10周年のSPコンテンツ!

つくば市避難所での動物支援活動の様子<2015年9月常総市鬼怒川氾濫>

ペットと同行避難された被災者の方々への支援に動物愛護推進員さんが関わり活動された模様を、自身のメモ用にまとめました。 自分が分かりやすいよう項目ごとにまとめてありますので、時系列はばらばらになっております。 皆さまのご参考にもなれば幸いです。
震災 支援
14
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
警察ヘリと自衛隊ヘリが常総市方面を行き来して飛び交っています。

活動にあたられた「タローの主」さん。
とても早い段階から作業に入られていました。

タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
つくば市では常総市の冠水被災者の方々を避難所にて受け入れております。今日は仕事が休みだったので、午前から近隣の避難所に出向いてペット同伴避難の状況を確認してきました。詳細は後でまとめてアップします。#茨城県 #動物愛護推進員
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
つくば市内の避難所情報はこちらです。city.tsukuba.ibaraki.jp/14210/14587/01… 何処の避難所も基本的には施設屋内のペット同伴は不可です。ペットは外の車待機または係留となります。なお、⇒続く(重要!)
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
【つくば市の避難所情報】ちなみに「谷田部JA」と「谷田部総合体育館」はペットの屋内同伴は不可です。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
豊里交流センター、今夜の一時預かりの様子⇒『9月11日 19時10分』 amba.to/1iixNSZ ちなみにスミさんは一時預かりがメイン活動ではないのですが、今回は期日限定で奮起されての活動となります。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
今日は終日使って研修資料をまとめて仕上げる予定が、何一つ出来ずに終わりました。(汗)明日と明後日の夜で頑張って仕上げよう♪(気持ちはちょっと焦っているが、強がりの♪マークw)

避難所での活動や避難所にいる犬たちの様子。

物資に限りのある中で最大限犬たちが快適に過ごせるようさまざまな工夫がされています。

タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
今夜はつくば市谷田部体育館の避難所にて犬の段ボールハウス作成等の支援をしてきました。それまで落ち着かなかった犬もハウス(遮蔽物)が出来たことで落ち着いたので、今夜は飼い主さんも安眠できそうです。#避難所 #常総市 #ペット同行 pic.twitter.com/GbrWlzpvb2
拡大
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
段ボールハウスは、1頭は設置直後から出入りする、あとの2頭は様子見。でも遮蔽物としての効果は絶大で犬も落ち着きました。箱の中に入るかどうかは犬の選択に委ねる訳ですが、環境を犬が好みで選択出来ることが大事なのです。それは家庭内のクレート使用でも言える事であります。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
今日は時間がなくて出来なかったけど、雨天の日が訪れる前に雨対策も施さねば。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
避難場はあくまで一時避難であり、全面的に犬OKという訳ではないので、犬の環境については容易に潰しの利く状態にしておく必要があります。段ボールハウスですら飼い主さん単独では遠慮して作りにくいものです。しかし動物愛護推進員が表に立つことで、今日のように事が捗ることもあります。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
今朝は出勤前に谷田部体育館(避難所)に立ち寄って犬たちの様子を見てきたら、柴犬くんが段ボールハウスに入って涼んでいました。とりあえず皆元気そうで良かった。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
現在、谷田部体育館にて作業中。少ない頭数の犬の事だけで、色々な出来事がありすぎる1日です。(;´Д`)
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
リードで係留されていた犬たちですが、昨夜は係留専用ワイヤーを用意したので行動半径も更に広がり安全性も含めてひとまず安心。あとスノコも設置。先ほど様子を見てきましたが、皆元気そうでした。(さて、これより出勤。)
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
ルール化に伴い、それを実践できるように犬具を揃えて差し上げております。例えば水容器はタップリ入れてもこぼれない。食器は個別に名前シールを張り付けて、自己管理意識そして生活感を抱いて頂くことが狙いです♪#ペット同行 #動物愛護推進員 pic.twitter.com/C50eejHx28
拡大
拡大
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
今日は午前中~昼過ぎまで避難所にて草刈作業。先日から気になっていたので気分スッキリ! 草が夜露で濡れて犬が寝そべると体が濡れるので衛生管理。犬と過ごした良い休日でした。なお、飼育環境の管理は犬のQOL維持・向上には不可欠。#ペット同行 pic.twitter.com/49RCfdNa2t
拡大
拡大
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
避難所に犬たちが来て以来、初めての雨天。段ボールハウスに防水対策は施したが、実際に雨が降った場合に一番気になるのは設置場所の水捌け具合です。昨夜から本降りが続いていますが、今確認してきたら土の地面に水が溜まる場所はなく良好。むしろ雨天待避所に考えていた駐輪場は微妙な具合。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
只今、避難所より帰宅。雨対策の見直しで諸々作業してきました。早いなぁ。鬼怒川の決壊からもう1週間か。設備もなく制約だらけのペット同行避難は本当に難しい。特に環境維持は大変。犬舎が欲しいというのが本音だが、ペット同行避難は何でも有りではなく、遠慮と配慮が不可欠なのだ。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
段ボールハウス3軒のうちの一軒が倒壊。そんな折、先日は動物指導センターからクレートとケージが多数届きました。借り物なので遠慮しながら小奇麗に使おうかと思ったけど、犬が雨天でも普段の土エリアを望むので、遠慮せず用することに。(^^) pic.twitter.com/Rb2FH9QmhF
拡大
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
ちなみに最初はケージ段ボールで囲い、広い玄関の屋根下で雨天退避を試みました。でも生粋の外犬なので閉塞感&人工的環境が嫌なのか、よく鳴きました。鳴くと他人に迷惑なのもありますが、何より当犬が気の毒なのでクレートにて外に繋いだ次第です。 pic.twitter.com/KsSTvSXnPQ
拡大
拡大
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
昨日の朝の様子(雨天)。今日もこれから出勤前に顔出して、夜にまた行きます。動物たちの環境維持・管理は欠かせません。ちなみに散歩や食事は、飼い主さんたちがしっかり行っております♪ pic.twitter.com/DJxjltXBHc
拡大
拡大
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
全国からペット支援物資が茨城県動物指導センターに集まっております。皆様の気持ちはつくば市の避難所にも届いております。仕分をすると主食・オヤツ・ペットシートが沢山! 飼い主さんたちも喜んでいました。全国の皆様本当にありがとうございます♪ pic.twitter.com/rOfG0rNi3i
拡大
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi
先ほど帰宅。あれば望ましいとして要望を上げた支援物資が届きました。昨日つくば市の要望として上げたものが本日到着。つくば市と動物指導センターのレスポンスの良さに感激です。飼い主さんたちは様々な支援の手に心から感謝しておりました。
残りを読む(68)

コメント

キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2015年9月25日
支援では物を送ると受け入れ側での負担になるため、募金以外の方法はしない方が良い とされていますが、動物指導センターのように必要とされる物が決まり切っている場合には物資で送るのは有りなのかどうかが気になるところです
元Sunny @sunny_yrei1 2015年10月3日
先日の @taronusi さんのツイートまとめを更新しました。 主さん、ご活動お疲れさまでした!
元Sunny @sunny_yrei1 2015年10月3日
drydog_jp さん ごめんなさい!ここにコメントが載っているとは気付かずにいました。 支援って人の場合も難しいですよね。 一番はその現場に今何が必要なのかを聞ければ良いのでしょうけれど、現場で動ける人が限られるとそれすらも手間になってしまう場合がありますし… ですから、現場で動ける人間が、そうしたことへの対応(必要物資をまとめる/外に向けて発信する/外からの情報の橋渡しをする等)ができるよう、予め対策を練ることも防災管理対策のうちの一つとして必要なのかもしれませんね。
タローの主@犬と歩けば棒にあたる @taronusi 2015年10月3日
支援物資で一番多かったのがフードです。これはこれで有難いことですが、現場で早急に必要なのはケージ、クレート、犬小屋、係留用ワイヤー、チェーン、リード、食器などの犬具でした。そういう意味では募金は使い道が有効なのですが、その資金も即現場で使えるようになる訳ではないので、的を射てさえいれば物資支援が即効性があって良いと思いました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする