「デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ」 #1

翻訳チームによるサイバーパンク・ニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」リアルタイム翻訳 (原作:Bradley Bond-san & Philip Ninj@ Morzez-san) ニンジャスレイヤー公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」 http://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/ 続きを読む
ニンジャスレイヤー
10
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
第1巻「ネオサイタマ炎上」より 「デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ」#1
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ズッタンズタタン、ズッタンズタタン、ビュイーン、ビュビュイーン、ビュビュイーン、ビュビュイーン。薄暗いガレージ内に置かれた8基のスピーカーから、エレクトロ・ダークポップ『ブッダコスモス』のギンギンに歪んだ電子音イントロが流れた。励起された魂が、今にも大宇宙に飛び立ちそうな勢いだ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
上半身は裸、下半身には青いスリムジーンズを履き、無骨なエンジニアブーツに裾を突っ込んだ銀髪の男が、ガレージの隅に敷かれた冷たいフートンの中で覚醒し、頭を抱えふらふらと立ち上がる。小型青色ボンボリの現実味のない光に誘導されるまま、Hの字型の錆びた柱に備え付けられた電話機へと向かう。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「……仕事? どっちの? ……ヤクザ? ああ、運びか。そりゃあ、受けるさ。いつものように、クライアントの情報をIRC転送してくれ。で、支払いは…? ブッダ! 1億円だと? いちお……アバーッ!」男は猛烈な眩暈に襲われてその場にくずおれ、床に備わった下水溝めがけて黄色い胃酸を吐く。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ぶらぶらと揺れる黒い受話器の向こうから、ツーツーという電子音が聞こえた。男は混濁した頭をもたげて立ち上がり、ダッシュボードに置かれたサケで、アスピリンを喉の奥に流しこむ。空のサケ瓶、テキーラ、バリキドリンク、カキノタネサーバー、工具、オートマチック拳銃……これがおよそ彼の全てだ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
男は顔を洗って髭を剃り、短い逆モヒカンの髪を立て直す。フォールン・サムライめいたヘアスタイルだ。スタイリング・スプレーの粒子が、バイオLAN端子から侵入して前頭葉を刺激した。彼の偏頭痛の原因は、ほぼ判明している。左眼に埋め込んだサイバネティック・アイの内部が、錆びてきているのだ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
男は数年前までフリーランスのヤクザを生業としていたし、今でも依頼があれば荒事を引き受けているが、クローンヤクザの導入やリアルヤクザ・クランの相次ぐ壊滅といった影響を受け、そちらの仕事を取るのは厳しくなってきている。目下、彼の主たる収入源は運び屋……それも死体専門の運び屋だ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ガレージに掲げられた表札の名前は、ミフネ・ヒトリ。だが、その名で呼ばれる事は滅多にない。皆、彼をデッドムーンと呼ぶ。その名の由来は、彼の背中に刻まれた不吉なタトゥーにあった。花札の中で最も不吉とされる札、デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイの図柄が、彼の背中に彫られているのだ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ショウタイム」デッドムーンは、柱に備わったブレーカーを起こす。ガレージの天井に吊られたスポットライトが照り付ける。油圧式チャブに乗せられ黒い布で覆われた彼の愛車がゆっくりと回転し、その横では『満FULL』と書かれたネオンアートが、バチバチと火花を散らしながら曲に合わせ明滅した。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
鯉が描かれた黒い布が取り去られ、彼の武装霊柩車がその姿を現す。メイン車体は流線型を基調とした伝説のクラシック・スポーツカー「ネズミハヤイDIII」。その上に、平安ゴシック様式の刺々しい小型シュラインが乗る。その全容はさながら、オキナワ水没都市で発見される奇怪な深海生物を思わせた。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
メイン車体も小型シュラインも、鏡面加工クロームシルバーに塗装されており、彼女はバッドムーンの顔をその磨き上げられたボンネットに映して、今夜のアイサツをした。日本文化において、シルバーは死を暗示する色だ。彼女はさしずめ、陰鬱な死の香りを纏ったゴシカルな未亡人に喩えられよう。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
油圧チャブの回転が止まり、ガレージが開いて発車準備が整う。左のヘッドライトについた小さな擦り傷が、デッドムーンを沈んだ気持ちにさせた。金さえあれば真っ先に直してやるところだが、実際ここ数週間、仕事はいっさい入ってこなかったのだ。しかし、そんな惨めな生活とも今日でサヨナラできる。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
違法カキノタネを奥歯で噛みしだき、燃え上がるような残滓をバンザイ・テキーラで流し込んだデッドムーンは、チューブ付ブルゾンを地肌の上に羽織る。左のこめかみに指を当てると、サイバネティック・アイから赤外線が照射され、武装霊柩車の両のドアが逆モヒカンのように斜めに開いて彼を迎え入れた。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
重いハンドルを握ったデッドムーンの両手首から、圧縮空気が吐き出される。彼は両腕をサイバネ義手に置換しているのだ。「一億か……どこのヤクザクランの偉いさんが死んだのやら」。アクセルペダルが踏み込まれ、銀色の武装霊柩車はネオサイタマを覆う重金属酸性雨の闇の中へと吸い込まれていった。

コメント

オスツ🍣 @alohakun 2011年1月10日
「デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ」 #2 http://togetter.com/li/87865
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする