ウィキリークスがツイッターのフォロワーに警告を出した

オレのIPアドレスが、アメリカ司法当局に漏れたらしい(´・ω・`) そこまで通信について詳しいわけではないので、間違っている点があったとしたら、ごめんなさい。 ちなみに、とぎゃったーを使うのは、初めてなので、うまく作成できているかも、少し不安です……
Wikileaks
8
WikiLeaks @wikileaks
WARNING all 637,000 @wikileaks followers are a target of US gov subpoena against Twitter, under section 2. B http://is.gd/koZIA
WikiLeaks @wikileaks
Too late to unfollow; trick used is to demand the lists, dates and IPs of all who received our twitter messages.
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報】ウィキリークスの公式ツイッター・アカウントの登録者は、現在、世界に約64万ほどいるが、昨年、12月末に米司法省がツイッター社に対して開示請求を行っていたとの報道。開示請求の際には、登録者のIPアドレスも含まれており、登録した際の使用プロバイダも判明。個人特定も可。
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き】インターネット使用時のIPアドレス(接続のたびに毎回、変わる動的IPが主流)が判明したのであれば、後は米司法省がぷプロバイダにアカウントの開示請求を行えば、利用者の氏名、住所なども判明。「Too late to unfollow」とウィキリークス側は語る。
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き②】PCおよびインターネットのリテラシーには個人差が激しい。極端にわかりやすく言えば、「ツイッターでなんとなくお気に入りの人物・団体をフォローしたら、ツイッター本社はアメリカにある関係上、アメリカ司法当局はその気になれば、あなたの住所も本名も入手可能です」
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き③】さて、僕は日本在住なのだが、(ほとんどといってないとは思うが)アメリカ司法当局がその気になれば、日本の捜査機関に協力を依頼して、僕の本名・住所も特定できるということになった。もう、手遅れである。
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き④】米司法省の狙いは、1917年制定の古くさいスパイ法を用いての、ウィキリークス、ジュリアン・アサンジ氏の立件。流出容疑者のブラッドリー・マニング氏が、アサンジと実際に連絡をとっていた証拠が不可欠。ツイッターでメッセージをマニングが送っていたら、アサンジは危険
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き⑤】米司法当局が、Google、facebookにも開示請求を行った可能性あり。現時点では不明。だが、大いにありうる話(私個人は、開示請求済みだと確信)。アサンジ氏は、性犯罪容疑(性行為中にコンドームがはずれたという理由!)でスゥエーデンに送られる見通しだが…
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き⑥】スウェーデン当局が後に米司法当局に身柄を引き渡す可能性が大幅に高まった。事実上の終身刑になる恐れもありそうだ。ポイントは、マニング容疑者が、直接、ツイッターのメッセージなり(グーグル経由、フェイスブック経由)で、ウィキリークスに連絡をとっていたかどうか
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き⑦】ウィキリークスのネットワーク・システムでは、内部告発者の送信データを自分たちでも保持しない(できない)という、堅牢な情報提供者の保護をうたっていた。だからこそ、多くの情報提供があった。だが、ウィキリークスの投稿者用サーバー以外の手段で、コンタクトを取ると…
はぐれメタルP @hydrangea2357
【ニュース速報・続き⑨】SF作家、ジョージ・ウォーエル風の苛烈な管理社会への道を、米国はやはり歩んでいると思う(よく指摘されることだが)。今回は、デュー・プロセス・ローを踏んでいるものの、もはや裏では、CIA,NSAがGoogleサービス利用者のデータをすべて入手しているのでは?

コメント

はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月9日
投稿漏れ。 voix1429 voix1429(フェリーニP) 【ニュース速報・続き⑧】それだけで、米司法当局に個人情報を握られるという恐ろしいシナリオが現実になりつつある。911後の米国も、とうとう、これほどまでの警察国家になったかとため息がでる。
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2011年1月10日
英語圏でも指摘されてるんですが、裁判所命令の書類をどう読んでも、米司法当局がWLなどのアカウントをフォローしてるだけの「その他大勢」の情報を取るという解釈は飛躍しすぎだと思います。また、根拠となっている法律の条文が前提しているは「メール」だそうです(つまりメールの本文だけではなく、送受信の日時・利用IPなど付随的情報も…というような意味)。
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2011年1月10日
英語圏での指摘の例:http://twitter.com/WLLegal/status/24148762163159041 「もしそれほど多くのIPアドレスが調べられるのなら、Twitterは公に告知をするはずだ」という内容。そもそも例のsubpoenaは公開する手間をかける必要はなかった(対象のTwitterユーザーには何も知らせずそっと司法省に情報を渡すこともできた)ところ、Twitter社はわざわざ手続をふんで公開している。
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2011年1月10日
#wl_jp いずれにせよこの@wikileaksのtweetsは根拠を明示せず恐怖をばらまくという最悪のプロパガンダの手法です。最初のリンク先のPDFを見れば誰にでもわかりますが、"Section 2.B" なんてものは文書中に*ありません*。B.2ならありますが、その内容は上に述べた通り、ユーザーとメールサーバーの関係での話でユーザー同士のつながりは前提されていません。(無理やりの解釈なら何でもあるけど。)
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2011年1月10日
#wl_jp …上記のほか、まだ編集中ですが、このcourt orderに対する英語圏での反応は http://togetter.com/li/87263 に纏めてありますので、それをご参照ください。長々と失礼しました。
はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月11日
@nofrillsさん、はじめまして!とぎゃざー主です……。nofrillsさんの、カウンター情報を確認しましたが、これ、ウィキリークス公式のネガティブスピンですね。おっしゃるとおり、「裏取りをせずに、恐怖をあおる」というプロパガンダ手法だと思います。むー、ウィキリークスには、このようなダーティな世論戦をやってほしくはなかったんですが、やってしまいましたね。国家・政府が予算をつけて、ばんばんダーティなプロパガンダをやるとしても、それに対応する際に、同じ穴のムジナにはなってほしくなかったんですが…
はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月11日
@nofrills 当初、ケニアの内情などを公表していた際には、米政府もウィキリークスに好意的だったそうですが、イラク戦、アフガニスタン戦のリーク、今回の米外交公電のリークで、米政府との敵対関係は鮮明になったと理解しています。米外交公電流出時に、政府側が「アサンジはアナーキストだ」と語っていましたが、当初、私は、「む、これ、ラベリングのプロパガンダじゃないか?」と判断したいたんですが、アサンジ氏およびアサンジ周辺ウィキリークス関係者は、(思想史的な文脈・大杉栄的な意味で)アナーキストですね、正真正銘の。
はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月11日
@nofrills どうも、オープンリークスをつくることになったドイツ人のダニエル・シュミット氏は、ウィキリークス(の未来)にとっても、重要な人物であったのだなと感じています。アサンジ氏と袂を分かつことになる前の、アサンジ氏とシュミット氏のドイツでの公演をネット動画でみたんですが、内容は大変、刺激的で、リベラルだなと感じていました(リベラルはリベラルで、それはそれで、思想的“偏り”ではありますが)。公演をみるかぎり、アナーキストという印象は受けませんでしたし。
はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月11日
@nofrills 今回の件は、ウィキリークスの“汚点”だと思います。時間とともに、ツイッター社がどこまで米司法省にデータを渡したのかが、様々な人々の努力で明らかになることを望みますし(ツイッター社がそうした社風でもあってほしい)、明らかになった際、あるいは、徐々にそうなる過程において、ウィキリークスには、訂正と謝罪をしてほしいです(アナーキスト思想だと、そうした”成熟”は苦手とするところだとは思いますが)。
はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月11日
@nofrills 米国人および識者がツイッターをどのように捉えているのかには、私はあまり詳しくありませんが、「ツイッターは、現代版の有効な”ボイス・オブ・アメリカ”として機能しうる」というのが、米政府の今日までの認識であったのではないかと想像しています。特に中国のツイッターは、そうなってきている模様ですし。しかし、明白に反米であるチャベス大統領のツイッター登録などで少し様子が変わってきつつあったようですが、反米(アンチ・アメリカ)というよりも反政府(アナーキズム)の出現で、様子が混沌としてきたんだな、と
はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月11日
@nofrills 長々と失礼しました! そして、カウンター情報ありがとうございました!
はぐれメタルP @hydrangea2357 2011年1月11日
追記。「もしそれほど多くのIPアドレスが調べられるのなら、Twitterは公に告知をするはずだ」という声が英語圏にはあるようだが、米司法省の司法警察とは別の米諜報機関が、超法規的な入手を虎視眈々と狙っている、あるいは、もう既に入手しているという話ではないことを願う。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする