10周年のSPコンテンツ!
42
うえぽん @kaorurmpom
近鉄奈良や名鉄犬山橋や江ノ電や熊電の「併用軌道は踏切扱い」の件、鉄道趣味者による俗説であることを確信するに至った。運輸省通達や国会議事録や各社の社史等をいくら漁っても「踏切」の二文字はどこにも無く、併用軌道そのものとして取り扱っているものばかり。あとは俗説の発端を追えると良いなぁ
宮原太聖 @TaiseiMiyahara
鉄道省文書ではどういう扱いになってましたっけ、あれ。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
@houmeisya 他の方から情報をいただきまして、今のところ、91年の「鉄道史料第61号」に記述があるのを確認できています。
うえぽん @kaorurmpom
@TaiseiMiyahara ご指摘の件、戦時中の軌道法からの転換は別として考える必要がありそうです。犬山橋か長電の村山橋あたりがケーススタディに良いかもしれません。
うえぽん @kaorurmpom
鉄道省や内務省まで範囲を拡げたら、国立公文書館と神奈川県公文書館の所蔵文書で各ケースをほぼほぼ網羅できそうなことが分かった。取りまとめるには、踏切説の否定というより特認の事例検討という感じになるか。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
役所の許認可文書の標題では、踏切は「踏切新設」や「踏切廃止」で、併用軌道(地下鉄や高架鉄道を含め)は「道路上に敷設」と明確な違いがある。で、近鉄奈良は後者。このことから、少なくとも役所と会社では踏切とは認識していないと分かる。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
現在、鉄道事業法第61条(道路への敷設の禁止)の例外として特認を受けるのは、地下鉄はもとより道路上空が多いことに気付く(縦断占用と便宜的に言われる)。東京駅や水道橋駅付近の中央線、浦和付近の東北貨物線、桜木町付近の東横線など。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
地下は地下で、小牧付近の名鉄小牧線や仙石線が該当。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
京急本線 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC… 軌道から地方鉄道への変更は1943/6/1だが、なぜか品川〜北品川のみ1945年の出来事になっている不思議。なお、申請は京浜時代の1940年に出ているが、東京府が渋っていた模様。
うえぽん @kaorurmpom
PHPの近畿日本鉄道のひみつ books.google.co.jp/books?id=hbKoD… 奈良の併用軌道の記述はウィキペディアの丸パクリ ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91… なので、間違いもそのまま。
うえぽん @kaorurmpom
近鉄奈良の踏切は長さ800mとあるが、近畿日本奈良駅から800m大阪方は、道路から離れ高架の油阪駅どころか関西本線も跨線橋で超えた西大寺よりの地点。いくらなんでもそんな踏切あるかいな。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
実は、近鉄奈良の併用軌道は300m足らずしかなかった。油阪駅を出て高架橋から築堤にかわり道路の中央へ降りきった地点から、高天町交差点を過ぎて近畿日本奈良駅構内に入るまで。ただし、現在の地下区間で道路の真下に入ってるのが約750m。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
次に、大型車両が認可できないから踏切になったというデマ。1942年に軌道から地方鉄道へ転換し初めて併用軌道の特認を受けてから連綿と特認を更新しており、踏切説の1964年の直前では1963年に更新されている。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
で、車両に関して特認の条件として付されているのは、複線の軌道幅6.074mを超えないことと、編成両数を4両(多客期に限り事前認可で5両)とすることだけ。車体長の制限は無く、8000系は幅2800mmなので何等支障ない。 twitter.com/kaorurmpom/sta…
うえぽん @kaorurmpom
というわけで、踏切説に有効な根拠がどこにあるのか知りたい。行政文書から読み解くと踏切説を完全に否定するしかないので。余談ながら、京急の鉄道転換は東京府が詳細な調査を行っているが、近鉄は内務技官が詳細な現地視察を行っててこれまた楽しい twitter.com/kaorurmpom/sta…
ダービー @darbyz80
1910(明治43)年9月16日は近鉄の本流の大阪電気軌道の改称前の事業者奈良軌道が設立した日です。ですから近鉄は今年で創立105周年になります。最初の営業路線の奈良線の開業は1914(大正3)年4月です。
ダービー @darbyz80
近鉄奈良線も当初軌道法に拠って敷設され一部に併用軌道区間が有りました。1942年に軌道から地方鉄道法に基づく鉄道に変更されましたが奈良付近の併用軌道区間はそのままでした。1964年からの大型車乗り入れにあたり此の区間が800mの踏切と pic.twitter.com/gGX4JmDMZR
拡大
ダービー @darbyz80
拡大解釈することで通常は認可を得られない大型車輌の併用軌道区間乗り入れの認可を得たのだそうだ。1969年に同区間は地下化して巨大な踏切は解消しました。google.co.jp/search?q=800m%…
Tamon @Tamon0703
@darbyz80 公文書を調べていた人が、近鉄奈良の巨大踏切説を否定していました。地方鉄道法に基づく道路への線路設置特認を求める通常の手続きがされていたそうです。踏切にはない手続きなので。
ダービー @darbyz80
@Tamon0703 巨大踏切説が一般に流布する中でいまいち裏取れないと云うか1次資料が出てこないので「だそうだ」なんて煮え切れない記述にしてたけど。やっぱり否定説がありますか、私は公文書のネット公開アーカイブで見つけきれなかった(大和観光の設立申請は見つけられた)未公開分かな?
ダービー @darbyz80
@Tamon0703 国立公文書館デジタルアーカイブで昭和44年12月08日に「近鉄奈良線大和西大寺~奈良間営業開始の認可及び既設線に係る道路に地方鉄道を敷設することの許可の取消し」という書類が見つかりました。許可が取り消されたと云う事はそれまでは許可されていた訳で踏切説否定決定
ダービー @darbyz80
と云う訳でTamonさんのおかげで800mの巨大踏切説の否定がほぼ間違いなくなったのですが、此の公文書画像がネット公開されてないので内容が吟味できません。もしかしたら敷設許可の内容に踏切云々の但し書きが無いとも限りませんが、資料見たい pic.twitter.com/luetwRfevA
拡大
ダービー @darbyz80
近鉄側からの「既に道路に引いてある線路を軌道から地方鉄道に変えてよ」って昭和17年に認可された申請書類が見つからない。かなり古いので出ないか?昭和39年の「軌道改め道路上の地方鉄道線上に従来の小・中型電車じゃなくて21m級の大型電車4輛編成が通ってもいい許可出してよ」の申請書類も
ダービー @darbyz80
昭和17年の申請書類と認可書類(こっちは元々無いかもしれない、申請書類に関係役人のハンコが十何人分か押されて最後に認可って押されてるだけかもしれないから)は出てこない可能性が有るが、昭和39年の21m級大型電車4輛編成入線特認の申請書類と認可書類は時期的に有って良い筈なのだが?
ダービー @darbyz80
ああ、もうどうにも見つからない! やめだ、やめだ、 どなたか国立公文書館検索して閲覧申請してwikiの記事に堂々と公文書番号付で出典示して800m踏切説(ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91…)を消してください。 pic.twitter.com/nFztDpJFjI
拡大
残りを読む(24)

コメント

宮原太聖 @TaiseiMiyahara 2015年9月18日
大変勉強になりました。鉄道忌避伝説もそうですが、一度俗説が本になってしまうと、なんかもう収集つかない状態になってしまいますよね。 恐らく、法律の文面だけを馬鹿正直に読んでしまって、鉄道は併用軌道にできないと思い込んでしまったのでしょう。 実際は、政府・鉄道省の側も私鉄・民鉄にじゃんじゃん鉄道を作って貰いたい(政府・鉄道省が作る羽目になると幹線の建設・改良の予算が一層減る)はずで、余程のことが無い限り杓子定規な事は言わなかったと思います。
うえぽん @kaorurmpom 2015年9月18日
ありがたくもまとめていただいたので、1968特認延長許可時(申請は1967)の添付平面図を貼ってみます。地下化工事中の仮線時代に僅か変化はあるものの、1947からずっとこの区間が併用軌道となっていました。http://p.twipple.jp/kInmg
綾繁重工(https://iso8.tv) @ISO8 2015年9月18日
まとめご苦労様でした。身近に江ノ電という特認の例があり大変興味深いお話を聞くことが出来ました。
綾繁重工(https://iso8.tv) @ISO8 2015年9月18日
公文書がきっちり残っていて閲覧できるというのはありがたいことだなぁ。
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2015年9月18日
この手の誤情報は間違いがいったん文章化/映像化すると延々と引用されていくので厄介なんですよね。GMの鉄軌道廃止推進とか。
Tamon @Tamon0703 2015年9月18日
私もまとめようと作業始めたところでしたが、先に作っていただきありがとうございました。togetter側の問題ですけど、「電車」カテゴリは「鉄道」カテゴリに修正して欲しいなぁ…。
Tamon @Tamon0703 2015年9月18日
公文書は、確かにありがたいのですけど、後で役所が許認可の経緯を確認する上で重要なのは文書だけなので、申請時には添付されていたはずの図面が捨てられてしまっていることがあって、がっかりすることがあります。また規制緩和も文献調査の上では敵で、許認可の際に提出が必要な文書をある時期から減らされると、経緯がよくわからなくなってしまうことが…。地方の運輸局レベルで承認するように変更されてしまうと、本省に来ない文書は公文書館にも収蔵されないので、保存期間経過後そのままポイ、ということが…。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年9月18日
へえ……ようしらべたなあ
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2015年9月18日
こいつは凄い。…京急の品川-北品川間だけ転換が遅れたのは、あの区間はかつて東京市電の乗入区間だった関係でしょうかねぇ?府側が権利関係の把握に難航したとか…
うえぽん @kaorurmpom 2015年9月18日
Halfriceset 公文書では品川北品川間を分割せず一体で転換しています。Wikipediaの記述と異なってますので、Wikipediaの根拠が謎です。
うえぽん @kaorurmpom 2015年9月18日
国立公文書館 デジタルアーカイブ https://www.digital.archives.go.jp/index.html これで「品川、北品川間工事方法変更の件」という1945/2/28付の文書があるが、これのことを指してるのかな。中身を見てないから何とも言えないが、この時期の地方鉄道転換は、「軌道を地方鉄道に変更の件」という件名になると思うのだが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする