3331VS.ファシスト―社会の為の芸術と芸術の為の芸術

「中ザワヒデキ文献研究」で取り上げられた中村政人個展@「3331」と、中村氏の主宰する「3331」「トランスアーツトーキョー」等「社会の為の芸術」に反発した九州ファシスト党「我々団」東野大地+山本桜子 に関する、みそにこみおでん氏の考察
3

※補足(2015/10/02)

中村氏にとって「3331」が「作品」であることは、この「文献研究」から数週間後の2015/09/30「東京アートビート」に掲載された、【中村政人ロングインタビュー・前編】アートの構造そのものに挑む!

http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2015/09/masato_nakamura_interview_1.html

でも言及されている。

「僕は、アーツ千代田 3331自体を自分の作品だと思っているんですね。つまり、地域でプロジェクトをつくる中で、どうすれば自分だけはなく街の人たちと共に創造的になれるか、どういう風に創造的な場が生まれるのか、ということを思考してきたわけです。」

「…最初に言ったように、アートと産業とコミュニティが接続する形での、自立する作品として僕はとらえている。しかし、欧米のマーケットを中心とした概念で見ると、当然ここアーツ千代田3331は作品として理解しにくい。 」(引用・山本桜子)

みそにこみおでん @misonikomioden

3331という社会のための芸術それが2020年東京オリンピックに向け活動をするわけで、まさに中ザワ氏の言う政策芸術へと繋がりそれを先のシンポジウムにおいて中ザワ氏のみそれを指摘しているが日比野克彦氏初め登壇者はそれにまるで無自覚だった(いや、自覚しているからこそ邁進するのか)。→

2015-09-17 23:59:51
みそにこみおでん @misonikomioden

ということなので、3331に対しこんな面白いアプローチする山本桜子氏と彼女を団員として持つファシスト外山恒一氏、それに早くから政人氏を社会のための芸術と指摘し自身は芸術のための芸術に邁進する中ザワ氏は、中村政人個展前か個展中でも良いので対談するといっそう盛り上がって良い気がする。

2015-09-18 00:00:43

※補足(2015/10/02)

2015/07/29の「3331」でのシンポジウムの(とくに設定されてるわけではないが本質的に)ひとつのテーマは「政策芸術」であり、それは「アート」の「利用」が起こる際の「アーティスト」のスタンスを問うものであろう。
この「利用」する、される、という問題に関して、中村氏は2015/09/30の「東京アートビート」掲載の、

【中村政人ロングインタビュー・前編】アートの構造そのものに挑む!

http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2015/09/masato_nakamura_interview_1.html

で、
「地域アートプロジェクト系は、今まさしく発芽期です。これからどんどん増えていって、利用されていると思ってる人、または利用しようとしている人も淘汰されてくる。」

と述べられている。

みそにこみおでん @misonikomioden

補足] 90年代の再考についてはその当事者が存命どころか現役で、直近(といってももう20年経過したが)老人の昔語りを嫌がり語らなかったところ時代を重ね今を語るには重要であり研究もされつつあり変化が見られる。→

2015-09-18 00:37:20
みそにこみおでん @misonikomioden

歴史は現在から過去に対し作られるにすぎず、だから今から見ればそれこそ現在に繋がる重要な出来事であっても当時はマイナーで美術の端で行われてただけでメジャーでなく同時代的に主要なメディアで記録されていない。 →

2015-09-18 00:38:14
みそにこみおでん @misonikomioden

中ザワ氏がガロや自身の発行したJATで同時代的記録を後世につなげたが、そんなのは奇跡だろう。 今であればブログやTweetのtwilogやトゥギャりで残ったみたいなもんだろうか。 で、それはともかく、その当時を語るトークを2つほど記録したので、それを再掲しておく →

2015-09-18 00:39:06
みそにこみおでん @misonikomioden

アサヒ・アートスクエア 地番錯綜地-90年代の都市空間とアート  togetter.com/li/622756 →

2015-09-18 00:39:47
みそにこみおでん @misonikomioden

東京都現代美術館「1995年:戦争画 RETURNS、相談芸術大学、メガ日記、そして...」  会田誠、小沢剛、八谷和彦  togetter.com/li/689542

2015-09-18 00:41:36
みそにこみおでん @misonikomioden

付け加えれば中ザワ氏は同時代的にそれを見て記録し都現美での展示を通じて美術史としていち早くそれを記述したわけで、それに言及してきた美学校文献研究も重要な記録として確認すべきであり、また2014年に刊行された現代美術史日本篇も重要だ。

2015-09-18 00:45:12