは、問題文的に考えるなら青の光線を時間微分のほうが妥当ではないかと。
Reffi @tomo1109_Reffi 2015年9月18日
まとめを更新しました。 恋愛的な解釈について、短歌の紹介などを追加。
くまむし(*^_^*) @t_17_kuma 2015年9月18日
解説読んだけど、この短歌の凄みがよくわからないし、私は惹かれないなぁ。どちらかといえば、小説的に感じる。
taka @Vietnum 2015年9月18日
いまハッキリと分かった、短歌に数学は似合わないと。1+1が2にしかならない道具で森羅万象は物語れないと。
もうだめぽ @moudamepo150701 2015年9月18日
いいね。若い人にはもっと俳句や短歌を楽しんでほしい。ピース又吉の影響で句集なんかが売れてきてるらしいがそれが定着してくれればいいんだけどなあ。山頭火の自由律句を真似て遊ぶの楽しいぞw
浅沙 @asaza_g 2015年9月18日
Twitterやっててよかったな、と思うことの一つがこの短歌を知れたこと。
🐰にゃおら🌸 @Neo_Ra 2015年9月18日
昨日の晩?今朝方出逢った。 個人的な閃き?ではあるんだケド 問十二って宵十二にかかってて 夜中の12時、夜空の青を微分して小さな星(=希望?)を見付けよう。街の明かり(=外部の雑音)は無視してもイイよ かな?って思ったんだわ
nishi811 @nishi811 2015年9月18日
これ最初、短歌じゃなくて俳句みたいな気がしちゃったんですよ。明らかに文字数は多いんですけど、わけわからないけど、言ってることがすっと入ってくる。
Mark'n @loop_loop_drop 2015年9月18日
なんとなく、夜の帰り道。まだ付き合ってない高校生の男女が、期末(中間?)試験とかの問題を出し合いながら帰宅してる。そんな時ふと女の子がいたずらっぽい笑みを浮かべながら「問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい」と男の子のほうをを振り返りながら問いかけるという場面を想像してニヤニヤしました。
Reffi @tomo1109_Reffi 2015年9月19日
まとめを更新しました。
Oh!兄さん@シャチはリリイベ期間で全国巡回中🐬 @Oshiete23ZZ 2015年9月20日
高校生の詠んだ歌。なんかいいなと思ったけど微分と積分の違いわからんのでニュアンスが( ꒪Д꒪)?
佐山史織 @doranekocompany 2015年9月20日
理系単語+短歌というシリーズは ・ティ・カップに内接円をなすレモン占星術をかつて信じず ・カウンターにぽつんと腰をかけている数直線の√2の位置 ・リトマス試験紙くわえて抱きあえばきらきらとゆく夜の飛行機 とか、意外とけっこうある。
いすづみ @isudzumi 2015年9月20日
澄んだ句 科学的でいて文学的で、形式ばっていて自由な文だ
ナイススティック @nicestickmilky 2015年9月20日
初見時と久し振りに目にした今で読み取るものが変わるのは面白いというか…初見の頃恋の歌と思ったのに今は生きる指針を模索するように読める自分の潤いと余裕の無さが染みる
lui♪ @lui_chan 2015年9月20日
人生の幾つ目かの大きな問題。 青春のもっと先にある自分を導く星を探す。 周囲の意見を斟酌するかは自分次第。 ……進路選択を詠んでるとしたら美しすぎるわ♪
くしやきメイプル@充電切れ @_ricordis 2015年9月20日
短歌に造詣ないけれど良い歌知れたと思ったよ
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2015年9月20日
くそぅ、文系的な処理を施されたSFだっ。
たそ☆うた @taso_uta 2015年9月20日
空の色はグラデーションになっているので微分する意味がありそうと微分が何だか忘れた人が言ってみる。受験に追われる?学生さんが見上げても夜空は綺麗だったのだ
nozomu Minoshima @nminoshima 2015年9月20日
このセンスにしびれる
noobie@ゲーム評論集発売中ニキ @17noobies 2015年9月21日
下の句が蛇足にも思えるがよい句だと思う
Cynclare / ばーちゃるニッケルちゃん @Cynclare_b 2015年9月21日
解十二、無限個数の星灯り。傾く月を別解とする ……返歌以上の意味を持たせられないか
つちのこ @tsuchinoko7 2015年9月22日
この短歌が「夜空の青」という文系的感覚と「微分」という理系的操作を組み合わせた感性が良いですね的な文脈で紹介されていて、「そうなのかー」と思っていたのだけど 「夜空の青を微分する」でガチガチの天文学だったのか……
#53 @hsgwkyt 2015年9月22日
偶然短歌botと同じ様な楽しみ方で良いじゃん。
いくた♥️なお/C96 土曜日南 テ05a[在席中] @ikutana 2015年9月22日
「夜空の青」の「青」は「夜空画像」の「青チャネル」を微分しろという意味なのかと思った。 RGBで分解して青チャネルだけを計算。
真田四郎 @sanada4rou 2015年9月22日
12月、予備校帰りの女子高生が彼氏に「クリスマスプレゼントはいらないから勉強サボっちゃだめだよ。一緒に大学行こうね」といってる図を思い浮かべてキュンキュンしたw
葉月十夜 @hazukitouya 2015年9月24日
普通に何かの問題かと思っていたら短歌なのか。 そう思って読むと確かに綺麗だなあ。
ラッシュ刑事(嘘) @prospector_sasa 2015年9月24日
「夜空の微分」が画像解析的に意味を持っているのならば、画像解析的に街の明りは無視しても無視しなくてもいいものなの、という疑問を持つのだけれど。まとめ主さんの、「文学界には夜空の微分を理解できる人がいなくてこの短歌をきちんと批評できないんだなあ、私はきちんと読み解いているのになあ」という気持ちが前面に出過ぎてて、結局この歌の魅力を半減させているように思える
古池蛙 @frog_beq 2015年9月25日
補問一、地上の星の数を求めよ。パラメータは概数で良い
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2015年9月29日
返歌ならやっぱり積分したい感
ゆ〜たん @Iutach 2015年10月12日
「街の明かりは無視しても良い」を強いて字句通りに解釈するなら「“夜空の青”を微分する方法を解説せよ、ただし街の明かりの影響はないものとして構わない」という題意、になるのかな。机上の話になってしまうんでつまらないけれど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする